マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
イスタンブール:ダイスゲーム
  • イスタンブール:ダイスゲーム当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20~40分
  • 8歳~
  • 2017年~

イスタンブール:ダイスゲーム

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
たくさんの商人たちで大賑わいの、イスタンブールのバザーへようこそ!
  • リュディガー・ドーン(Rüdiger Dorn)作

 イスタンブールのバザーは大賑わいです。交易競争の準備はできていますか? できているなら、あなたは誰もが欲しがるルビーを競争相手よりも早く集める必要があります!

 あなたは一人ではありません。あなたの助手たちが、あなたのために商品とお金を集めてくれます。よりよい能力へと投資して、収入を賢明に使いましょう――あるいは、ルビーを購入するために貯め込みましょう!

 ほんの少しの運と、優れた戦略があれば、あなたは勝利して交易ギルドの長を名乗ることができるでしょう!

 「イスタンブール:ダイスゲーム」は、2014 年ドイツ年間エキスパートゲーム大賞受賞作「イスタンブール」の世界を舞台にしたダイスゲームです。プレイヤーはイスタンブールのバザーにいる貿易商となり、誰よりも早く 6 個(4 人プレイゲームでは 5 個)のルビーを集めるのが目的です。

 ルビー購入に必要なお金や商品を得るためには、プレイヤーはダイスで表されている助手に頼らなければなりません。ダイス上にある 6 つのアイコンは、助手がプレイヤーにもたらすもの――バザーカードやリラと、布(赤)、果物(黄)、香辛料(緑)、宝飾品(青)の 4 種類の商品――を示しています。

 手番ごとに、プレイヤーは 5 人の助手を送り出すために 5 個のダイスを振ります。出たアイコンと、それまでに蓄えた商品マーカーを使って、資源(商品、お金、水晶)を獲得して貯蔵したり、バザーカードを引いてその効果を使ったり、さらなる収入をもたらすモスクタイルを獲得したりといったアクションを 2 つ実行することができます。助手たちをうまく使いこなして、誰よりも早く 6 個のルビーを獲得を目指してください。

 ※当商品は「イスタンブール」の拡張セットではありません。

レビュー 10件

823
名が参考にしたルール/インスト
 by しれ〜

自分用のインストメモです。


ーどんなゲームー

イスタンブールの商人の貿易商です。

あなたの助手が稼いだ交易品やお金を使ってルビーを集め交易ギルド長を目指すゲームです。

ーゲームの準備ー
ルールブックp3の通りに実行します。

全員にサマリーと水晶1個を渡します。
※スタートプレイヤーはまだ決めません。

ー勝利条件と終了条件ー
誰かがルビーを5個(2〜3人プレイは6個)獲得したなら、そのラウンドを最後(スタートプレイヤーの右隣)まで行い終了します。
その時点で最も多くのルビーを持っているプレイヤーの勝利です。

同数の場合は商品マーカーを1個3リラ、水晶を1個2リラで売却し手持ちのリラを加えて最も多いプレイヤーの勝利です。
それでも同じ場合はそれらのプレイヤー全員が勝者になります。

※リラが通貨単位である事を説明する。

ーゲームの進行ー

ゲームはスタートプレイヤーから順に時計回りに手番を行います。


1.ダイスロール
手番になったら5個ダイス貰います。
ダイスは青、赤、黄、緑の商品、カード、コイン、がそれぞれ1面ずつです。

ダイスは助手です、出目は仕事の成果です。その出目を組み合わせて2アクションします。

とりあえず「仕事してこい!」って感じで全部振ります。

出目が気に入らなければ、先程渡した水晶を消費する事で任意のダイスを振り直す事ができます。
水晶がある限り何度でもできますが、1回でもアクションを行ってからの振り直しはできません。

2.アクション
手元のサマリー見てください。

一番下に書いてありますが、茶のマーカーはオールマイティなので他の商品マーカーとして使えます。
商品マーカーはその出目のダイスとして使えます。
これらはアクションではありません。

これからアクションを説明します。
基本的に1手番に2アクションできます。
同じアクションを選んでも構いません。
アクションによっては1手番1回のみのものもあります。


