マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ガイスター
  • ガイスター当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 15分前後
  • 6歳~
  • 1982年~

ガイスター / Ghosts! / Geister の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
カップルで遊ぶならこれ!相手の気持ちもわかる。
  • アレックス・ランドルフ(Alex Randolph)作

 2人で遊ぶ、単純ですが、面白いゲームです。
 互いに8個のオバケのコマを持ちます。このうち4個はよいオバケで、残り4個は悪いオバケです。よい、悪いはオバケのコマの背中につけたマークで見分けますので、自分のオバケはわかりますが、相手のオバケはわかりません。
 決められた8箇所全てに自分のオバケを適当に配置して、ゲームスタートです。順番に自分のオバケ1個を前後左右に一マス移動させて、相手の番になります。もし移動した先に相手のオバケがいればそれをとります。コマの数に比べて狭いゲームボードですので、相手のオバケを取るのはそれほど難しい物ではありません。
 ゲームに勝つには3つの方法があります。
 1.相手のよいお化け4個全てを取る。
 2.相手が自分の悪いお化け4個全てを取ってくれる。
 3.相手の陣の角にある出口から自分のよいオバケを脱出させる。
 相手のオバケを取るのは、それほど難しいことではありませんが、取ってよいかどうか相手のようすで判断します。取って欲しそうなのか、取られたくなくて逃げ腰なのかです。もちろん、それらもブラフかもしれません。
 分かりやすいシンプルなルールですが、お互いの駆け引きで楽しいゲームです。

ガイスターに34件の書き込みがあります

1823
名に参考にされている戦略やコツ
2016年06月16日 17時49分

基本的には青コマによる相手の陣地への突破勝利を軸に考えましょう。
無理をして青コマ、赤コマ奪取による勝利条件は副次的な物として、無理して考えないようにしましょう。
もし、相手に突破勝利を譲ってしまっているのであれば、守りが薄い証拠です。
わりとこのゲーム、守りは重要です。左右の出口に2体以上のコマで守りを形成しておくべきです。

相手のコマを赤青を減らすと、相手の攻撃力を減り、同時に防御力も減ります。
コマの数に差が出てくると、動きやすさも段違いです。

もしゲーム中に、相手の赤コマが1個でも判明した場合、ほぼ勝利です。
(それでもコマの数に差があると負けてしまいますが)

過信してはいけませんが、初期配置後方4つの内、少なくとも2つ以上は青が配置されている認識しておくといいです。

あとはノリと勢いでなんとかなると思います。

続きを読む
閉じる
1045
名に参考にされている戦略やコツ
2018年05月01日 21時29分

序盤、中盤、終盤の流れに合わせた戦略を立てること。

最初は青2体、赤2体を前衛に配置することがお勧めです。

コツとしては「躊躇してコマを動かさない」こと。

①青も赤も、コマを持ってから配置するまでをかなり思い切りやる。

②表情を出さない、自信もってコマを移動させる。

③赤のコマでも最後の「←」「⇒」の位置まで遠慮なくズンズン進むこと。


正直、序盤から青を取られることを怖がって進むと、ちょっとコツをつかんでいる相手には読まれます。

序盤は堂々と、テンポよく進めると良いでしょう。


この時、ちょっとしたコツとして、赤のコマも「青のコマだと思って動かす」ことで、青だと思わせる動きを印象付けられます。ただ前に進むだけでなく、横にそれる動きをしながら赤コマで最終地点を目指すことで、他のコマも動かしやすくなります。


青1体は必ず自陣に残した状態で、テンポよくコマを動かすこと。

中盤以降、相手の赤は相手にしないこと・・・

この、赤を見抜くやり方は容易ではない・・・


が・・・


基本的に、赤おばけコマはかなり大胆に相手は置いてくる。その半面、青おばけコマに関してはちょっと考えてから前進する(もしくは横に動く)など、慎重に動かすことがほとんどです。

