マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
アメン・ラー:カードゲーム
  • アメン・ラー:カードゲーム当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 14興味あり
  • 16経験あり
  • 6お気に入り
  • 15持ってる
  • 2~5人
  • 45分前後
  • 14歳~
  • 2017年~

アメン・ラー:カードゲーム / Amun-Re: The Card Game の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
エジプトが舞台の競りゲーム!カードでほしいものを競り落とそう
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

 プレイヤーは、セリによってカードを獲得し、自分の文明を発展させることを目指します。

 各ラウンドごとに3回のセリを行い、カードを獲得していきます。
 各セリにおいて、すべてのプレイヤーはカードを獲得することができますが、どのカードを獲得できるかは、決められた配分のお金カードをどのように使っていくかがポイントとなる押し出し方式のセリによって決められることになります。
 配分が決められているため、ほんの少しだけ高額で競りかけたい状況でもそうはいかないかもしれません。いかに無駄なく競り落とされるかどうかは、手持ちのお金カード、その配分が非常に重要となるのです。
 また、その配分は、ラウンドごとの所持金に基づいて、プレイヤー自らが決めることになるため、展開を見越して、どのような配分で臨むべきか、その決断は非常に悩ましいものになるでしょう。

 もちろん、ゲームに勝つためには、カードの配分と競りだけがポイントとなるわけではありません。
 どのカードを、どのように獲得していくか、もちろん、その選択も極めて重要です。

 「アメン・ラー」と名前には付いていますが、配分の決められたお金カードをどのように使っていくかの決断を繰り返す、そのプレイ感覚は、「ラー」のプレイ感覚に近いものになっていると言えるでしょう。
 クニツィアのセリゲームファンには、圧倒的におすすめの一作になっています。

アメン・ラー:カードゲームに2件の書き込みがあります

チェックした商品