マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
オニリム:最初の旅と七つの書
  • オニリム:最初の旅と七つの書当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~2人
  • 15分前後
  • 14歳~
  • 2014年~

オニリム:最初の旅と七つの書 / Onirim (second edition) の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
不思議な迷宮から脱出する、1人・2人用カードゲーム
  • シャディ・トービー(Shadi Torbey)作

幻の迷宮に入り込んでしまい、抜け出すための冒険を行うカードゲームです。

1人でも2人でも遊ぶことができ、2人の場合は協力ゲームとなります。

幻想的なイラストが魅力的なゲームです。

オニリム:最初の旅と七つの書に9件の書き込みがあります

264
名に参考にされている戦略やコツ
2018年12月20日 14時58分

基本セットの戦略について私が気をつけてる事を書いていこうかと。

鍵で予言(破棄して5枚見る)するタイミング

状況によって使うか迷う状況もありますが、以下は私がほぼ使っている状況です。

  • 山札の残りカード枚数を残りの悪夢の数で割って6.0未満になる場合
    • 例)山札41、悪夢7
      期待値的には割って5以下が良いですが、悪夢引いた際の被害がでかいので早めがベスト。
      むしろ5以下で鍵が無い状況はかなり痛い。
  • 手札に扉を探せる3枚セットがある
    • 3枚を出してる途中悪夢引くと痛いので、先に鍵を使って安全を確認します。
  • 手札に3枚以上鍵がある場合。
    • 単純にとっておいてもしょうがないです。
  • 手札に同色の月を含むカードが2枚ある(月&月/月&太陽)
    • あと1枚太陽があれば扉が探せるので、積極的に使って探しに行く。


鍵の予言した際の並び替えテクニック

悪夢が入っていた場合は葬る、手持ちの鍵に対応した扉があれば先頭に...は当然として悪夢が2枚あったりした場合

  • 悪夢が2枚見え、鍵をもう一枚持っている場合
    悪夢は後ろに回して、もう1回鍵を使ってそのもう1枚も葬りましょう。
    手札に出してもいい(捨ててもいい)ものがあれば4枚目に持っていき、1〜2枚出した後に鍵を使えば、更にその先のカードも見られて良いかも。
  • 悪夢が2枚見え、扉が一緒にあった場合
    1枚は当然捨てる。もう1枚は扉を先頭に、間に何か1枚挟み、悪夢をその後ろへ。
    並び替えたあと扉を引いた時点で次の1枚を引き、山札がシャッフルされるので、次の悪夢を一時的に回避できます。
  • 手札がすでに2つ開いた扉の色ばかりで予言に悪夢が出た場合
    先頭に悪夢を持ってきてわざと引き、手札を捨てて手札のリフレッシュに使う。


手札から扉を探すために3枚出す場合の順番

太陽2、月1の様に選択肢が無い場合はどうしようもないですが、鍵があったり月2があった場合。

  • 同色の3枚内に月、太陽と鍵があった場合、太陽→月(月→太陽)→最後に鍵
    次の選択肢が月でも太陽でも良くなるのと、途中で悪夢引いても鍵を捨てる事で対処できます。
    月2太陽1鍵1(月1太陽2鍵1)の場合は、予言のタイミングで述べた通り、先に鍵を予言に使い、3枚安全に出せるか確認します。
  • 月が2枚ある場合
    さらに太陽があればもったいぶってもしょうがないので月→太陽→月で出す。
    月2鍵1の場合は、山札の状況と相談。まだ山札が多い段階では月→鍵→月もあり。
    山札を残りの太陽の枚数で割って5.0以下なら鍵を予言に使うのもあり(太陽引けて悪夢も捨てらればラッキー)。
    前述の山札を悪夢で割って5.0以下ならば、途中、もしくは扉出した後に悪夢出る危険の方が高いので予言。


悪夢を引いた際の選択肢

  1. 鍵があれば鍵を使う
    これは当然だと思います。
  2. 手札が扉を探せる状況(3枚揃っている、3枚目まで出せる)にある場合
    基本的には既に手札に揃っているので、山札から5枚捨ての方が良い
    ただし、すでに太陽→月と出していて、あと手元の太陽のみ、という場合は、太陽はまた引ける可能性もあるので、手札捨ててしまうのもあり。
  3. 手札に3枚セットが無い場合
    月が色問わず3枚以上ある場合、もしくは同色で2枚以上月がある場合は山札から5枚捨て。
    月は枚数が少ないのでなるべく捨てたくない。
    残り枚数にもよりますが、手札に色は別々で2枚までなら捨てられる許容範囲かと。
    単純に上記以外で太陽多めなら、手札捨てで良いかと。