相手が度胸がある方だと別ですが・・・よほど意図して度胸あるように見せない限り、赤はガンガンいくでしょうね。

なので、ゲームが始まる前から既に駆け引きは始まっていて・・・

・自分は自身が無いように見せること。

・動かすときは度胸があるように青もガンガンいくこと。

この2点は基本です。


チェスや将棋と違って、「正体不明」(赤か青か)のおばけを操って勝負をする以上、運ではなくかなり心理戦も入ってきて、いくら戦略的に動いても心理戦でほぼやられたら勝ち目はありません。



続きを読む
閉じる
635
名に参考にされている戦略やコツ
2016年05月12日 23時31分

対戦相手と仲良くなるか、ゲーム中に駒の動かし方などを見て相手を知ることが一番の近道かと思います。

続きを読む
閉じる
561
名に参考にされている戦略やコツ
2018年03月20日 12時14分

相手に自分の赤駒だけを取らせていたとしても数的には不利なので、こちらもある程度相手の駒を取っていくことを考えた方が戦いやすくなると思います。赤でも青でも手持ちの駒数は重要です。

最初に突っ込んできた駒は様子見で取っておこうという思考に流れやすいと思うので、やるなら赤駒にしておいたほうが無難ですね。「絶対赤だろ」なんて言いつつも、万が一が拭いきれないものです。

自分の青駒は相手の駒数が少ない側の脱出マスへと進ませて、2:1の数的有利な盤面を作り出せたら勝ち確定です。上手い具合に左右に分散するように誘導するといいでしょう。そこから逆算して初期配置を考えるのも有効です。

基本的なことのようですが、青駒を赤駒であるかのように、赤駒を青駒であるかのように動かすことはとても有効です。青駒のフリをしている赤駒はなるべく脱出マス付近には到達しないように加減する必要があります。なぜならノーリスクの脱出マスに入ってこない駒が出た瞬間に、それが赤駒であることが確定するからです。当然ですが。

あとは相手の性格を加味して戦略を立てていきましょう。

続きを読む
閉じる
318
名に参考にされているルール/インスト
2017年02月23日 14時59分

1対1の将棋のようにコマを動かして戦うゲームです。
各プレイヤーは8個のおばけのコマを受け取ります。
.
お互いに場にお化けを8個並べたらゲームが開始されます。
手番の度に、自身のおばけを1つ、上下左右に1マス進めることができます。
すべてのおばけは、上下左右に1マスしか移動することしかできません。
移動先に相手のおばけがある場合、その駒を取ることができます。
取った駒はゲーム終了までボードから除外され、再配置されることはありません。
.
また、各プレイヤーに配られるおばけには2種類のおばけが存在しております。
「良いおばけ」と「悪いおばけ」の2種類です。
見分け方は、おばけの背中にあるマークで、「赤いマーク」が悪いおばけ、「青いマーク」が良いおばけとなります。
自身のおばけはひと目でわかりますが、相手のおばけは背中に隠れているため、
良いおばけか悪いおばけかは判断できない形となります。
8個のおばけの内訳は、4個が悪いおばけ(赤いおばけ)、4個が良いおばけ(青いおばけ)となります。
.
このゲームにおいて、勝ち方は3パターンあります。どれか1つでも条件を満たせばその時点で勝利となります。
.
●1:相手の陣地にある出口に、自分の「良いおばけ(青いおばけ)」を脱出させる。
●2:相手の良いおばけ(青いおばけ)をすべて取る。
●3:自分の悪いおばけ(赤いおばけ)をすべて相手に取らせる

続きを読む
閉じる
288
名に参考にされているレビュー
2018年07月29日 15時52分

 小4の息子と、2人でプレイした感想です。

 「ハゲタカのえじき」「ドメモ」などのデサイナーである故アレックス・ランドルフの名作中の名作ゲームです。

 息子が放課後さいころ倶楽部を読んで、プレイしてみたいとの要望のため、一緒にプレイしました。

 ルールは、ガイスターのトップページを見ていただければ記載されているので、省略します。

 勝ち方は、相手に自分の赤オバケを4つ取らせるか、相手の青オバケを4つ取るか、自分の青オバケを相手の陣地から抜け出すかの3つの条件ですが、どれを達成してもヤッタァー!と喜びたくなります。小4にもやりたくなりますし、逆に喜ばれました(悔しい!)。

