マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
パッチワーク
  • パッチワーク当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 15~30分
  • 8歳~
  • 2014年~

パッチワーク

メーカー・卸元:アークライト

1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
極上のパッチワークキルトを作り上げましょう!手軽で駆け引きも面白い、見た目も鮮やかな2人用ゲーム

 パッチワークは、布片を縫い合わせて大きな布を作る手芸です。昔は余った布切れを使うために、この方法で衣服やテーブルクロスを作っていましたが、今日ではデザイナーが高級な布片で布を創りだす芸術となっています。特に不規則なかたちの布片で作ったパッチワークは真の芸術作品となり、今日たくさんの芸術家が取り組んでいます。

 『アグリコラ』 のウヴェ・ローゼンベルクによるこのゲームは、9×9マスのゲームボード上に、より素晴らしいパッチワークキルトを作ることを競う2人用のボードゲームです。

 毎ターン、プレイヤーはランダムにぐるりと配列された布地タイルの中で、コマの置かれている所から時計回り方向で3つ先までの布地タイル1枚を選んで獲得し、そこにコマを進めるか、パスをします。布地タイル1枚を獲得するときは、その代価としてボタンを支払います。そして、獲得した布地に描かれている「時間」の分だけ、時間ボード上の自分のコマを進め、その布地を自分のゲームボードに配置します。時間が遅れているプレイヤーが常に自分の手番をプレイし、相手を追い越した時点で相手の手番となります。パスをすることでボタンを獲得できますが、代わりに自分の時間を相手より先に進めなければなりません。

 このボタンのコストと時間のコストに加え、布地にはそれぞれいくつかボタンが描かれており、一定の時間が進んだら自分のゲームボード上のボタンの数だけ、ボタンを獲得できます。時間とボタンと適切な布地をうまくやりくりすることで、素敵なパッチワークキルトを作り上げたプレイヤーが勝利します。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 73件

戦略やコツ
3231名が参考
6年以上前

パッチワーク攻略 ~いかにして相手に打ち勝つか~

パッチワークは、ランダム要素が介在しない二人用のゲームです。このゲームで、初心者が上級者に勝つことはまず不可能です。

ドミニオンを例にとって説明しましょう。ドミニオンは、序盤はデッキのパワーを高め、終盤に勝利点カードを獲得する、という流れを基本指針としています(例外もありますが)。パッチワークにおいても同じことが言えます。序盤に収入を高めつつ後半は得点を重視するのが基本です。終盤の詰め以外では「屋敷」を取ってはいけないのです。ところがこのゲームでは、「屋敷」と「銀貨」のように、名前がタイルに振られているわけではありません。どれが「屋敷」なのか「銀貨」なのか、はたまた「金貨」なのか「鍛冶屋」なのか、一見しただけではわからないようになっています。
銀貨から金貨、属州へのジャンプアップを果たしている上級者を前に、屋敷を買い続けていても勝てません。タイルの価値を正確に把握することが、相手に打ち勝つ第一歩なのです。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
勝つための基本方針

■価値の高いタイルを取る
■1*1タイルを取る
■7*7ボーナスを取る
■ゲーム終盤で、相手にパスをさせる

の4つを基本方針とします。順に説明しましょう。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■価値の高いタイルを取る

タイルの価値は、TbVとBbVの二つの評価値で表されます。
TbVはタイム・ベース・バリュー、つまり1タイムあたりのタイルの価値を表し、BbVはボタン・ベース・バリュー、1ボタンあたりのタイルの価値を表します。評価式を見てもらったほうが早いでしょう。

TbV = (2*S + I*P - B) / T
BbV = (2*S + I*P) / (B + T)

ここで、

S:タイルの面積
I:タイルに記された収入ボタン
P:残りの収入回数
B:タイルのボタンコスト
T:タイルのタイムコスト

を表します。

ここから、線の中は読み飛ばしても構いません。

------------------------------------------
TbVの分子である(2*S + I*P - B)は、そのタイルが生む得点です。1マスあたり2得点(2*S)に、これ以降のゲームで得られる収入I*Pを足し、そこから払ったボタンBを引きます。それをタイムコストTで割り、1タイムあたりの得点としたものがTbVです。
これは、所持ボタンが無限とみなせる場合、つまりゲーム終盤に近づくにつれ重みを増します。
逆に1ボタンあたりの価値BbVは、ゲーム序盤に有用になります。これは、先ほどのTbVの分母にTをもってきたものです。パスをすると1タイムあたり1ボタン獲得できるため、もし残り時間が無限であるのなら、BとTは同価値であるといえます。ゆえに、ゲーム序盤にはBbVが導入されます。
------------------------------------------

概して言えることは、付近のタイルの価値を、序盤はBbV、終盤はTbBに則って逐一計算し、相対的に最も得をする手を選ぶべきだ、ということです。
計算するのが面倒くさければ、序盤は収入ボタンがあり、タイルのボタンコストとタイムコストを足した値が小さいものを取りましょう。小さくて収入がないタイルは絶対に取ってはいけません。それは「屋敷」です。
中盤に取るべきは面積の大きなタイルです。これらは、TbVもBbVも高く設定されています。
終盤は収入の書かれていないタイルを取りましょう。TbVもBbVも時間とともに目減りしていくため、収入のない小さなタイルで空いているのところを埋めていきます。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■1*1タイルを取る
■7*7ボーナスを取る

1*1タイルにはどの程度の価値があるのか?自分が取った場合には1マス埋まって+2点で、相手に2点を取らせなかったことになるので、基本的に1*1タイルには4点の価値があると言えます。
加えて、1*1タイルは7*7ボーナスを取るにあたって重要な意味があります。これを使わずに7*7ボーナスを狙うのは至難です。よって、どちらかが(またはどちらも)7*7ボーナスを狙っている場合には、1*1タイルの価値を高く見積もる必要があります。

・両者が7*7ボーナスを狙っており、1*1タイルが必要である
・一方が7*7ボーナスを狙っており、1*1タイルが必要である
・そのどちらでもない

の3通りの場面を考えてみましょう。

・両者が7*7ボーナスを狙っており、1*1タイルが必要である
この場合の7*7ボーナスには、14点の価値があります。自分のボーナス7点獲得は、同時に相手の7点を防いでいるためです。
その前提のもと、残り一つの1*1タイルを取ったほうが7*7ボーナスを取れるとしましょう。この1*1タイルには、基本価値4点と7*7ボーナスの14点の合計18点の価値があります。1*1タイルの行方が趨勢を決すると言ってもいいでしょう。
7*7ボーナスを取るにあたり、両者が2つの1*1タイルを必要とする場合は、1つの価値は4+14/2=11点です。

・一方が7*7ボーナスを狙っており、1*1タイルが必要である
自分だけが7*7ボーナスを狙っていて、そのために1つの1*1タイルが必要だとしましょう。その時は、自分が取れば2+7点、相手が取れば2点であるため、相対的な価値は2+2+7=11点となります。立ち位置が逆である場合も同様です。

・そのどちらでもない
この場合、1*1タイルの価値は単純に4点です。この状況となるのは、「すでに7*7ボーナスを達成している」「7*7を作るのに1*1タイルが必要ない」などが挙げられます。

ここで肝心なのは、いかにして1*1タイルを取るかです。方法は二つあります。
一つ、タイムコストが高いタイルを取り、後ろから一気に1*1タイルの先までジャンプする。ここで問題となるのは、タイムコストが高いタイルはボタンコストも高く、TbV、BbVともに低いという点です。弱いタイルを取ってまで1*1タイルを狙う意味はあるのか、というのを考慮しなければなりません。
二つ、相手がどのアクションを取ろうとも、自分が1*1タイルを取れるポジションにつく。相手が獲得可能などのタイルを取ろうとも、またパスをしようとも、自分が1*1タイルを取れる状況があります。特に、相手の所持ボタンが少なく、選択肢も少ない時には、現実的に狙えるものになります。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■ゲーム終盤で、相手にパスをさせる

収入が増えてくる終盤では、ボタンに比べてタイムの価値が上昇するため、パスは弱い行動となります。相手に大きくパスをさせるため、TbVの低い、つまりタイムコストの高いタイルを取ることも考えられます。相手の所持ボタンが少ない時には狙い目です。
逆に、自分がパスをしないためには、所持ボタンを多めに持つことが肝心です。タイルの並び的にどう転んでもこちらはパスをしない、という場合は所持ボタンをギリギリまで減らしても問題はありません。
一方、ゲーム序盤でのパスはそんなに問題はありません。ボタンの絶対量が足りないため、数マス分はいずれパスをしなければなりません。終盤にしなければならないパスを、序盤に回すことができたと考えましょう。
また、序盤で小さくて収入のないタイルを取るくらいならパスをしましょう。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
打ち勝つためのTips

■パスをし続けるとどちらが勝つか考える
眼前3マスのタイルが全て弱い場合、または4マス先のタイルだけが強い場合、ゲーム終了まで両者ともにパスをし続けたら、どちらが勝つのかを考える必要があります。これは、現在の空きマスと収入、1*1タイルの行方を考えると定まります。パスをし続けて負ける側は、先ほどの状況でも動かなければなりません。逆に勝つ側は、パスをして相手に弱い行動を取らせることが可能です。
ちなみに、スタートからパスをし続けると後手が勝ちます。

■価値のあるタイルの4タイル前につく
価値のあるタイルの4タイル前は強いポジションです。相手がどのタイルを取ろうとも、自分は4タイル先の強いタイルを獲得できるためです。
ただし、タイルをダブルゲットできる場合はその限りではありませんし、先述のパスをし続けると負ける状況ではこの戦術はとれません。

■インサイドに空白を作るより、アウトサイド
中央5*5マスのインサイドに空白がある場合、7*7ボーナスを達成できません。同じ空白ならアウトサイドに作りましょう。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
この記事を作成するにあたり、Gillum the Stoorさんの記事を参考にしました。Thanks a lot!
https://boardgamegeek.com/thread/1307009/patchwork-tactic-maximizing-buttons-time

続きを見る
閉じる
皇帝
おしょう
おしょう
戦略やコツ
606名が参考
約4年前

 初心者プレイヤーが陥りがちな間違いは、とにかく隙間なく綺麗に埋めようとする為、小さなタイルをたくさん取ってしまい、結局空白のマイナス点が爆発してしまうパターンです。このゲームは隙間なくタイルを埋めていくゲームではありません。とにかく広い面積を埋めさえすれば、ちょっとくらい隙間が空いていたっていいんです。

 このゲームは一見変な形のでかいタイルが非常に便利かつ強力です。ボタンのたくさん付いたタイルも早めに欲しいところですが、大体そういうタイルはコストが高く、序盤で取るのは難しいです。序盤はコストの安く奇天烈な形の、大きめなタイルを早めにがしがし取って広い空間を埋めていきましょう。後半はともかく序盤なら空きスペースも大きいので、多少変な形のタイルでもいくらでもリカバリー可能です。恐れずに手を出しましょう。綺麗で素直な形のタイルはついつい取りたくなりがちですが、ぐっと我慢。これで7×7サイズボーナスの先取りも夢ではありません。うまい事配置すれば、皮タイルを取らなくても結構綺麗に隙間なくタイルを埋める事も出来ますよ。

続きを見る
閉じる
有我悟(あるがさとる)@GM2022秋土ウ19
有我悟(あるがさとる)@GM2022秋土ウ19
戦略やコツ
592名が参考
6年以上前

基本はテトリスの様にうまく布地タイルを敷き詰めれば勝ちなのですが、
早く布地を買おうと安い布地(ボタンがないもの)ばかりをもらうと後々布地を買うためのボタンの確保が難しく、どん詰まりになる事がよくありました。
後、1回のプレイですべての布地タイルが埋まることは早々ないと思うので、端っこの1つ2つぐらいのタイルは埋まらなくてももういいやってくらいでやった方が勝つ事が多かったです。

続きを見る
閉じる
国王
tosshi_y
tosshi_y
戦略やコツ
489名が参考
5年以上前

綺麗にマスを埋めようとしてタイル獲得が少なくなると、最後の得点計算で空きマスが多くて大量のマイナス点を食らってしまいます。ヘタすると最終得点がマイナスになるので、7×7のボーナスタイルはおまけ程度に考えて、どんどん埋めていきましょう。

続きを見る
閉じる
大賢者
seshil4324jp
seshil4324jp
戦略やコツ
409名が参考
4年弱前

レビューにも書いてしまいましたが、こちらにも投稿しておきます( ¨̮ )


①理想ですが、ボーナスをもらえるボタンのマスにたどり着く前に、自分のボードにボタンを毎回2つ取っておく。

序盤はひたすらボタンが付いている生地を買う!


