マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
再入荷
アーティチョークなんて大キライ!
  • アーティチョークなんて大キライ!当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2020年~

アーティチョークなんて大キライ!

メーカー・卸元:アークライト

残り1点
送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
サラダに混じる、大嫌いなアーティチョークを全て取り除け!

 サラダに混じっている大嫌いなアーティチョークをすべて取り除きましょう!

 各プレイヤーに配られた10枚のアーティチョークカードを、他の野菜カードの効果を使い、お皿(山札+手札)から取り除いていきます。最初に10枚のアーティチョークを取り除くことができたプレイヤーの勝利です。

 ゲームの幅を広げるルバーブのプロモカード6枚つき。

 簡単で分かりやすいルールのため、初心者の方も手に取りやすいお手軽ゲーム。

 また、かわいらしい野菜たちのイラストもポイントです。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 8件

レビュー
359名が参考
9ヶ月前

ドミニオンの圧縮に焦点をあてた気軽なデッキ破壊ゲーム

10枚あるアーティチュークを場の野菜の効果で捨てたり薄めたりする


手番の最後に5枚皿(自分の山札)から引いたときに

アーティチュークが1枚もなければ勝ち

15分程度なので繰り返し初心者でもできるのが好印象


1点各野菜の効果が小さい文字で書いてあるので

補足でアイコンがあればもっと遊びやすいと思った


ルバーブに誤訳有り

本来はルバーブを捨て場を流した後、

新たな場から1枚野菜を収穫できるみたいです

ドミニオンの持ち運びや支度が面倒な時に

代わりにどうぞ

続きを見る
閉じる
国王
たつきち
たつきち
レビュー
339名が参考
9ヶ月前

2人プレイでの感想です。

珍しいデッキ破壊系ゲーム。

様々な野菜の効果を使い、手持ちのアーティチョークを排除していくことが目的となります。

場から野菜カードを獲得し、手札の野菜カードを好きなだけ使用することでアーティチョークを「圧縮」していく流れなので、デッキ構築ゲームの「圧縮重視プレイ」のような感覚です。

デッキ構築ゲームに慣れた方にはもちろん、そういったゲームへの入門としてもおすすめですよ。


野菜カードの効果は他プレイヤー1人を指定するものがいくつかあるので、2人だと最もインタラクションが楽しめそうな気がします。


実際のプレイの様子とレビューの詳細をブログにて投稿していますので、よろしければご覧ください。。

続きを見る
閉じる
国王
あるえす
あるえす
レビュー
201名が参考
8ヶ月前

デッキ構築&圧縮ゲーム。

プレイした感覚は『子供向けドミニオン』といったもの。

それぞれのカードの効果を把握するのが少し難しいかな?

ドミニオンも難しいカードを使わなければ子供でも十分遊べると思いますが、

こちらはイラストがかわいいのでその点も子供向きかと。

デッキ構築ゲームの導入として始めてもいいし、このゲーム自体がパーティプレイとしても楽しいので遊んで損はないと思います。

続きを見る
閉じる
国王
カシスオレンジとスクリュードライバー♂
カシスオレンジとスクリュードライバー♂
レビュー
166名が参考
4ヶ月前

個人的評価は8/10

絵柄は可愛いのにプレイしてみると運要素も必要なガチのデッキ破壊ゲーム。デッキ構築ゲームは数あれど、デッキ破壊ゲームというのはこのゲームで初めて知って衝撃的だった。

ルールは簡単で、最初に配られた10枚のアーティチョークカードを山札とし、毎ターン初めにそこから5枚引く。その後、野菜カードの山から1枚引き、効果を発動させてターン終了。これを繰り返し、野菜カードの効果を利用してアーティチョークを山札から減らしていき、ターンの最初に引いた5枚のカードの中にアーティチョークが無かった人が勝利。

序盤はアーティチョークを捨てられるカードで枚数を減らしていき、後半はその他のカードでアーティチョークの比率を減らしていくのが有効。

サクッとできる軽ゲーの為、子供達はとても気に入っておりプレイ頻度も高め。難点は、各カードに効果が書いてあるが、文字が小さすぎて読みにくいこと。文字数を減らして大きくし、絵や図で表現してパッ見て分かるようにすればなお良かったと思うが、プレイしていると効果も自然と覚えてくるので慣れれば問題ないかもしれない。

