マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
フォールアウト
  • フォールアウト当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 120~180分
  • 14歳~
  • 2017年~

フォールアウト / Fallout の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
放射能に汚された地「ウェイストランド」で君たちを待ち受ける数々の試練!
  • アンドリュー・フィッシャー(Andrew Fischer)作
  • イサン・I・ハジェク(Nathan I Hajek)作

 ウェイストランドは危険な世界だ! 資源は枯渇、陰謀が渦巻き、死をもたらす敵が絶えずあなたを待ち受ける。『フォールアウト ボードゲーム』では、あなたの行動が悲惨な結果を招くかもしれないのだ! クエストを達成することで、あなたの冒険の行方が変わり、また、突然の遭遇であなたが行った選択によって、民衆のあなたに対する感情を変えられるだろう。

 あなたは“レールロード”を支援するのか、それとも、“インスティチュート”を手助けするべきなのか? “ブラザーフッド・オブ・スティール”は“エンクレイヴ”に打ち勝つのか? はたしてあなたは“Vault84” の秘密を解き明かせるだろうか? 仲間を集め、S.P.E.C.I.A.L.を手に入れて、ウェイストランド全土への影響力を勝ち取るのだ。この『フォールアウト ボードゲーム』で!

 60年代レトロフューチャー的なアートワークはそのままに、4本のシナリオと、圧倒的なテキスト量でストーリー上の様々な選択を迫るクエストカードにより、オリジナルゲームの雰囲気をボード上に再現する、ファン待望のボードゲームです!

フォールアウトに3件の書き込みがあります

1838
名に参考にされているレビュー
2018年06月27日 00時19分

コンピュータRPG「FALLOUT」シリーズのボードゲーム化となります。

本ゲームの情報があまり無く購入を躊躇していましたので、誰かがレビューを書いた方がいいと思い、軽く回しただけですがレビューを作成しました。


■ゲームの背景

プレイヤーはウェストランド(核崩壊後のアメリカ)を彷徨う冒険者となります。選択によりVault出身者(核シェルターの住人)やウェストランド人(核崩壊後の世界で生きている人)やグール(放射能を浴びた人)等の5種のキャラから1つを選びプレイを行うことになります。選択により持ち物や能力に違いが発生します。

この世界では、2つの勢力が対立をしています。目的によりどちらかの味方をすることもあるでしょうし、どちらとも組まないこともあるかもしれません。対立を協力しながら、または巻き込まれながら、話は進んでいきます。

危険なウェストランドでは放射能汚染された場所や、ミュータントなどの怪物が闊歩しています。丸腰では殺されるだけです。武器を持ち、能力を鍛え、アイテムを揃え、核崩壊後の世界を生き残りましょう。

あなただけが知る旅の目的を達成し、ウェストランドに名声を轟かせるのです!



■ゲームの目的・勝敗

このゲームは目標勝利点へ一番早く到達することを競う、競争ゲームです。

ゲーム中に「👍」カードを手に入れること、また「👍」カードの条件を満たしていくことで、勝利点を得ることができます。(一方の組織のみ発展させるや、ある種類のアイテムを集めるなど)

この勝利点が規定の点数(プレイ人数により決められています)に達すると、勝利できます。


また、時間が進むと2つの勢力が発展していきます。これが最終段階まで達すると、全プレイヤーが敗北します。



■勝利点を得る流れ

勝利点を得る方法は、「👍」カードに依存します。そのため、いろいろなことを行う必要が出てきます。

流れとしては以下になると思われます。

  • 「👍」カードが多いほど、多くの勝利点が得られます。そのため、「👍」カードを集める必要があります。(初期に1枚持っていて、最大4枚持てます。)
  • 「👍」カードを得る方法として、クエスト(公開された大きいカード)の報酬があります。報酬を得るためには、特定の土地に移動する必要が発生します。
  • 土地の移動や、クエストやイベントの解決には戦闘が発生します。そのため、戦力を強化する必要があります。
  • 戦力の強化には、経験点を得ることでレベルを上げるか、お金を貯めてアイテムを買うことが上げられます。
  • 経験点を得たい場合は、マップ上に公開された敵(六角のチップ)と戦闘することで得ることができます。
  • お金を得たい場合は、マップ上のウェストランドアイコン(街の遠景アイコン)を持っている施設を探索し、ウェストランドカードの山(左上が☆のカード)を引いた結果のイベントで得られます。
  • アイテムを買いたいときは施設アイコン(バスのようなアイコン)を持っている施設を探索し、施設カードの山(左上が☆のカード)を引いた結果でショップを使うことができます。



■クエストの解決

クエストはゲームブックのように、左上に番号が書かれたカードを参照して展開していきます。

スタートとなるカードが異なることで、カードの束から4シナリオ別の物語が展開されることとなります。


クエストの解決は、主に以下の目的で行うこととなります。

  • 「👍」やアイテムなどの報酬を得るために解決を行います。
  • ★か🛡のどちらかの勢力を発展させることができます。「👍」の内容次第では、どちらかの勢力に肩入れすることで勝利点を得ることができます。
  • ストーリーが進展していきます。物語を好むタイプのプレイヤーは、フレーバーテキストを読みながら楽しむといいと思います。


数字のカードは、クエストとしてオープンされるものと、ウェストランドか施設のどちらかの山に混ぜられるものに分かれますので注意してください。

(カードの表には指示がないので、裏を見て判断するものと思います。)



■SPECIALと判定

SPECIALについては以下の使い方があります。そのためレベルアップしてSPECIALを増やすごとに、安定して成功しやくなって行きます。(振るダイスの数は変わりませんので、強くはなりません)