②自分の手番で生地を買うときは、極力相手のコマの1つ先で止まるようにする。

逆に、相手が自分より何マスも進んだ時は2〜3ターン手番が続くように生地を買うのもアリ。


参考になれば嬉しいです*。

続きを見る
閉じる
国王
Saya.MYR
Saya.MYR
ルール/インスト
355名が参考
3年弱前

プレイヤーはキルト職人になりコンテスト当日までに布を仕入れて縫い合わせて最高のパッチワークを作るのが目的のようなゲームです。

ゲームの終了は、お互いの時間マーカーがゴールマスに到達した時点で終了となりそこから個人ボードの得点を計算して、より得点が高いほうが勝利となります。

プレイとしては手番の時にできることは2つだけ

  1. 並べられた布タイルから好きなものを購入して自分の個人ボードに配置する。
  2. 時間を進めてお金であるボタンを稼ぐ。の2つ


購入するときは決まりがあり、ポーンコマの前にある3つの中から選びます。この時購入したタイルの場所にポーンコマは移動します。布タイルに書かれた分のボタンを使い購入したら個人ボードに配置してそれ以降そのタイルを動かしてはいけません。配置(縫いつける)には時間がかかるので布タイルに書かれた砂時計の数字分自分の色の時間マーカーを進めます。

この時、購入するだけのボタンがなかったり欲しいものがなかった場合、時間を進めてボタンをもらうことができます。進め方は相手の時間マーカーの1マス先まで進めます。この時進んだマス分のボタンを受け取り手番は終わります。ボタンの稼ぎ方はもう一つあり、時間マーカーを進める際にボタンが書かれた箇所を通る度にボタンが貰えます。貰える量は自分の個人ボードに縫われた布タイルに書かれているボタンの数です。書かれているものがない場合はもらえません。

また時間マーカーを進めた時に1マスタイルを最初に通ったプレイヤーはそれも受け取って個人ボードに配置します。

最後に手番の順番ですがこのゲームでは手番は時間マーカーが後ろのプレイヤーが手番を行います。この時同じマスにいるときはマーカーが上のプレイヤーが行います。つまり場合によっては連続で手番を行うこともあります。


ゲーム終了時の得点計算は最終的なボタンの所持数が得点となります。この時、個人ボードの空きタイルは1マスにつきー2点なるので稼ぐことだけではなく空きの無い様に配置することも大切です。また特別タイルが存在しており、先に7×7マスを埋めたプレイヤーに得点計算時に+7点追加されます。

続きを見る
閉じる
勇者
Mitto
Mitto
レビュー
315名が参考
4年以上前

7/10

2015年ドイツ年間ゲーム大賞推薦リスト入り、ドイツゲーム賞10位の2人ゲーム。

昔は2人ゲームといえば、1つはノミネートで見かけていたりしていたものだが、ここ最近はまったく見ない中、見事に入っていたので、気にはなっていたゲーム。

ぶっちゃけ2人ゲーはバトルラインでいいじゃんと思っていたくらいなのだが、プレイしてみて、これはバトルラインとかと肩を並べる名作だと感じた。

特徴としては、パズルとテーベ系のシステム(人によっては、ツタンカーメン系とかこの頃から始めた人にはパッチワーク系が通るみたい)が見事に融合しており、かなりシビアなゲームが楽しめる。

あとはとにかく見た目がオシャレなのも良い。

女性ウケはいいが、最初の並び順以外に運はなく、結構ガチなので、人は選ぶ気はする。

続きを見る
閉じる
白州
白州
レビュー
309名が参考
3年以上前

「アグリコラ」「ボーナンザ」などボドゲ好きで知らぬ者はいないウヴェ・ローゼンベルグの傑作2人用ゲーム。最近紙ペンゲームのバージョンが出たらしい。

2人用ゲームでは「バトルライン」と「パッチワーク」が抜き出て好き。最高。

自分は男性と遊ぶなら「バトルライン」、女性と遊ぶなら「パッチワーク」といった感じ。

可愛いパッチワークのタイル、毎回できあがりが変わる個人用ボード(インスタ映えですね)、しっかりと悩ましく楽しいプレイ感、それでいて重くなくついつい「もう一回!」と言いたくたるリプレイ性などなど好きなポイントをあげればきりがありません。

軽ゲーから中量級のゲームの繋ぎとしてぴったしです。「コヨーテ」や「ボブジテン」など軽ゲーに触れ、「ボドゲって楽しいかも」って興味を持ちはじめた人を沼に引きずり込むのにぴったしのゲームではないかと思います。

箱自体の大きさもそこまで大きくはなく、自分は旅行によく持っていきます。

5〜10分で終わる軽ゲーからもう少し考えるゲームをやりたい方、2人用ゲームを買いたいけど何を買ったらいいかわからない方、彼氏彼女に楽しいボドゲ体験をしてほしい方…自信をもってオススメします。

ぜひ遊んでみてください。

続きを見る
閉じる
勇者
ウサギク
ウサギク
レビュー
291名が参考
3年以上前

ボドゲ初心者で初めてボドゲ屋さんの行った際、スタッフさんに「見た目可愛いけどかなりのガチゲーですよ」と言われて即決で買ったゲームです。

ルールはシンプルです。相手とほぼ交互にパッチワークであるピースを取り合い、自分の面である生地(9×9のマス)に置いていくといったもの。最後に自分の手持ちのボタン数(後述)から埋められなかったマス数×2をした数字を引いた分が自分の持ち点となります。要は空きがないように埋めれたら勝ちが近いということですね。

上記でほぼ交互に取り合い、と書きましたが、これはタイムボードがあり、取り合ったピースに書かれている分だけ時間が進みます。相手より自分が後方にいれば、相手の駒を越さない限りはひたすらピースを取ることができます。タイムボードなので最後があり、自分の駒が最後までいけば自分のターンは終了。相手が最後まで駒を進めるまで待機です。

また、ピース自体もはじめはランダムで置かれていますが、全ピースから選んで取る訳ではありません。スタート時にある決まった形のピースが置かれている場所にポーンを置きます。そのポーンから時計回りに3つ目までしか取れないのです。ピースを取った後は代わりにポーンを置きます。それが続くのです。

そして最後にボタンという概念を忘れてはなりません。要はお金と同じ意味でとらえてもらって大丈夫です。各ピースには時間とボタンの2種類が書かれています。ボタンはそのピースを取る為に払わなければならないお金(ボタン)と考えてもらえれば分かりやすいのではないでしょうか。ただ、最初の手持ちは5ボタンから始まりますのですぐにボタンが尽きてしまいます。そういった場合は、自分の手の時に相手の駒より一つ進んだマス分、ボタンを得られます。しかしその分時間軸は進んでしまうので、ピースを取る回数が減ってしまいます。また、お給料日のようなタイミングもあります。というのも、タイムボード上に何回かマスの間にボタンマークが付いています。このボタンマークを駒が跨ぐ度に、自分の面状に置かれているピースに書かれているボタン数だけボタンをもらえるのです。ということはボタンがたくさん書かれているピースを取ればいいのでは?と思いますが、やはりボタンが多い、又はピースのマスが多いものは支払わなければならないお金(ボタン)が多いのです…なので始めから大きなピースを取ることはできません。いかに序盤でボタンをゲットしつつマスを埋めるかが勝敗を決めるのです。

例えば、相手にとって欲しくないピースまでポーンが近づきそうになれば、この「ポーンから3つ目までしか取れない」というルールを考えて相手が取れない状況にし、かつ自分の面も埋められてかつ手数も多くしたい…でも今はそんなお金(ボタン)はない…ならどうするか??など考えることがいっぱいです。すごく楽しいです。戦略も人それぞれなので、色んな人と対戦するのが楽しいかもしれません。大好きなゲームの一つです。

見た目も可愛いし、わかりやすいゲームなので老若男女問わずプレイできるゲームです。おすすめなので是非一度はプレイしていただきたいです。

続きを見る
閉じる
勇者
メガネのかをる
メガネのかをる
レビュー
279名が参考
約5年前

いやいやいやいや。何ですかこれ。(褒め言葉)

何でこんな可愛い見た目に反してこんな戦略的でこんな面白いゲームがあるんですか。


パッチワークはウヴェ・グーテンベルク作の二人用ゲーム。いわゆる、サシゲー。

15~30分と書いてあり、裏面にも「短時間」と書いてあるが、それはよほど考えなければの話である。ウヴェ様の短時間は信用ならん。(笑)

ルール自体は非常にシンプルだが、時間の概念がある事で、かなり戦略に拡がりがあると思う。

このゲーム、常に「時間に余裕がある(手番を行うと、何らかの形で自分のコマを動かさなければいけないが、相手のコマを追い越しさえしなければ何回でも順番は来る)」方が先に行うのだ。

例えば、追い越すまで、後5時間。ここで縫うのに2時間かかるパッチを購入しても3時間余る。まだ俺の手番…というのがこのゲームの面白いところ。(その1)


しかも、パッチを買う時、白いポーンの3つ先までしか買えない。つまり、相手が欲しそうなパッチを、「買わせない」作戦も出来る。

更に、パッチにはそれぞれ特徴がある。ボタンが多く付いてるのは高いが、決算(コマを動かすボードにボタンが描かれてたりするが、通ったらボタンが貰える)でよりボタン(オカネ)が貰える。

逆に、安くてボタンもない代わりに、面積が広いパッチもある。時間がかかるが、細かいところを埋めるものもある。

これの利点は、ゲーム終了時に、失点を抑えられること。空きマスはかなり痛い。

1マスだけのパッチもボード上にあり、通過すれば貰える。

こんなパッチたちを、巧みに使いこなせられるかもポイント(2つ目)


特に、先に7*7のエリアを埋めた方が貰える7点も良く出来てて、本当に大好きなゲーム。(3つ目)


アプリ版もあるが、自信があるなら、オンライン対戦をおすすめする。だが、まずはボードゲームで、腕を磨き上げながら遊ぶと面白いだろう。

続きを見る
閉じる
大賢者
東 洋星(Yousei Azuma)
東 洋星(Yousei Azuma)
レビュー
279名が参考
5年弱前

ウヴェ・ローゼンベルグによる、2人用ゲームの傑作です。
見た目はとても可愛らしいコンポーネントですが、ゲーム内容は素晴らしいガチゲーです。
ルールは、平面パズルを組むことになるボードとともに、時間の経過を示すボードもあり、はじめのうちは慣れないかもしれません。
しかし、そこまで複雑なルールはありませんし、何よりボードを埋め尽くすことができる喜びがあります。
ボードを埋めるためのタイルの種類も豊富で、見ていて可愛らしいのと、あの形は取られたくないけど、取得に掛かるコスト(ボタン・時間)を考えるなど、ジレンマたっぷりのゲームです。
勝ち負けに関わらず、ゲームが終わる度に「もう一回!」と言いたくなる良いゲームだと思います。

続きを見る
閉じる
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
レビュー
269名が参考
約4年前

★9(個人的10段階評価)


二人用傑作ボードゲーム!

