マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
コロニスト
  • コロニスト当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 30~360分
  • 12歳~
  • 2016年~

コロニスト / Die Kolonisten / The Colonists の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
雄大なる発展と戦略のゲーム!
  • ティム・パルス(Tim Puls)作

皇帝はあなたに、美しく将来有望な町の設立を任せています。この委任が無駄ではなかったことを示すために、あなたは信頼できる執事を田園地方に派遣し、新たな入植者たちを町に惹きつけるための住居を建設するよう指示しました。

しかし、単に入植者を集めるだけでは充分ではありません。あなたは彼らのための仕事も用意しなければなりません。このため、入植者たちが働くことができる建物を建設する必要があります。これには多くの建設資源が必要となるので、執事に集めさせたり、入植者たちに生産させたりしましょう。

時が経つにつれて、町での仕事はどんどん複雑になっていきます。入植者たちを教育して、新たな難題に備えさせるのはあなたの職務です。農夫は市民となり、市民はやがて成功した商人となるでしょう。

町に大使館を建設して、遠くの共同体との関係を樹立しましょう。そうすれば、あなたの町はみるみる繁栄するでしょう......。

このゲームでは、各プレイヤーはそれぞれ 19 世紀の開拓地の長となって、町の環境を整え、住民を農家、職人、市民などの職業に就かせます。新しい職業を作り、住民を教育し、いろいろな効果をもった建物を作って人口を増やし、自分の町を豊かにするのが目的です。

「コロニスト」は戦略的な発展ゲームです。あなたは自分の望み通りに町を建設することができます。ゲームは 4 つの時代に分かれていて、すべての時代をプレイする数時間に渡る濃厚な経験と、60 分で1時代だけプレイする気軽なセッションが選択可能です。また、長時間のセッションを“保存”して、あとで続きをプレイすることも可能です。

内容物 執事駒 16 個、特別大使駒3個、入植者駒 120 個、ラウンドマーカー1個、場所タイル62枚、市場タイル4枚、建物タイル 202 枚、大使館タイル 72 枚、保管施設タイル 36 枚、倉庫増設部8枚、簡易保管所の拡張4枚、道具 40 枚、ターラー55枚、建設資源 280 枚、扶養資源 80 枚、収支カード4枚、改善カード 140 枚、市場カード 28 枚、時代カード4枚、ラウンドカード1枚、サマリーカード3枚、町ボード 4 枚、共同体サマリー9枚、得点記録用紙1冊、ルールブック1冊、入門用ルールブック1冊、スタートプレイヤーマーカー1枚、別表1冊

コロニストに4件の書き込みがあります

893
名に参考にされています
2017年09月20日 12時04分

コロニストの時代ごとのプレイ感
  どの時代から遊ぶとどんな感じになるのかをまとめてみました。
  ※個人の主観になります。
  ※参考プレイ時間は4人でサクサクプレイしていることを前提とした目安になりますので、
   プレイ人数とダウンタイムによっては大きく異なる場合があることをご了承ください。

時代Ⅰのみ
【参考プレイ時間】
  2時間程度


【お勧め度】
  ★☆☆☆☆


【所感】

  • 正直あまり面白くない。導入や練習と割り切ってプレイするのがベター。
  • ゲーム開始時にやりたいことがほぼ同じになるので、4人プレイだとラス手番が手数料で死にそうになる。
    スタ―トプレイヤーの取り合いになる?
  • ワーカープレイスメントに慣れてる人同士で遊ぶなら、時代Ⅱのみのプレイの方がお勧め。
  • 食料の存在が空気で、ほぼ考える必要がない。
    最後の年にちょっと必要なくらいで食糧生産に頭を悩ませることもないので、気楽に遊べる。

時代Ⅱのみ
【プレイ時間】
  3時間(準備フェイズ0.5時間、プレイ2.5時間)


【お勧め度】
  ★★★☆☆


【所感】

  • アクションスペースが広くなり、個人ボードもある程度構築されているので、他者とぶつかることが減ってくる。
  • 初回プレイにもお勧め。
    ただし、時代Ⅰ・Ⅱの建物の効果をきちんと把握してないと何を準備したらいいのかわからないので、
    初プレイの人には丁寧なインストが必要。
  • 鉄鉱石の存在が空気。
  • 「大使館しゅごい!」ってきっと思う。

時代Ⅲのみ
【プレイ時間】
  4.5時間(準備フェイズ1時間、プレイ3.5時間)


