マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
二枚目が好き / 3は多すぎる
  • 二枚目が好き / 3は多すぎる当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 25分前後
  • 10歳~
  • 2015年~

二枚目が好き / 3は多すぎる

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
二枚目は好きだけど、三枚目は嫌い!?シンプルで悩ましいカードゲーム
  • ラインハルト・シュタウペ(Reinhard Staupe)作
  • Christoph Behre作

 0,30,60が書かれたスタートカードと、それ以外の7色で1~89のカードがあります。

 スタートカード3枚はそれぞれの列の最初のカードとしてテーブルの上に並べて置きます。それ以外のカードは、よく混ぜて20枚ずつ各プレーヤーに配ります。そのカードは見ずに山にして置き、そこから8枚取って手札とします。

 ゲームは、順番に手番プレーヤーが手札から1枚カードを表にして出してゆきます。そして、手札の残りが2枚になったら、自分の山札から6枚補充します。補充をもう一度すると山札がなくなり、そのあと各プレーヤーの手札が2枚になったらゲーム終了です。残った2枚はゲームに使用しません。

 プレイしたカードの数字が1~29なら0のスタートカードの左に、31~59なら30の、61以上なら60の左の置きます。既にほかのカードが置かれている列なら数字の順番になるように置きます。

 スタートカードを除いて3枚のカードが並んでいる列のカードをプレイしたら列のカードを取ります。3枚より大きな数字のカードをプレイしたらその列の一番小さな数字カードを取ります。それより小さなカードをプレイしたら、その列にあるプレイしたカードより大きな数字カードをすべて取ります。取ったカードは表にして自分の前に色別にしておきます。もし、いずれかの色のカードが3枚になったら、それらのカードは裏にして置きます。

 ゲーム終了時に、1枚だけ表になっている色のカードは1点、2枚なら5点、そのほか裏になっているカードはそれぞれ-1点(3枚まとめて裏になっているので1組-3点)、になります。

 また、プレイ中に7色すべてのカードが表になって並べられたプレーヤーはボーナスカードを獲得します。このボーナスカードはゲーム中各プレーヤー1枚だけです。また、ゲーム終了時に、7色または6色表になっていればボーナスポイントが与えれらます。

 カードを取らないと得点になりませんが、取りすぎるとマイナスです。

 わかりやすいゲームですが、ジレンマの多いゲームです。

レビュー 3件

161
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 3人でプレイした感想です。
 ラインハルト・シュタウペとクリストフ・ベーアの2人の共作による、場からカードを引き取り、同じ色のカードが2枚なら大きな得点が見込めるが、3枚になると減点になってしまうカードゲームです。
 カードの種類は、0、30、60と書かれた場札と、1から89まで(0、30、60を除く)の数字カード、7色揃えたときとゲーム終了後のボーナスカードの3種類です。
 各プレイヤーは、自分の山札として数字カードを20枚配られ、その山札から8枚手札とします。
 場には、0、30、60と書いてある場札を置いてゲーム開始です。
 プレイヤーが自分の手番にできることは、手札から1枚場に置くことです。0の場札に置ける数字カードは1〜29までで、30の場札の場合には31〜59、60の場札の場合には61〜89を置くことになります。
 置き方のルールは、数字カードを置く際は、それぞれの場札に対応して3枚までは普通に置けるのですが、先に数字カードが置かれていたら気を付けることがあります。
 一つ目は、先に場札に置かれた数字カードよりも低いカードを置く場合は、それ以上の数字カードを全部引き取ることになります。
 また、先に置かれた数字カードよりも高い数字だが、4枚目に置く場合は場札から一番近い数字カードを引き取る必要があります。
 なお、同じ色を3枚引き取った場合は、その3枚を裏返します。また、その色を引き取った場合は、表にして揃えていきます。
 そして、手札が残り2枚となったら、山札から手札が8枚になるまで引きます。これを2回繰り返して、極力7色のカードを2枚までしか引き取らないようにして、点数が高いプレイヤーの勝利となります。
 得点方法は、各色1枚までの引き取りなら1点、2枚なら5点、3枚なら1枚マイナス1点です。また、ボーナスは、7色を早く揃えた順に10点、7点、5点で、ゲーム終了後のボーナスは、7色揃っていると10点、7点、5点で、6色揃っていると7点、5点、3点です。
 数字カードの置き方が非常に難しくもジレンマたっぶりで、なおかつ山札から供給される数字カードが読み切れないので、なかなかあいてのプレイヤーの予測もつかず、数字カードが置かれるごとに和気あいあい楽しくプレイできました。ちなみに、2人でもプレイしてみましたが、十分面白かったです。
 テイクザットといい、シュタウペがデザインしたゲームは、シンプルだけども一癖も二癖もあって、本当に面白いと感じさせるゲームだなぁと感じました。

2年以上前(2018年03月25日 22時22分)
続きを読む
閉じる
103
名が参考にしたレビュー
 by 天羽 ハイボール

泣く泣く取る3枚目。

プレイ感は「6ニムト」に近いが別物。7色あるカードを全色2枚以下集めた状態でゲーム終了をむかえるのが目的。

皆が獲得しているカードは公開されているので、欲しい色は目に見えてわかります。当然自分の欲しい色も。

「オレンジ欲しいけど場に出てないな…。」
「緑欲しいけど、紫も付いてきちゃうな…。」
「アイツ水色欲しいだろうから取っとくか。」

など考えどころがしっかり有り、シンプルなシステムながらいい感じに唸れます。
「あー」とか「うー」とか言いながら是非。

約4年前(2016年07月26日 17時39分)
続きを読む
閉じる
99
名が参考にしたレビュー
 by 白州

5/10

カードの集め方がほぼニムトなカードゲームだが、ニムトよりもキッツい戦略が求められる。

カードは7色あり、同じ色のカードを集めると得点になったり、失点になったりする。

得点は、タイトルにもある通り、2枚目は高得点の5点になるのだが、3枚目は急に−3の失点になる笑 ちなみに1枚は1点。よって、全てを2枚ずつ集めたいのだが、当然、そんな簡単にはいかない。

失点くらうくらいなら、最初からあまり集めない方がいいんじゃないかと思うかもしれないが、7色全部集めると早い順に10点とかのボーナスも入るので、あまりゆっくりするわけにもいかない。

なので、かなりリスク管理が重要なゲーム。そのため、ゲーム慣れしていない人にはかなり難しいゲームだと思う。

その分、ゲーマーにはカードゲームなのに、エグいシビアさがかなり人気なので、そんなキッツいゲームを短い時間でやりたいという人にオススメかな。

2年以上前(2018年03月26日 16時20分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,500(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 12興味あり
  • 128経験あり
  • 12お気に入り
  • 92持ってる

チェックした商品