 息子には、7戦した後でも「とても面白くて何度でもプレイしたい!」と言われております。

 このゲームは、今後も家族で楽しめるゲームの定番となりそうです。

続きを読む
閉じる
178
名に参考にされているレビュー
2017年09月02日 16時27分

ぐっとシンプルにした将棋×心理戦 という感じでしょうか。

相手に自分の赤い駒を全部取らせる、

相手の青い駒を全部取る、

青い駒を相手のエリアの隅に置く、

のいずれかで勝利ですが、相手の駒の色は見えません。

相手の駒は赤なのか、青なのか!?ドキドキしながらプレイしています。

相手の性格などから作戦をいろいろと考えるのは頭を使いますが、なかなか楽しいです。


シンプルですが、何度も繰り返したくなります。

結構短時間で終わるので手軽にできるのも良いです。

続きを読む
閉じる
171
名に参考にされているレビュー
2018年08月13日 19時43分
​簡単なのに奥深いルールが面白いです。​プレイヤーはお​​お互い4つのいいお化けと4つの悪いお化けを​手前二列に好きな順序で配置​​します。​​​
①相手のいいお化けを全てとる
②自分の悪いお化けを全て取らせる
③自分のいいお化けを角から脱出させる​
のいずれか​を達成すれば勝利です。全ての駒は​隣のマスにしか動けないので、将棋やチェスより​​​​​​​敷居は​低いです。しかし、相手のお化けがいいお化けなのか、悪いお化けなのか…?という読み合いが加わるため、戦略の幅は広いです​。​​​​​​心理戦、戦略のバランスが良い2人用ボードゲームは少ないのでおススメです。​子供からボードゲーム好きまで楽しめます。ただし、​箱の大きさが20センチ四方くらいなので持ち運びには向きません。​​​​
続きを読む
閉じる
155
名に参考にされているレビュー
2019年01月10日 17時06分

騙し合いならぬ化かし合いをして出し抜くお手軽ゲーム。


アブストラクトっぽいけど非公開情報があるので厳密なアブストラクトではない。

盤面の読みとかは割とどうでも良くて、相手の考えてること、

戦略、気持ち、やりたいと思ってることを読んで、時には思い切って行動をするゲーム。


悪いゴーストを全部とってしまうと負け。

良いゴーストを全部取られると負け。

良いゴーストを4隅の脱出口から出されると負け。


どの勝利条件を満たして勝つかは展開次第なところもあり。

場を読むな、心を読め…。


初めて会う人とやるよりは気心知れた人読みが通じる相手とやると

盛り上がることうけあいです。

続きを読む
閉じる
154
名に参考にされているレビュー
2017年02月09日 23時57分

ボードゲーム未経験者に遊んでもらうならこのゲームから!

私がボドゲにハマるキッカケを作ったゲームです。

駒の動きは単純明解な上下左右のみ。勝利条件も「青のオバケを全て取る」「赤のオバケを全て取らせる」「青のオバケで出口に辿り着き1ターン生き残る」と分かりやすく一度遊んでもらうだけで理解できるもの。

にも関わらず「駒の正体が分からない」というルール1つで多くの読み合いが発生する。

プレイ時間は5〜10分程と手軽でボードゲームの入門講座としてうってつけの作品だと思います!




