マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
コードネーム:デュエット
  • コードネーム:デュエット当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 15~30分
  • 10歳~
  • 2017年~

コードネーム:デュエット / Codenames Duet の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
パートナーと協力して、時間内に味方のエージェント15人全員と接触せよ!
  • ヴラーダ・フヴァチル(Vlaada Chvátil)作
  • スコット・イートン(Scot Eaton)作

君とパートナーは、大都市で極秘任務に就いている。君たちの目的は、敵の暗殺者を避けつつ、15 人のエージェントたちとコンタクトを取ることだ。君はパートナーが安全に接触できるエージェントを知っている。パートナーも君が安全に接触できるエージェントを知っている。お互いに、テーブル上の複数のワードカードを示す単語 1 つのヒントを出し合い、制限時間内にエージェント全員を探し出してくれ。

「コードネーム:デュエット」は、2 人以上でプレイする協力型ゲームです。このゲームは単独でプレイでき、「コードネーム」の他のシリーズは必要としません。

・2 人からプレイ可能な、協力型のパーティゲーム!
・キャンペーンでプレイできる、「ミッション・マップ」ルール入り!
・「コードネーム」と共用できる、新たなコードネームが全 400 種類!
・2016 年ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)受賞作の姉妹版!

コードネーム:デュエットに3件の書き込みがあります

495
名に参考にされています
2017年12月25日 10時01分

7/10

2016年大賞「コードネーム」の2人用。というか、チーム戦から協力戦になったコードネーム。

これにより、相手が考えているときは、自分が考える時間になるし、相手のチームの間、待ちぼうけすることもなくなったので、待ち時間という最大の弱点が克服され、かなり良くなった。

チャンスは10回(1人5回ずつ)、暗殺者は3人、相手と自分で正解と不正解のカードが違うため、お互いにちょうどよく答えなければならないなど、協力戦な分、かなりレベルアップしている。

通常でもかなり難しいが、世界旅行をする拡張もついており、さらに難しくなっている。中には1発アウトなどもあるので挑戦意欲がかなりそそられる!

そして、一番いいのは、これを他のコードネームでも代用できること!

2人がベストなので、窮屈に感じる人もいるかもしれないが、そもそもコードネームはそんなに大人数でやらなくてもいいと思ってるのでちょうどよい。

個人的には、2人用のカジュアル向けベストゲームのガイスターと並ぶ完成度だと思う。

2人用のカジュアル協力ゲームを探してる人にオススメ。

続きを読む
閉じる
330
名に参考にされています
2018年01月30日 16時43分

交互にヒントを出し合って、5×5に並べられた25枚のワードの中からNGワードを避けつつ正解のワードを選び、既定の手番数ですべての正解のワードを選択することを目指すゲーム。

基本の手番数制限は2人合わせて9回で、全15ワードを回答する必要があるので、1つのヒントで複数のワードを正解していくことが求められます。
そのため、少なくとも6ワードは1つのヒントで複数のワードを回答する必要がありNGワードが3つあるため、NGワードが1つで正解の7~8ワードを相手チームより早く回答する本家コードネームと比べてやや難度は高い印象。
ただ、正解とNGを示すカードの表裏の組み合わせにはパターンがあり、そのパターンから正解を推測することも推奨されていて、本家とは違った戦術もあり面白いところです。

本家コードネームの一番の難点は、ヒントを考える側が考えている間、相手チームの間、やや手が空いてしまう時間が出来てしまうことだったと思っていて、このデュエットはお互いに交互にヒントを出す構成になったことで、この難点が解消されたのが良いですね。

続きを読む
閉じる
245
名に参考にされています
2018年05月30日 23時42分

 2人でプレイした感想です。

 コードネームが、2人用の協力ゲームとなりました。といっても、コードネームシリーズをプレイするのは、実は初めてなのです。

 今回、プレイするのに当たり、かなり酔っ払っていたので、まともなヒントが出せるのか、相手の方のヒントから自分が連想できるのかかなり不安だったのですが、無事クリアすることができました。

 ゲームは、5×5で単語カードを並べて、出題用カードにある9つの緑のエージェントを当て、3つの暗殺者を当てないようにして、お互いに15のエージェントを当てきれば勝ちとなります。

 お互いの手番は5×2人の計10回で、15のエージェントを当てるので、必ず複数のカードを当てるようにヒントを出すのは結構緊張します。

 ただ、相手がこちらのヒントを理解してくれたときはかなり嬉しく、小躍りしたかったぐらいです。

 対象年齢は11歳と高めなので、子どもには少し難しいかもしれませんが、もう少し大きくなればぜひ息子達とチャレンジしたいと思います。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,240(税込)日本語マニュアル付き残り2点
  • 47興味あり
  • 203経験あり
  • 31お気に入り
  • 149持ってる

チェックした商品