【お勧め度】
  ★★★


【所感】

  • アクションの選択肢も増え、資源の変換と大使館をどう活用するか、何をどれだけ生産してどう建築するか等、
    いろんなところでめっっっちゃ頭を悩ませることになり、だんだん盛り上がってくる時代。
  • 鉄と木炭が空気。
  • 商人が出て来るけど、活躍の場はあまりない。時代Ⅰの市民ポジションっぽいので、最後に工場で得点化するのが定石?
  • 大使館の能力が頭おかしい(褒め言葉)。

時代Ⅳのみ
【プレイ時間】
  3時間(準備フェイズ1時間、プレイ2時間)


【お勧め度】
  ★★☆☆☆


【所感】

  • 準備フェイズでの個人ボードの構築の影響が大きすぎるので、
    ワーカープレイスメントというよりはお買いものゲーム感が強くなる。
  • ゲーム自体は、個人ボードの生産物を基にどう得点化していくのか、という詰め将棋的な感じが強そう。
  • やりたいことは何でもやれるので、リソースマネジメントを存分に楽しめる。
  • 大使館ンッ!!!能力がぶっ壊れてる(褒め言葉)。

時代Ⅰ・Ⅱの通し
【プレイ時間】
  5時間程度


【お勧め度】
  ★★★★★


【所感】

  • 「コロニストを遊んだ!」という満足感が得られる最低限のセット。
  • 時間が許すなら、「時代Ⅰだけ遊んでみよう」と考えるより、ここまで遊ぶことを推奨。
  • 農民・市民の入植者の割り振りに、いい感じに脳みそがこねくり回される。
  • 「時代Ⅰで時代Ⅱの準備しとけばよかった!」という後悔がきっと出るはず。

時代Ⅱ・Ⅲの通し
【プレイ時間】
  6時間程度(準備フェイズ0.5時間、プレイ5.5時間)


【お勧め度】
  ★★


【所感】

  • 4人プレイで手数料事故を軽減しつつ、そこそこ遊べる組み合わせかと。
  • 基本的に時代Ⅲで終わるセットは、商人がうまく働けずに中途半端感があるので時代Ⅳまで通して遊んでほしい。

時代Ⅲ・Ⅳの通し
【プレイ時間】
  7時間程度(準備フェイズ1時間、プレイ6時間)


【お勧め度】
  ★★★


【所感】

  • 楽しくなってくる部分だけをつまめる印象。
  • 経験者同士が軽く?遊びたいならお勧めしたい。

時代Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの通し
【プレイ時間】
  10時間程度


【お勧め度】
  ☆☆☆


【所感】

  • あと2時間頑張って時代Ⅳまでやりなさいよ!
    時間的な問題がない限り、ここで止める選択肢はあまりないと思う。
  • 消化不良感がすごそう。

時代Ⅱ・Ⅲ・Ⅳの通し
【プレイ時間】
  9.5時間程度(準備フェイズ0.5時間、プレイ9時間)


【お勧め度】

  ★★


【所感】

  • 時代Ⅰでのアクションスペースの狭さによる手数料事故をなくしつつ、万全の態勢でゲームを開始できると考えると、
    これが4人プレイ時のベストじゃないかと思う。
  • 初回プレイでも最後まで遊ぶ心づもりがあれば、コロニストの魅力を余すことなく楽しめる気がする。
  • 流石に長時間プレイすることになるので、プレイスタイルの合わない人とプレイして苦痛を味あわないよう
    事前の調整は必要な気がする。

時代Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳの通し
【プレイ時間】
  プレイ12時間(休憩含まず)


【お勧め度】
  ★★★★★★★★★★


【所感】

  • 俺がコロニストだ!
  • 細かい問題はさておき、それよりもきっと「やりきった感」が前面に出てくるので
    プレイヤー全員でハイタッチして健闘をたたえあいましょう。
  • 自分のプレイスタイルに合う人と遊ぶことをお勧めする。
  • 自分は390点弱取れたけど、これが平均的に高いのか低いのかわからない。最終得点の目安にどうぞ。
続きを読む
閉じる
595
名に参考にされています
2018年04月12日 19時17分

まさかこのゲームは日本語版が出ることはないだろう、と判断して英語版を発注したら、ポチったその日に日本語版発売のニュースが・・!
ということで手元にあるのが英語版なので、用語が日本語版とあっていないかもしれませんが、ご容赦を。

簡単に3行でまとめると
・ワーカームーブメント
・建物を立てて拡大再生産
・プレイ時間長い

プレイは自分の手番に執事(ポーン)を3歩動かして、踏んだタイルの3つのアクションを実行するだけ。資材を入手したり、建物を立てたり、ワーカーを配置して建物を稼働させたりです。オーソドックスです。三歩すすめて踏んだタイルをすべてアクションしないといけないのが、なかなかの縛りになっていて、一手番ごとに考えさせられることに。この、手番ごとに考え、アクションし、ご褒美をもらう、という流れがじんわり楽しい。それがずーーっと続きます!

