マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
テストプレイなんてしてないよ:レガシー
  • テストプレイなんてしてないよ:レガシー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~15人
  • 1~10分
  • 12歳~
  • 2012年~

テストプレイなんてしてないよ:レガシー / We Didn't Playtest This: Legacies の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
限界のない可能性、想像する理不尽
  • クリス・チースリク(Chris Cieslik)作

 アメリカで大人気の理不尽でおバカなゲームが日本上陸!ゲームの目的はズバリ「勝利すること」!カードに書かれた「〇〇すれば勝利する」という条件を満たせば、それでOKです。

 今回はカードにどんどんイラストや文字を描きこむルール無用の掟破りっぷり!えっ、もったいないって?大丈夫、すぐにめちゃくちゃ面白くてやめられなくなります!
 
 箱の中身は50枚の新規カードに加え、クエスト条件を満たすと開封できる追加パックが4つも入っています。ゲームの合間に、パーティの盛り上げ役に、ぜひお楽しみください!

 ※本商品は、単体でも他シリーズと混ぜても遊べます。

テストプレイなんてしてないよ:レガシーに3件の書き込みがあります

472
名に参考にされているレビュー
2019年03月08日 10時20分

テストプレイなんてしてないよ レガシー、遊んでみました~~~

箱は灰色っぽい感じでサイズは白や黒と同じ。一分の体験、一生の記憶、なんかかっこいい。レガシーなのに一分とは?


ちなみにテストプレイなんてしてないよ白黒は遊んだことあります。

で、レガシーってなんぞやっていうのが、箱裏に少し書いてあって、「いま世界中で大流行している新しいゲームシステム」です。たしかに!ベーコン子猫かわいい・・・


レガシーってことは、1回しか遊べないしプレイ時間長くなるから、気合を入れて最高のメンツ集めて遊ばなきゃ…!なんてことはないです!!!!!

何回でも遊べるし別のメンバーとも遊べるし書いてあるとおり1回1~5分で終わります!!


レガシーと聞いて思い浮かぶのは、パンデミックレガシーのようにコンポーネントの破壊(カードを破ったり)があるために1回しか遊べなかったり、アンロックシリーズのような謎解きなどの答えを知ってしまったらもう遊べなかったりするものかなーと。

でもこのテストプレイなんてしてないよレガシーはどちらも違います!!

あ、次の文章から、ゲームの詳細についてちょっと説明していきます。別に謎があるわけでもないのでネタバレとかっていう概念はないと思っているのですが、フレッシュな気持ちでそのとき遊ぶメンバーでみんな初めてルールを読んでスタートしてみるっていうのが、このゲームのいちばん贅沢な遊び方かなーとも思うので、その贅沢さを味わいたい方はここで引き返してください~~~




箱裏に書いている通り、テストプレイなんてしてないよはカードに文字を書いたりちょっとした絵を書いていったりします。

そのため遊ぶとカードの状態は変わってしまいますが、何か書いたカードは使えなくなるわけじゃなく、それを元にゲームがちょっとずつ変わっていく感じです。書き込んだカードはゲームが終わったあと、例えば全然違うメンバーと遊ぶときでも、問題なく使えます。

レガシーと呼ばれる中だと、フルーツジュースが一番近いですね。あれはコンポーネントに変化はないですが。

カードに書き込んじゃうなんて、もったいなくてできない…って思わずに、がんがん書き込んで遊んでいくのがおすすめです。1500円ですし、気に入って何も書き込んでないのがほしくなったらもうひとつ買いましょう!