初心者のボドゲ入門にも最適!


ボタン(お金)と砂時計(時間)をリソースにタイルを購入、自分のボードへと配置し、出来るだけ盤面を埋めつつ得点を重ねていくシンプルなルールのゲームです。


しかしながら考えどころは意外な程多く、また見た目の華やかさ、楽しさも手伝って満足感は非常に高い。二人用ボードゲームとしては突出した出来だと個人的には思っております。特に夫婦などでゆったり遊ぶのにはもってこいのゲームかと。また子供でも充分に楽しめます。


箱も小さめサイズなのですが、プレイする際には意外と場所を取るのにはご注意を。大量のピースを円形に並べて置きますので。


後にパッチワーク的タイル配置要素を含んだボードゲームは何作品か出ていますが、個人的にはやはり今作が頭一つ抜けた面白さだと思っております。

続きを見る
閉じる
すあま
すあま
レビュー
264名が参考
5年以上前

詳細はこちらでも(*´∀`)

私のレビューサイトです♪

https://www.bonabe.net/posts/item8.html


個人的にこれ相当な傑作です♪

パッチワークをボードゲームにしようっていう発想が素晴らしいですが、やってみると凄く可愛いゲームです。おじさん同士でやっても可愛いと思います。

このゲームは相手と交代にパッチのタイルを取って自分のボードに置いていくゲームです。そしてお金の代わりとなるボタンを集めて、最終的にボタンをたくさん持っている人の勝ちです♪テトリス的な感じでタイルをはめていくんですが、ぴったりな形ではまると超キモチイイですよ!

軽い感じで出来るゲームですし、なにより見た目に可愛いゲームなので初心者受けの良いゲームだと思います。実際ボードゲームを全然しない人達数人とやりましたが、皆かなり楽しんでくれてました。


詳細はこちらでも(*´∀`)

私のレビューサイトです♪

https://www.bonabe.net/posts/item8.html

続きを見る
閉じる
大賢者
なまゆき
なまゆき
レビュー
257名が参考
4年弱前

初投稿です*。

1番好きなボドゲなのでレビュー書いてみました!

まず見た目が可愛い!!

埋めたり繋げたりするゲームが好きなのと、ビジュアルのかわいさにハマってアプリまで買ってしまいました笑


色んな形の生地をボタン(通貨)と時間(進むマス)のコストを支払い購入し、自分のボード?を埋めて行くゲームです。

常に後ろのマスにいる人のターンになるのが特徴的な気がします。


ルールは説明し尽くされていると思うので、私が思う勝利ポイントを書いてみようかと思います。

①理想ですが、ボーナスをもらえるボタンのマスにたどり着く前に、自分のボードにボタンを毎回2つ取っておく。

②自分の手番で生地を買うときは、極力相手のコマの1つ先で止まるようにする。


以上の2つです。

アプリの方はBGAもビジュアルと同じくらい可愛く、オンライン対戦等もできます*.。

画像はAI対戦の最終結果画像です。

機会があれば是非遊んでみてください!

続きを見る
閉じる
国王
Saya.MYR
Saya.MYR
レビュー
243名が参考
2年以上前

追記 2021.1

娘がハマりました。

妻とはほとんどやってません(笑)


実家に帰った時に、娘と私の弟で遊んでましたが、初見でも普通に楽しめるし、やっぱり良いゲーム。 


以下初回投稿

あまりボードゲームにのめり込むことがない妻に、これならどう?と言う気持ちで購入しました。

二人対戦だと、子供が二人いる我が家では出番が限られてしまうのですが、子供がアニメ見てる時とか、寝てからの時間で偶に妻とやってます。


時間とボタンと大きさ。バランス良く集めていかなきゃダメなんですよねぇ〜。

よくできてます。かなり好きです。

続きを見る
閉じる
仙人
タデイ27
タデイ27
レビュー
243名が参考
3年以上前

★8.5/10【2人用ゲームの最高傑作!?】

パッチワークという可愛いテーマながら非常に悩ましく、ゲームの後半に向かって加速しかし、手番が足りないよ〜と様々な感情を引き起こしてくれるゲーム。何度でも相手の許す限り再戦を申し込みたくなります!笑

最初の一回は、どうすればいいんだろうとなりながらも、後半になるほどなるほどとこのゲームの面白さに気が付き始め、いつの間にか2戦目突入。2戦目が終わった時にはもうこのゲームの虜になってました笑


『こんな人におすすめ』
●2人用をやりたいけれど、どれがいいのか迷っている
●自分のボードを完成させていく系が好き
●カラフルなのが好き


悩ましさ    ★★★★★  (どれをとるのか、どう置くのか。可能性が何通りもあって困っちゃう)
再戦度     ★★★★   (適度な一回の長さで何度でもやりたくなってしまう!)
テーマ性    ★★★★★  (パッチワークのテーマと、ゲーム性が非常にマッチしていると感じます!)


個人的には二人用ボードゲーム の中で今の所一番おすすめです!
今までにやったことのある二人用ボードゲーム (ノッカノッカ/TOKYO HIGHWAY/バトルライン/クアルト/Invictus/コリドールなど)
あ、でも僕は将棋が一番好きです。(ボードゲーム の分類には入らないような...)

続きを見る
閉じる
仙人
パッチョ
パッチョ
レビュー
242名が参考
5年弱前

様々な形のタイルを並べてパッチワークを作るゲームです。

最終的に隙間が減点となるためなるべく埋めたいところですが、

タイルを1枚とるごとに相応の時間が経過してしまいます。

また、大きくて安いタイルは形が歪だったり、ボタンが少なかったりします。

ボタンが少ないと定期的に訪れる決算の時に収入が少なくなってしまいます。


広く埋める・きれいに埋める・短時間で埋める・ボタンを多くするといった複数の要素を

いかに上手くマネジメントするかがカギとなるため、

かわいい見た目とは裏腹に結構考えさせられます。

とはいえ、選択できるタイルは常に3種類に絞られているため

プレイ感としてはそれほど重くなく、サクサク進められるのでおススメです。


それと、ゲーム終了後には勝敗問わず撮影会が始まるのも楽しいです!

続きを見る
閉じる
国王
fruit
fruit
レビュー
235名が参考
約5年前

右脳左脳をバランス良く使う新感覚のボドゲ 

テトリスのような様々なパーツを交代で取りながら、自分の四角いパッチワークを埋めて隙間なく埋めるのを目指す  という、わりと気楽できるのに、戦略性などもあってバランス◎なボドゲです  

次に購入したいボドゲの1つになりました  

続きを見る
閉じる
国王
bunmori
bunmori
レビュー
231名が参考
2年以上前

いわゆるボドゲ初心者殺し(楽しめる)の2人用として

代表的なゲーム。


基本的には完全な情報公開ものなのですが、パッチ

ワークとパズルという絶妙な要素によりアブストラクト

色を強く感じさせない所が素晴らしいです。


ここ10年位の間に、2人専用ゲームもすっかり

市民権を得た感があります。

やはりなんといっても2人でプレイする際のバランス

は専用ゲームが秀逸です。


このパッチワークは、ルールは単純で、かなりの低年齢

層から遊べます。ボードゲーム初心者への説明も簡単

です。それでいて、手番のコントロールとパズルと言う

概念はその場その場の状況判断が重要となるため、

例えばパズル好きの人などであれば、初めてでもかなり

楽しめると思います。

しかし見た目はキャッチーでありながら中身は本気の

バトルです。経験の差、またパズルセンスは少なから

ず勝敗に影響を及ぼすでしょう。

相手の必要とするピースを抑えるなどのインタラクショ

ンも存在します。


それでもこのテーマ、アートワークに加え、いい具合に

ゲームに没頭できるため、負けても楽しかった、といえ

ることも多々あります。


ほぼアブストラクトでありながらこのようなプレイ感

を生んでいるのは素晴らしく、当にウヴェ氏の真骨頂と

言ってもいいでしょう。

思えば、フタリコラなんかもアグリコラからダウン

サイズしながらも絶好のバランスに仕上がって

いました。


BGGでも大変な高評価を得ており、

2人専用ゲームの定番として、永く愛される作品と

なりそうです。

続きを見る
閉じる
maro
maro
レビュー
215名が参考
4年以上前

布切れを購入(ボタンがお金)して、自分のボードを埋めていくゲームです。

単純かと思いきや、布の配置が結構重要であとあとの事を考えないとうまく置けなかったり…

スゴロクのような盤面を使用し、先手と後手で進めてくのですが

ちょっと変わってるのが

コマが後ろの人に常にターン権利があること。

なので、コマをなるべく相手を越えないように上手く調整しつつ布切れを購入する(結構難しい…!)という( °ω° )

盤面のボタンマスを越えるごとにボタンの支給タイムがあります。

その時にもらえるボタンの枚数にはルール(自分のもっている布切れに描かれてるボタンの枚数に準ずる)のでボタンがたくさん描かれている布切れを優先して買うべきとも思うのですが、それだと面積が少なかったり。。

と同時に、それによって進めるマスも変わってくるので相手にターン権利を渡してしまったり。。

デザインも可愛いくて女子向けだと思いますが私は好きです!