あとは悪夢を引いた際に、すでに開いている扉を捨てる選択肢がありますが、これはほぼあり得ないかなと思ってます。既に3枚消費、もしくは鍵が消費されている状況で更に開けるのは難易度高いです。
たまたま鍵で2回扉が開き、さらにその色のカードが豊富に残っていて...なんて運のいい事があれば考えるかも...?
私は選択したことがないです。


続きを読む
閉じる
205
名に参考にされているレビュー
2016年12月09日 17時15分

先に言っておきますが、まだソロプレイしかしたことありませんので2人プレイはそのうち機会をみてプレイできたらということで・・・


5枚の手札から連続して同じ色のカード3枚を場に出せたらその色と同じ色の扉カードをひとつ入手できるんですが、各カードには3種類のマーク(月、太陽、鍵)が描かれていて、直前に出したカードと同じマークは出せないというルールがあるため、同じ色が手札に3枚あってもマークが同じなら出せない、かといって他の色を出せばせっかく出した色が無駄に・・・・というジレンマがあります。

悪夢から脱出するには扉のカード8枚全部あつめなくてはなりませんが、カードの山札が無くなった時点でプレイヤーの敗北となりますので・・・

手札に出せるカードが無い場合は手札1枚を捨て札にして山札から1枚ドローできるのですが、敗北条件が上記のように山札が無くなったら負けというものなので手札の一枚一枚がけっこう大切になってきます。

いかに手札を有効に活用していくかというのがこのゲームのポイントかな?と思いました。

手札を有効活用するためには鍵マークのカードを上手く使うことだと思います。

鍵マークの描かれたカードは手札に持っている時に同じ色の扉カードをドローしてきたらその鍵カードを捨てることによって扉カードを入手できるのですが、もうひとつの効果として、カードをプレイする代わりに鍵マークのカードを単に捨てた場合、山札の上から5枚を公開して一枚は捨て札にしなければなりませんが、残り4枚を好きな順番で山札の上に戻せるのでこれだけでもかなり有利にプレイを運べますし、なによりもこの時に悪夢のカードが混ざっていれば効果を発動させずに捨て札に出来るのが大きいです。

まぁ悪夢が2枚以上入っていたら諦めるしかないんですけどね・・・A^^;


あと、このゲームは一度のプレイでもシャッフルを多用するので出来ればカードスリーブに入れた方が良いと思います。

続きを読む
閉じる
194
名に参考にされているレビュー
2017年07月02日 15時19分

一人で遊べるボードゲームの中ではお気に入り(2人でも遊べます。)なんといってもテーマとアートワークとゲームシステムがとてもマッチしていて、うっとりしてしまいます。

パズルやソリティアみたいな感覚のゲームで、悪夢から目をさますために、夢の中の扉を鍵で開けていくというという感じです。

最初は簡単じゃんと思うのですが、あと一歩のところでできないと悔しいんですが、できた時の爽快感はほんと目が覚めたようにスッキリします!

拡張を入れるとさらに難しくなり、つい何度もやってしまします!

アプリも出ているのでそちらで試してみても良いと思います!!拡張も2つほどあります!


続きを読む
閉じる
173
名に参考にされている戦略やコツ
2017年02月26日 12時51分

・拡張なしでの戦略です。

 結局のところ、『悪夢』を引くと甚大な損失が生じるので、『悪夢』を引かないようにするのがコツです(『悪夢』は10枚山札にあります)。

そのためには、『鍵』を有効に使用すると良いと思います。

『鍵』を使用すると『予言』ができます。

『予言』とは...

①山札から5枚引く

②5枚から必ず1枚捨てる

③好きな順番に並び替えて山札に戻す

 『鍵』を複数枚持っていたら、まずは使用することをお勧めします。

山札から『悪夢』が出た場合には、『鍵』を捨てることによって解決できますが、それなら、『鍵』を使って山札5枚に『悪夢』がいるかどうか調べる方が得です。

続きを読む
閉じる
163
名に参考にされているレビュー
2018年01月01日 10時58分

5/10

1人用ゲームの中ではかなり話題になったカードゲーム。

戦略と運のバランスが絶妙で完成度は高い。

だが、アプリで登場してしまっているので、あえてこれを買う理由があるかというと微妙。

また、シャッフルが多いため、それもアプリでやると解消されることが拍車をかけている。

拡張が最初から7つはいっているので、がっつりやりたい人にはお得かも。(※アプリは拡張で課金が入る)

