マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
レディファースト
  • レディファースト当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 5~15分
  • 8歳~
  • 2020年~

レディファースト

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
口説き口説かれ、ひと夜の駆け引き。レトロキネマな気分でプレイする大人のためのカードゲーム
  • 米光 一成(Kazunari Yonemitsu)作

 『はあって言うゲーム』『はっきよいゲーム』などで人気のゲームデザイナー・米光一成が2016年に発表し、ゲームマーケット大賞ノミネート作品にあげられるなど好評を得た『レディファースト』が、装いも新たに再登場!

 テーマはずばり「ひと夜の恋の駆け引き」! ジェントルはカードを出して愛の言葉をささやき、レディはカードを出してそれをあしらいます。

 カードを引くか、それとも出すか。たったそれだけのシンプルなルールに、熱い駆け引きが濃縮されています。

 1対1の2人専用ゲームだったオリジナル版に、複数のジェントルで1人のレディを奪い合う3~4人用ルールも追加。さまざまな駆け引きをお楽しみください!

レビュー 2件

117
名が参考にしたレビュー
 by カレオ

ジェントルとレディの口説き口説かれ恋の駆け引きを楽しむゲーム。
カードが恋愛洋画のようなシネマティックでお洒落な雰囲気でいい感じ。
カードをプレイする時に甘いカードテキストを読み上げながら成りきってプレイするとさらに楽しい。

ゲームは12までの数字が書かれたカードを交互にプレイして進行します。
数字の大きいカードほど次に相手が出すカードを厳しく制限でき、
ジェントルは制限によってレディに12のカードを出させれば勝ち。

それ以外の決着はすべてレディの勝ちなので、
ジェントルが序盤から制限の厳しいカードを出しても、レディの手札にそもそも12が無くて
カードを出せなくなってしまってもジェントル側の負けになるのが面白い。

がっつくだけの男にジェントルの資格は無いということですw
ジェントルたる者、レディの気分を徐々に盛り上げながら会話をエスコートしなければなりませんからね。

基本的にジェントルは、相手が12を引くまではゆっくりと弱いカードで会話を繋ぎ、
後半にかけて徐々に強いカードを出してレディをその気にさせないといけません。
そこが本当にじっくりと口説いているような感覚を体験できて面白いです。

この新版からは複数のジェントルが1人のレディを奪い合うシェアハウスラブルールが追加されており、
わいわい遊べるパーティゲームとしても楽しめるのでおススメです。

2ヶ月前(2020年11月16日 00時33分)
続きを読む
閉じる
66
名が参考にしたレビュー
 by ヨージロー

barに居合わせた女性を、映画のようにカッコよくダンディに口説く男を体感できる、ラテン系ハードボイルドゲームです 笑

とんでもなくドラマチックなカードゲームなんですが、文章での説明は難しいので、画像を交えてお楽しみください。

レディファーストなので、必ず女性の先攻で始まります。

「ここおごり?」と、素っ気ないレディ。

夜はまだこれからです。焦らず涼しい顔で、口説きます。

「すてきだよ、君は」 

サラリと口にしましょう。ラテン系ハードボイルドには、挨拶代わりの一言です。

「それで口説いてるつもり?」

中々のカウンターパンチです。口説かれ慣れてる女性なのでしょう。並の男なら退散するでしょうが、こんな事でラテン系ハードボイルドは諦めません。

「もっと知りたいんだよ、君のこと」

慣れた女には、踏み込んでも大丈夫。静かに情熱を込めて語ります。

「素敵な夜にしましょう」

二度のカウンターを跳ね除けた男に、興味を示しだしたのでしょうか。

問題は、彼女の言う夜が、barの中だけなのか、それとも・・・

「君は僕のお姫様だ」

お姫様扱いされて、嫌な顔をする女性は居ない。ラテン系ハードボイルドの常識です。

「あなたといると落ち着くの」

女性はだいぶ、心を開いてきました。情熱的な言葉は、女を酔わせるのです。

「ずっと一緒にいたいんだ」

最後のひと押しを、甘く情熱的に。「ずっと」には「朝まで」が含まれていることを、この女性は分かっているハズ。

「わかったわ、あなたの勝ちよ」

女性は微笑んで答えます。女は男の腕に手を回し、二人はbarを後にしました。


今回は男の口説きが成功しましたが、女性が12のカードを出す以外は、全て男の負けになる、女性が圧倒的に有利なゲームです。

相手を選ぶ権利は、女性にあるのです。


このゲームを楽しむコツは、カードのセリフを、恥ずかしがらず、カッコよく言うことです。

それにより、映画のような雰囲気が、グッと引き立ちます。

ただし、本当に口説くのに、使わないでください。あくまでジョークですので、悪しからず 笑

28日前(2020年12月29日 21時20分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,980(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 27興味あり
  • 21経験あり
  • 6お気に入り
  • 39持ってる

チェックした商品