アクションで使用した出目は以降のアクションでは使えません。

AA:同じ出目が2つです、その色の商品マーカーを1個貰います。

AB:違う出目が1つずつです、振り直しの水晶1個貰います。

ABC:違う出目が3つです、オールマイティの茶のマーカーを貰います。

ABCD:違う出目が4つです、茶以外の任意の商品マーカー2個貰います。同じものでも違ってもいいです。

コイン:ダイス1個につき2リラ貰います。分割できません全部一括で貰います。

カード:カードの出目ぶんの枚数引いて1枚だけ選んで実行します。全部捨て札になります。これも分割できません。

<カードの効果の説明はじめ>
緑のアイコン:手番プレイヤーです
青のアイコン:その他のプレイヤーです。
赤矢印:消費して得ます。
白矢印:持っていれば得ます。
/1リラ:条件を満たしていない、もしくは使いたくない場合に1リラ貰えます。
<カードの効果の説明おわり>

????→モスクタイル:簡単に言うと自分のパワーアップです。6枚オープンされているモスクタイルにそれぞれコストが書いてあります。

獲得したラウンドは効果を発揮しません。
同じ効果のタイルを得た場合の効果は累積します。
モスクタイルを4枚(2〜3人プレイは5枚)獲得したなら即座にモスクエリアからルビー1個を得ます。

<モスクタイルの説明はじめ>
3リラ:手番開始時に3リラ得ます。
水晶:手番開始時に水晶1個得ます。
カード:手番開始時にカード1枚を引き実行します。
アクション+1:手番で行えるアクションが1増えます。
リラ獲得:リラ獲得アクションをした場合に指定された商品マーカー1個を得ます。
助手ダイス:振るダイスが増えます。
<モスクタイルの説明おわり>

???→ルビー:まず青、赤、黄、緑の商品エリアは、書かれている数その色が用意できれば取得できます。ダイス目に加えもちろん商品マーカーや茶マーカーを使って構いません。
取っていくと段々数字が増えて取りにくくなるので注意してください。

次に左側のレッドカーペットです。
青、赤、黄、緑1個が基本で、1個とる度に何色でもいいから更に1個追加で必要になります。

コイン→ルビー:右側のレッドカーペットです。リラでルビーを買います。当然ながら買えば買うほど値上がりします。

ー例外事項ー
このゲームは資源が有限です。
そのためプレイヤーが商品/リラ/水晶を得る場合にストックが無かったら、
その資源を1個以上持っているプレイヤーは全員1個ストックに返さないといけません。当然貰う人も持っていたら返します。
(ルールブックp4には「手番プレイヤー」と記載がありますが「プレイヤー」のエラッタです)

先程説明した通りカードの効果で「全員が商品を得る」場合があります。

その場合の処理順ですが「分かりやすく手番プレイヤーから時計回り」で良いでしょうか?

手番プレイヤーが損する可能性があるのが嫌な方がいらっしゃったなら。
「その他プレイヤーが手番プレイヤーの左隣から時計回りに解決した後に手番プレイヤーが解決する」を採用するか、他の案を話し合って下さい。

ーゲームの開始ー
スタートプレイヤーを決めます。

スタートプレイヤーにダイス5個を渡します。

スタートプレイヤーの左隣(2番手)から順に1リラ、2リラ、3リラを得ます。


それではゲームを始めましょう!

2年以上前(2018年02月26日 19時03分)
続きを読む
閉じる
558
名が参考にした戦略やコツ
 by しれ〜

「やれる事が多すぎて何やればいいか分からない」という方がいたので戦術について大雑把に書きます。

逆に「考えるのが楽しい」という方は読まないで下さい。

まず振り直し水晶は貴重なので温存しましょう。
序盤は資源を貯めてモスクタイルを狙います。

モスクタイルは、永続的なパワーアップです。
また規定数を獲得するとルビー1個貰えると、いい事ずくしです。

ではどのモスクタイルが良いのでしょう。

まず『アクション+1』です。3アクションになれば、かなりの確率でダイスが使いきれずに余るという事が無くなります。

次に『3リラ』。単体でも強いですが2つ取ると毎手番6リラ貰えます強い。

さらに次点で『助手ダイス+1』、『水晶』、『コイン獲得で商品1個』です。

『助手ダイス+1』はダイスが増えますが2アクションだと結構余ります。

『水晶』は毎手番振り直しと考えると強いですが、振り直してもダメな場合もあります。

『コイン獲得で商品1個』は、コインの出目が出ないと無意味なのがネックです。

最後に『バザーカード』です。
バザーカードの性質上、強力なモノは資源を支払う必要があるので中盤以降向きです。
また他のプレイヤーにもメリットがあるカードもあるのでギャンブル性が高いです。

