マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
明日、旅に出ます
  • 明日、旅に出ます当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1人用
  • 30~90分
  • 14歳~
  • 2019年~

明日、旅に出ます

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
1人用ゲーム
  • クロ(kuro)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

未来の私から、過去の私へ――
私は明日、旅にでます。
それは未来から届けられた謎の手紙。
誘われるままに旅に出て、閉じた世界の謎を追う1人用のソリティアです。
旅の途中で遭遇する事件は、何度も繰り返される時間の中で過去・現在・未来に渡って偏在し
解決するにはその全てを知らなければなりません。
はたして、「私」はこの世界の謎を解くことができるのでしょうか。
http://ash.jp/~md/game/126/126.htm
(マニュアルも掲載されています)
 
■ ゲームの特徴

〇ソリティアだからできるゲーム性
本ゲームは一風変わったパズル性を持った難度の高いゲームです。
1~6のランダムに与えられる数字と、まだ見えていない数字を踏まえつつ、どうポーンを動かしたら最善手になるのかを常に考える必要があり、中短期の計画性が問われます。
また使用されるカードも30枚と少なめな為、失敗した時のリカバリーも利き辛く、1度のミスでクリアが不可能になることもしばしば。その為、思考実験(試しプレイ)を推奨しています。
これらは全て「どれだけ長考しても他のプレイヤーの迷惑にはならない」というソリティアの性質を最大限に活かしたもので、じっくりじっくり時間をかけて遊ぶことを目的としてデザインしています。
他のことを全部忘れてゲームにどっぷり浸かりたい! 1人の時間を濃密に過ごしたい! そんな方におススメのゲームです。

〇アイテムを組み合わせて使ってみよう!
基本ルールを変更する「アイテム」を好きに組み合わせて使用することで、ゲームの難易度をある程度操作できます。
雰囲気を楽しみたい人は、アイテムを多く使用して難易度を下げるのがいいでしょう。
ソリッドにハイスコアを目指す人は、リスクとメリットをバーターにかけて選ぶと良いでしょう。
この自由度の高いアイテムの存在は、リプレイ性を高めると共に、遊ぶ人の好みに応じて難易度調整が可能なフレキシブルさも演出しています。

レビュー 1件

234
名が参考にしたレビュー
 by 手動人形

紹介文にあるように、数学的思考はもちろんのこと、「将来どうなるか」の四次元的思考が求められる、頭をフル回転するのが興奮する人にとっては絶好のソロゲームです。

カードとキューブ、ポーンのみと小箱特有のスッキリしたコンポーネント。セットアップは各ロケーションを無作為に並べ(7日目の《千年樹》のみ最後)、アイテムを任意の枚数だけ選び、山札から1枚(アイテムによって2枚のパターンあり)引いて手札とします。 (なお、スリーブに既に入れています)

手順はやや複雑。

  1. カードを1枚引く。
  2. カードの数字の分だけ白いポーンを進め、行き先にカードを置く。前に置かれているカードがあれば下にずらす。最大数に達したら下のカードを捨てる。移動時、「ループ」したら1枚引いて捨てる。
  3. 「7-(2)でプレイした数字」の分だけ2つの黒いポーンのどちらか1つを進める。(黒いポーンが「ループ」した際は引いて捨てるは無し)
  4. (2)に置かれたイベントを上から順に解決する。
  5. 各ストーリーがクリアされたかをチェック。
  6. ゲームクリアの条件を満たしたかをチェック。ゲームをクリアしていなければ(1)に戻る。


ストーリークリアの条件は

  • 白いポーンと黒いポーン2つがいる場所に、その色のイベントカードがある。
  • 3ヶ所各1枚でもよく、3つのポーンが同じ場所にいてもクリア。

ゲームクリアは

  • 各5つのストーリーを全てクリアして、3つのポーン全てが《7日目:千年樹》にある

と、ゲーム進行の複雑さに反してシンプル。ですが、これがとても難しかったです。

  • 移動は強制なのでコントロールがシビア。
  • イベントカードは30枚しかなく、「ループ」のたびに山札のカードが1枚減る。
  • 山札が0になった状態でカードを引く必要がある場合は即座に敗北。(いわゆるライブラリーアウト)


そのため、プレイしたカードを把握しつつ残りのカードを推測し、イベントやストーリーのクリア報酬のキューブを利用してクリアに向けてプレイする必要があります。

それらを大きく手助けしてくれるのが「クリア時のVPと引き替えに強力な効果を持つアイテム」。正直、今の自分の練度と思考力ではアイテム無しでのクリアは無理です。

1ミスが致命的な分、解決の糸口が見つかり、クリアした時の喜びや余韻は果てしなかったです。

数学的and/or四次元的思考を鍛えたい、仮説や思考実験が好きな人には最適なボードゲームという印象でした。

8ヶ月前(2020年03月02日 20時20分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,500(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 29興味あり
  • 16経験あり
  • 3お気に入り
  • 34持ってる

チェックした商品