続きを見る
閉じる
国王
すもも
すもも
レビュー
213名が参考
3年以上前

運要素がほとんどない、わりと実力がハッキリ出るゲームのように思えます…( ;´꒳`;)

ルールが簡単なので、初心者同士でやるなら面白いと思うけど…実力差があると多分しんどみが深いと思うの…!!!(´›ω‹` ;)

ゲームとしては好きだしカラフルで写真映えもするけど、わりといつも負けるからしんどみあるぜ…(´›ω‹` )笑

続きを見る
閉じる
大賢者
えりんぎ!@ボドゲ初心者
えりんぎ!@ボドゲ初心者
レビュー
211名が参考
3年以上前

とりあえず一言。


「かわいい・・・。」


デザインはかわいいけども中身は硬派。運だけで勝てるゲームではありません。

自分の盤面に配置したキルトについたボタンの数が、途中のお給料的なものになりますが、数多く書かれたキルトは値段が高かったり、時間(コマ)が一気に進んでしまったりするので、選び方も非常に重要になってきます。


ついつい「もう一回!」となるゲームでもあります。


余談ですが、茨城県の海沿いの温泉で、たくさんのお土産に交じって、このボードゲームが売っていたのは衝撃でした。お店の方曰く「たまに買って温泉で遊んでいる人いますよ」との事。


ぜひそんな瞬間に遭遇したいものです。

続きを見る
閉じる
だか(こ)さん
だか(こ)さん
レビュー
211名が参考
2年弱前

ウヴェ先生の超傑作パッチワーク。ただただ単純なパズル要素だけではなく、そこに時間の概念やどのピースを選ぶのかという多少のドラフト要素もあったりでそれらがうまく絡み合って出来たバランスが本当に面白い!しかも大変お洒落でゲーム終了時にそれぞれ完成しているパッチワークは映えること間違いなし!女子(と遊ぶ時)や服飾系にもオススメの作品です!

続きを見る
閉じる
皇帝
16C
16C
レビュー
209名が参考
1年以上前

未所持でしたが友人とボドゲカフェでインストしていただいてプレイしました

友人はボードゲーム初心者、自分はパッチワークは未経験です


インストしていただいてルールは把握しましたが、ちょっと難しいかなというところもあります

(難しいというより忘れやすい箇所がある感じ?)


勝敗は自分のボードにパネルを配置していき、そこに書いてあるボタンの絵の数と、最終的に所持していたお金(ボタン)の合計の多いほうが勝ちです


ボタンのあるパネルを撮ることが勝利へと近づくのですが、パネルの形が変な形だった李大きかったりするので空白ができやすく、空白は最後の得点計算時1マスにつき-2ボタンとなるので、何も書いていない小さなパネルを取ることも大事です


ゲームの準備時のパネルの配置以外は完全なアブスプラクトゲームなので、上級者と初心者では差が出て徐きゅう舎には太刀打ちできないでしょう


同じくらいの腕の人とプレイするのをお勧めします

続きを見る
閉じる
仙人
くずてつ
くずてつ
レビュー
200名が参考
2年以上前

見た目の可愛さととっつきやすそうなルールに惹かれ、20代後半の姉妹で初めてプレイしました。が、ボタンの多くついているパッチを確保しようとしてお互いに時間を使いすぎてしまい、まさかの2人ともマイナス点同士での争いになり笑ってしまいました。(余ったマスがマイナス2ずつ精算なのが予想以上に響きます)ひとまずは自分のマスをきっちり埋める意識が大切でしょうね。

数回やればお互いの好み・癖・邪魔できるポイントなんかがわかってくるので、同点になるくらいに競りあえます。もたつきもなくサクサク何回もできるのでオススメレビューが多いのも共感できます!

続きを見る
閉じる
国王
さくらだに
さくらだに
レビュー
196名が参考
約3年前

初回プレイでは綺麗な作品ができた~♡と、無垢な心でプレイしていたのですが、

回数を重ねるにつれて、いかに相手の欲しいタイルを先取りするか、邪心に満たされていくゲームです。


また準備時も心を無にしてタイルを並べないと、邪心が首をもたげて、知らず知らず(ほんとは故意に)自分の得意な形に並べようとしがちになってしまいます。


あ、ゲーム自体はめちゃくちゃ面白いですよ!


テンポのいいゲームなんですが、給料ボタン数を数えるのが結構大変なので、

一人一個電卓を用意しとくといいかもです。


また、接待プレイがしやすいため、5歳の息子のお気に入りゲームです。

続きを見る
閉じる
勇者
エヌオー
エヌオー
レビュー
196名が参考
3年以上前

2人用の30分程度のゲームを探していて、購入しました。

(同じく2人用の30分程度のゲームでは【バトルライン】がオススメです。あわせてぜひ!)

アートワークがとにかく素晴らしく、見ているだけで楽しいゲームです。

勝敗だけでなく、できあがったパッチワークの美しさも楽しめます。

ルールはとてもシンプルなので、付属の説明書を一読すればすぐに分かります。

我が家では勝敗はあまり気にせずプレイしていますが、勝ちにいくことを考え始めると、難しいゲームであるとも思います。輪の布地の並びによって、最後空きマスがたくさん出てしまう時もあります(空きマスは−2点)。

勝つためにどうしたらいいかを追究すると難しいゲームですが、そこまでこだわらず楽しくパッチワークを並べるだけで充分楽しいゲームなので、アートワークに惹かれた方はぜひ一度プレイしてみて下さい。

ルールは簡単なので、誰でもすぐにプレイできます。


続きを見る
閉じる
皇帝
163
163
レビュー
191名が参考
4年以上前

しっとりとした大人の時間にぴったりな二人用ゲーム。

時間とボタンを使って布を購入し盤上に配置することでパッチワークを作ります。配置した布からは定期的にボタンの収入があります。各自の盤上をどれだけ埋め尽くせたかとボタンの所持数が最終的な勝ち点になります。

欲しい布をじっくり選んで、盤上にピタッと配置、トントントンとコマを進める...緻密な作業が本当の手芸とかぶり、静かに楽しめます。

続きを見る
閉じる
大賢者
うさこ
うさこ
レビュー
183名が参考
5年以上前

パッチワークとは、余った小さな端切れを大きな布に仕立て上げる、生活の知恵です。

様々な布地を使って作り上げた完成品は見た目が可愛らしく、いつしかパッチワークは趣味の一つとなったのです・・・。




---パッチワーク---

ルールを覚えるのに必要な時間:10分
1ゲームの時間:30分
評価:☆☆☆☆ (☆5で満点)

各所で評判の良いパッチワーク。作者は豆ゲーで有名なウヴェ・ローゼンベルグだ。少し前にも中量級のグラスロードを紹介したが、これは二人用ゲームの中量級。プレイ時間はフタリコラの半分ぐらいだと思う。



まずテーブルの真中に時間管理ボードを配置。得点ボードのようだがそうではない。



これはリバーシブル仕様になっているのでどちらの面を使ってもいい。



ボード上には指定場所に「レザーパッチ」を置く。



二人のコマをスタート地点におき、パッチワークタイルをぐるっとボードの回りに配置したら準備完了。かなり広い場所が必要になるので注意。二人用ゲームではアルルの丘に次ぐゲームスペース。



あ、あとこのポーンを一番小さい「2マス」のタイルの左隣に置いておく。各自5ボタン(5金)を持ってゲームスタート。

---------------------------
両プレイヤーは自分のボードをなるべくタイルで埋めていくようにするのだが、手番には

・タイルを一枚とる

・時間だけを進める



どちらかの行動ができる。タイルを取る場合は、ポーンの位置より3つ先までのタイル1枚を取れる。取得する際は、書いてあるボタンがコストなのでその分だけボタンを支払う。



たまにコスト0のタイルもある。

砂時計も書いてあるのだが、これは進める時間の数。書かれた時間だけ時間管理ボード上の自分の駒を進める。



時間だけを進める場合は、「相手のコマの一つ先」まで時間ボード上の自コマを進める。進めた分だけボタンをもらえる。



なお、このゲームでは常に「時間が進んでない方」が手番を行う。相手のコマを追い越すまではずっと俺のターン。

--------------------------



タイルを獲得したら、自分のパッチワークボードに配置する。何処においても良い。



もし時間を進めた結果、コマが「描かれたボタン」を追い越したら決算。自分のパッチワークボードに置かれたタイルにはボタンが描かれている物があると思うが、その数だけボタンがもらえる。



「レザーパッチ」を追い越した時はこのパッチタイルがもらえる。1×1の小さなタイルなので、ボード上の穴埋めに最適だ。



また、自分のパッチワークボードは9×9の大きさだが、先に「7×7」のエリアを全て埋めたプレイヤーは・・・



このボーナスタイルがもらえる。終了時に7点となる。

両方のプレイヤーが時間ボードの最後まで辿り着いたらゲーム終了。持っているボタンがそのまま得点だが、自分のパッチワークボード上に空きマスがあったら1マスにつき-2点だ。

-------------------------

各所で高評価が目立ちますが、確かにこれはいいゲームです。また、見た目が可愛らしいので女性ウケが抜群に良さそう。アブストラクト・ウボンゴといったところでしょうか。

ルールを読むとわかるのですが、運要素はありません。タイルの並び順がランダムですが、ゲームスタートしてしまえばどちらも同条件でゴールまで突き進むので、強い人は一方的に強いでしょう。

続きを見る
閉じる
大賢者
seshil4324jp
seshil4324jp
レビュー
179名が参考
2年以上前

二人用の傑作。ボードゲームが初めてという人と二人でゲームをするなら、これを最初に出してもいい。それくらいオススメ。

様々な形のタイルを取り、自分のボードを埋めるゲーム。

タイルにはボタンが描かれていて、決算のたびにボタンがもらえる。

タイルを買うのも最終的な得点も、持っているボタンの数になる。

ボードの埋められなかったマスは失点になる。

写真にある渦巻きのボードは、ゲームの進行を表す。

タイルには砂時計が描かれていて、取ったタイルの砂時計の数だけコマが進む。あるいは、タイルが買えない場合も、これを進めることでボタンがもらえる。

途中でボタンマークを通り過ぎると決算になり、ボード上のボタンの数だけボタンがもらえる。

渦巻きの最後まで行くとゲームが終了する。


とても好きなゲームなので、自分のブログで詳しくレビューしました。よろしければご覧ください。

https://minarinbg.com/patchwork/

続きを見る
閉じる
みなりん
みなりん
レビュー
179名が参考
4年弱前

様々な形の布きれを決められた大きさの自分の範囲に配置していく2人専用ゲーム。
ゲームの終了時にはいろいろな柄が合わさった美しいボードが完成します。
パズルの要素、形優先かボタンつき布きれを取るかのジレンマ、そして相手と布きれを取り合う駆け引き、収入を得るたびに迫ってくるゲーム終了までの制限時間…といろいろなボードゲームのおもしろさをぎゅっと詰めたゲームなのに非常にバランスよくかつコンパクトにできているゲームです。

ゲームの目的は自分のスペースを埋めるように布きれを配置していくこと。
ゲーム終了時にあいてるスペース分だけマイナス点をもらいます。
布きれには様々な形があり、それぞれにその布きれを入手する際に必要なお金(ゲーム中ではボタンをお金として使用)、さらには入手した布きれを他の布とくっつけるのに必要な「時間」が設定されています。

有用な布きれほど時間が多く取られるので、相手に手番を譲ることになったり、結果として配置できる布きれの総数が少なくなるなど後々影響が出ることもあります。
そして中にはボタンつきの布きれがあって、その布きれを自分のスペースに配置しているとボタンの数だけ一定のタイミングで定期収入としてボタンを受け取ることができます。
布きれは基本的に全て一点もので相手との取り合いになるので、上記の条件のうち何を重視するか考えた上でどれだけ手に入れられるかがゲームの勝敗を分けることになります。


