マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
スパイネット

データベースの投稿画像(当商品と異なる可能性があります)

  • スパイネット
  • 14興味あり
  • 6経験あり
  • 0お気に入り
  • 14持ってる
  • 2~4人
  • 30~45分
  • 10歳~
  • 2017年~

スパイネット / SpyNet の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
自らが所属する諜報機関の指揮をとれ!
  • リチャード・ガーフィールド(Richard Garfield)作

 君たちはスパイマスターだ。チームメイトと連携して、君たちはさまざまな諜報部門のエージェントを雇い、重要な極秘任務を遂行するために彼らを配置する。賢明なプレイと協調によって、君とチームメイトは機密情報の世界の支配的勢力となるだろう!

 「スパイネット」では、プレイヤーは秘密情報の世界を牛耳ろうとしているスパイマスターとなり、さまざまな諜報部門のエージェントを雇い、危険な任務を遂行します。

 手番中、プレイヤーはエージェントカードや任務カードを獲得するか、またはそれらのカードをプイします。各任務カードは得点を持っています。

 諜報には、「執行」「潜入」「防諜」「技術」の 4 つの部門があり、得点となる任務カードは、自分(自陣営)が支配している部門にしかプレイできません。

 エージェントの特殊能力を駆使して、敵のエージェントの寝返りや暗殺、追加のカードの獲得やプレイなど、自陣営に有利になるように各部門を支配していきます。

 ゲーム終了時に最も多くの得点を獲得した諜報機関が勝利します!

 4 人プレイの場合は 2 対 2 のチーム戦、2~3 人の場合は個人戦となります。またオプションの「情勢カード」を使用することで、ゲームごとに異なったルールでプレイすることも可能です。

 カードドラフトの要素もあり、チーム内協力や敵対組織との駆け引きも熱い、諜報戦カードゲームです。

スパイネットに1件の書き込みがあります

チェックした商品