マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ダンジョン・ロード
  • ダンジョン・ロード当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 90~110分
  • 2009年~

ダンジョン・ロード

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
野心に燃えるダンジョン・ロードとなり地下迷宮を支配・拡張せよ!
  • ヴラーダ・フヴァチル(Vlaada Chvátil)作

 『ダンジョン・ロード』は2~4人向けのゲームです。プレイヤーたちは、“ダンジョン大王”としての正規の免状を手にして一花咲かせようと夢見る若きダンジョン・ロード(ほんの150歳から200歳くらいの若造)になります。

 ダンジョン省から与えられた期間中に完成度の高いダンジョンを築き、それを冒険者たちから守り抜くことがプレイヤーたちに求められます。

 2009年エッセンゲームショーでも話題となった、ユーモア満載のダンジョン経営ファンタジーゲームが完全日本語版で登場!

 作者は“Through the Ages”“Galaxy Trucker”“Prophecy”などの大作ゲームを手掛けたチェコのヒットメーカー、ヴラーダ・フヴァーティルです。

 君は名声、富、そして美しい少女の心を勝ち取るような英雄的な行いの用意をしていますか? おっとそれなら別のゲームでプレイしてください! 本作は、ダンジョンを構築し、運営していくのに誰が何を必要とするかを知りたい多くの人たち向けのゲームです。ミニオン(召使い)やモンスターをどこで雇い、かれらの満足をいかに維持するのか。そして君のこの事業すべてを、慈善活動に勤しむ集団がぶち壊そうとする時、どう感じるものでしょうか! 君はこの挑戦への心構えができましたか?

 きっかけは酒場の出会いでした。エールをしこたま飲んだ男たちが、その夜のうちに冒険者パーティの契りを結んだのです。屈強なウォリアー、奸智に長けたウィザード、信仰に身を捧げたプリースト、こそこそしたシーフの4人は、世界中の悪を打倒するのだと息巻きました。

 すると何という偶然でしょう、歩いてすぐのところに格好の“悪”が存在しました。暗黒の支配者が近くにある丘の地下を、宝物や血しぶきのワナ、ツとテがなくて、トンネルにトロルで埋めつくしていたのです。冒険者たちはダンジョンを攻略し、邪悪な支配者を懲らしめてやろうと勢い込んで出発しました。

 このゲームでは、プレイヤーは野心に燃えるダンジョンの支配者となり、トンネルを掘ったり、金を採掘したり、モンスターを雇ったり、トラップを仕掛けたりしながらダンジョンを経営します。経営のための資源獲得競争は厳しく、望みの物を手に入れるためには少々あくどいことに手を染めなければなりません。

 プレイヤーの悪名が高まれば高まるほど、より強力な冒険者たちがダンジョンを破壊しにやってきます。どれほどのダンジョンを築き、守ったか―その達成度に応じて得点を獲得します。

 ダンジョン省の法令に則り、税も手ぬかりなく納め、ダンジョンを構築して名誉ある「ロード」の称号を手に入れましょう。

レビュー 4件

318
名が参考にしたレビュー
 by guild_bar

プレイヤー達は、新米ダンジョンロードになり、2年間の間に、自分のダンジョンを作り上げ、ダンジョン王になることを目指します。

ダンジョンを作り上げるには、自分の召使やインプを使役していかなければなりません。

召使やインプを上手く使役し、洞窟を掘り、部屋や通路を作り、ダンジョンの顔役のモンスターや罠を仕入れ、よりよいダンジョンを作り上げていきます。

よりよいダンジョンを作り上げることは、ダンジョン省からより良い評価を貰うための必要な手続きなのです。

しかし、事は単純じゃありません。

モンスターや罠を購入するためにはお金が必要ですし、モンスターやインプ達には食料や給料を支払わなければなりません。

簡単にそれらを手にしようと悪いことばかりしていると、悪評もたまっていきます。

そして、年に二回、冒険者パーティというモンスター達の生態系や、新米ダンジョンロードの夢を破壊する厄介者がやってきます。

悪いことばかりしてた人には、さらにパラディンという極悪非道の英雄がやってきます。

なので、それら厄介者を上手く追っ払い、ダンジョン省から高い評価を貰えるように工夫をしていかなければなりません。

2年目を終えたのち、ダンジョン省の役人からしっかり評価を頂き、より多くの得点を得たダンジョンロードが勝利します。


ゲームシステムはワーカープレースメントを核にしているため、基本的なところはわかりやすいです。

が、戦闘ルールの関係がややわかりずらいため、最初のプレイでは上手くプレイすることの方が難しいでしょう。

またルールブックは面白おかしく書いてはいるのですが、非常に読みにくいです。

なので、周りにダンジョンロード経験者がいれば、インストをして貰うのもよいと思います。

ゲーム時間は、正直3時間前後を見た方がよいと思います。

いずれにせよ、ゲーム全体から漂うおかしなフレーバーからは想像も付かないような、カツカツのリソースマネジメントが楽しめると思います。

歯ごたえのあるボードゲームを求める方には、ぜひプレイして貰いたいゲームですね。


(teni)