貴重な2人専用ゲームです。
まだ回数をこなせてないですがバランスのいいゲームだと思います。
ここでいうバランスは様々な意味があって、まずはダイスやカードの引きといった運の要素がほぼないところ、好きな布きれをとって配置するの繰り返しというルールが簡単なわりには様々なジレンマや相手との駆け引きもあって適度に悩まされるところ、手番も一手交代ではないので片方が布きれを全くとれないという状況にはなりにくいところと、良い点をあげれば「バランス」に集約されると感じました。
ゲームが進めば色や柄がバラエティに富んだ自分の作品の完成形が見えてくる点も達成感があります。
傑作2人専用ゲーム「バトルライン」よりもカードの引きという運要素がない分戦略的なゲームとも言えますが、ボードの雰囲気やテーマ的にも殺伐としないですね

女性やゲームになれてない人はこっちのほうが受けがよさそうな仲良く2人で対戦できるゲームです。

続きを見る
閉じる
仙人
弥七
弥七
レビュー
177名が参考
約2年前

こんにちは。いったいボードゲームでパッチワークとは、どんなことが始まるんだろうかとワクワクしました。

箱の中には、ボタンもある、そして、紡いでいくものもある(パズル)。しかも、仕上げていけばお給料ももらえるなどの働いてる感。穴を空けないように作っていくソーイング要素もありで、ボードゲームってこんなことまで表現できるんだ!と感動したゲームです。

2人用です。紡いでいくパズルの柄も可愛いです。

結構広げて遊ぶものでその意外性もよかったです。サイコロではないので、進め方はある程度覚えないといけませんが、それほど難しくはありません。すぐに覚えられるのではないかと思います。

続きを見る
閉じる
皇帝
ドリコ
ドリコ
ルール/インスト
176名が参考
約3年前


続きを見る
閉じる
勇者
駄菓子屋さんた
駄菓子屋さんた
レビュー
176名が参考
3年弱前

ふたり用で妻と遊べそうなゲームを探してたところあらゆるところでオススメされていたので購入

実際プレイしてみて初プレイ時3回連続でプレイしてしまいました。

ボードゲームすると疲れるという妻が3回も連続でプレイするなんて初めて

アートワークの良さとシステムの絶妙さとプレイ時間のちょうど良さ

どれをとっても素晴らしいの一言

暫くはうちではコンスタントにプレイされていきそう

続きを見る
閉じる
皇帝
塞翁の馬
塞翁の馬
レビュー
170名が参考
3年以上前

2人用ゲームで所要時間30分程度。形や色が様々なパッチ(布片)を9×9マスの正方形に枠にあてはめていきます。(パッチワーク)。好きなパッチを選びたいけれど、コマは最大1~3マスまでしかすすめません。

そこに更に時間とパッチを購入する資金(ここではお金をボタンと呼んでいます)が必要です。限られた時間を有効に使いながら、上手に手元の正方形のマスにパッチを置いて多くのボタンを残した人が勝ちとなります。運の要素と、自分の判断で限られたマスにどうパッチを配置していくのかが勝負どころです。

ルールがとても、シンプルで何よりもカラフルなパッチが女性心をわしづかみします♪手軽に遊べるのもお勧めです。

続きを見る
閉じる
仙人
ボドゲ好きのてんちゃん
ボドゲ好きのてんちゃん
レビュー
170名が参考
約1年前

必要なのは時間とボタン!思い通りのパッチワークを紡いでいこう!


【ざっくり解説】

 『アグリコラ』をリリースした日本では強い支持層がいるデザイナーのウヴェ・ローゼンベルクの作品です。時間とボタン(お金)をリソースにパッチワーク(つぎはぎ)を作っていく2人用ゲームです。

 中でも時間は最も消費していない人が常にターンを行うため、本当に時間をやり取りしている感があります。この2つを上手に使って、できるだけ個人ボードの隙間を作らないようにパッチタイルで埋めていきましょう!


【長所】

 時間とお金という2つのリソースをバランスよく管理する必要があることです。特に時間は先に一定量消費した人にボーナス(1マスタイル)が与えられるというシステムが面白いです。

 基本ルールがシンプルなこと。『ボーナンザ』や『マンマミーア』で見せたシンプルかつ面白いゲーム性が、本作では久々に発揮されています。昔からのローゼンベルクが好きな人は、是非プレイしましょう。


【短所】

 ガッチガチの実力ゲームです。ゲームのすべての情報が2人プレイの公開情報なので、その性質は『将棋』や『囲碁』に近いと考えて良いでしょう。運で勝てる要素はないに等しいです。

 また2つのリソースを平行管理し、パッチタイルも公開されている順に取り合いますし。スーパーマルチタスク(超平行作業)です。ルールのシンプルさに対し、ゲームの難易度は非常に高いです。


【個人的な感想】

 時間、お金、パッチの噛み合わせ、パッチ順の管理と、スーパーマルチタスクのアブストラクト(運要素のない)ゲームです。たぶん初プレイだと、プレイ中に頭でお湯が沸かせるレベルには難易度が高いです。

 しかし、根本となるルールはシンプルなので、実力が均等な2人であれば十分楽しめるかと思います。ポップな見た目も相まって多くの人がプレイしている人気のゲームの地位を築けている作品だと思います。食わず嫌いするのも勿体ない作品です。


 推定プレイ回数は3回ほど。ボードゲームアリーナのアルファ版を遊びました。アブストラクトが苦手なので、合わないゲームだなと思いました。しかし、久々にローゼンベルクが非ワーカープレイスメントゲームをデザインしてくれたことに、大いに価値を感じる作品です。早くベータに来て欲しいと願う人も多いでしょう。

 何より時間消費システムは秀逸で好きなシステムの1つです。いろいろなシステムがしっかりまとまっていて完成度の高い作品です。人気・知名度・完成度、いずれの点でも隙のない作品です。ボードゲーマーなら一度は遊んでみるべきかと思います。

続きを見る
閉じる
マクベス大佐@Digブログほぼ土日更新
マクベス大佐@Digブログほぼ土日更新
レビュー
166名が参考
4年以上前

様々な形と色のタイルで、自分なりのパッチワークをつくっていくというゲーム。

シンプルながらもしっかりとジレンマはあり、「時間をとるか、お金(ボタン)をとるか」でタイルの購入はとても悩ましいです。

可愛らしいコンポーネントで女性受けもよく、出来上がった自分のパッチワークはオシャレで、写真を撮りたくなります。

時間も30分程度で、インストも簡単です。2人用のボードゲームを探している方は持っていて損はないゲームだと思います。

続きを見る
閉じる
皇帝
NMP
NMP
レビュー
162名が参考
2年弱前

2人用ゲームの傑作です。

ウヴェ・ローゼンベルグによるタイル配置ゲーム。


1番のポイントになっているところについて

各タイルにはコストと時間が書かれています。タイル獲得時に時間の数字の分だけすごろく的にコマを進めます。このコマが遅い人が手番を行うことができます。

この時間の概念が素晴らしく、有利なタイルには時間が大きく進むものが多く、それだけ進むと相手が連続で手番を行ったり、相手に欲しいタイルを取られたりします。この時間の概念によって相手との駆け引きが色濃く出るため毎回頭を悩ませます。


ライトに悩ましく、そして最後の盤面がパッチワークで綺麗なものになるため何回やっても飽きが来ないお気に入りのゲームです。

続きを見る
閉じる
大賢者
light
light
レビュー
162名が参考
10ヶ月前

★★Nice!

一言でいうと、システムは面白いけれど駆け引きのあまりないゲーム。いや、駆け引きはあまりないけれどシステムが面白いゲーム、の方が印象がいいですね。

選ぶタイルによって時間の進み具合が変わり手番順に影響しますし、3マス先のタイルまで取れて、自分の選択によって相手が選ぶタイルも決まって来ます。そして、タイルによって価値が違うので取り合いもある。

そう言う意味では、相手との関わり合いもありますが、手元のパズルを隙間なくきれいに埋めていく事と、定期的なボタンの収入を効率よく確保する事が重要です。

私はクニツィア、シャハト、ランドルフが好きなので、ソリティア感の強いパッチワークはやや物足りない感じはします。

自分の頭の中で、収入を増やすために今はボタン付きのタイルを優先しようとか、ボタンは無くてもいいから安くて大きいタイルでボードを埋めようとか、一人で考えている。

もちろん、相手の手持ちのボタンの数やボードの埋まり具合を見ながらプレイすれば勝率も上がると思いますが、基本はどれだけ効率よくボタンを集めて自分のパズルを完成させるか。

インタラクションのあるゲームが好きなプレイヤーには少し物足りなさもありますが、ゲームはどうかというと面白いです!

特にパズルのピースがバリエーションに富んでいて、色んなパターンがあります。

値段、時間、ボタン、大きさ、配置のしやすさがありますが、かなりお得と思われるタイルもあれば、値段が高い割にはイマイチなタイルもあります。

お得なタイルは取り合いになりますし、ゲーム後半になってくると配置できる形が決まってくるので、コスパの悪いものでもその形が欲しいときもあります。

パズルのタイルを一つ一つ見ていくとそれぞれの価値はぜんぜん違って、価値の高いもの低いものがあります。

しかし、自分の置かれた状況によってタイルの価値が変わるところが面白い!

とりあえずボードの面積を大きく埋めたいのか、ピッタリはまる形が欲しいのか、今はボタン付きを集めたいのか、時間を進めて決算したいのかなど、それぞれの思惑があるんです。

ボタンが沢山付いたタイルは値段が高い!しかし、このゲームは収入が入る決算の回数が決まっているので、序盤で手に入れると決算の回数が多く価値は高いけれど、後半で手にしても旨味は少ない。

時間の進み具合でもタイルの価値は変わるし、色んな方法を試したくなり繰り返しプレイしたくなる中毒性もある!

最近の重ためのゲームは個人ボードを持って、ワーカープレスメントなどのインタラクションはありつつも、資源をやりくりするソリティア部分を確保しています。

これはこれで面白いですが、ソリティア感のあるゲームを長時間するのはちょっと疲れてきました。

パッチワークも、ゲームシステムは面白いもののソリティア感があります。ですが、それほどゲーム時間が長くないので気軽に楽しむ事ができます。

パズルゲームはあまりプレイしたことはないですが、クマ牧場より楽しめました。

クマ牧場は人気のあるゲームで子どもとプレイするにはいいですが、大人がプレイするにはパッチワークの方が選択肢があり考えどころもあると思います。

プレイ中はやや煩雑なところはありますが、ナヴェガドールのロンデルのようなパズルのピース選択と、グレンモアのようなより後ろにいるプレイヤーから手番を行うシステムが、上手くマッチしている!

