マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
トラ借るキツネ
  • トラ借るキツネ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 10~20分
  • 7歳~
  • 2020年~

トラ借るキツネ

メーカー・卸元:あんちっく (委託販売作品

残り1点
送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
動物達の縄張り争いが題材の、徐々に情報が増えるトリックテイキング!

動物達の縄張り争いが題材のトリックテイキングです♪
はじめは情報が少なく、得られる勝利点も少ないですが、
後半になるほど捨札の情報(および相手のプレイングから得られる情報)が多くなり、
得られる勝利点も多くなるという作品です♪
カードの特殊効果は、相手の動物を当てると有利になるものなど
推理力が試されるのも面白いポイントです♪
なおバッティング要素もありますが、
各動物カードの枚数は2~3枚なので、注意さえすれば回避可能です♪
総合的には運要素が高めですが、
短時間で何回も遊ぶ作品として、ちょうど良い作品となります♪

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 4件

レビュー
55名が参考
7ヶ月前

夜中に行われる動物達の縄張り争いを題材とした
勝利点カード獲得型のトリックテイキングカードゲームです♪(^^)

内容物は
・勝利点カード(1~5点各2枚)
・動物カード19枚
です♪


ルールとしては、
・1ラウンド4ターンの2ラウンド制。
・ラウンド開始時に初期手札4枚もらう。
・ターンにて1枚ずつ出して勝負する。
 勝利すれば、場の一番低い勝利点カードをもらえる♪
という感じです♪(^^)


■戦略性
初期手札4枚を4ターンで4枚出すので、
「何を出すか?」ではなく、
「どの順番に出すか?」となります。
(^^;)野球の打順みたいな感じ??

これだけ聞くと、選択肢が少ないので、
勝負が初期手札に依存する運だけの作品と
聞こえるかもしれませんが…。
キツネ「相手の出したカードを言い当てれば操れる!」
タヌキ「相手の手札の最強カードと交換する!」
など、
カード側の特殊効果に選択肢が用意されているのが
面白ポイントとなります♪d(^^)

(なお、運要素は高めではあり、
繰り返し遊んで楽しめる作品となります♪)

ちなみに、公開されている説明書に
カードの特殊効果まで記載されているので、
ご興味のある方は見てみてください♪\(^ワ^)
『トラ借るキツネ』の説明書(1ページ)
↓こんなカードです♪
■徐々に増える情報
戦略の判断材料としての情報は、
主に捨札から仕入れる事が可能です♪

2~3人プレイではラウンド開始時に
山札から捨札に数枚カードが自動的に捨てられるので、
1ターン目から情報を活用する事ができます♪

(特にバッティングすると、敗北になるので、
強いカードを上手くバッティングせずに出したいところです♪)


なお、ターン終了時に勝負に使用したカードも捨札に流れます。
捨札は、どのカードが何枚あるか分かるように配置します♪

つまりターンが進むほど、捨札の情報は増えていきます♪
さらに捨札の情報以外にも、手札交換の特殊効果や、
相手の出すカードの順番などから、
相手の手札を推理する事が可能です♪d(^^)


最後に、
勝利点カードは場の低いカードから獲得していくので、
ターンが進むほど高得点化していきます♪
(最終ターンでは勝利点カード1枚を追加でもらえます♪)
序盤は情報不足で運要素が高いですが、
情報が活かせる終盤をいかに勝つために
準備を進めるか!?
これに尽きる作品です♪(^^)


ちょっと、文字数が多すぎたかな?
ではでは♪m(^^;)m

続きを見る
閉じる
仙人
あんちっく
あんちっく
リプレイ
28名が参考
7ヶ月前

『トラ借るキツネ』(3人プレイ)
真夜中の動物達の縄張り争いを題材とした
トリックテイキングです♪
勝利点カード(縄張り)を集める感じで、
後半ほど情報が多くなり、点数も高くなります♪
情報をいかに活かして逆転勝利するか?がミソとなります♪

(最終ターンではボーナスもあります♪)

なお、1ラウンド4ターンの2ラウンド制で、
ラウンド開始時に初期手札4枚をもらったら、
4枚を出す順番を決めるだけなので、
ここでの選択肢は非常に少ないのですが、
カードを出した後の特殊効果に選択肢があるのが
面白いポイントです♪d(^皿^)
「相手のカードを当てたら操れる!」
「相手のカードを当てたら倒せる!」
「最強の手札と交換できる!」
「捨札から1枚引いて手札に加えた後、
 手札から1枚出して山札の上に載せる」
などなど(^^)

初期手札の良し悪しもあり、
運要素はやや高めですが、
繰り返し楽しめる作品です♪d(^^)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なお、この日のプレイでは、
友人の名推理がバシバシ決まってしまい、
圧勝という展開に…リベンジしたいところです♪(^ワ^;)
勝利点を奪うクマの特殊効果を警戒した戦略なども
面白かったです♪
個人的には、かなりの回数やりこんでますが、
やりこみ回数を増やせば、さらにコツが見えてきそうです♪(^^)


↓こんなカードです♪

続きを見る
閉じる
仙人
あんちっく
あんちっく
ルール/インスト
25名が参考
8ヶ月前

説明書は、
あんちっく公式サイトや
ゲームマーケット公式サイトで公開されています♪

「説明書」(PDFデータ 205kB 1ページ) (2021年2月6日更新)
http://antic-main.com/wp/wp-content/uploads/hpb-media/ToraKaruKitune_Rule.pdf
 ↓
【ターン】④のコールですが、
番号8までコール(残りは番号9のトラだけなのでコールしなくても分かる)を
番号9までコール(分かりやすさ重視)に変更しています。(2021年2月6日製造分より)