で、内容物はこんな感じ。

説明書のルールは2ページ分くらいなので、その場で読んでもすぐスタートできます。コンポーネントには2種類あって、「レガシーカード」と「追加パック」4セットです。


レガシーカードは、書き込んでいくところがあるますが、ノリやゆるっとした絵は今までのテストプレイなんてしてないよと一緒です。

権利者っていう欄があって、そこにはそのカードで勝利したプレイヤーの名前を書きます。次そのカードが使われたとき、権利者に名前がある人は攻撃を回避できるようになったり、カードによっては特別な効果があります。アイコン欄には基本絵を書きます。内容はいろいろです。


追加パック×4は、それぞれ別の条件が指定されていて、条件を解除するまで中を見ることはできません。私はまだどれも条件達成できてないので、中身は未確認です。

これだと、条件的にテストプレイなんてしてないよレガシーを遊んでいくと、割とすぐ中身を見ることができそうですね。


昨日2人で遊んでみたのですが、毎回手元に来た初めて見るカードを読んで、なにこれwwwwってなるのが楽しいゲームなので、これ以上は紹介やめときます!

何回か日をあけてちょっとずつ遊んでいくと、なんかこのカード誰々の名前書いてある!!とか、こんな絵書いたなーー懐かしい!こんな展開あってさ~~~みたいに、遊んだ記憶が蘇ったりして楽しそうだなーと思いました。


テストプレイなんてしてないよ自体が好きな人が間違いなく好きな続編ゲームでした!

続きを読む
閉じる
356
名に参考にされているレビュー
2019年03月12日 17時57分

自分だけのテストプレイ

 

「○○レガシー」といえば、ストーリーありきでカードを破ったりボードにシールを貼ったり1度しか遊べないゲームの印象があります。つまり、『テストプレイなんかしてないよ』のレガシーはカードの効果を使ったら破って使えなくなる

 

と思ったのですがそんなことはなかったです。

 

※「テストプレイなんかしてないよ」のルールを知っている前提で書きます。

 

「テストプレイなんかしてないよ白黒」との違いは実際のカードに文字や線や絵を記載する効果が多いことです。「その単語が書いてあるなら・・・」「下記に名前が書いてある者は・・・」「この効果をつかったら横線をひく」など色々なギミックのある効果があります。

 

各カードには「____権利者」という名前を書く欄があって、ゲームに勝つとカードに名前を書き入れることが出来ます。これによって、今後この『テストプレイなんかしてないよ』で遊ぶ時は、そのプレイヤーにその効果が適用できなくなります。

 

今回は『混沌パック』はなくなって追加拡張してカードが増えるようになりました。

『テストプレイなんかしてないよ』を遊ぶ時にある条件を達成するとカードが増えます。例えば猫を飼っているプレイヤーとゲームをすると追加されるカードや、円周率100暗唱できるプレイヤーがいると追加されるカードがあります。

 

あとは、いつも通りの『テストプレイなんかしてないよ』で正常運転です。

 

 

遊んでみた感想としては、遊べば遊ぶ程ゲームが進化していく

『テストプレイなんかしてないよ』は無茶振りと極度な理不尽加減でその良し悪しでゲームの好きな人が別れますが、自分は好きです。ただゲームの弱点に感じていたことは効果のアタックが強すぎて初見のインパクトはいいのですが、ゲームの持ち主が展開に飽きてしまうことでした。それありきだとも思っていました。

今回の『テストプレイなんかしてないよ』もそう思っていたのですが、今回はレガシーということで、遊ぶたびにカードの効果が少しずつ変化していき起きた出来事がカードに刻まれえていきます。そして条件が達成されることでまだ見ぬカードの追加という、楽しみを預けする状態に出来ていて、とてもゲームの先々をワクワクさせることが出来ていました。

ただ、カード効果が以前より初見で理解できないものが多いのでホントの『テストプレイなんかしてないよ』初見には理解し難くオススメはできないですが『テストプレイなんかしてないよ』好きにはたまらない出来です。

 

『テストプレイなんかしてないよ』はこれで完成だとさえ思いました。

 

評価:☆9

続きを読む
閉じる
88
名に参考にされているレビュー
2019年03月10日 04時18分

面白い!


笑いが起こるゲーム。

ボードゲーム初心者に優しいゲームだった!

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,620(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 21興味あり
  • 13経験あり
  • 5お気に入り
  • 26持ってる

チェックした商品