お金(ボタン)と時間と、ピースの大きさや形。色々考えるところはあるけれど、選択できるピースは3つなのでそこまで悩まない。なので、プレイはし易い。

パッチワークをプレイしてみて、ウヴェ・ローゼンベルクのパズルゲームに興味を持ちましたが、他にこれを超えるパズルゲームはあるんでしょうか。パズルゲームとして、完成されている気がする。

そんな完成された作品に注文をつけるとしたら、相手との駆け引きがもっとあればよかった。

クニツィアの作ったパッチワークというのも見てみたい。彼は何でも作るし、駆け引きの名人ですから。

続きを見る
閉じる
大吉さん
大吉さん
レビュー
158名が参考
6年以上前

テトリス的要素を含んだ対戦ボードゲーム!
自分の欲しい布を購入して、布を繋げてパッチワークを作成。
隙間なくつなげると得点が高くなります。
必ずしも交互にプレイするわけでは無いので、ボードゲーム初心者同士でプレイすると戸惑うこともあるかもしれません。
アーチワークもかわいく、プレイ時間もそんなに長くないのでカップルで遊ぶのにもおすすめです!

続きを見る
閉じる
仙人
五行思想【ごぎょうしそう】
五行思想【ごぎょうしそう】
レビュー
157名が参考
1年以上前

タイル配置×パズルゲーム。

やってることは至極簡単なんだけど、考えることは盛り沢山ですごく面白い!上手くタイルがはまった時の気持ちよさはすごい。


手番には「中央ボード上の相手コマを抜いてボタンを受け取る」もしくは「ポーンから3つ目までのタイルを獲得する」のどちらかを行うことが出来る。

序盤はボタンというリソースをいかに有効に使うかが大事。タイル配置にもよるけど思っている以上にカツカツ。かといってボタンにばかり意識していると、中央ボード(時間)がどんどん減っていくから、どちらもバランス良く考えていかないといけない。ほんとこのあたりは悩ましさ満載…。


中央ボードのボタンマークを通過すると決算になる。決算は個人ボードに配置したタイルに描かれているボタンの数だけ、受け取ることが出来る。これがまたバカにできなくて、この決算でいかにボタンを獲得出来るかが、ボタンカツカツ地獄から脱出する鍵となる。

さらに、中央ボードに配置されている四角を先に通過すると、1マス分のボーナスを即座に得られる。これは個人ボードを埋めるのに役立つ。これは早い者勝ち。


お互いが中央ボードの中心に到達したら得点計算。空きマス一つにつきマイナス2点なので、出来る限りタイルで埋めたいところ。ちなみに先に7×7マスを埋めると、得点計算時に7ボタン得られる。


基本的に運要素は最初の初期タイル配置くらいで、あとは状況に応じて先読みが可能。アブストラクトというわけではないけど、かなりそれに近いゲームが出来る。

相手のボード状況を見ながら、あれは取らせたくないなぁとか、ここは中央ボードのコマは抜かさずにもう一手番しようとか、色々考えながらプレイ出来る。

相手との干渉要素が強そうだけど、実際には個人ボードでパズルを行う。そんなプレイ感が絶妙で、相手を邪魔しすぎず、かといって個人で黙々とやる感じでもないところが人気の秘密なのかもしれない。


先読みの力が必要だから、そのあたりが苦手な人はとことん嫌いなゲームだと思う。個人的にはテトリスとか好きだからすごく刺さった。おすすめ。

続きを見る
閉じる
山田
山田
レビュー
152名が参考
約1年前

個人的総合評価【67点】

★全レビュー冒頭に【カタンを80点として100点満点で採点を行っています】

【+】

・見た目がいい

・やった女の子の評価が高かった

・娘と楽しくやれた

【-】

・全部埋まらない テーマとしてどーなのか?

続きを見る
閉じる
仙人
has
has
レビュー
151名が参考
3年以上前

(おススメ/二人用。きれいなもの好き。組み立てパズル好き。ボタン好き)さまざまな形のタイルを集めて、自分の9×9のスペースをできるだけもれなく埋めていく。空いたスペースにうまくはまるタイルを入手できると気持ちいいのですが、対戦相手もいることなのでなかなか思うようにはいきません。ボタンを模したコインが点数なのですが、やっぱり自分のパッチワークキルトをうつくしくきちんと完成させるのが目的になっちゃいますね。タイルの柄がきれいでワクワクします。

続きを見る
閉じる
皇帝
瀧ながれ
瀧ながれ
レビュー
149名が参考
6年弱前

ウヴェ・ローゼンベルグによる2人専用ゲームの名作です。


ボタン型のお金を集めてパッチワークを仕上げていくという、かわいいデザインや世界観とは裏腹のガチゲーです(笑)


ダイスを使用せず、すべての情報が公開されているので、運の要素はほとんどありません。


が、ソロプレイ感も強いので、自分の作品をじっくり作り上げるという楽しさも味わえます。


負けてもあまり悔しさが残らないのが、このゲームの特徴だと思います。(私だけ?)


やりこむごとに点数も伸びていきますので、自分の最高記録の更新を目指すのも楽しいかもですね♪


唯一の欠点?は2人ゲームなのにスペース結構使うことですかね^_^;

続きを見る
閉じる
勇者
横浜ボードゲーム会@はまりばカフェ
横浜ボードゲーム会@はまりばカフェ
レビュー
147名が参考
1年以上前


女性向け?なパズル系ボードゲームです。

このゲームに出会ったのは、元々は友人と訪れたボードゲームカフェでの英語版からになります。
のちに日本語が出て友人が所持しています。

2人用のゲームなので、私が遊ぶときはゲームであぶれたメンバーとすることが多いかな?

普通のゲームならコインのところをボタンに見立てて、ボタンとボードの時間のマスを「コスト」として、パッチワークのパーツを選び自分の場のボードに並べます。

本物のパッチワークのようにパーツを上手く埋めて行くゲームです。

パーツは時間ボードの周りをぐるりと囲むように並べられ、コマを使って時計回りで順番に回り欲しいパーツにおいて取ります。

相手とパーツの取り合いです。

置いたコマは下がることはできず、欲しいパーツが相手によって過ぎた後になることもあります。

パーツの支払いコストは「取得したボタンと時間ボードのマス」。

得たパーツをテトリスのように空いたタイルを埋めていきます。ただ、テトリスのように横列が揃っても消えることはありません。(笑)


「パッチワーク」なので、空いている個所は作ってはいけません。

コストになる「ボタン」を得るにはボタンがついたパーツを選ばないといけません。

もう一つのコストである「時間マス」は進め過ぎるとパーツが取れなくなります。

穴埋め用のパーツをゲット出来る時間マスはありますが、早い者勝ち。


単純なのように見えて、相手の動きやマスの状況見ながらやらないと自分が埋められなくなるので、戦略性が必要になります。

でも、見かけは可愛い布の柄を模していて凄く可愛く仕上がっていて、普段から手芸とかしている自分はちょっとテンション上がります。

実際のパッチワークしている人なら判るけど、リアルではパッチワークでボタンを使う事なんてほぼないのですよね。

イメージフレーバー的な要素なのです。(判ってはいるけど、ちょっと突っ込みたくなる)


テキストフレーバーなどゲーム自体に英語がないので、ルールが理解していれば英語版でも購入は困らないと思いますが、ルールを理解では無かったり初めての場合は日本語版のがオススメ。
価格もあまり変わりません。

コンポーネントやアートビジュアル的に女性向けのように感じますが、ゲーム性はガッツリとしていて男性でもプレイして欲しいゲームです。

(向こうでは男性もパッチワークするぐらいだから、おかしくはないはず)

続きを見る
閉じる
勇者
向井咲喜
向井咲喜
レビュー
140名が参考
約1年前

もうさ、素敵。

二人ゲームで、対戦しているけどついつい相手に都合が良いアドバイスをして、素敵なパッチワークを作りたくなる。

ギスギスの対戦にならないのがほんとに気分が良い。

勝っても負けても楽しいし、終わった後のパッチワークが綺麗




続きを見る
閉じる
国王
あっきー
あっきー
レビュー
137名が参考
5年以上前

自分のボードをタイルで埋めていくかわいいゲームです。

かわいいだけじゃなくて、おもしろくて、1回のプレイが短いので、つい何度も繰り返し遊んでしまいます。

私が面白いと思ったところは

ジグソーパズルみたいだけど、完全にすべてのマスを埋めることは難しいところです。 その時自分が持っているボタンの数と、自分が選ぶことのできるタイルを見比べて、

 ボタンの数がたりないから買えない(´;ω;`)

 買えるけど、たくさん進まなくちゃいけないからやめておこう。

 あっちもこっちも買えるけど、どっちにしよう。あっちは高くてボタンがいっぱいついてる、こっちは安くてたくさんのマスを埋めることができる。

相手に買われたくないタイルのことも考えなくちゃいけないし。

その時の自分の状況にあわせて選んで、そしてちょっぴり後悔したり。


その試行錯誤がとても楽しいです。

 

続きを見る
閉じる
貴族
あい
あい
レビュー
135名が参考
2年以上前

友人からお借りしてプレイ。2人用でパズル、駆け引き要素のバランスが楽しいです。

7×7のボーナスを狙うのも良いけれど、それよりもとにかくたくさん隙間を埋めるのが勝利の鍵でしょうか。

最後に埋まらなかった所が2点のマイナスになるのがかなり大きい痛手です。

我が家では小5、小3、年中の子どもたちも楽しくプレイしていました。

続きを見る
閉じる
勇者
やまて
やまて
レビュー
134名が参考
1年以上前

シンプルそうで結構悩む!でも楽しい!!

10戦くらいやったけどリビングに出しっぱなしにしてるくらいまだまだ飽きないし、リプレイ性もあるよ。

他のボドゲもやりながらならもっと飽きにくいよね!

分かりやすくてルール的なミスも出にくい、軽く遊びたいって時やどの年齢層でも遊べるのでボドゲ初心者にもおすすめ出来るかな。


ただし!これは伝えないといけない困った点があるのよ・・・

  ”それなりの広さの場所がいる”

2人が向かい合って座って間にゲームを広げると、最低でも2畳くらいの広さは欲しい。

これは人によっては結構なマイナスポイントだと思う…

まぁ、ゲーム盤や布の置き方によっては多少狭くても大丈夫だろうけど、注意が必要だ!


あとは自分がプレイした感じでも話そうかな。

最初はパッチワークを綺麗に全部埋めようとするよね、、、するのよ。

大きい布とかを狙うじゃん?

  獲得に必要なボタン数高いわー…

だから、ボタン付いたの布でボタン数増やそうとするじゃん?

  めっちゃ時間進むわー…

使いやすい布で綺麗に埋めようとするじゃん?

  ボタン付いてなくて手持ちのボタン枯渇しちゃうわー…

程よくはまりそうな形で大きくてボタン数もあって時間も進まない、、、

  そんな布ねぇよ!