  • 判定で振り直しがしやすくなる。
  • 戦闘で振り直しがしやすくなる。


判定は、イベントカードの条件の最後にそっけなく「IL3」のように書かれているのがそれです。書かれていた場合はダイス3つを振り、「*」を数字の数以上出さないといけません。

この際、持っているSPECIALと数字の左のアルファベットが重なる場合は、その個数だけふり直しができ、より多くの「*」を狙うことができるようになります。

 →SPECIALが多いほど、振り直しができるイベントが増える


戦闘は、ダイス3つを振り、「*」の数が受けるダメージ/人体記号の部位が与えるダメージになります。

このとき持っているSPECIALと「武器のカード中央の左に書かれた記号」が重なる場合は、その個数だけふり直しができます。それにより出た「*」を減らすことを狙うか、敵の部位と同じ目を増やすことを狙えます。

 →SPECIALと武器の相性を合わせれば、攻撃が成功しやすくなるか、ダメージを受けづらくなる



■感想

フォールアウトの世界が上手く再現されているので、原作をプレイした人なら没頭できると思います。

また、ストーリー型ソロプレイRPGとして良くできていますので、RPGが好みなソロプレイヤーにおすすめできると思います。

(個人的に、ルーンバウンドとメイジナイトを足して二で割ったような印象を受けています。ゲームの目的が「敵組織の壊滅」のようなものでないのが残念ですが、それらのゲームが好みの場合はプレイした方がいいと思います。)

続きを読む
閉じる
247
名に参考にされているレビュー
2018年12月26日 15時52分

全体的な流れはすでに紹介されているので、このゲームならではの要素が大きい「クエスト」について。


はじめに提示されるメイン(っぽい)クエストのほかにも、各地を探索することでサブクエストが開示されていき、選択によって展開が分岐したり、解決方法も2通り以上あるところなど、FALLOUTっぽい雰囲気をうまく再現していると思う。オープンになったクエストのテキストは他の手番のプレイヤーが読み上げる(選択の結果は伏せられている)ので、各々がソロゲーをやってる感を軽減する工夫もあり。


ただ、他のプレイヤーが始めたクエストを別の場所にいるプレイヤーが横取りしてクリアできてしまったりと、ちょっとおかしな展開が起きてしまう(協力ではないのに)のが気になるポイント。また、ゲーム終了条件とメインクエストの進行は必ずしも一致しないので、中途半端なところで終わってしまったりするのも残念なところ。


海外で出ている拡張ではその辺に手が入っているような話も聞くので、そちらもローカライズされるのを期待してます。

続きを読む
閉じる
130
名に参考にされているルール/インスト
2019年04月30日 12時00分

原作を知らない人のための用語集
知らないと勢力の関係とか選択肢とかでわからん、となりそうなところだけ。
ネタバレを含むため、特に原作をこれからプレイ予定の人は閲覧注意。

勢力

スーパーミュータント

強制進化ウイルス(FEV)に感染し、突然変異させられた人間。
外見は緑っぽい皮膚のムキムキマッチョマンで、カタコトで喋る。「ニンゲン、ミナゴロシ!」。
超人的な身体能力・放射線耐性や再生能力を持つが、代わりに知性を失い凶暴化している場合が多い。

グール

核戦争後の放射能と強制進化ウイルス(FEV)に影響により変異した人間。
放射能耐性を持つがスーパーミュータントとは異なり超人的な身体能力は持たないが、知性を保っている場合が多い。
姿かたちも人間に近いが、全身の皮膚は爛れ腐敗臭を漂わせている。そのため迫害対象されて地下などグールの共同体を作って隠れ住んでいることが多い。

B.O.S(Brotherhood Of Steel)

核戦争直前に反乱を起こした米陸軍の末裔。
戦前の技術を保持し、強力な軍事力を持つ。
が技術の収集自体が目的化してしまい、他の勢力に軍事的圧力をかけて収奪する武装集団と化している。

Vault

核戦争に備えた地下施設。一時的な避難所ではなく、長期的に滞在可能な閉鎖型シェルターとしてVault-Tec社により設計された。
100以上のVaultがアメリカ各地に存在し、大きなものでは数百人規模が収容可能。

ウェイストランド人

Vaultに入れず、核戦争後のアメリカ地表で逞しく生き抜いてきた人間の末裔。姿かたちは人間そのものだが、強制進化ウイルス(FEV)の影響は受けている。

エンクレイヴ

米政府高官などの末裔。戦前の技術や価値観を保持し、その再起を図っている。強制進化ウイルス(FEV)に侵されたものを人間とはみなさないなど、優生学的思想を持つ。

インスティテュート

C.I.Tのメンバーの生き残りによって作られた組織。地下に居住施設・研究施設を持ち、人造人間を作り出す最先端の技術を保持している。
排他的な思想を持ち、レイルロードなど敵対的な組織へは襲撃を繰り返している。

レイルロード

人造人間の開放を目指している組織。
インスティテュートの科学者を憎み、敵対している。

ミニッツメン

市民を守るために立ち上がった自警組織。
スーパーミュータントから街を守るなど人々の信頼を得て拡大していったが、派閥間抗争の果てにほぼ壊滅状態になってしまっている。

デスクロー

米軍でジャクソンカメレオンをベースに遺伝子改造された生物兵器。
ウェイストランドにおいては死の象徴ともされる非常に強靭で凶暴なクリーチャー。

レイダー

モヒカン。ヒャッハー。

FEVの影響で大体でかく、凶暴になっている。Gはマジ勘弁。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,400(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 86興味あり
  • 59経験あり
  • 17お気に入り
  • 90持ってる

チェックした商品