チケットトゥライド / チケットトゥライドアメリカ
チケットトゥライド / チケットトゥライドアメリカ

会員の投稿画像(当商品と異なる可能性があります)

  • 69興味あり
  • 373経験あり
  • 84お気に入り
  • 216持ってる
  • 2~5人
  • 30~60分
  • 8歳~
  • 2004年~

チケットトゥライド / チケットトゥライドアメリカ / Ticket to Ride の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
路線を敷いて都市間旅行を楽しもう!
  • アラン・ムーン(Alan R. Moon)作

 北アメリカを舞台とした、東西南北を駆け巡る列車旅行ボードゲームです。

 事の発端は、イギリスの資産家フィリアス・フォッグが達成した「80日間世界一周」の話。とある学生5人がその偉業を称えて記念に賭け事を始めたところ、毎年少しずつこの賭け事の難易度が増し、賭け金が増え、19世紀の最後の年についに100万ドルを賭けた壮絶な鉄道旅行を始めることになりました。

 プレーヤーはこの5人のうちの1人となり、都市から都市へと旅行をするための鉄道を敷設していきます。
 
 ゲームボード上には、舞台となる北アメリカの主要都市の名称と路線が描かれています。この路線の上に自分の列車コマを置いていくのですが、そのためにはゲームボード上に示された色の「列車カード」が必要です。例えば、「ニューヨーク」と「ボストン」の間には赤色と黄色の路線が並行して2本繋がっています。このような場合は、赤色か黄色の列車カードを2枚手札から使用することで、この路線の上に自分の列車コマを置くことができます。このとき、使用した列車カードの枚数に応じて得点をえることができます。
 
 列車コマを置くため、プレーヤーは順番に列車カードを獲得していきます。それから、自分が繋げたい都市間に早く列車コマを置かなければなりません。但し、同じ路線に列車コマは1人のプレーヤーしか置けなかったり、列車コマに限りがあったりします。場合によっては迂回ルートを考えることも必要でしょう。そして、プレーヤーの誰かの列車コマが少なくなるとゲームの終了へと近づきます。

 ただ都市間を繋げていくだけではありません。最初に「行き先チケットカード」が配布されるので、それに示された都市間が自分の列車コマで繋がるように目標を設定します。行き先チケットカードにはそれぞれ難易度に応じた点数が記載されており、列車コマが繋がるとゲーム終了時にその点数を獲得することができます。しかし、繋がらないとマイナス点となってしまいます。ゲームの途中で新たな行き先チケットカードを獲得することもできるので、全ての都市を繋げられるように戦略を早めに練ることが重要です。

 最期に得られるボーナス点を含め、一番点数を獲得したプレーヤーが勝利となります。

 チケットトゥライドは、拡張セットや舞台となるゲームボードの変更、ルールの変更などのシリーズ作品が多数ありますので、もし気に入ったのであればそのようなシリーズ作品を楽しむこともよいかもしれません。

チケットトゥライド / チケットトゥライドアメリカに6件の書き込みがあります

この商品を持ってる人が所持している他のボードゲーム

この商品をお気に入りしてる人が好きな他のボードゲーム

チェックした商品