さらに・・・今取れる布を取るか、

いったんパスしてボタン稼いでからより良さそう布を狙うか…


こんな感じで割と考えたりするんだけど、適当に取れる布取ってくだけでもそれなりになる時もあるんですよねー。

なので最終点が30点くらいの時もあれば、-10点くらいの時もあってどうしてこうなったし…ってなるのも楽しいかな。


あと、人によっては賛否が分かれそうな所もあるよ。

2人対戦だけど、自分のパッチワークを埋めたり、ボタン稼ぐ事が主になるから争いになりにくいかな。

多少は相手の求める布を先に手に入れて邪魔するとかは出来るけど、自分の求める布を手に入れる方が良い事の方が多いと思う。正直、取られても別の布でカバー出来る事も多いしね。

対戦でもやり合うって感じではないね。

あとは、序盤は特に取れる布を取るだけのプレイになりやすいかな。まぁ他のゲームでも序盤の動き方は資源が少なくて動きにくいってのはあるから気にする程でもないのかもしれないけど、一応ね。


パズル的な要素と手に入れた布から徐々にボタン数がたくさん手に入るようになっていく拡大再生産っぽい動きは自分には楽しいかな。

あと、出来るだけ埋める事が出来た時はどやぁって気になるよ。

まだ全部埋め切れたことはないんだけど、いつか全部埋めて一枚の布を完成させたいね!

続きを見る
閉じる
勇者
けにち
けにち
レビュー
134名が参考
5年以上前

可愛らしいイラストに、女性には特にオススメしたいゲームです。ただ、見た目とは裏腹にちょっとばかり頭を使うゲームだとも思います。

相手と必ずしも交互に行うゲームではなく、手番を回すためのコマがあり、選んだタイルの条件によってコマを移動させ、自分のコマが相手を抜いた時に交代し遊びます。その為、連続してタイルを選ぶこともあります。

もちろん最終得点を気にしながら遊ぶのも大事ですが、慣れてくると、ボタンの所持数や次に何のタイルがあるのか、相手が何を取りそうかなど、やや考えながら遊ぶ必要がある点は、このゲーム、可愛いだけじゃない(キリッ ってのも個人的に感じている部分です(笑)

ただ先ずは、テトリスのように、いかにマスを綺麗に埋めていくかという感じで遊ぶ方が、よりワイワイできると思いますし(出来ればボタンもいっぱい所持出来ていたらgood!)そんなに難しいルールのゲームではありませんので、慣れるまではひたすら目の前のタイルを上手く埋めるだけでいいと思います。「ボタンでタイルを買ってマスを埋める」ホントこれだけです。物凄い頭を悩ませるわけではないので、比較的気軽に遊べると思います。

そして慣れた頃に、ボタンの消費数などにも目を配れるようになれば良いかもです(*´ω`*)

続きを見る
閉じる
勇者
さき
さき
レビュー
130名が参考
7ヶ月前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

パッチワークは、時間概念のスパイスが効いたタイル配置&パズルタイプの2人専用の面白いボードゲームです!タイルがカラフルで可愛いのと、パズル的要素、コストとボタンが描かれたタイルとの悩ましい選択が楽しいです。

ゲーム中に獲得していくタイルのどれを獲得したらいいのかの道すじが分かりにくいという点が気になるところでしょうか・・・ 

好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫

パッチワーク の簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!


続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
ルール/インスト
125名が参考
1年以上前

ゲームの目的
 パッチタイルを個人ボードに並べて得点を稼ぐ

準備
 個人ボートと5金を配る
 中央に時間ボードを置く(両面あるが見た目が違うだけ)
 最初のマスに時間コマをスタートプレイヤーを上にして重ねて置く
 パッチタイル33枚を時間ボードの周りに円形に並べる
 1x2の最も小さなパッチタイルを探し、時計回りに数え隣の隙間に中央コマを置く
 時間ボードの正方形のマークの場所に特別パッチタイル5枚を1枚ずつ置く

ゲームの流れ
 このゲームは交互に手番を行うわけではなく、
 時間ボード上の時間コマが後ろにあるプレイヤーが常に手番を行う
 同じマスにある場合、上に置かれた時間コマのプレイヤーが手番を行う
 自分の手番になったら、どちらかのアクションを実行する
 A.時間コマを進めてお金を得る
 B.パッチタイルを取って個人ボードに配置する

A.時間コマを進めてお金を得る
 自分の時間コマを相手の時間コマの1つ先のマスまで進める
 進めたマスの数に相当するお金を得る

B.パッチタイルを取って個人ボードに配置する
 中央コマのある場所から時計回りに3枚目までのパッチタイルから1枚を選ぶ
 選んだパッチタイルの場所まで中央コマを進める
 選んだパッチタイルに示されたボタンの数に相当するお金を支払い、
 砂時計の分だけ時間コマを進める
 同じマスに止まった場合、置いていたコマの上に重ねて置く
 パッチタイルを個人ボードに配置する

配置のルール
 ・配置するパッチタイルは回転させたり裏返して構わない
 ・配置済みの他のパッチタイルに隣接させる必要はない
 ・配置済みの他のパッチタイルに重ねて配置したり、個人ボードからはみ出すようには配置できない
 ・配置済みの他のパッチタイルを動かすことはできない

時間ボードの特殊なマーク
 時間コマがそのマークをまたいで進んだ場合、そのマークの効果が発生する

 ・特別パッチ
  直ちに特別パッチタイルを手元に取り、個人ボードに配置する
  1個しかないので早い者勝ちになる

 ・ボタンの収入
  直ちに個人ボードに配置済みの全てのパッチタイルに書かれたボタンの絵の数の合計分に相当するお金を得る

特別ボーナスタイル
 先に7x7マス分の正方形を覆うような大きさにパッチタイルを配置したプレイヤーは、
 直ちに特別ボーナスタイルを得る
 覆いさえすれば正方形でなくて一部が飛び出したような形でも構わない
 これは7点に相当するがお金にはならない

ゲームの終了
 2つの時間コマが最後のマスに到達すれば、ゲーム終了になり得点計算を行う
 時間コマは最後のマスより先には進まない

 手元にあるボタンの数に特別ボーナスタイルの点数を足す
 パッチタイルで覆われていない個人ボードの空きマスは1マスにつき-2点
 点数の高いプレイヤーの勝ちになる
 同点の場合、先に時間ボードの最後のマスに到達したプレイヤーの勝ち

続きを見る
閉じる
TJ
TJ
レビュー
118名が参考
1年以上前

ルールはシンプルで可愛い見た目の割に運要素はありません。笑

真剣勝負になると読み合いを制す必要があります。


ただ、夫婦やカップルなどでカジュアルにプレイしても充分に楽しめます。


初心者から上級者まで幅広くおすすめできるとても優秀な作品です。

2人用のゲームとしては最高のチョイスの1つではないでしょうか。


ブログにてレビューの詳細を投稿しています。

よろしければご覧ください。^ ^

http://sussussussussu.livedoor.blog/archives/8705932.html

続きを見る
閉じる
仙人
あるえす
あるえす
レビュー
117名が参考
4年以上前

カラフルでユニークなパッチワークを敷き詰めて!

様々な形と模様の布を組み合わせてパッチワークの完成を目指します。華やかな見た目ですが、突き詰めようとすると囲碁のような先読みも必要で…。

出来上がったら是非写真を撮っておくことをオススメします!

続きを見る
閉じる
皇帝
shih
shih
レビュー
117名が参考
約1年前

大好きなボードゲームの1つです。

9×9の盤面に様々な形のタイルを組み込んでなるべく隙間がないようにするパズルゲームになります。

取れるタイルの形が毎回決まっており、それに対して対価(時間orお金)を払って購入し盤面にセットしていきます。

欲しい形のタイルが中々買えないモヤモヤやあとあのタイル変えればきれいに埋まったのにといった悲しみを感じることが多いです。。。

2人対戦ゲームとしてのとっつきやすさ、ルールの簡単さ、バチバチにならない程度の介入さを考えるととてもお勧めできるゲームだと思います。

また絵柄が可愛いのでインテリアや興味を引かせるのにも適していて、金額も大変購入しやすいので最近ボドゲを買い始めた方などに特にお勧めしたいです。

続きを見る
閉じる
皇帝
ちくわ
ちくわ
レビュー
116名が参考
8ヶ月前

女性にボドゲを勧める時に、これなら入りやすい!と聞いて、1プレイが短めなのもあり、さりげなく妻とプレイしてみたら、一回で気に入ってくれました。

ルールは簡単であり、好きなパーツを取って自分のボードにはめ込んでいく、タイル配置系ですが、形を感覚で捉えることができる女性の方が好きそうな印象でした。

見た目もかわいいし、すごろくみたいなところがあるのに運要素もそこまでないので、バランスが良く、2人プレイの定番という感じで入りやすいです。

続きを見る
閉じる
皇帝
夜ちゃん。
夜ちゃん。
レビュー
115名が参考
約1ヶ月前

9☓9マスのキルト-ボードを、いろんな形をした38枚のパッチタイルを購入しながら、時間内にどれだけ隙間なく埋めていくことができるかを競う2人用ゲームです。ただし、勝敗はプレイヤーが持っている「ボタン」の数となります。

この38枚のパッチタイルは、自分の手番で好きな形のタイルをとって配置していくわけではありません。5枚はスペシャルタイルとして、「時間ボード」の特定の境界に置かれ、先に通過したプレイヤーだけが獲得します。

残りの35枚は、「時間ボード」を囲むようにランダムに置かれます。そして、最も小さいパッチタイル(2マス)の左隣のタイルとの間に、ポーンコマが置かれます。このポーンコマから時計回りに3枚先のタイルのまでの中から1枚だけを選ぶことができます。ただし、各パッチタイルには、タイルを獲得するために必要な「ボタンチップ」の数と、そのタイルを獲得したことによる時間マーカーの進むマス数が描かれています。また、パッチタイルにはボタンが描かれているものもあり、これは「時間ボード」でボタンのマークが描かれている境界を通過したら、自分が配置しているタイルに描かれているボタンの数の合計分の「ボタンチップ」を獲得できます。

もし、パッチタイルを獲得したくない場合は、「時間ボード」の自分のマーカーを相手プレイヤーのマーカーの1マス先まで進め、進んだマス1つにつき、1ボタンチップを受け取ります。

以上のことを交互に繰り返して、両プレイヤーの「時間マーカー」が「時間ボード」のゴールマスに入ったらゲーム終了となります。

ゲームでやることは簡単ですが、パッチタイルがいろんか形をしていますし、獲得できるのは3枚の中の1枚だけ。どのタイルを獲得したら、上手くタイルを配置できるか悩みます。相手プレイヤーも同じですので、配置しやすいタイルは争奪することになります。また、配置しやすいタイルは、ボタンが描かれていないことも多く、隙間なく配置してあるけれども、「時間ボード」のボタンを通過した時に得られる「ボタンチップ」の数が少ないということも起こります。そうなると、「ボタンチップ」を獲得するために「時間ボード」のマーカーを進めることになり、ゲームの終了が早くなります。このあたりのバランスを取りながら、ゲームを進めるのがコツかと思います。

2人用ゲームですので人数が集まらなくてもできますし、パッチタイルがいろいろな形になっていますので、パズル感覚で子供とプレイするのもいいと思います。

続きを見る
閉じる
Hide
Hide
レビュー
114名が参考
約3年前

『パッチワーク』は制限時間内に何もない盤面に布タイルを置いていくゲームです。布タイルはいろいろな形があって、プレイヤーはよりたくさんマス目を埋めるようにがんばります。でも制限時間があったり、布タイルを縫い付けるためのボタンを獲得しなければならなかったりして、時間とボタンのマネージメントに悩まされます。布タイルに書いてある青いボタンが値段(お金的にボタンを使います)、黒い砂時計がかかる時間で真ん中の時間ボードでその数だけマスを進めます。ぴったりハマった時が快感! 実は一人でも楽しめるボドゲです。
 
Img_3249

続きを見る
閉じる
大賢者
こかど@サンセットゲームズ
こかど@サンセットゲームズ
レビュー
111名が参考
6年弱前

自分だけのパッチワークキルトをつくっていくボードゲーム。目の前には、正方形型のパッチワークキルト裏布と、ハギレたち。さぁスキマ無くパッチワークを完成させましょう!

