マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
新・キング・オブ・トーキョー
  • 新・キング・オブ・トーキョー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2016年~

新・キング・オブ・トーキョー / King of Tokyo: Renewal の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
トーキョーを舞台に奇妙な怪獣たちがキング目指して争いを繰り広げる!
  • リチャード・ガーフィールド(Richard Garfield)作

人気作キング・オブ・トーキョーの絵がかわり、登場する怪獣を追加した、「新」キング・オブ・トーキョーです。

トーキョーのど真ん中を争い、様々な怪獣たちが能力を使って大暴れ!
他のプレイヤーのライフを削り、エネルギーを得て、自分だけがトーキョーを支配しましょう!

新・キング・オブ・トーキョーに6件の書き込みがあります

366
名に参考にされているレビュー
2018年04月09日 15時33分

勝ち負けうんぬんより皆でみんなでワイワイと怪獣を強化しながら遊ぶと楽しいゲーム

怪獣たちがドッカンバトル!


このゲームの良いところはダメージを食らう要素に特定の対象に対してダメージを与えることができないところだと思います

ダイスを振ってトーキョーにいる人がダメージアイコンを出したらトーキョーにいないすべての怪獣、トーキョーにいない怪獣がダメージアイコンを出したらトーキョーにいるすべての怪獣と特定の相手にダメージを与えないため自分だけ攻撃されている感がないところです

しかもトーキョーにはルールでほぼ強制的に1体ないしは2体入れられるので、ダメージを受けてもまあいっかー的な気分になります


よくないところは怪獣別の特殊能力がない(どの怪獣を選んでもやることは同じ)

これはパワーアップキットで解消されますが、パワーアップキットはそれはそれでまた問題がありました(こちらについてはパワーアップキットのほうのレビューにて)

それくらいかな


あとは、プレイしていると、ひたすらダメージを追い求める人、怪獣強化にいそしむ人、ポイント稼ぎに夢中になる人など人の内面が見れたりしますw


とにかくこのゲームはダイスゲームだし戦略云々より雰囲気とノリを楽しめない人には向かないかもしれません


私はノリで遊ぶゲームが好きなのでこのゲームは大好きですw

続きを読む
閉じる
310
名に参考にされているレビュー
2017年06月17日 20時50分

ダイスをジャラジャラみんなでワイワイ。とにかく勢いがすごい(?)ゲーム

こんな人にオススメ
●頭を使うよりかは、勢いとか運にかけたい。でも少しは考えたい!
→サイコロは2回まで振り直せるので、どのサイコロを振り直すかは適当ではなく、周りの状況をみて判断し、あとはその出目が出るのを祈って振る!
●バトルとかそういう男の子っぽいものが好き
→東京を舞台に怪獣がガチンコバトル!!一気に攻撃したり、回復したり、集中砲火を浴びたり、全員に攻撃したり...とにかく熱いバトルが繰り広げられる。
●自分のキャラクターとかあると気に入ってしまう。
→多くの種類のキャラクターコマ・カウンターがあり愛着が湧いてくる。拡張を入れればキャラクターごとに特性も出てくる!(新版の拡張も発売予定があるそうです)
●何回もプレイしたい!
→カードの種類がほんとうにたくさんあるため(種類が多いからといって難しいわけではなし)何度でもプレイしたくなる!

ルールは他の人などを参考に!!

初めてやる人は必ずキングオブトーキョーをオススメします。

続きを読む
閉じる
231
名に参考にされているレビュー
2017年01月28日 13時58分

泥仕合になることも多そう。

リニューアル版ということですが、私は旧版をプレイしたことはありません。
おそらくゲーム進行に深く関わる変更はないと思います。
(一番大きいのはキャラの変更?)

自分以外の怪獣の体力を0にするか、勝利点を20点獲得するか。
特殊な目のサイコロを6つ振り、他怪獣の体力を削ったり
自分の体力を回復したり、エネルギーキューブ(お金)を獲得したり。
また、トーキョーにいる怪獣vsその他怪獣という構図で、トーキョー怪獣は
ダメージを食らったら攻撃を加えた怪獣と入れ替わるかどうかを選択。
さらにはエネルギーキューブでカードを買って特殊な効果を獲得…
サイコロは振り直しができるのでどの目を残すか、などの考え所もありますが
基本的にワイワイ言いながら楽しむタイプのゲームです。
「喰らえやーっ」「効かねえよ」とか。

