マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
我と王のために
  • 我と王のために当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2021年~

我と王のために

メーカー・卸元:アークライト

1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
分けて競り合おう(すべてを手にするまで)

 王宮は喧騒に包まれています! 側近たちは皆が若き君主の命を受けて奔走し、各々が主君の歓心を買おうと最善を尽くしています。いずれ王が最高権力を手にしたその時には、最も忠実な廷臣に対して、評議会における相応の地位を与えるのは確実です。ではどうやって頭角を現せばいいのでしょう? それはもちろん、最も誉れ高き職務を任じられることによって! いったい誰が、外交、建築、軍事——王宮での酒宴は言うまでもなく——に必要なあらゆる務めを引き受けるのでしょうか。なにより重要なのは......賭け金を上げて、王の目に他のライバルたちを小さく見せるのに最適なタイミングを、あなたがどうやって判断するかです。自分のイメージを良くしつつ、他人のは悪くしていく——ひとことで言えば、それが王宮なのです!

 このゲームは 2 つのフェイズを順にプレイします。1 番目のフェイズにおいて、各プレイヤーは順番に自分の手番を得ます。手番にはデッキのカードを 1 枚ずつ引いてはどこ(自分用・ほかのプライヤーたち用・後で競りにかける用)に配置するかを決定していき、これをデッキのカードが無くなるまで全員で繰り返します。2 番目のフェイズにおいて、1 番目のフェイズで獲得したカードを元手に、全員が新たなカードを獲得して富を得ることになります。

 統治の各部門について、それぞれ最も多くの権力を手にしたプレイヤーが、最も多くのポイントを獲得します!

 異なる各部門――外交、軍事、建築、家畜、娯楽、厨房――におけるあなたの地位を確立するため、自分が持つ金貨を賢く運用しましょう! 相手プレイヤーが注力している部門の評価を下げて、王が絶対の信頼を置く側近を目指すのです!

 『我と王のために』は、名作ゲーム『ビブリオス:中世の写本師』のリメイク版です。新たなテーマで、激しさと駆け引きをパワーアップしたプレイを楽しんでください!

内容物 統治ボード 1 枚、貴族タイル 5 枚、職務タイル 36 枚、カード内訳シート 1 枚、カード 108 枚(統治カード 54 枚、王様カード 15 枚、金貨カード 39 枚)他

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 2件

レビュー
373名が参考
3ヶ月前

名作ゲーム「ビブリオス」のリメイク版

2007年に発売された名作ボードゲーム「ビブリオス」をリメイクした作品です。

ビブリオスのゲームコンセプトは「価値の高い蔵書集め」であったのに対し、今回の作品は、「宮廷内の派遣争い」をテーマとしています。

それに加えてゲーム全体の視覚的なデザインも修道院や書庫といった「渋い」イメージから、宮廷や貴族から連想される「華やか」なイメージへと変更されています。

ルールは細かな点がいくつか変更されているものの、ゲーム感はほぼリメイク前と同じです。

~ルール概略~

全プレイヤーで共有しているカードの山札からカードを数枚取り、「自分のものにするカード、他のプレイヤーに渡すカード、後にオークションにかけるカード」に分けてカードを集めます。後に集めたカードの価値を変動させ、自分が持っているカードの価値を高めて得点を稼ぎます。

前作の悩ましい要素はそのままに、デザインがカートゥーン風に一新されたことにより「難しそう」というイメージが払拭され誰しも取っつきやすくなったドラフト+競り型のゲームです。

続きを見る
閉じる
大賢者
山形
山形
レビュー
143名が参考
約2ヶ月前

率直に遊んだ感想を言う!

ビブリオスというゲームのリメイク。原作は未プレイ。

前半はドラフトによるカード集め。 後半はそのカードを元に競りを行う2部構成となってる❗


何というか……粛々とゲームが進行するため盛り上がりに欠ける😅 遊ぶ人柄次第ではあるのだけど、声に出してハッタリかましたり、リアクションとったりしないと、プレイ自体がシンプルなため物静かである。

前半は運ゲーです。 必要なカードは確保か出品。不要なのは他人にあげる。これが基本であり全てです。戦略は殆ど無い。

後半の競りは、競りです。そのまま❗️ 読み合い、ブラフ、意地の張り合いである所は、大いに盛り上がりますね❤️


良くまとまっていて面白いゲームですが、満足感はあまり得られませんでした😰 物の価値を増減できるので、自分の目当ての価値を上げたり、他人の狙いを下げたりしますが、思ったよりその機会が少なくて地味に感じた。 ドラフトと競り合体させただけのゲームってのが正直な感想です。


まとめると…

Good👍

シンプルisベスト。遊びやすい❗ ダウンタイムが殆ど無いため、テンポ良く進行する。

Bad👎

3人プレイだとあっさりし過ぎだが、4人だとダルくなる気がする。最適人数が無い❗ ルルブ読んで面白い思うが、実際遊ぶとこんなものか…と感じるタイプ。

続きを見る
閉じる
勇者
鳴屋
鳴屋
  • 商品価格¥ 3,300(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 20興味あり
  • 50経験あり
  • 10お気に入り
  • 52持ってる

チェックした商品