ざっくりとしたルールは以下のような感じです♪
(トリテwikiに、あんちっくが投稿した記事を引用)
 ↓

『トラ借るキツネ』
・プレイ人数:2~4人
・プレイ時間:10~20分
・発売(発表)年:2020年11月4日
・メーカー名:あんちっく
・デザイナー名:小川昌洋
・難易度 B:中級者向け

動物達が夜中に行う縄張り争いを題材とした
徐々に増える情報から推理して読み合うトリテです。
運要素は高めで、
短時間で繰り返し遊ぶ軽量級作品です。

★カードの内訳
 勝利点カード:10枚(1~5点が各2枚)
 動物カード:19枚(強さ1が3枚、強さ2~9が各2まい)

★勝利条件
 獲得した勝利点カード(縄張り)の合計得点を競います。

★準備
勝利点山札を作ります。
 
★ゲームの流れ
 1ラウンド4ターン構成で
 2ラウンド制の作品です。


★ラウンド
(1)勝利点山札から勝利点カード4枚を場に出します。
(2)動物カード全19枚をよく混ぜて動物山札を作ります。
  遊ぶ人数に応じてて以下の枚数を動物山札から
  捨札に送ります。
  (捨札はどのカードを何枚捨てたか分かるように
   常時公開します。)
  2人…6枚/3人…3枚/4人…0枚
  そして、
  動物山札から全員に動物カードを4枚配り手札とします。
(3)後述のターンを4回行います。
  ※ラウンド終了時に、
   場に勝利点カードが残っていた場合は、
   ゲームから除外します。

★ターン
(1)全員手札から動物カード1枚を伏せて手元に出します。
(2)みんなで番号を1から順番にコールします。
(3)伏せた動物カードの強さと同じ番号がコールされたら、
  カードを公開し、効果を使用します。
  同じカードが複数公開された場合、
  効果は使用できず、捨札へ送ります。
(4)番号9までコールが終わったら、
  最強の動物カードを手元に置いている人が
  場の勝利点カードのうち一番小さい点数を1枚獲得します。
  なお、2ラウンド目4ターン目(最終ターン)では、
  勝利点山札の一番上の勝利点も1枚追加獲得します。
(5)手元の動物カードを捨札へ送ります。
  ※ゴリラの効果は次のターンに影響するので、
   横向きに表示して残しておきます。 

続きを見る
閉じる
仙人
あんちっく
あんちっく
戦略やコツ
20名が参考
7ヶ月前

『トラ借るキツネ』のコツ♪\(^^)/

■勝利点をしっかり把握しよう!
 ラウンド開始時に勝利点置場に配置される
 勝利点(豊かな土地)4枚を、
 各ターンで小さい順に獲得するので、
 ラウンド終盤ほど得点が大きい訳ですが…
 例えば、1点・2点・4点・4点とかだったら、
 「3ターン目も4ターン目も同じ」であり、
 「4ターン目の勝利にこだわる必要はない♪」となり、
 戦略の組み立ても変化すると思います♪(^^;)

 また、第2ラウンド4ターン目(最終ターン)では、
 追加の勝利点が1枚もらえますが…、
 勝利点は1~5点が各2枚の10枚あり、
 すでに8枚が公開されている訳なので、
 追加の勝利点は2枚のうち1枚まで絞れます♪
 この50%の確率をしっかり意識して、
 逆転可能かどうかを考えるのも重要です♪d(^^)

 あと注意すべきは、クマの効果です。
 「勝利時に、勝利点置場から獲得した勝利点よりも
  小さい点数の勝利点を誰かから奪える」
 クマの強さは5であり、そもそも勝利は難しいですが、
 効果発動すると、一発逆転ともなりえる効果なので、
 しっかりと計画したり、警戒したりで
 戦略を組む必要があります♪\(^^;)

■闇夜の中の動物カードを推理しよう!
 動物カードは19枚と少なく、
 ターンが進むごとに捨札が増えていき、
 捨札の情報から、かなり推理する事が可能です♪(^^)
 (ラウンド開始時にプレイ人数に応じた枚数
  2人…6枚/3人…3枚/4人…0枚
 が捨札へ送られるので、これもヒントになります♪)

 そしてバッティングのルールがあるので、

 これは極力避けたいところです。(^^;)
 なお、動物カードは、
 キツネ3枚 他は各2枚 なので、
 キツネ以外は、捨札に1枚出てれば、
 バッティングの可能性はゼロになります♪d(^皿^)
 (もちろん自分の手札の情報も活用できます♪)

 また、キツネ、サイで相手の動物を当てれば、

 キツネなら操り、サイなら突撃で格上を倒す事ができるので、
 非常に有利になります♪
 (これをいかに成功させるかが勝負の分かれ目とも言えます♪)
 ちなみに、タヌキ(相手の最強カードと1枚手札交換)などの効果で
 相手の手札を推理しやすくもなります♪
 (羅列になるので割愛しますが…動物の効果を上手く使う事で、
 相手の手札を上手く推理する事が可能です♪
 手札対象の効果も多く、
 戦略次第で推理の精度をドンドン上げる事ができます♪)
 
 動物の効果は説明書に記載されています♪\(^^)
 
説明書はこちら♪

続きを見る
閉じる
仙人
あんちっく
あんちっく
  • 商品価格¥ 400(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 2興味あり
  • 2経験あり
  • 1お気に入り
  • 6持ってる

チェックした商品