が、かなり大きな問題とも言える欠点が。
怪獣の戦いということで、どうせなら自分以外をぶっ倒したい。
そう考えてしまうのも無理はないのですが
それをするとどうやら泥仕合になる可能性が高そうです。
何せ、自分のみ生き残るには体力を0にしないことは絶対条件(当然ですが)。
トーキョーにいるときにダメージ1でも攻撃を食らったら
すぐに入れ替わりを選択して次の手番で攻撃よりも、お金よりもとにかく回復。
(攻撃側も交代したくないのでできるだけ攻撃しないようになる)
これの繰り返しになってしまうんです。
この循環になった時のなんか地味なこと地味なこと。

今回、4/5人プレイをしましたが
特に5人プレイの時、最初に1人脱落してからこの循環にほぼはまってしまい
ゲーム終了まで30分以上脱落プレイヤーは
思い切り暇を持て余してしまいました。

各怪獣独自の進化ができるパワーアップキットを使えば(まだ旧版しか出てませんが)
もっとゴーカイなゲーム展開になるのかもしれませんが
この基本セットだけだとちょっとお気に入りとかオススメには
しにくいなあ、という気持ちがあります。

いや、世界観は好きなんですけどね。

続きを読む
閉じる
199
名に参考にされているレビュー
2018年10月23日 20時02分

★6(個人的10段階評価)


男の子心をくすぐる、けれどどこか「惜しい」サイコロパーティゲーム!


それぞれ怪獣を操って、東京を攻めて、サイコロジャラジャラ振って、互いに殴り合う。


この概要聞くと、当然ながら「深い戦略とかはなさそうだけど、すげー楽しそうだな」となるじゃないですか。

で実際、やってみるとまあ、その通りの内容ではあるんですよ。


サイコロ振りまくって殴り合うし、運がかなり絡むし、怪獣は暴れる。


けれど、なんだろう。個人的な好みの話になってしまうのかもしれませんが、だったら、「もっと大味で、もっと馬鹿でも良かった」感じのボードゲームなんですよね。


パワーアップ周りとか、結構地味で堅実な効果が多いというか。いや、バランス取れているという話でもあるんで一概に悪い要素とは言わないんですが。


パッケージやテーマの「男の子感」からイメージするよりは、微妙に地に足がついている感じがする。そんなゲームです。いや繰り返しますが、これ、完全に個人の感性的問題ですけどね。


一応、拡張を入れることによって怪獣に個性が出たりして、そこはロマンがあるのですが……まぁこれもまた、ゲームを劇的に変える要素ではないわけで。


ボードゲームにこんなこと言うのも変な話なんですが、もっとバランスとか放り投げていいんじゃないか、とか思っちゃう、不思議なゲームです。


子供に良さそうでもあると思うんですが、でも子供がやるににしてもルールの微妙な複雑さとか、その割にやることの地味さとかが気になるんですよねぇ。


どうにもネガティブな評になってしまいましたが、テーマ性、ダイスジャラジャラ感、シンプルなコンポーネントはとてもいいと思いますし、ゲームとしてもちゃんと成り立っています。


街コロ等が好きなら、本格的に複雑なルールのものをやる前段階のゲームとしては、オススメ出来る作品かなと思います。

続きを読む
閉じる
172
名に参考にされているレビュー
2017年04月09日 18時45分

<ルール>
怪獣や巨大ロボなどユニークなキャラクターたちが東京のキング!?になるべく大暴れ。
敵を出し抜いて、20ポイントを獲得し自身のキャラクターをキングオブトーキョーに輝かせましょう!


6個のダイスを最大3回振ってアクションを確定させます。
ダイスには4つの絵柄が書かれており、対応したアクションを実行します。
・攻撃
・回復
・エネルギーキューブ
・勝利点
勝利点は3個以上同じ目が出て初めて点数を得ることができます。

また東京に入る、入らない、を選択をすることができるのですが、
入ることによってより勝利点を稼ぎやすくなり、一方で全員から集中攻撃を受けやすくなります。

体力が0になるとゲームから離脱してしまうため、
自分の体力に注意しながら効率よく勝利点を稼ぎましょう。

<プレイ感>
マジックザギャザリングのゲームデザイナー、リチャード・ガーフィールドによる作品。
魅力的なキャラクターはもちろん、ルールもシンプルで誰でも楽しめます。
ダイスをジャラジャラと降るだけでもなんだかワクワクしてしまう、素敵なゲームです。

http://playmarket.jp/


続きを読む
閉じる
90
名に参考にされているレビュー
2018年04月06日 19時54分

ゲーム初心者にはルールブックからの理解に難点があるように思えましたが、実際に遊んでみるとすぐに飲み込めました。

モンスターボードの数字をダイヤルで操作するのが独特。

サイコロをじゃらじゃら転がすけれど、戦略がかなり大事なゲームです。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,860(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 62興味あり
  • 287経験あり
  • 56お気に入り
  • 214持ってる

チェックした商品