マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ウーシュ!!
  • ウーシュ!!当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~8人
  • 10分前後
  • 8歳~
  • 2017年~

ウーシュ!!

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
おてつきに注意!判断とスピードのアクションゲーム!
  • テオ・K・マヴラガニス(Theo K. Mavraganis)作

 王国のいたるところにモンスターが出現しました。王国の住人は、次々とモンスターの犠牲になっています。なぜって?

 それは、モンスターがあまりにもかわいかったからです。

 しかし王様は、北方からやって来る蛮族のために、ほとんどの兵士たちを前線に送ってしまいました。困り果てた王様は、あなたたち賞金稼ぎに目を付けたのです。

 住民たちを救うため、かわいいモンスターたちを捕獲し、王様からがっぽり賞金をいただきましょう!

 プレイヤーは、賞金稼ぎとしてモンスターの捕獲を目指します。山札から「攻撃カード」を引き、モンスターの弱点となる武器や魔法のコンビネーションを揃えましょう。そして、何よりも重要なのは、他の賞金稼ぎに負けないスピード。「攻撃カード」のコンビネーションを揃えても、いち早く「モンスターカード」に触れることができなければ、ポイントにはならないのです。

 『ウーシュ!!』は運だけではなく、判断力とスピードが試されるアクションゲームなのです!

レビュー 1件

349
名が参考にしたレビュー
 by 82BG@19秋GM(土日)出展

☆6

 

シンボル揃ってバン!!

あれ…怪物は倒せてない?

 

みんなで武器を揃えて怪物を倒して点数を稼いでいくアクションゲームです。

 

終了と勝利は怪物が追加出来なくなる(山札切れ)、そして自分が倒した怪物の勝利点の合計得点です。

準備は真ん中に、怪物が3枚表に出ていて怪物それぞれにはシンボルが3~5つ書いてあります。

各プレイヤーは、シンボルの山札を持ちます。そのカードにはシンボル(剣、斧、弓、氷、雷、火、杖)が描いてあって、時々似ている絵をしたダミーカードがあります。

 

ゲームの手順としては

手番がきたら、手持ちの山札カードを1枚公開です。

次の手番でまた、手持ちの山札カードを1枚公開です。という流れが続きます。

 

ある時、公開しているシンボルと、怪物が持つシンボルの数が一致した時は誰よりも早く該当している怪物を叩きます。判定して一致していれば、その怪物を得点として稼ぐことができて、シンボルが足りないのにお手つきした場合は怪物を裏向きにして「-1点」として獲得することになります。

怪物カードが叩かれたら、各プレイヤーは場に公開したカードを回収して、手持ちの山札の下に仕舞います。

 

そして、新たな怪物を公開してゲーム続行です。

 

ゲームを遊んでみた感想としては、ルールや進行が美しくないです。

場にある怪物のシンボルと絶え間なく場に出てくるシンボルの内容を比較して、判断する流れ自体は面白いです。待っていたシンボルが偽物として出てきて怪物を叩いた時は一興です。

 

個人的に美しくないと思ったのは、細かい処理やコンポーネントに準備です。

怪物のカードが大きいので叩いたのが同着の場合は触っている面積が大きい方が優勢されたり、怪物2体が条件揃ってどっちも叩かれた時は点数が高い方の怪物を叩いた方が獲得できたり。誤答が発生しても全員で場にあるカードを各自の山札の下にいれるとか。

ゲームの進行の細かい処理が何だか好きではないです。

 

超個人的にルールを変えていいなら

同着による判定が曖昧なので、怪物カードを小さくしたいですが出来ないので、シンボル揃ったら「カードを叩いて手元に引き取る」にして同着があまり発生しないようにしたいです。怪物2体が叩かれた、叩くことができた各プレイヤーで獲得する。

誤答されるたびに皆で広げたカードを片付けするのが面倒なので、広げたシンボルはそのままにします。誤答したプレイヤーが間違って叩いた怪物をペナルティーとして引き取ってから、新しい怪物をめくってからゲームスタートという流れにする。

 

瞬発系のアクションゲームなら、判定は一目見てすぐにわかるように、進行はできるだけ立ち止まらないようになっている方が個人的に好きです。

 

怪物も可愛いくて、シンボルもいい加減で騙してくるので所々は良いのですが少し残念です。

 

 

遊評☆6

2年弱前(2018年09月27日 09時21分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,970(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 8興味あり
  • 36経験あり
  • 4お気に入り
  • 34持ってる

チェックした商品