必ずしも『アクション+1』を取らなければ勝てないという事ではありません。
あると便利ぐらいに考えてください。

とここまでモスクタイルについて書きましたが、モスクタイルを揃える事に固執せず、ある程度の体制が整ったと思ったら他の方法でルビー獲得に向かってください。

また他のプレイヤーのルビーの所持数には注意しましょう。

最低でも1個少ないか同数を維持してください、1回の手番でルビー2個は何とかなる可能性がありますが3個は難しいです。

2年以上前(2018年02月27日 10時35分)
続きを読む
閉じる
415
名が参考にしたレビュー
 by retan0712


元祖のイスタンブールは未プレイでこちらをプレイしました。

ダイスを振って出た目で役を作り、効果を発揮していくワーカープレイスメント+ダイスゲーみたいな感じでした。

ダイスは異なる目2つの組み合わせでゲットできる水晶を使って、振りなおしもできるため狙った役を作りやすく、結構サクサクプレイできます。

ダイスを最低5個からふるためダイスを振りたくて仕方ない方は是非プレイするべきです(笑)

初心者4人でプレイしましたが、4種の目(+どんな目でも可)のルビーが最も早く無くなり、次点でお金を払って取れるルビーが少なく、1種を4つ揃えると取れるルビーが全く無くならないという結果でしたので、プレイヤーの行動指針がかなりダイスに依存するゲームになっています。

ワカプレゲー(アグリコラ)など行動が自分の手腕だけで決定できる(邪魔が入ることは別として)が大好きな方にはちょっとおすすめできないかも?しれません。

ルール自体はかなり簡単で時間もそこまでかからないので、小さなお子さんがいる家族向けにいいと思います。

3年弱前(2017年12月14日 01時37分)
続きを読む
閉じる
371
名が参考にしたレビュー
 by 有我悟(あるがさとる)@ドゥジャルダンに夢中

イスタンブール気になってたのですが、ダイスゲームの方を先にプレイしました! なのでイスタンブール情報は「イスタンブールとイスタンブールダイスゲームは別物らしい」と言うことしか知りません。あとパッケージのおっさんが、ダイスゲームの方が若干イケメン? と言うことくらいでしょうか(そういう情報は要らない)。


素材やダイス目を集めてじゃかすかルビーと交換し、ルビーを一番沢山集めた人が勝ち(最初に5個集めたらスタプレ前まで一巡して、その時点で多いヒト)。単純ですね!

恒常的に使用できるようになるタイルや、使い切りのカード(自分だけ得になったり、ちょっとだけ周りも得になったりする)など、強力な効果が目白押し。


……好きなんですけど、このゲーム、何か、めっちゃ、ファラオの恩恵に似てません?????

どっちも好きだからいいんですけど。ファラオの恩恵ほど数は増えませんが、それでも、初期5個でプレイ中に1,2個はダイスが増えると相当沢山振れるので、何かファラオっぽいなーと思いました。(※勝ち筋が固定されている王への誓願よりは、初期配置がランダムなファラオの恩恵に近い)

勝ち筋が複数あってこっちの方が自由度は高いと思いますが、同タイプのゲームと感じました。

3年弱前(2017年12月09日 23時35分)
続きを読む
閉じる
309
名が参考にしたレビュー
 by しれ〜

イスタンブールもプレイ済み。
イスタンブールの雰囲気は残っているが、システムは全く別のゲーム。

規定数のルビーを集めたら勝利は変わらず。
プレイヤーが交易商の親方なのも変わらず部下はダイスに変わったけれど(笑)