3年以上前(2017年07月04日 20時51分)
続きを読む
閉じる
122
名が参考にしたレビュー
 by maro

カード同時プロットのバッティングワーカープレースメント。なんといってもこのゲームの妙味はこのバッティングのあるワカプレにあるといえる。

各アクションスペースには1-3までのブロックが用意されている。ここにはアクションを選択したプレイヤーのワーカーがスタートプレイヤーから順に配置される。後ろのブロックほどハイコストハイリターンとなるため、下手をすると、コストが足りずにアクションできなくなることもあるし、4番目となると当然はじかれる。しかしながら、強力なアクションを狙って2か3のブロックに置きたいこともある。このあたり、無条件で好きなブロックにワーカーを置けるわけではないためどうバッティングするかの読みが必要となる。

アクションカードは8種類あり、1回のフェイズでは3枚をプロットする。そのうちの2枚は次ラウンドで使えないというのも、バッティングゲームでは常套手段であるがこれも良く機能している。

冒険者との戦いもこのゲームの見どころの一つで、フェイズごとに戦闘の冒険者が2ダメージを受けることを考慮して対処しなくてはならない。モンスターを含め充分な備えができることはそうそうないため、相手パーティの状況によりシーフを先に倒すかどうか考えなければならない。

全体的な構造としては決して複雑ではないが、細かいルールが多いため、インストはかなり苦労するゲームである。冒険者との対戦にむけ、ダンジョンの拡充や、戦力の確保に奔走しなければならないが、バッティングのルールがあるためなかなかままならない。とりあえずプレイしてみようといっても、初プレイではまず用意がうまくできず、冒険者に蹂躙されるのがオチである。

モンスター、部屋、ダンジョン拡張などの計画を早期に立て、必要なリソースをきちんと把握して順次計画的にアクションを立案しなくてはならないので、そのあたりを確認しつつ1ラウンドくらいお試しで進行してみるのが良いと思う。

プレイ可能人数は2-4人だが、2、3人プレイの際はそれぞれ合計4人となるようにプレイヤーがNPC分のプロットを行うことになる。4人プレイの際とは異なる戦略性、プレイ感が生じるが、やはりこれは4人で遊ぶのが最もリーズナブルといえるだろう。また、手番順は非常に重要となるが、スタートプレーヤーは自動で順次回っていくシステムである。この辺りも、何らかの形で可変プレイオーダー要素を導入しても良かったかと思う。

テーマとしてはネタものという感じもするが、結構システムとはうまく噛み合っていて楽しめる。冒険者の組み合わせとか、モンスターのめくりなど、不確定性も存在するうえ、バッティングについては自力ではどうしようもないところもある。そう考えるとやはりカジュアルなゲームであるわけだが、その割にはややルールが煩雑という2面性も備えている。

全体的には良くも悪くもB級グルメといった印象の作品である。洗練されたシステムとは言えないが、魅力的な何かを備えている。言語依存は少しだけあるが、オンラインサイトのBAJでもプレイできる。ダンジョンを統べる者の苦労を体験してみて欲しい。




3ヶ月前(2020年07月29日 07時50分)
続きを読む
閉じる
116
名が参考にしたレビュー
 by オグランド(Oguland)

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

ダンジョンロードは、モンスター側になり、ワーカープレイスメント形式でダンジョンを整えて、攻めてくる勇者たちを撃退する面白いボードゲームです!
冒険者視点ではなく、モンスター側になって冒険者たちを追い払うというテーマはばっちりで、興味をひきます。さらにボードやコマなどのコンポーネントもぎっしりあってわくわくします。
一方で、ワーカープレイスメント系ゲームとしては、あともう一歩!という印象が拭えず、ルールを工夫したらもっといいゲームになりそうです・・・


好き度(Like)
 ▶2pt.≪★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶2pt.≪★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶1pt.≪★≫


ダンジョンロードの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

7ヶ月前(2020年03月30日 08時13分)
続きを読む
閉じる
18
名が参考にした戦略やコツ
 by オグランド(Oguland)

命令カード3枚のうち2枚は次回使えなくなるので、どの1枚を手札に戻すかが重要になってきます。基本的には冒険者たちを撃退するモンスターとトラップを設置できるように構築していくのがいいかと思います。

7ヶ月前(2020年03月30日 08時15分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 8,140(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 35興味あり
  • 79経験あり
  • 17お気に入り
  • 88持ってる

チェックした商品