続きを読む
閉じる
151
名に参考にされているレビュー
2018年12月21日 19時25分

心理戦が楽しいゲーム。

良いオバケと、悪いオバケがおり、相手の良いオバケを全て取るか、自分の悪いオバケを相手に取らせるか、相手陣地の角から自分の良いオバケを外に出せれば勝ちと勝利条件的にはそれなりにシンプル。

相手のオバケが良いオバケなのか悪いオバケなのかは表からは見えないようになっており、どれが良いオバケでどれが悪いオバケなのか、相手の思考を読んで見極めて取る取らないを判断しないといけない。

相手の陣地から脱出を目指したとしても、悪いオバケをおとりに使うか、良いオバケでそのまま突っ込んで行くか・・・

相手のことを色々考えながらプレイすると楽しい。

心理戦のゲームが得意な人は、このゲームも得意かもしれない。

続きを読む
閉じる
145
名に参考にされているレビュー
2017年09月20日 16時17分

まさに名作。何度やっても飽きない。相手の心理を読み切って、最後のお化けを取らせた時の快感…!!

時間がある限り何回でもやってしまうゲームです。

仲の良い友達とやると。「あいつの性格上、ここは青いお化けだ」「…と読んでると考えて赤でいこう」なんて展開に。

おもいっきりハメてやったときはおもわず「うっしゃ!」とガッツポーズが出るほど。


2人でやることが多い場合は、何はなくともこれをお勧めします。

うちは、よくこれを嫁とやっていますが、やりつつ会話も増えて夫婦間の関係も良くなりました(笑)

続きを読む
閉じる
142
名に参考にされているレビュー
2018年04月18日 11時33分

ボードゲーム自体を初めてプレイする人と遊んだら3戦くらいで定石を作られ太刀打ちできなくなりました...。

続きを読む
閉じる
142
名に参考にされているレビュー
2016年03月09日 10時39分

「あの駒はやたら前に攻めてくるから、あれはきっと赤いおばけを取らせたいんだな。」とか、「あの駒は角のマスに向かって進んでいるから青いおばけかな?」
などと相手が駒が何色かを予測し勝負を仕掛けていくのがとても面白いです。
青を取るか、赤を取らせるか、敵陣地を目指して逃げるか、勝利条件が複数あるのもポイント。
ちなみに私は敵陣地を目指している青に見せ掛けて赤を取らせる作戦が好きですね。
短時間のインスト楽しめるお手軽な2人用ボードゲームです!

続きを読む
閉じる
142
名に参考にされているレビュー
2017年09月19日 10時48分

駒を取ったときに「ギャー赤だ!」とか「やったー青だ!」という盛り上がり要素

(ここをこうしてしめしめ)と戦略立てたり、それを看過されて相手の戦略を通してしまったりと

配置から決まったパターンがなく面白い

自分の感想としましては、相手のおばけ3体までなら取り放題で、途中に青があったらラッキーなゲーム

蹂躙しろ!

戦いは数だ!

コマの数は勝ち筋の数だ!

続きを読む
閉じる
141
名に参考にされているレビュー
2016年11月04日 00時42分

旦那と2人プレイ。ボードゲームにほぼ触ったことのない人でしたが、とにかくルールが簡単なのでインスト後にすぐに遊べました。

勝利条件は①青のオバケでゴールする②相手の青を全部取る③相手に自分の赤を全部取らせる…こんなに簡単なのに、手の読み合いが面白い。

裏をかこうとして読まれ、裏の裏でこっちは赤の囮…本命はあっちか?なんて考えつつ、取ったオバケが赤だった…なんてのを繰り返す。ひと勝負が短時間で終わるのでちょっとあそぶのに持ってこいです。

