マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ハイエスト
  • ハイエスト当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20~30分
  • 2017年~

ハイエスト / Highest の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ベネフィットにフルコミットしたソリューションを

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

 「Stay hungry, Stay highest.」
 ここは最先端を進むベンチャー企業。
 意識の低いものはすぐに淘汰される弱肉強食の世界で、あなたは新規プロジェクトのリーダーとなります。
 社員や資金をやりくりして、利益を上げましょう。
 しかし社内では、複数のプロジェクトが動いています。
 時に他のプレイヤーと協力し、時に出し抜かなければ、成功を勝ち取ることはできないでしょう。

 各プレイヤーは社内の部署に自分の社員を配置し、その部署を稼働させることで最も多くの利益を上げることを目指します。
 しかし、それぞれの部署の効果を得られるのは、その部署に最も多く社員を配置したプレイヤー全てです。
 つまり、必ずしも自分だけが得をするとは限らないのです。さらに、部署の稼働には他のプレイヤー全員の承認が必要です。
 利益を独占するために多く社員を配置するのか。それとも、他のプレイヤーが承認してくれるように、足並みを揃えて少数で留めるのか。勝利するには、それぞれの思惑を探りながら行動を選択する必要があるでしょう。

ハイエストに2件の書き込みがあります

102
名に参考にされているレビュー
2018年05月12日 16時01分

 ワーカープレイスメント&エリアマジョリティの意識高い系ゲーム。裏表でプレイスの効果が異なるので、毎回違うプレイ感を楽しめるようになっております。説明書が普通用と意識高い人用2種類あるのがとても笑えました。こういうセンスは高く買っていきたい所存であります。

 このゲーム、マジョリティ+ワーカープレイスメントなのですが、基本的に一度置いたワーカーは、置く>成らせる(ロー社員→ハイ社員)のが基本です。アクション次第ではハイ社員にしないとそもそもアクション自体が無効&成らせないとワーカーを移動させられないので、早めに置く>ハイ社員に成らせる>ハイ社員がいっぱいいるアクションをしてお金をもらう、がパターンかなと。もちろんアクションはしばしば他プレイヤーの承認が下りず無効化されますが、その分お金が1金もらえます。(成らせると表記してるのは、何となく将棋っぽいイメージで捉えてたからなので、わかりにくかったら読み替えてください)

 現在やってみた感じだと、全体的には人事部を押さえたプレイヤーがとにかくめちゃくちゃ強いゲームです。お金稼ぐより、(裏)広告部に相手プレイヤーをガンガン送り込んで脱落させるプレイが強すぎて(広告部はお金は入るのですが、ゲーム終了時にここにワーカーがいると脱落orお金-5)、ここ二つのエリアを押さえられたらほぼ勝てないです。そういう意味でバランス悪いかなぁ。人数が少なくても多くても、ここのマジョリティを押さえられたらほぼ無理感。特に裏人事部の強さは尋常ではなく、このゲームは初手人事部が鉄板って感じでした。

 デザインはクールなのですが、全体的に説明書やサマリーの文字がとても視認性が悪く、特に説明書のフォントが小さすぎるのは、老眼勢にはかなり辛かったので、フォントはとにかく大きくして欲しいです。あっ老害は及びでない? 意識低いんで済みません!

続きを読む
閉じる
78
名に参考にされているレビュー
2018年03月27日 15時12分

4/10

お手軽なワーカープレイスメント系ゲームで体験版をプレイ。

ルール読んで面白そうだなと感じたが、いざプレイしてみるとうまく機能していない印象を持った。

特に最後の逆転要素的なボーナスがかなり強い割に最後になるまでわからないため、そういう意味では運ゲーに感じてしまった。

あと、意識高い系のネタを使ったゲームとプレイする前に見たのだが、そのネタがほとんど有効活用されていなかったのも残念。至って普通のテーマだった。

製品版(未プレイ)になって何か変わったかもしれないけど、どうなのだろうか。

ルール読んだ感じとプレイした感じが違うのはボードゲームにはよくあることだが、これはそういう意味ではルール読んだときの方が印象が良かったタイプのゲーム。

もしかしたら何かルールを間違えた可能性もあるかもしれないが、またどこかで話題にならない限り、またやろうとは思わないかな。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,538(税込)日本語マニュアル付き
  • 2興味あり
  • 18経験あり
  • 3お気に入り
  • 14持ってる

チェックした商品