インスト込み1時間弱でありながら、勝利条件のルビーの獲得方法が複数ある。

そこに至る勝ち筋も複数あり、それもダイスの出目で左右されるため悩ましいがサクサク進む。


プレイする度に、今回はどんな方針でいこうと考えるのが楽しい。


本格的なボードゲームへの第一歩としてオススメ。

2年以上前(2018年02月27日 20時57分)
続きを読む
閉じる
290
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 小4の息子と、2人でプレイした感想です。

 ベガス、カルバ、ルクソールなどをデザインしたリュディガー・ドーンのイスタンブールをダイスゲームにした作品です。

 ルールは、インスト欄に詳しく記載されていますので、省略します。

 ゲームは、プレイヤーがルビーを6個(4人プレイのときは5個)を取ったら、そのターンでまだ未プレイのプレイヤーまでプレイして、ルビーの個数を競います。

 ルビーの数が一緒の場合は、商品タイル1枚は3金、水晶1個は2金に換金し、所持金の合計金額で競い、多い方のプレイヤーが勝利しますが、所持金まで一緒の場合は引き分けです。

 息子とのプレイは、息子はダイスを増やすモスクタイルを2個持ち、アクションを有利に展開していきました。

 私は、アクションカードを使えるモスクタイルを2枚、水晶を増やすモスクタイルを持ち、対抗していきました。

 お互いに4個ずつルビーを獲得した後、息子がスパイス5つとお金をかき集めて、一気にルビーを2個獲得し、6個としました。

 先行が息子だったので、最後に私のターンがあり、そこで私も織物5つとお金をかき集めて、ルビーを2個獲得しましたが、お金の差で息子の勝ちとなりました。

 インスト時間を含めても40分程度しか掛からない程度の中量級で、ダイス運もありながらも充分に考えさせてくれ、他のプレイヤーとのインストラクションもあり、とても楽しいゲームでした。

 今回は息子に負けたので、今度は息子に負けないようにプレイしたいと思います。

2年弱前(2018年10月08日 10時33分)
続きを読む
閉じる
270
名が参考にしたレビュー
 by すあま

★7(個人的10段階評価)  


名作イスタンブールのダイス版!

非常にお手軽で楽しい反面、運の影響が流石に強すぎる側面も……


イスタンブールというボードゲームの、ダイス版です。本家に関しては省略させて貰いますが、ゲームとしてはフレーバーが共通している程度のものです。


で、このダイス版。個人的にこういう軽く、そして少しパワーアップ要素(モスクタイル)のあるボードゲームは大好物なのですが。


今作では少々ダイス運が勝利への近道に絡むのが早すぎるかな、という印象でした。


基本的にこのゲームはダイスの出目をリソースとしつつも、そこに事前に確保してあった素材を足したりして、ルビー(一定数集めたら勝ち)を取りに行くゲームです。


そういう意味では「宝石の煌めき」などが近くて、あちらは高得点のカードを取るには事前に低レベルのカード集めをそこそこ繰り返して自力を上げなければいけず、だからこそ、そこの効率でもまた競う感じですが。


このイスタンブールダイスゲームは、ダイス運によっては、初手からその「高得点カード」に手が届いてしまうような状況とでも言うのでしょうか。


そのため、勿論運が全てとは言わないものの、勝敗の結構な部分にダイス運が絡んでしまい。勿論それがこのゲームのお手軽さも担保している一方で、「結局運じゃないか……」となってしまうところが少し大きいかなと。


運ゲーが悪いとは全く思わないんですけどね。このゲームは実際パワーアップ部分に醍醐味があるので、そこを少しでも堪能する前に運の暴力で終わってしまうゲーム展開がそこそこ起こりえてしまうのが、本当に勿体なくて。

だからこそプレイ時間も短くて繰り返しやすいというのもあるんですけどね。

個人的には、もう少しだけ設定ゴールが遠くてもいい印象です。


ただ、要素要素は本当に楽しいゲームですし、運を嘆きながらサクサ遊ぶならばこれほどいいゲームも中々ないです。


文句多めに書いてますが、実際これらは基礎が凄く楽しいが故の「もっと長く遊ばせて欲しい」という話なので、ダイスゲームが好きな人には是非お勧めしたい良作ですよ。

約1年前(2019年09月02日 19時59分)
続きを読む
閉じる
235
名が参考にしたレビュー
 by kiwigames_som

・特徴:ダイスを振ってコインや商品、お役立ちアイテム、勝利目標のルビーを入手!

