マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
赤箱ニムト
  • 赤箱ニムト当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 60分前後
  • 10歳~
  • 1998年~

赤箱ニムト

メーカー・卸元:メビウスゲームズ

残り2点
送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
ニムトシリーズ。戦略派。

 6ニムトの続編です。システムは似たところがありますが、趣はまったく違います。6ニムトは、運ではないが先がどうなるか分からないドキドキ感が楽しいゲームであるのに対して、赤箱ニムトはより戦略的なゲームです。出会い頭的な事故や幸運ではなく、ゲームの展開がある程度計算できます。

 テーブルの中央には、何列かのカードが並べられています。手番の順に一人ずつ1~3枚(任意の枚数)のカードを手札から出して並べます。どんどん出して手札を減らした方が有利なときもありますが、後半手札が少ないため選択肢がなくて困ることもあります。

 カードにはマイナス点のカード(赤いカード)と、プラス点のカード(緑のカード)のほか、プラスであれマイナスであれ得点が倍になるカード(×2)があります。

 列のカードが5枚になったら、その列のカードをすべて受け取ります。これらのカードが得点(または失点)となります。つまり、プラス点の方が多い列なら積極的に取りたいし、マイナスカードの多い列は誰も取りたがりません。しかし、ゲーム終了までにはほとんどの列が取られますので、マイナス列も取らざるをえなくなるのです。

 どの列を狙うか、手番に何枚カードを使うかなど、戦略を駆使して高得点を狙います。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 5件

レビュー
356名が参考
4年以上前

6/10

ニムトシリーズ1発目。

髑髏と薔薇みたいな赤箱でしょ?みたいなノリで購入するとその差にびっくりするから注意笑

ニムトがランダム要素多いのに比べ、特殊カードが各プレイヤーに配られたり、1人ずつカードをプレイするので前の人のカード見てから考えたりとシステム的にガチ目。

緑色の牛が得点なので、それを集めていくのもニムトに慣れている人にとってみれば斬新。

本家と比べられて、低く評価されがちなニムトシリーズだが、他の人をハメたり、特殊カードによる大逆転を起こしたりなどの点で、ニムトより好きという人も結構いる。

カードゲームの中でもかなり戦略高めのゲームなので、お手軽な箱サイズやコンポーネントでガチ目のゲームしたい人にオススメ。

続きを見る
閉じる
白州
白州
レビュー
171名が参考
約2年前

パーティーゲームの要素が強い6ニムトに対してゲーマーズゲームに作った感じが強い本作。


時計のように円形に配置した場札に手番がきたら手札を1~3枚出す。

出した牛カードはニムトよろしく最も近い小さい値の牛カードに付いて列になる、同時出しでなく手番制だけどこの辺りは同じ。


違いはカードを出す順番に縛りがない(37→94→8とか可)、最大の98→1はつながっている辺りかな。


ちなみに列に5枚目の牛カードを出すと、その列を全て引き取る、これが得点になるキモの部分。

5の倍数と11の倍数がマイナスなのは6ニムトと同じ、その他の牛カードは6ニムトと違って+1か+2が付いてるつまりプラスになる列もあるってコト。


それに加えて特殊カードが2種類1枚ずつ配られる。

これは牛カードと違い列の上に付ける、手札扱いなので当然ながら出す1~3枚に含まれる。


最低限1枚出せば良いのでどうしてもキビシイときは特殊カードだけ出してパスもあり。


ただし同じ列に同じ特殊カードは1枚しか付けられないので、残りの列数との兼ね合いも大事。

なぜかって?列が全て引き取られたらゲーム終了(計算上、手札の牛カードは全て無くなる)なんだけど手札に残っている特殊カード1枚につき-10点になるから。


特殊カードについて書いて無かった、ルール全部書く気は無いのだけどね。

特殊カードその1、「+5カード」持っているとゲーム終了時に1枚につき5点になる。

特殊カードその2、「×2カード」持っているとゲーム終了時に得点が1枚につき2倍になる。


ちょっと計算が特殊で、

((プラスの牛の合計ーマイナスの牛の合計+「+5カード」の合計)×「×2カード」の合計)ー特殊カードペナルティの合計

特殊カードペナルティだけ「×2カード」の対象外ってトコロ。


たぶんやってみないと分からないと思うけれど自分が如何に不利益にならない様に立ち回るか頭を使う。

しかも人数によって必ず使わない牛カードがあるのがニクイ。


そうそう、このゲーム1ラウンド制です。6ニムトと違って人数ラウンドやって合計が〜とかやらない。

チップやメモるのめんどくさいって人にもオススメ!


