マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
限界しりとりパーティー!
  • 限界しりとりパーティー!当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 5~10分
  • 8歳~
  • 2019年~

限界しりとりパーティー!

メーカー・卸元:JELLY JELLY GAMES

送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
究極!文字数制限つきしりとり

 「限界しりとり」は東大クイズ王の伊沢拓司さんがしりとりをアレンジして発明したゲームです。

 カードに記載された文字数でしりとりを続けていき、先に持ち時間が残り0秒になってしまうと負けです。

 イベントカードは相手の手札を1枚抜き取ったり、山札から2枚新たに数字カードを加えるカード、使用したプレイヤーが「ん」で終わる単語を回答しなければならないカードがあります。

 エキスパートルールがあり、より難しいゲームに挑戦することも可能です。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 3件

レビュー
88名が参考
8ヶ月前

かなり軽めなしりとりゲーム!

文字数制限がついているだけのしりとりなのに結構盛り上がります。インストもほぼなしでスマホ(タイマー)があればすぐできるので、旅先にも持っていったりするのもおすすめです〜

ワードバスケットとはまた違ったしりとりゲームで、個人的にはこっちのほうが好みですね

※時間制限をつける際には専用のタイマーアプリ(ブラウザー対応)を使うと便利です!
時間制限をがあったほうが脳みそフル回転感があって面白いですよ!

続きを見る
閉じる
貴族
なんけい
なんけい
リプレイ
76名が参考
1年以上前

プレイ動画作成しました!3人プレイです。

クイズノックの伊沢拓司さんがしりとりをアレンジして発明したゲームである限界しりとりがボードゲーム化されました!シンプルなルールでプレイもアプリで管理されているので超遊びやすいです!

しりとりに時間制限が付くだけでこんなにも追い込まれるのか...!!是非このゲームで限界を感じてください!

動画内でルール説明もしているので、どんなゲームか気になる方は是非ご視聴ください!


verywellボードゲームでは週に一本以上、ボードゲームの動画をアップしています。

ボードゲームが気になる方、ボードゲームが好きな方は是非チャンネル登録よろしくお願いします!

チャンネル登録リンクはコチラ↓↓↓ 

https://t.co/QLysk5QKcg?amp=1

続きを見る
閉じる
国王
verywell boardgames
verywell boardgames
レビュー
28名が参考
約1ヶ月前

偉大なる先人との差別化 しりとりゲームの新しい選択肢

スマホアプリゲーム「限界しりとり」のカードゲーム化。

しりとりのカードゲームと言えば偉大なる先人「ワードバスケット(以下ワーバス)」との比較は避けられないが、本作はうまく差別化できている。

「制限を加えたしりとり」が面白いことは周知の事実なので、本作をワーバスとの比較によって評価する。

ワーバスでは、直前に出されたカードにより最初の1文字、自分の手札により最後の1文字を指定される。どうしても処理が難しい文字が存在するため、ある程度の水準からは覚えゲーに終始してしまう。
対して本作は前手番のプレイヤーによる最初の1文字と、自分の手札により文字数を指定される。文字数によって難易度は変動するものの、最後の文字を指定されるよりは難易度の変動が小さい。これにより、特定のカードを抱えて手詰まり、といった状況は発生しにくい。
また実際のしりとりによくある、特定の文字で終わる言葉を多用する「ず攻め」「ぬ攻め」のような戦法も使える。(これは極めてストレスフルな「ず攻め」の類を許容できるかどうかで評価が分かれる部分ではあるが…)

勝敗に関するルールは各プレイヤーごとに持ち時間1分を使い切ったら負けという、将棋などで言うところの「切れ負け」を採用している。これにより、ワーバスに時折見られる「誰もカードを出せず場が停滞する」「10秒ほどでゲーム終了、セットアップの方が長かった」といった事態が発生せず、プレイ時間は人数×1分前後に収束する。
ダレることが少なく、逆に誰かが一瞬で上がるような理不尽もない。安定した面白さを提供してくれる。

やり込みやセンスにより、百人一首の様なスポーツめいた戦いを繰り広げるワーバスも無論面白いが、競技に寄り過ぎるきらいはある。ワード系ゲームへの適正などを見るために、腕の差が大きいプレイヤー同士を同卓させるために「限界しりとりパーティー」という選択肢が出来たことは評価したい。

ゲームのプレイにクロックが必要となるが、パッケージの裏面のQRコードからアクセスできる公式のクロックは非常に使いにくい。公式のクロックはブラウザ上で動作しているが、タッチのつもりがフリック操作となっているのか、あらぬ挙動を起こすことが多々。最終的には各人のスマホで、チェスクロックのようなアプリを使ってのプレイとなった。専用アプリの制作にそこまで費用が掛かるとも思えず、正直それぐらいは何とかしてほしかった。

続きを見る
閉じる
国王
krm
krm
  • 商品価格¥ 1,650(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 53興味あり
  • 174経験あり
  • 32お気に入り
  • 99持ってる

チェックした商品