マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
アンクォール
  • アンクォール当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

アンクォール

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
資源を効率よく蓄え、古代エジプトに君だけの貿易帝国を築け!
  • フランク・クリスティン(Frank Crittin)作
  • グレゴワール・ラージ(Grégoire Largey)作
  • セバスティン・ポーコン(Sébastien Pauchon)作

 2人用ゲームの傑作「ジャイプル」のスタッフによる、古代エジプトの商品取引をテーマにしたタイル構築ゲーム「アンクォール」日本語版の発売が決まりましたのでご案内します。

 『アンクォール』は、シンプルな獲得と配置のルールを基にした、リソース管理ゲームです。13枚のタイルを配置して、高得点を稼ぐのが目的です。

 このゲームでは、各プレイヤーは自分の手番に資源トークンやアンクトークンを3枚収集するか、市場からタイルを購入し、購入したタイルを配置のルールに従って並べていく、スピーディなリソース管理ゲームです。 同じ色、または同じ動物が描かれているタイルがつながると勝利点を獲得。 アンクトークンを使うことで、市場のタイルを移動し、タイルの購入に必要なコストと商品の種類を変更できます。

 いずれかのプレイヤーが13 枚目のタイルを配置するとゲームは終了に向かいます。すべてのプレイヤーが同じ手番数を実行して、現在のラウンドを完了します。その後、各プレイヤーは合計勝利点を計算し、獲得勝利点合計が最も多いプレイヤーが勝者となります。

 『アンクォール』は、2人用ゲームの傑作『ジャイプル』のスタッフが贈る、2人から(最大4人まで)プレイ可能な、簡単なルールで悩みどころも満載の、今年のエッセンゲームショーで発売予定の新作戦略ゲームです。

レビュー 4件

392
名が参考にしたレビュー
 by しれ〜

古代エジプトの商人になり、商品を集めそれをタイルと交換して高得点となる配置を目指す。


手番でできる事はたった2つ、「5種の資源トークンおよびアンクトークンから3枚取る」または「資源トークンを支払いタイルを取って自分の場に配置する」


誰かが13枚目のタイルを取ったら同手番数やって終了。


資源トークン5枚アンクトークン2枚が上限なので、懐事情はかなりカツカツ。


取ったタイルは隣接するように並べる、同じ動物か同じ色が繋がっていれば終了時に得点になる。それぞれ5枚以上でボーナス点も入るので積極的に狙いたい。


条件はあるがタイルを2段目に置けたりアンクトークンで既に置いてあるタイルの移動もできるので軽いながらも戦略性は十分。


ちなみに取ったタイルは自動で補充されないのが面白い。アンクトークンを消費して埋めるのだが山札が2つあり裏から最初の1枚が何色か分かるのも悩ましい。


宝石の煌きのスペースカウボーイズがジャイプルのセバスチャン・ポーションを起用し満を持して出したゲームでは無いだろうか。

10ヶ月前(2019年11月23日 08時52分)
続きを読む
閉じる
198
名が参考にしたレビュー
 by オグランド(Oguland)

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!
アンクォールは、限られた資源を活用して、タイルを獲得し配置していくリソース管理と配置の面白いボードゲームです!
タイルの中には特定の色のトークンを余分に手元に置いておける倉庫の機能があるタイルがあるなど、ちょっとしたスパイスもあり楽しいです。
ちょっと淡々と進行する感じと、テーマとしていることとのマッチが弱い気がします・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫


アンクォールの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

9ヶ月前(2020年01月04日 09時13分)
続きを読む
閉じる
105
名が参考にした戦略やコツ
 by しれ〜

2~4人で結構プレイしたので備忘録代わりに書いておく。

まず基本的に先手番が有利、その上で初期資源の傾斜も無いので「連続手番(書記官)」と「タイル更新(アンクトークン)」でどうにかしましょうね、と言う話になる。


各自のトークンは公開情報なので他人の狙っているタイルを流すといった邪魔をするのも重要。


取得するタイルが無くなって誰がお仕事(タイル更新)するのという状況を待つよりは、自分が有利/他人が不利な状況なら積極的にタイル更新を仕掛けて行った方が良いと思う。


ちなみにタイル構成は、ジャッカル、スカラベ、ファルコン、2点が各2枚、倉庫、書記官、砂漠が各1枚が5色で55枚という構成。

そのため動物5以上のボーナスタイル取得には最低3色必要な事は覚えておこう。

ちなみに色は各11枚、動物は各10枚ある。


各タイルの個人的評価を書いておくと。

2点:2点確定かつ同色なら+1点、動物タイルの最大2点に比べ普通に強い。真っ先に確保したい。


動物:3種のうち1つは動物のボーナスタイルを狙いたいが4人では必ず被るので注意。色と動物どちらが欠けても1点なので出来るだけ両方2枚は並べたい。


倉庫:取得時にトークン1個取れるのはオイシイが以降活用出来るかがポイント。砂漠よりマシ。


書記官:連続手番でタイルをもう1枚取れると強い。逆に追加手番でトークン取るのは微妙か。終了フラグが立ってから2枚取りをやると14枚になる場合があるが特に記述は無いので良いのだろう。


砂漠:どうしてもその色のボーナスタイルを取りたい、もしくは最後の埋めに。

9ヶ月前(2019年12月12日 13時42分)
続きを読む
閉じる
27
名が参考にした戦略やコツ
 by オグランド(Oguland)

早めに資源を余分に確保できるタイルを持っておくと便利です。あとはどのタイルを集めるか決め、色を基本にしつつ、コストを見ながら動物を購入していくといいかと思います。

9ヶ月前(2020年01月04日 09時14分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,300(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 30興味あり
  • 72経験あり
  • 9お気に入り
  • 55持ってる

チェックした商品