「遊んでくれる人がいない問題」も2人用ゲームで解決です。夫婦で遊べるカワイイ ボードゲームがこちら。

かわいいハギレをチョイスしながら、目の前のスペースを埋めていく。ボードゲーム慣れをしていない人も、カワイイ見た目に騙されて(笑)、なんとか遊ぶことができます。

そこまで簡単にゲームが終わってしまうわけではない・ジレンマがちゃんとある(お金代わりのボタン・またハギレをどう扱うか、別ボードのすごろくとの兼ね合い)ため、プレイした感もしっかり残ります。

お部屋に飾れるボードゲームでもあります。おすすめですよ?

続きを見る
閉じる
皇帝
ようがくじ「不二の会」
ようがくじ「不二の会」
レビュー
108名が参考
8ヶ月前


2回目なんで、さくさく楽しくタイル埋めできました!


「相手がこのタイル狙ってるなー」とか


「1×1マスボーナス、ボタンの給料日マス欲しいなー


とか悩ましい場面や、先を見越してボタンを稼いでおく場面など、ジレンマを楽しめる奥深いゲームでした!

 

初期のタイルを輪もやるたびにランダム性があって、やるたびに条件が変わります!!

 

続きを見る
閉じる
皇帝
ケロベロヌ
ケロベロヌ
レビュー
106名が参考
3ヶ月前

幼児の頃から“プラパズル”に熱中し、大人になってからは“テトリス”にハマった私にとっては、『パッチワーク』はワクワクさせられるゲームです。

タイルには、形・サイズ・ボタンの数(得点・価格)と合わせて、時間の概念も含まれているので、どのタイル選ぶかさらに悩まされます。これがパッチワークの良くできたところだと思います。

どのタイルを取るか、対戦相手なのに並べ方を相談し合ったりして、フレンドリーに楽しめるのも『パッチワーク』の良いところだと思います。

続きを見る
閉じる
勇者
山彦
山彦
レビュー
104名が参考
5年以上前

2人だけでも楽しめるゲームが少ない気がしますが、これがその1つです!とても楽しいし、アートも綺麗です!点数や形など考える事が色々あるので何度でも楽しめます!

続きを見る
閉じる
大臣
Laura Bartholomew
Laura Bartholomew
レビュー
93名が参考
1年以上前

自分でパズルを作っていくような楽しさがあります。

うまくピースがはまった時はうれしいですね。

7×7をぴったり埋められたら、ボーナス点がもらえて有利、爽快です!

パズル的な要素だけではなく、お金(ボタン)をどう増やしていくか、さらには時間(実際の時間ではなく、ゲーム内で消費される時間)の管理もあわせて考える必要があって、悩みどころが満載です。

ただ個人的には、運の要素がないとはいえ、相手がどのピースを選ぶかで自分の次の選択肢が大きく変わってしまうので、後に向けたプランを立てにくいかなぁと思いました。

一人でプレイしている感じも、人によっては感じられるのかなと思います。

続きを見る
閉じる
皇帝
シャララ
シャララ
レビュー
92名が参考
16日前

個人的には実は配置しにくいいびつな形のパネルがいい仕事してると思ってます✨

初めての方はTスピンなどのわかりやすい形を狙いがちですが何はともあれ、ボードを埋めなければ大量減点を食らうので、まずはいびつでもいいのでタイルの空きマスを一桁いかにすることを目標に動いてみてはいかがでしょうか!

続きを見る
閉じる
大賢者
るんば
るんば
レビュー
88名が参考
5ヶ月前

2人プレイ専用ゲームとしてかなり有名なパッチワーク

初プレイ感想です。

先行を相手に取られてしまい、ボタン付きのタイルを相手に取られてしまいボタン決算の際に相手がどんどんボタン富豪に…(笑)

欲しいタイルを相手に取られたり、抜かされて取れなくなってしまったり結構運要素もあります。

タイルを綺麗に並べるのが結構難しいです。

ですが、綺麗に並べられられるとテンション上がります!

この時は負けてしまったのですが、リベンジしたいです。

続きを見る
閉じる
皇帝
りさ
りさ
レビュー
88名が参考
3年弱前

まったりと二人で楽しむタイル配置ゲーム   好み度:★★★★


いろいろな形のキルトタイルを自分のボードにパズルのように配置していき

できる限り隙間の無い様にうまく配置していく...

手番では購入して配置するか時間を進めるかの2択と簡単なのに悩ましい

相手の動きも考えないと欲しいキルトタイルが買えないこともしばしば

2名様におすすめのゲームです。

続きを見る
閉じる
勇者
Mitto
Mitto
ルール/インスト
77名が参考
8ヶ月前

1)ゲーム名:パッチワーク

2)勝利条件:ゲーム終了時に最も多くのボタン(得点)を獲得していたプレイヤーが勝利となる。

3)ゲームの準備

①各プレイヤーは、「キルトボード」を1枚(色が違うのでプレイする色は適当な方法で決定する)と「キルトボード」の色に対応した「時間マーカー」を受け取る。また、5ボタンチップを受け取る。残りの「ボタンチップ」は各プレイヤーの手の届く場所にストックとして置く。

②「時間ボード」をテーブルの中央に置き、「時間マーカー」をスタートマスに、スタートプレイヤーのマーカーを上にして重ねておく。(スタートプレイヤーは適当な方法で決定する)

③「パッチタイル」を、「時間ボード」の周りに環状に並べる(並べる順番はなく、ランダムに置く)。

④「ポーンコマ」を最も小さいタイル(2マス分)のと次のタイルの間(時計回りの方向) に置く。

⑤「特別タイル」をテーブルの脇に置く。

⑥「スペシャルパッチ」(1マスサイズ)を「時計ボード」の上の指定された場所に置く。

4)ゲームの進行:各プレイヤーは、手番中に以下の2つのアクションのいずれかを実施する。

※手番を行うのは、常に「時間マーカー」が後ろにいるプレイヤーであり、相手のプレイヤーの手番になる前に何回か手番を行うことがあります。

①「時間マーカー」を進めてボタンをと取る。

・自分の「時間マーカー」を、相手の「時間マーカー」の1マス先まで進める。進んだマス1つにつき、1ボタンチップをストックから受け取る。

②パッチを取って「キルトボード」に置く。

ア)パッチを選ぶ:「ポーンコマ」から時計回りの方向に3枚までの「パッチタイル」の中から1枚を選ぶ

イ)ポーンコマを置く:選んだ「パッチタイル」の脇に「ポーンコマ」を移動させる。

ウ)ボタンチップを支払ってパッチタイルを取る:イ)で選んだ「パッチタイル」の値札に描かれている数字だけの「ボタンチップ」をストックに支払い、タイルを受け取る。

エ)パッチを配置する:取った「パッチタイル」を、自分の「キルトボード」に置く。その際、空いているマスにしか置けないが、向きは自由で、裏返すことも可能。また他のタイルと隣接していなくてもよい。

オ)時間マーカーを進める:配置したタイルに記載してあった砂時計の数字分だけ「時間マーカー」を進める(「ボタンチップ」を受け取ることはできない)

5)時間ボード

・スペシャルパッチ:「時間ボード」には、「スペシャルパッチ(1マス)」が5枚あり、先にその地点を先に通過したプレイヤーが受け取る。その後、すぐに自分の「キルトボード」に配置する。

・ボタンの決算:「時計ボード」のボタンのマークを通過するたびに、自分の「キルトボード」の上にある「パッチタイル」に描かれているボタンの数だけ、ストックからボタンチップを受け取る。

6)特別タイル

・先に自分の「キルトボード」の7☓7マスを全部埋めたプレイヤーは「特別タイル(7ボタンチップ)」を受け取る。

7)ゲームの終了

・両方のプレイヤーの「時間マーカー」がゴールマスに入ったらゲーム終了。なんらかの理由でゴールマスを通過してしまう場合は、ゴールマスで停止させる。また、「時間マーカー」を進めて「ボタンチップ」を受け取る場合でも、実際に進んだマス分だけしか受け取れない。

・各プレイヤーは、自分が持っている「ボタンチップ」の数を数え、「特別タイル」があれば7点を加える。その後、空いているマス1つにつき、「ー2点」をして、合計点数が多いほうが勝者。点数が同じであれば、先にゴールマスにたどり着いたプレイヤーが勝利する。

以上

続きを見る
閉じる
Hide
Hide
レビュー
67名が参考
1年以上前

2人専用ゲームです。


テトリスみたいな形のパネルを集めていかに

うまく隙間を埋めていけるかを競うゲームです。


お金+ボーナス-(空きパネル×2)=

得点なので収入とパネルの購入のバランスが大事です。

続きを見る
閉じる
大賢者
AQ Lounge
AQ Lounge
レビュー
62名が参考
4ヶ月前

ルールは簡単だけど、なかなか頭を使うゲームでのめり込める。欲しいタイルを取るために、何手か先を読む必要がある。個人的なコツは形をピッタリはめることより、パスやコスト低いタイルをうまく使い、連続でプレイできるように進めること。基本的には小さくてボタンが多いタイルより、面積大きめでボタン少ないタイルがおいしい。アプリが操作性良くおすすめ。botノーマルには勝てるが、ハードにはなかなか勝てない…botハードに勝てた人がいたら教えてください。

続きを見る
閉じる
大賢者
のがちゃんねる
のがちゃんねる
レビュー
55名が参考
2年以上前

獲得する布タイルのコスパ、将来的にどれだけ邪魔になる形かを見ながらタイルをとっていきます。パズル要素と見た目の可愛さ、綺麗さが魅力です。

価格も3000円を切るので一家に一セットレベルでオススメです。

続きを見る
閉じる
大賢者
ボドゲを楽しむ会
ボドゲを楽しむ会
レビュー
50名が参考
3年以上前

ひたすらにアートワークがかわいい。

ボタンで布切れを買うなんてかわいい。給料がボタンかわいい。

頭使うパズルもいい塩梅で楽しいかわいい。

続きを見る
閉じる
仙人
プトシ
プトシ
戦略やコツ
45名が参考
7ヶ月前

最初にボタンのあるタイルを優先的に獲得して、ボタン獲得時にしっかりボタンを確保できるようにするのがポイント化と思います。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
39名が参考
6ヶ月前

不利になると逆転が難しい典型的なゲーム。出番も大事だね。拡大生産型の仕方がないところでもあるんだけど、そこまで重くないからサレンダーしやすいよ。

続きを見る
閉じる
大賢者
sh_jsa
sh_jsa
  • 商品価格¥ 3,300(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 983興味あり
  • 3784経験あり
  • 1202お気に入り
  • 2439持ってる

チェックした商品