マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ゆるキャン△~どこでもテント張り!~
  • ゆるキャン△~どこでもテント張り!~当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 10分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

ゆるキャン△~どこでもテント張り!~

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
7段のカードの山(テント)が完成したらゲームクリア!
  • 大野 真樹(Maki Ono)作

 女子高生たちの野外キャンプライフを描いたTVアニメ『ゆるキャン△』のお手軽カードゲーム。

 キャンプになくてはならない「テント」をモチーフに、ルールに従って数字カードを配置して三角形のテント型にカードを並べていき、7段のカードの山(テント)が完成したらゲームクリアとなります。

 ソロプレイ~複数人でのプレイも可能なので、作中の志摩リンちゃんのようにソロで自分のペースでプレイを楽しんだり、野外活動サークルのグループキャンプのように皆でワイワイ楽しんだりと、遊び方は様々です!

 お助けカード「松ぼっくりカード」の使い方がクリアのカギとなります!

レビュー 2件

310
名が参考にしたレビュー
 by 稲垣ヤミー

俺はゆるキャン△が好きだ。


漫画もアニメも両方傑作だ。

この作品に触発されて、俺もキャンプを始めた。ハマった。

ゆるキャン△は俺の人生を変えた作品と言える。


そのゆるキャン△のカードゲームである。

興味を惹かれない訳がない。



このゲーム、まずピラミッド状にカードを並べるシステムを「これはテントです」と言い張る姿勢が良い。


同様の形状のゲームにかの名作「ペンギンパーティ」があるが、このピラミッド状にカードを置くシステムはペンギンの争いよりはテントと言った方が納得度が高い(個人の見解です)。

その「ペンギン~」との大きな違いは、カードを置く条件。
このゲームでは置けるカードの条件は土台のカードの色ではなく「土台となる2枚のカードの合計(もしくは差)」が合っているカードという条件。

システム的な優劣は分からないが、これはこれで頭を使うシステムで協力プレイやソロに向いた作りだと感じた。

対戦モードもあるが、マニュアルで紹介されてる順番からいうと、協力やソロの方がデザイナー的には比重が高いのではないだろうか。

確かに、ゆるキャン△の原作の方向性から言うと正しい判断で、とても良いと思う。


ビジュアル面でも原作の雰囲気をうまくパッケージングできていると感じた。

特にパッケージが描き下ろしイラスト(だよね?)なのが最高だ。

アニメの流用ながら、36枚の数字カードがどれも違うイラストなのも嬉しい。

予算が潤沢ではない中(想像です)で、とても良い仕事をしていると言えるのではないだろうか。


総じて、ゆるキャン△ファンがゆる~くカードゲームを楽しむにはとても良いゲームに仕上がっている佳作。

もし、ゆるキャン△のことを知らない人が遊ぶなら、まずは原作漫画、もしくはアニメを見ることをオススメしたい。面白いよ。原作漫画は芳文社の公式マンガアプリ「COMIC FAZ」で一部無料で見れたりするよ。


また、K2狂気山脈の合間にプレイするとまた違った味わいが出てくるので(ある意味)オススメ。


ゆるキャン△のアナログゲームは本作のあとにも2作品が出ているが、どちらもなかなか味わい深いゲームなので機会をみてレビューを投稿したい。

約2ヶ月前(2020年09月04日 19時21分)
続きを読む
閉じる
161
名が参考にしたレビュー
 by ましゃ

ペンギンパーティの数字版とでもいいましょうか。


手持ちのカードを出しながらテント(ピラミッド)を作っていくのですが、

出せるのは下の段2つの数字の和または差の数のみです。

ただし、8以上は全て8とみなします。


なので8って結構重要なんです。

出しやすいけど、序盤にホイホイ出してると、後半出せなくなっちゃう。


足し算・引き算が出来れば子どもで楽しめるかなと思いますが、

どうせ0~8まで作るなら9も作って一の位の数を出せる(8と4なら足して12の2、または引いた4のどちらか出せる)

みたいな感じの方が良かったかなぁ。

前述の「8以上全て8とみなす」の部分がしっくり来ないという意見が回りでも多かったので。


ペンギンパーティは色を潰されたらもう終わりですが、こちらは展開次第で生き残れる望みがあって、

ギリギリまで楽しめるので個人的には好きです。

1年以上前(2019年07月16日 10時16分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,200(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 22興味あり
  • 48経験あり
  • 9お気に入り
  • 46持ってる

チェックした商品