ソロプレイの際にソロプレイ用の特別ルールが無いくらいには、インタラクションは低め。でも不思議と孤独感はないです。他のプレイヤーの進んでないか、自分が遅れていないかが、すごく気になるので。


このゲームの最大の魅力は、やっぱり長いことでしょう。たいていの拡大再生産ゲームでは、プレイが始まると何もない状態から2~3時間で資産があふれかえる状態にまで駆け抜けるわけですが、このゲームではプレイ開始して2時間後といえばまだまだ準備の途上。強力な特殊能力をゲットしてどんどん発展していくのは、まだこれからです。10時間とかをかけて町を発展させていく、じっくりした展開が特徴です。(時代1が終わったときの感想は、まるで大河ドラマの第一回を見終わったときのような「これから本格的にはじまる!」ワクワク感でした)

長い長い拡大再生産をじっくりとやってみたい人はチャレンジしてはいかがでしょう。(そうでない人は無理して手を出す必要もないかと)

注意1:
一気に丸一日潰して全時代をプレイするのも良いですが、一度に1時代ずつプレイするのもオススメです。
ゲームを中断(セーブ)するときは、プレイヤーボードは写真を取って各プレイヤーの所有物をプラスチックパックに入れておきます。
アクションスペースの方は、写真を撮って形状を保存した上で、タイルを端から順に重ね、重ねた状態でプラスチックパックに入れ、す巻きにしておくのが再開が楽でお薦めです。

注意2:
ゲームに登場するコロニー(共同体)は、全9種類の中から5種類がランダムで1ゲーム中に登場するのですが、使ってみたいコロニーをゲーム前にみんなで選んで使用してかまわないと思います。そんなに何回もこのゲームプレイしないですよね!

続きを読む
閉じる
344
名に参考にされています
2017年06月03日 13時03分

長時間ゲームです。

ワーカープレイスメントですが、
共通ボード(六角タイルの組み合わせ)で働くワーカーとは別に
個人ボードで働くワーカーが3種類あり、
これは数が増えていきランクアップもしていきます。
ワーカーが働く場所も共通ボード、個人ボード共にどんどん増えていき、
また共通ボードでの場所、個人ボードに建てられる建築物の種類も多いです。
使われる資材も1次資材、2次資材と数多く、
一度に使える資材は倉庫の数などで制限を受けます。
アクションが行えるカードもあり、瞬間的なもの、常在効果のものが種類多くあります。
ですのでゲームのコンテンツ、コマやタイルは半端なく多く、
これらを整理収納しておかないとゲームのセットアップにまた時間がかかります。
それだけにルール量も多く、全てのルールを知らないとゲームを始められない、
ルールを聞くだけでこれまた相当時間がかかります。

ゲームは4時代に分かれており、
1時代は5年、1年の終わりに生産が行われます。
1年は夏と冬があり、それぞれでワーカーが3回働きます。
フルにゲームを行うと、4X5X2X3=120手番、
ざっと6時間くらいはかかります。

全てにおいて時間のかかるゲームですが、短くする方法もあります。
あらかじめどこの時代からどこの時代までプレイするかを決めておく、
例えば時代1から時代2までやるとか、時代2から時代3までやる。
始める時代によってそれぞれのセットアップがありますし、
決められた終わりの時代の最期で決算を行って得点を競うので、
最初は短めでプレイして、次はもっとやろう、でもいいのです。

続きを読む
閉じる
321
名に参考にされています
2018年06月30日 00時51分

【ボードゲーム レビュー】「コロニスト」- 超壮大な植民計画

時代1〜時代4までの4つの区切りで詩文の植民地をひたすら拡大してゆくゲーム「コロニスト」です。


あまりにビックゲームゆえにプレイする時代を自由に選択(時代2〜4のみプレイとか)ができたりします。


プレイは、手番が来ると自分の駒を3回移動させて、移動先の処理をしてゆくだけのシンプルなものなのですが、タイルの種類がひたすらに増えてゆき、建築できる建物も続々種類が増えていくので、だんだんダウンタイムが長くなっていきます。


システムのシンプルさをこの選択できるタイル種類と建物種類で深みを出しています。


プレイ時間の長さで好みが分かれそうですが、一度体験してみるのも面白いと思います。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 10,260(税込)日本語マニュアル付き
  • 56興味あり
  • 61経験あり
  • 19お気に入り
  • 65持ってる

チェックした商品