なお、販売されてまだそんなに経っていないこともあってか、You Tube等でプレイ動画を探しても数件しかなく、本物のアーティチョークの調理方法ばかりがヒットする。価格、内容等を見てももっと売れてもおかしくないゲームだと思うので是非普及してほしいものである。

続きを見る
閉じる
大賢者
ぶり
ぶり
レビュー
152名が参考
5ヶ月前

アーティチョークをせん滅せよ!嫌いな食べ物を徹底的に拒否していく、逆デッキ構築ゲーム!


【ざっくり解説】

 プレイヤーは10枚のアーティチョークカードを持った個別の山札(デッキ)を持っています。目的はこの10枚のアーティチョークを自分の山札から追い出すことを目的のゲームです。

 手番中にはそれらを追い出せるカードを場から取って使用できます。またそれらのカードは自分の山札に加わり、手札にくるたびに継続的にアーティチョークの撲滅に貢献します。一番最初にアーティチョークを自分の山札から消すか、手番終了時の初期手札5枚にアーティチョークが無ければ勝ちというゲームです。


【長所】

 デッキ構築ゲームでも異色な特定のカードを追い出すのが目的というゲーム性です。基本的に固有の山札にカードを加えるゲームは山札にカードを加えていく「デッキ構築」の要素が強いのですが、本作はその逆「逆デッキ構築」といえます。

 1ゲームにさほど時間はかからず、さくさく遊べます。負けてももう1プレイすればいいだけみたいな感じで気軽に遊べます。手軽に遊べるユニークなゲームというのが本作の売りです。


【短所】

 カードが全てテキストカードなこと。字も小さいので慣れるまではゲームテンポに影響を与える可能性があります。初回~3回ぐらいまではプレイテンポが悪くなる可能性が大きいです。

 直接攻撃のような効果のカードがあります。なので苦手な人はとことん苦手かと思います。2人で遊べば、利害関係の問題は解決するので2人がおススメです。


【ベストプレイ人数】

 2人です。結構手番の間にわちゃわちゃしますので、待ち時間の問題がどうしてもあります。特に慣れていないうちに多人数で遊ぶと、待ち時間は少なくないと思います。ここさえ我慢できるのであれば何人でもOKです。


【個人的な感想】

 ユニークなアイデアと手軽に遊べるゲーム性が売りで、国内流通した時には話題になりました。固有の山札(デッキ)から特定のカードを追い出すというゲーム性はなかなかなく、ユニークなゲームだとは思います。

 反面、カードが全てテキストカードの上、使用制限はほとんどないというゲームの粗い部分も目立ちます。手軽にできるゲームなのに、慣れるまで長考しやすい要因があったりとゲームの手軽さと相反するところがあるのは非常に勿体ないです。

 とはいえ、ユニークなアイデアは凄いので、今後のデッキ構築ゲームの新しい形になる可能性はありますね。機会があれば一度はプレイする価値はあると思います。


 ボードゲームアリーナで5回ほどプレイ。問題としてはプレイヤー同士の絡みが直接的で、逆に間接的な駆け引きは薄めに感じます。僕は駆け引きは直接的なものより、間接的な方が好きです。なので若干合わないかなと思いました。所有するほどの価値は感じませんでしたが、BGAで遊ぶ分には問題ないかなぐらいのゲームです。

続きを見る
閉じる
たまご
マクベス大佐@ブログ再開
マクベス大佐@ブログ再開
レビュー
130名が参考
6ヶ月前

Gamewright から2020年に出て、今年の3月にアークライトから日本語版が出た。

手札のアーティチョークをすべて無くしたら勝ちになる、デッキ破壊ゲーム。

同系統でサンドキャッスルがあるが、あれよりも単純で他プレイヤーとの絡みがあり、手軽に遊べる点が好感触。準備でアーティチョークを10枚配るのだがその絵面がなかなか強く、面白い。

