マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ボードブレイク
  • ボードブレイク当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 15~30分
  • 10歳~
  • 2018年~

ボードブレイク / BoardBreak の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
【ゲムマ秋新作】2人対戦サバゲSLG。2セットあれば4人でも。
  • SAIKAI作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

3兵士駒VS3兵士駒のサバイバルSLG Board✖︎Break! カード76枚、駒10体、ダイス1個、ボード1枚、フィールドシート1枚、壁ブロック20個の大ボリューム! 1セットで2人、2セットで4人のチームプレイが可能です。

■明快なルール 相手の兵士を全て倒すか、相手の陣地マスへ辿りつくか、破壊すれば勝利となります。

■豊富なカード 攻撃を回避する、攻撃の距離を延ばす、壁を建築し、登って上から攻撃したり回避に利用する。様々なカードから12枚を選んで自分だけのデッキを構築、偉人カードを入れれば、特殊な能力を持った兵士をフィールドに召喚する事が可能です。 ビリーザキッドや、ハンニバル等様々な偉人を使いこなして勝利を目指してください。

■ちょっとの運 毎ターンデッキから1枚カードを引けますが、他にもフィールドに配置されているアイテムボックスのマスからカードを引く事が可能です。これによってスピーディーなゲーム展開が期待出来ます。と言っても攻撃範囲はダイス運ですし、欲しいカードが絶対引ける訳でも無いですが…そこは愛と勇気と知恵で乗り越えていきましょう。でも攻撃範囲だけで言えば相手に近づければ確立は上がります、ダイスの目が攻撃範囲になるので(๑╹ω╹๑ )

さらに!インストに役立つフィールドシートも同梱!ボードを設置して、カードの配置が一目でわかるA3シートを同梱しております。ちなみに裏面が4人プレイ用のマップとマニュアルになっております。また、公式ホームページにて1セットでも遊べる3-4人のバトルロイヤルマップやルールも追加する予定です。 ■公式ページ https://gregorygames7.webnode.jp

ボードブレイクに5件の書き込みがあります

154
名に参考にされているレビュー
2017年12月24日 18時39分

スーパーロボット大戦の様なイメージ。

射程をダイスの目でカウントするところが結構斬新だなと思った。

攻撃する時に1の目は攻撃失敗っていうのがあるので、ちゃんと戦略を練って追い詰めたのに、そこで逆転される事があるのが悔しい。

数回しかプレイしていませんが、評価は3.8くらいかな。

マップの種類とか、デザインがもっと良ければ4。

一部のカードの効果が強すぎるので、そういうのは事前に抜いておいてもいいかもしれないと思いました。

続きを読む
閉じる
146
名に参考にされているレビュー
2017年12月24日 18時01分

■BoardBreakは以下のボードゲームカフェで遊べます。

  ボードゲームカフェ ロンドン 様(吉祥寺)

   http://london-game.net/

  天岩庵 様(品川)

   https://tengan-an-boardgame-shinagawa.blogspot.jp/

  はまりばカフェ 様(横浜)

   http://boardgame.yokohama/

  ボードゲームカフェ タンブリングダイス 様(大町)

   http://tdsendai.com/index.html

■レビュー

3体の駒を使って、相手の3体の駒を全て倒すか、相手の陣地まで自分の駒を進めれば勝利。

1ゲーム大体早ければ15分程度で終わる。

1体のアドバンテージがデカイので、先制キル出来るとゲームを有利に進められるが、カードの効果が結構ぶっとんでいるので、一瞬で陣地を占領されて負ける事もしばしば、ゲームバランスは良いと思う。

ただ、カードを使う際に、その使うカードにかぶせて(チェーンして)カードを発動出来るので、カード効果によってはその処理が分かり辛い場合がある。

製作者のサイト(http://gregorygames7.webnode.jp/%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89/)で追加マップや、追加カードが随時公開されているのでよろしくお願いしたい。

続きを読む
閉じる
108
名に参考にされている戦略やコツ
2017年12月24日 17時18分

基本戦略

このゲームはなんと言っても、カードが重要。

手札のカードによって戦略も変わってくるので、自分の理想の手札(相手を殲滅するか、相手の陣地を占領するか)を作る事を心がけてプレイしよう。

カードは先行なら3枚、後攻なら4枚(1枚選んで捨てる)でゲームがスタートする。

先行は、カードを1枚選べない代わりに、先に行動が出来るので、まずはアイテムボックス(カードが引ける)を目指して駒を移動させるのが定石。

アイテムボックスを確保したら、1駒はアイテムボックス要員として、位置を維持しつつ、他の駒を前進させ、毎ターンアイテムボックスを開けてカードを入れ替えていく。

必要な手札が揃ったら仕掛ける。といった具合だ。


応用戦略

さぁ、手札がいい感じに揃ったら、突撃しよう。

だが待ってほしい、ここまでで相手もそれなりに手札を揃えている筈だ。

相手の戦略が移動重視であれば、殲滅が、相手が殲滅重視であれば移動が優位になる。

相手の駒の動きを見極めて、臨機応変に対応する必要がある。

なので、一旦は遠くから攻撃をしてみよう。この時、一枚は相手の攻撃を回避出来る手札を持っていることが望ましい。回避万能回避万歳といった具合だ。

攻撃して、カードを使わせる事が出来れば儲けもの。カードの枚数は可能性の数と某王様も言っている。

相手のプレイヤーにカードやブロックをどんどん使わせて有利に立つように、立ち振る舞うのだ。

おっと、ここで忘れてはならないのは

カードやブロックはチェーンして発動が出来るという事。

相手が、回避カードを使ったら、続けて攻撃出来るカードを使えば、倒せるかもしれないし

相手が手札を捨てさせるカードを使ったら、捨てさせられる前にこっちは使えるカードはがんがん発動して使ってしまえばいいのだ。


このゲームは簡単に言うとトレーディングカードゲームとSLGが一体化した様な感じだ。

遊戯王やMTGを嗜んだ君達であれば、すんなりと受け入れてくれると信じている。

続きを読む
閉じる
90
名に参考にされているルール/インスト
2017年12月24日 16時53分
続きを読む
閉じる
71
名に参考にされているレビュー
2018年01月01日 20時27分

偶々、地元のゲームカフェにあってプレイ。

完全に遊戯王だった笑

まぁ面白かった。駒が3体のみなのに割とあっけなく死んでしまうからプレイ時間は短め。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,240(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 34興味あり
  • 22経験あり
  • 11お気に入り
  • 17持ってる

チェックした商品