マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
フォールアウト:ニュー・カリフォルニア
  • フォールアウト:ニュー・カリフォルニア当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 120~180分
  • 14歳~
  • 2018年~

フォールアウト:ニュー・カリフォルニア

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
太陽が降り注ぐ、ここはカリフォルニア!
  • ブラッド・アンドレス(Brad Andres)作
  • ダン・ベルトラミ(Dane Beltrami)作

 おお、カリフォルニアよ:太陽の光、海の潮風、どこまでも果てしない放射能汚染ウェイストランド。この荒廃した沿岸地域は、かつては輝ける宝石だったが、大戦後は、混乱に陥った地域、ニュー・カリフォルニアとして知られている。素晴らしい知らせじゃないか! 混乱があるところには、戦利品有りだ!

 拡張セット『フォールアウト ボードゲーム:ニュー・カリフォルニア』により、新たなクエスト、コンパニオン、Vault、アイテムが『フォールアウトボードゲーム』に追加される。新たな協力型シナリオではサバイバーたちが力を合わせることが可能となり、新たなマップ・タイルがボードを広げ、探検の楽しみも広げる。太陽がいっぱい、銃もいっぱい!ニュー・カリフォルニアを我が物とする資格が、はたして君にはあるか?

 この『フォールアウト ボードゲーム:ニュー・カリフォルニア』拡張セットには、『フォールアウト ボードゲーム』用の新たなキャラクター、アイテム、perk、敵、マップ・タイル、新シナリオ2本と、全く新しい協力型シナリオのルールが含まれています。また、『フォールアウト ボードゲーム:ニュー・カリフォルニア』のクエストとマップ・タイルを使用して、基本セットに入っている4本のシナリオをプレイするための、拡張版シナリオ・シートも含まれています。

 ※この商品は拡張セットです。プレイするためには、『フォールアウト ボードゲーム』基本セットが必要です。

レビュー 1件

646
名が参考にしたレビュー
 by だいすけ

追加キャラクター5体、シナリオ6つをメインに、新規アイテムやイベント、マップタイルなどを収録し、対戦型から協力プレイにルールが変更されたうち1シナリオは協力プレイ用のシナリオとなっている拡張セット。
(訂正)協力プレイはシナリオ名「ニュー・カリフォルニア」のみで、拡張セット「ニュー・カリフォルニア」全体ではなかった。

単体ではプレイ不可能で、基本セットは必須となる。

注意が必要な点としては、収録されたシナリオのうち4つは基本セットの「拡張版」であること。純粋な追加としてはFallout1,2モチーフの2つのみとなる。


協力ルールは、ざっくり言ってしまえば、指針カードが勢力トラック移動と敵起動のみに使用され、全員指定された同一勢力に所属するというもの。

これによって基本ルールの「プレイヤーAが始めたクエストをプレイヤーBが終わらせて報酬を横取りする」という奇妙な現象が起きなくなった(基本的にグループ経験値として全員に入る)。
ただし、協力プレイのルールはA4用紙半分程度の記載しかなく、乱暴に言ってしまえば公式ハウスルールの域を出ない印象がある。

そもそもこの拡張に付属するルールブックはA3用紙2つ折りのペラ紙で(実質4ページ)、それぞれのページは内容物一覧、ゲーム概要、拡張ルール、権利表記となっていて、ルール記述がされているのは1ページ分でしかない、と書けばルール的な拡張の規模の小ささは想像できるのではないだろうか。


なので、基本セットに存在した問題点(私見ではあるが)のうち、解決されたのは上記の1点のみ(しかも1シナリオのみ)で、

  • メインシナリオが終わらないうちに勢力マーカーが勝利条件を満たしてゲーム終了してしまう
  • ゲーム勝利時に読み上げるカードが特に存在せず、達成感がない
  • ラッドローチだろうとスーパーミュータントブルートだろうと受けるダメージが同じ(採用したいダイス目が異なるので厳密には異なる)
  • 戦闘で振れるダイス数が4個固定なので、特殊な武器・アイテムがない限り、通常の武器(素手含む)では与えるダメージは0~4点から変化しない

などの問題点に関しては依然として存在している。

個人的にはこれらの問題を一挙に解決できるような、ルールを全体的に見直したものを期待していた(いっそ勢力トラックは廃止しても良かったと思える)が、実際のところはデータ追加拡張(しかも2/3は焼き直し)という結果になり、内容に対して割高感があるのが残念なところ。


良い点としては、サイドクエスト群が追加され(中には「?」となるようなものもあるが……)、長所である遭遇カードを引いて一喜一憂する楽しみ方はより充実したところだろう。


ファンアイテムとしてフォールアウト世界に浸りたい、という割り切りでプレイするならおススメできる。

その際も、ハウスルールとして、味方勢力トラックが最大になってもメインクエストは最後までプレイしたほうがいいだろう。

1年以上前(2019年04月07日 09時43分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,950(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 19興味あり
  • 13経験あり
  • 7お気に入り
  • 47持ってる

チェックした商品