新品開封後にオバケ本体に赤と青のチップ(?)を装着するのですが、めちゃくちゃ固くて、指が痛くなりました。

続きを読む
閉じる
140
名に参考にされているレビュー
2016年10月09日 07時37分

5分もかからないインストでボドゲ初心者も楽しく遊べるゲーム。

ルールは全く違いますが、単純なルールながら頭を悩まし、ともすると膠着しそうになるのは、日本の伝統遊戯、ハサミ将棋のような感覚です。

相手陣のカドから盤外に青いガイスターを持っていくか、4つの赤いガイスターを相手に取らせるか、という二つの勝利条件が悩ましいバランスになっています。

基本は角を狙いつつ、これを取らないと負けだよ。と恐怖心をあおりながら赤を取らせるのですが、赤が減るにつれてブラフがしにくくなります。

コマが減ってくると守備がしにくくなるというジレンマがあります。

終盤は、相手から送り込まれる分からないコマを自分の読みに賭けてプレイするといったことも必要になり、その賭けに勝った場合は一気に優位に、負けた場合は一気に不利になる局面が多いです。

とにかく、シンプルなルールと面白いコンポーネントに、ロジックとブラフコミュニケーションと複合的なゲームの面白さを味わえる、定番になるに相応しいゲームでしょう!

続きを読む
閉じる
139
名に参考にされているレビュー
2018年04月29日 19時28分

【2人プレイ 】

【 軽いゲーム】

【3分~10分程度 】


2人でできるお手軽ゲーム。

オセロとか動物将棋とか、そういった類のジャンルに入るのかと思うが。


おばけコマの後ろに小さい赤と青のマークがついていて、それぞれ4体ずつ合計8体を互いが自陣にセットする。

赤おばけ:悪いおばけ

青おばけ:良いおばけ


敵陣に乗り込んで「良いおばけ」を左右にある矢印マスから移動させて、盤面から出たら勝ち。

あとは、「悪いおばけ」を相手に4体取らせるか。

全滅させたら勝ち。


シンプルだからすぐに勝負が着くけど、何度も何度もプレーしたくなるゲームではある。

数分から10分程度で終わる所も魅力。

続きを読む
閉じる
138
名に参考にされているレビュー
2017年01月28日 15時13分

アレックス・ランドルフの超名作ゲーム「ガイスター」

将棋を基に作られたと言われ日本人ならみんな得意!なはずのゲーム(そんなわけはない)

ルールは簡単。正体不明のオバケたち。相手に赤いオバケを全て取らせるか青いオバケを開いて陣地から脱出させるか。

相手の性格を考え考え考え抜いて戦略を・・・わからん(笑)となるゲーム。


超シンプルなのに超奥深いゲームで、将棋とかオセロとかみたいに一般化しないのが不思議なくらい。著作権(?)かな。

勝っても負けても「もう一回!」というノリで何度でもしたくなる。欠点と言えばまあ二人でしかできないことくらいだろうな。

続きを読む
閉じる
137
名に参考にされているレビュー
2019年01月28日 10時34分

1対1の心理ゲームガイスター👻

小さなお子さんも気軽に遊べて人気の高いゲーム

後半になるにつれて、相手のおばけの色を考えながら自分のおばけを動かさないといけない

まさに、心理戦のゲームです!


赤のおばけを4つ取ってしまうと負けてしまうので

3個目を取ったらハラハラドキドキ😂


僕たちのボードゲーム会でも非常に人気のあるボードゲームです👍

続きを読む
閉じる
136
名に参考にされているレビュー
2018年12月18日 12時36分

前評判通りの面白さを感じられなかったゲームの筆頭格。

相手の駒の正体を見破る方法が「ほぼ根拠のない運や勘」でしかないのではないか。


思考性  ★★☆☆☆☆☆☆☆☆  

ジレンマ  ★★★☆☆☆☆☆☆☆  

ギャンブル性  ★★★★☆☆☆☆☆☆  

コンポーネント  ★★★★☆☆☆☆☆☆  

テーマ ★★★★☆☆☆☆☆☆  

総合評価  ★★★☆☆☆☆☆☆☆


お気に入りの点

・簡単なルールとセットアップ


いまいちな点

・相手の駒を「捕まえる/捕まえない」の判断の拠りどころが根拠なき“勘”しか見出せない。特に出口に向かってきた場合、論理的にスルーするという判断があり得るのか?という疑問

