マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
渡る世間はナベばかり
  • 渡る世間はナベばかり当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 37興味あり
  • 159経験あり
  • 6お気に入り
  • 100持ってる
  • 1~8人
  • 10~30分
  • 6歳~
  • 2016年~

渡る世間はナベばかり / Wataru seken ha NABE bakari の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
「渡」をめくると24種類の「ナベ」が!面白おかしいパーティゲーム
  • 中村 誠(Macoto Nakamura)作

 なんとも斬新。ワタナベさんに詳しくなれるボードゲームです。

 「渡」とかかれた赤いカードをめくると、「なべ」が現れます。その「なべ」はなんと24種類。何が違うのか凝視しないと分からないレベルの「なべ」を使って神経衰弱をしていきます。

 どうやら慣れてくると一瞬で違いに気付くようですが初見同士でプレイすると、Aさん「これ一緒?」 Bさん「あー、一緒じゃないかな」 Cさん「うーん、同じだね。」 Dさん「…あ、ここに点が無いよ」 一同「…本当だ…違うじゃん…」 と、こんな感じで間違い探しが始まります。

 あくまで神経衰弱。ペアにならなかったら2枚とも表面の「渡」に戻します。ちなみに一般的に使われているのは「辺」「邉」「邊」のようですが、旧字体にこだわって使っている家系(祖先)がどうやら多いそうです。学校の先生や、戸籍係の方の気持ちを味わうことが出来そうです。

 ちなみに本作品には遊び方が計4種類収録されています。1つで4つも楽しめるお得なボードゲームとなっています。

渡る世間はナベばかりに8件の書き込みがあります

チェックした商品