 アラビアの商人になって5つのダイスを振り、出目を使ってアクションを行うゲームです。

 ダイスの出目を組み合わせてアクションを行い、勝利点であるルビーを獲得するも良し、お役立ちアイテムの水晶、モスクタイル、バザーカード、そしてダイス目の代わりになる5種類の商品や、もう一つのコストであるコインを手に入れるのも良し。

 水晶はダイスを振り直せるので、意外と強力。

 モスクタイルは永続的に効果を発揮してくれて、通常2回のアクション回数やダイスを増やしたり、水晶やコインや商品、バザーカードの入手を助けてくれる高コストハイリターンのアイテム。

 バザーカードは自分に有利な効果を発揮するけど、他のプレイヤーにもチャンスを与える事もあるローコストのアイテムです。

 参加人数ごとに決められる個数のルビーを誰かが集めると、そのラウンドの最後でゲーム終了。

 ルビーがいちばん多い人、同店の場合は水晶や商品をコインに換算して、一番コインを持ってる人が勝利!

 ルビーを手に入れる方法はいくつもあるので、勝負の行方は最後まで分からない。

 ルールもシンプルで、早い者勝ちの要素があり、どんどん自分のできる事や買い物を広げていけるので、まさに大商人同士の駆け引きが楽しめる逸品のゲームですよ☆

2年以上前(2018年03月21日 17時14分)
続きを読む
閉じる
121
名が参考にしたレビュー
 by カツオ

①ダイスジャラジャラが超楽しい!イスタンブールのフレーバーや一部コンポーネントはそのままに、ダイスでも楽しめるようギュッとされた良作。

②宝石の数で勝負なのでとにかく分かりやすく見通しが良い。結局はダイスの目次第なのだが、抜きん出ているプレイヤーを止める為に他プレイヤーと協力したり、先取り勝負で戦略練ったり、祈りながら「いけー!」となるのが超盛り上がる。

③タイルの加速感も魅力の一つ。強力なタイルを一発目で取れちゃう運バランスもよく指摘されていますが、みんなで「止めろー!」みたいなワイワイ感も込みで面白い。

④カード効果や宝石な先取りなどのインタラクションも程よくあり、ダイスをふる際は結構みんなで覗き込んで一喜一憂する。


本元のイスタンブールと購入を悩んでいたのですが、アクションもシンプルで見栄えも良く、短時間で遊べるコンパクトさに惹かれて購入しました。

遊び方もサマリーに書かれているアクションを選ぶだけなので、すごくシンプルで分かりやすく、初心者でも十分に楽しめるところが素敵です。


おすすめ。


7日前(2020年09月16日 16時14分)
続きを読む
閉じる
98
名が参考にしたレビュー
 by m1114toy

デザイナーは『ベガス』『イスタンブール』のリュディガー・ドーン。


2014年ドイツ年間ゲーム大賞 エキスパート賞の『イスタンブール』のダイスゲームバージョン。


*ルールは他の皆さんが書いているので省略します。



イスタンブールの面白さのひとつに目的であるルビーを色々な方法で獲得できる。相手が狙ってないところを早くいって安く買う(遅いとどんどん価値が高くなってしまう)というのがおもしろい。



(ルビーを集め方 4パターン)


・4種類の同一商品を一定数集める

・4種類の異なる商品を一定上集める

・リラ(お金)を一定数集める

・モスクタイルを獲得する( 2-3人の場合5枚、4人の場合4枚)

 


2-3人の場合はルビー6つ(4人の場合は5つ)集めて人がいたら、最後の人まで一手番やって終了。

ルビーが、同じ数の場合は商品チップ(3リラ)、水晶(2リラ)で売ってお金の多い人の勝利になります。


ちゃんとスタピーとラストの人の公平感を保っているのも最後までどっちが勝つかわからなく、本家のイスタンブールよりサクサク進みますので3人で初めてやりましたがとても面白かったです。

2ヶ月前(2020年07月18日 09時53分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,180(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 71興味あり
  • 370経験あり
  • 59お気に入り
  • 166持ってる

チェックした商品