・駒が軽い

続きを読む
閉じる
133
名に参考にされているレビュー
2016年12月16日 22時33分

基本は心理戦だけど陣取りも出来る。

俺が心理戦が大の苦手でそれでも勝つために色々と考えると陣の組み方が大事と分かった。

このゲームは相手の悪いオバケを4つ取ると負けてしまう。

本来ならどれが悪いオバケか予想して戦う心理戦のゲームだが俺は如何に相手のオバケを取らずにゴールに向かえるかを主軸にして大事なコマは絶対に取られないように立ち回り、相手のコマを誘導して詰ませる戦い方をしている。


小ネタになるが自分の良いオバケと悪いオバケを全て間違えた状況で戦うと確実に相手の意表を突けて勝てます笑

ただこの戦法は2度は通じない…

続きを読む
閉じる
130
名に参考にされているレビュー
2017年06月20日 06時56分

そのコマは、良いおばけ?悪いおばけ?

ずっと気になっていたゲームですが、昨日触れる機会があり、プレイしました。

2人専用ゲームで、インストラクションは3分、プレイ時間も10分少々と、お手軽なボードゲームです。

将棋やチェスのような複雑な動きはありませんが、軍人将棋のようなドキドキ感が手軽に味わえ、しかもなかなか奥が深いゲームです。

そのコマはとっていいのか悪いのか、むやみにコマを取るとそのまま敗北に直結します。特に終盤戦、赤いおばけを三つとってしまっている状況での駆け引きは、かなり頭を使います。

単純で奥が深い、すごいゲームだと思いました。

続きを読む
閉じる
126
名に参考にされているレビュー
2016年12月16日 18時48分

適度に頭を使った感あり。


『放課後さいころ倶楽部』を読んでアナログゲームに興味を持ちましたが、

一番最初にやりたいと強く思ったのがこのガイスターでした。

初めて参加したゲーム会に持って行き、初めてのプレイ。

(身近に相手してくれる人がいないので)

2人用ということで1度しかプレイしていませんが

脳内プレイ以上に実際のプレイでは考えどころがありました。


将棋のようにそれぞれ違う駒の動きを覚える必要もなく

囲碁のように陣地の計算をする必要もありませんが、

考えを巡らせる必要はあります。

いいですねえ、この適度に頭を使った感。

続きを読む
閉じる
124
名に参考にされているレビュー
2018年08月24日 17時41分

小学生から大人まで、ボードゲームの楽しさを知りたい!という人がいたら、紹介したいゲームです。

グイグイやってくるおばけは、果たして、いいおばけか、はたまた悪いおばけか。。?

勝ち方が複数あるのが面白く、それぞれの戦略が活きてきます。

悪いオバケが取られた時の「しまったー!」や「(ニヤリ)」の盛り上がりも楽しいです^^

続きを読む
閉じる
102
名に参考にされているレビュー
2016年05月01日 18時23分

ブラフが苦手です。
ガイスターはとても簡単でかつ軽く遊べるゲームですが、相手に奪って欲しい赤のコマを進めるか、奪われたくない青のコマを進めるかがこれってやっぱりブラフじゃね……?ってなりました。
結果は全敗。いつか克服出来る日が来るのだろうか。
インストが簡単だからと言って、全部顔に出ちゃう系の初心者さんにはあんまりオススメ出来ないゲームかなと思いました。

続きを読む
閉じる
97
名に参考にされているレビュー
2019年03月16日 09時59分

相手のいいオバケを全部取るか⁉

自分のわるいオバケを全部取らせるか!