手番では、場札から一枚カードを選んで手札にし、そのあと好きなだけ手札から(アーティチョーク以外の)カードを出してアクションを行う。アクションは10種類(プロモ入れると11種類)。ここで他プレイヤーのデッキをいじったり、カードを押し付けたりできる。

手番の最後に手札の補充があり、この時に1枚もアーティチョークを惹かなかった時点でゲームに勝利できる。手番外の他プレイヤーのアクションによって0枚になっても書いじゃないのは気を付けたいところ。

良かった点

  • イラストが可愛い(アーティチョークの表情にパターンがあったりする)
  • 直接的ながらもイヤじゃないインタラクション
  • 勝利条件のシンプルさ

イマイチな点

  • 字が小さい(10種類もある効果を覚えるのが大変)
  • サマリーがない(10種類もある効果を覚えるのが大変)

キウイゲームズで購入しました。

続きを見る
閉じる
国王
ハイライフ@Spieldisorder
ハイライフ@Spieldisorder
レビュー
120名が参考
7ヶ月前

あまり聞きなれない野菜「アーティチョーク」。嫌いなアーティチョークをいち早くなくすカードゲーム。なんとも愛嬌のある絵柄で子どもから大人まで気軽に楽しめます。

自分のお皿(山札)から順番に取った野菜5個(手札)にアーティチョークがなければ勝ち。最初のお皿は、10個のアーティチョークのみ。他番になったら、以下を行い、勝利条件になるまで繰り返し。

・野菜畑(場のカード置き場)から野菜1個収穫し、手札に加える。

・手札の野菜の効果に従いプレイ。

・手札を捨て札西、お皿から手札を補充。(お皿に野菜がなくなったら、捨て札をシャッフルしてお皿に)

野菜は、アーティチョークを含め11種類。アーティチョークを除き、それぞれ効果があります。手札のプレー時は、この効果に従いプレイすることになります。アーティチョークをなくす効果もあれば、ない効果もあるので、なかなか思い通りに手札からなくなりません。

このゲームの面白いところは、アーティチョークを「手札からなくす」こと。お皿にアーティチョークが残っていても、他の野菜がたくさんあれば勝てます。アーティチョークをなくす効果のある野菜のほとんどは、使いきりでお皿に残らないので、アーティチョークをなくしても手札からなくならないことも。

サクッと気軽に楽しめて、ルールも簡単なので子どもにもおススメです。

余談ですが、アーティチョーク嫌いな人がゲームを作成したと勝手に想像していたのですが、説明書に好きだという断りがありました(^^;

続きを見る
閉じる
国王
たまちょく
たまちょく
ルール/インスト
75名が参考
5ヶ月前

ゲームの目的
 デッキにあるアーティチョークを取り除いていく

準備
 各プレイヤーにアーティチョーク10枚を配りデッキにする
 野菜カード60枚(10種類各6枚)をシャッフルして山札にする
 山札から5枚をめくり場札にする
 各プレイヤーは自分のデッキから5枚を引いて手札にする

ゲームの流れ
 自分の手番になったら、以下の5つのアクションを順に行う
 1.場札の補充
  場札が5枚になるように山札からカードをめくる
  同じカードが4枚以上になった場合、全てを山札の下に戻し、シャッフルしてから補充し直す
 2.カードの獲得
  場札からカード1枚を獲得して手札に加える
 3.カードのプレイ
  手札から好きなだけカードをプレイする
  プレイしたカードは自分の捨て山に移す
 4.手札を捨てる
  残った手札を全て捨て山に移す
 5.手札の補充
  自分のデッキから新たに5枚の手札を補充する
  5枚になる前に自分のデッキがなくなった場合、自分の捨て山をシャッフルして新しいデッキを作る
  5枚補充したときにアーティチョークが1枚もない場合、そのプレイヤーの勝ちでゲーム終了になる

続きを見る
閉じる
国王
TJ
TJ
  • 商品価格¥ 2,200(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 88興味あり
  • 571経験あり
  • 119お気に入り
  • 317持ってる

チェックした商品