6ニムトほどサクサクは進まないのですが、60分はかかった記憶が無いです。

外箱にも30分と書かれているので何かの間違いですかね?


2人からできるので(好みはあると思いますが私は2人プレイも好きです)ちょっと片隅に入れて置いて損は無いゲームだと思います。


//2020/10/01

続きを見る
閉じる
仙人
しれ〜
しれ〜
レビュー
168名が参考
3ヶ月前

名作6ニムトの姉妹作。先日プレイする機会があったのでレビューします。


本家6ニムトの基本的な「場に並んだカードの、近い数字に自分のカードを置く(厳密には少し違いますが)」「同じ列に一定以上カードが溜まったら、その列を引き取らなければいけない」という部分は踏襲しつつ、他のルールはかなり異なるゲームとなっています。特にターン制に変わっているというだけでもプレイ感は全く別物です。

6ニムトと違い自分がカードをプレイした直後に場の状況が変わる事がないため、突然の事故で大失点!みたいな事はあまり発生しません。むしろ、自分の番になる前に「あ、詰んだ、、」となることの方が多いです。皆が自分のリスクを抑えつつじっくり得点のチャンスを狙い、また、じっくり他のプレイヤーを陥れようとします。次第に場にマイナスが溜まってきて、煮詰まってくる終盤は濃い読み合いが展開されます。

パーティーゲームの側面があった6ニムトと違い、かなりプレイ時間が伸び(だいたい30分くらい)運要素が減るため、戦略的でどっしり腰を据えてプレイするタイプのゲーマー向けゲームに変わったと思います。



ただ、6ニムトの良さであるスピード感と切れ味が大きく削がれており、マイナスイメージの方が大きい気がします。

序盤は正直あまり盛り上がりポイントがないですし、終盤は確かに熱いのですがそこに至るまでが結構長いです。私などはニムトに中量級の重さ、複雑さを求めてるわけではないので、わざわざ赤箱ニムトを長い時間やるくらいなら本家6ニムトを複数回まわして盛り上がるか他の本格的な中量級ゲームをやった方が良いのでは、、?と思えてしまいます。



本家6ニムトが優秀な軽量級の傑作だったので、どうしても比較してネガティブな感想になってしまいます。6ニムトと赤箱ニムトはプレイ層や重さが全く別物なので、本来比較対象としては不適切なのかもです。どちらかというと雰囲気はアズールやバトルラインあたりに近いような気がします。

終盤の駆け引きはしっかり面白いですし、わりとガチよりのゲームなので、好きな人はハマるのかもしれません。

続きを見る
閉じる
ハナ
ハナ
レビュー
70名が参考
3ヶ月前

個人的総合評価【57点】

★全レビュー冒頭に【カタンを80点として100点満点で採点を行っています】

【+】

・通常版とはまた別物の内容

・まだ、よく解らない

【-】

・通常版が良すぎるのでマイナススタート

・通常版よりインストが難しい

・何となくやらない、ノーマルで十分感あり

続きを見る
閉じる
仙人
has
has
リプレイ
19名が参考
9ヶ月前

2人の友達とプレイ。

1ラウンド目では友達AがミスをしたりAと二人で画策して友達Bをハメたりして点数はそれぞれ[私:A:B][61:58:52]


その後4ラウンド繰り返す中一進一退や運で負けたりなどを重ねていき最終的に

[50:0:10]となった。

続きを見る
閉じる
大賢者
ゆずサーモン
ゆずサーモン
  • 商品価格¥ 1,500(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 47興味あり
  • 246経験あり
  • 33お気に入り
  • 207持ってる

チェックした商品