ゲームの目的

  1. 相手のいいオバケを4つ全て捕まえる
  2. 自分のわるいオバケを4つ全て相手にとらせる
  3. 自分のいいオバケ1つを相手側の最終列の左右の角から外に出す


自分の手番でできることは2つ

  1. 自分のオバケを動かす
  2. 動かした結果相手のオバケを捕まえる


ルールは簡単だし、プレイ時間が短いから、初めてのボードゲームにちょうどいいよ 

勝ち方が3通りあるから、相手の考えを読んでどの勝ち方を狙うのか考えるのがおもしろい。

ボードゲーム入門にはおすすめです 

オバケが小さくてかわいいし、対象年齢が8歳以上だから、親子でやるのにもおすすめです。


詳しくはこちら!

https://www.yutorifutari.com/entry/geister 

続きを読む
閉じる
88
名に参考にされているレビュー
2016年11月19日 20時01分

シンプルだからこそ、心理戦が光るいいゲーム。

相手の性格や駒の動かし方、様々な要素を考慮し、相手の駒を当て切って勝った時はとても爽快感がある。

プレイスタイルも自分から攻めていくスタイル、守っていくスタイル、一戦ごとに変わる戦略性、その一手はブラフなのかどうか、一手で勝負がついてしまうハラハラ感、実際にやっても、周りから見ていてもとても面白いゲームなので是非オススメです。

続きを読む
閉じる
79
名に参考にされているレビュー
2016年04月09日 17時12分

インスト簡単!年齢関係なくできる!面白い!

楽しさは皆様が書かれているとおりで、単純ながら頭も使う名作だと思います。
わたしが推したいのはそのコンポーネント。全くの私感ですが、コマの造り、デザインが良いんです。滑らかな質感と、自分からしか見えない位置にある赤青の色、初めて見た時「よく出来てる〜」と思わず唸ってしまいました。

一家にひとつ置いていいゲームだと思います!

続きを読む
閉じる
75
名に参考にされているレビュー
2018年12月11日 19時56分

ガイスタードイツ語で幽霊の意。

見た目はチェスライク、しかしシンプルなルールの中で繰り広げられる2人用ゲーム!とにかく、心理戦が面白い!自分の手番で出来る事はただ一つ、一つのコマを動かすだけ╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

はい。チョー簡単じゃんwって思いのそのこのあなた!プレイして思い知るがいい、目の前のおばけちゃんがとっても大丈夫なのかダメなのか。さぁー悩むのです( *´艸`)フフフフ

シンプルルールで楽しめるゲーム。推しですね(๑•̀д•́๑)キリッ


続きを読む
閉じる
68
名に参考にされているレビュー
2016年03月01日 18時48分

ルールは至ってシンプルなのにすごく悩ましいゲーム!(褒め言葉)
目の前のお化けが、赤いお化けなのか青いお化けなのか・・・。
相手との心理戦が楽しめるゲームと言えるでしょう。

「あ、くっそ!これ赤なのかよ!」
「へへーん。今度のはどうかな(・∀・)ニヤニヤ」

なんて会話がなされる事でしょうw
短時間で終わるし、何戦でも出来ちゃうゲームですよ~。

続きを読む
閉じる
65
名に参考にされているレビュー
2016年10月02日 23時21分

本当に簡単なルールなので、ボードゲーム初心者にもおすすめです。
かわいらしいコンポーネントであり、気軽に出来る心理戦ゲームでもありますので、恋人等気心のしれた間柄でやると楽しいと思います。

続きを読む
閉じる
48
名に参考にされているレビュー
2018年05月21日 18時17分

毎夜、妻との対戦が最近の日課。

ルールも簡単でサクサク進むので重宝してます。

続きを読む
閉じる
44
名に参考にされているレビュー
2016年03月25日 18時58分

繰り返し何度も遊んでしまうブラフゲー。一コマずつ進めてお化けを取るか、ゴールを目指すだけの単純な中に喜怒哀楽が詰め込まれています。勝利条件は1.相手の良いお化けを4匹捕まえる。2.自分の悪いお化けを4匹捕まえさせる。3.自分の良いお化けを相手側のゴールまで進める。ルールもとても簡単なのでボドゲ初心者の人やカップルでも遊びやすいです。目の前のお化けは良いやつか?悪いやつか?

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,800(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 329興味あり
  • 2155経験あり
  • 455お気に入り
  • 1291持ってる

チェックした商品