あと、2人用ルールもあり、それはアプリではできないので、そういう見方だと買う価値はあるかも。

拡張全部やろうとしている+2人で遊びたいと考えている人は買ってもいいと思う。

そうじゃなければ、アプリで十分。

ただ、箱の完成度は芸術的で素晴らしい。それは開けてみてのお楽しみだろう。

続きを読む
閉じる
162
名に参考にされているレビュー
2017年12月31日 09時56分

 オニリムは、1人から2人でプレイできるゲームですが、ソロプレイのみの感想です。
 内容は、不思議な夢の中を彷徨うドリームウォーカーとなって、8つの扉を開いて現実の世界に戻るというカードゲームです。
 カードは、青色、赤色、緑色、白色の4色で、太陽と月、鍵、扉のシンボルマークの4種類があり、4色ごとに2つの扉を開ける必要があります。
 扉を開ける行為には2つの方法があり、扉カードと鍵カードを一緒に使用するか、太陽と月のシンボルカードを交互に出すかです。ただし、悪夢カードを引くと、大変です。手札を全て捨てるか、手札にある鍵シンボルを1枚捨てるか、山札から5枚捨てるか、開けた扉を1枚捨てるかのどれかを選択しなければいけません。
 悪夢カードの対抗手段として、鍵シンボルの活用があります。鍵シンボルの活用方法としては、扉の鍵を開けることと、悪夢カードを引いた際に1枚捨てるか、鍵シンボルを1枚捨てて山札から上の5枚を見てカードを入れ替えつつ、悪夢カードがあれば1枚捨てられるのです。
 そうした活用を図りながら、山札を引き終わるまでに8つの扉を開ければ、無事現実の世界に戻れます。
 難易度は結構高めですので、何度か失敗しましたが、慣れてくればクリアできると思います。なお、私はまだ拡張セットを入れてゲームをプレイしていないので、これから拡張セットもプレイしてみたいと思います。

続きを読む
閉じる
160
名に参考にされているレビュー
2018年02月14日 23時05分

 動画サイトでプレイしているのを見て面白そうだと思い購入、そして実際にプレイしてみたところ……

 ぜんぜんクリアできない(悲)!

「扉カードあと一枚でクリアだぜ!」って時にはすでに残り山札が十枚以下になってて最終的に「詰んだ―!!」と叫んでしまいますww。あと一歩、あと一歩でクリアなのに簡単にクリアさせてくれないのがこのゲームの面白さなのでしょう。

 また、このオニリムには拡張カードが入っていて、本家とは一風変わったプレイもできるみたいですね。僕はまだチャレンジしたことはないですけどwww

 まずは通常版をクリアすることが現在の目標ですね。もう一日一回以上はやらないと気が済まなくなるかもしれません!

 クリアしたらきっとスカッとするんだろうな~  

続きを読む
閉じる
130
名に参考にされているレビュー
2017年06月09日 18時02分

☆1人プレイのレビューです


同じ色かつ異なるシンボルのカードを3枚並べて扉カードをゲットし
山札が尽きる前に全ての扉カードを揃えることが出来ればクリア!

扉カードの取得条件や悪夢カード(妨害)の解決方法など
他にもいくつかルールがあり
自分の好きな手段を随時選んでゲームを進めていくことが出来ます
カード運はありますが、慣れるとクリア率は上がります


拡張は7種類用意されており、すべての拡張に互換性があるので
様々な組み合わせを試すことが出来ます
基本ルールに加えて、呪文が使えるようになったり
新たな夢世界の住人が出てきたり……

最初の拡張は「紋章」が分かりやすくてオススメです
集める扉の数と、扉の取得方法が増えます
基本ルールが分かればすぐに追加していいと思います


また、(あまり使いませんが)かわいい淫魔コマがついているので
これによって難易度を下げたりさらに選択肢を広げるといったことができます

~~~~~


1人で出来るゲームを探していて見つけたのがこのゲーム
外箱の雰囲気や子供の落書きのようなカードイラストにとても惹かれました
箱を開けた時にもワクワクするようなデザインになっています

シャッフルが多いのがちょっと辛いかな
1人でじっくり黙々とプレーしたい方にオススメ
世界観含め、大好きなゲームです!

続きを読む
閉じる
113
名に参考にされているレビュー
2017年05月23日 11時55分

初プレイから4度目にしてようやくクリアできました。

悪夢の除去の条件の一つに、既に開けた扉を山札に戻すというのがあるのですが、これがなかなか使い勝手がよかったです。

扉を鍵で一発で開けてしまっていればいつでも使える悪夢対策としてかなり有能でした。

手札内に同色の鍵と扉が必要なので発生回数は多くはありませんが、慣れてくると鍵を使ってチラチラと山札を確認する必要も減り、勝率がグッと高まりました。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,240(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 63興味あり
  • 301経験あり
  • 52お気に入り
  • 296持ってる

チェックした商品