マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
揚子江 / 長江 / 清王朝の豪商たち / ヤンツェ
  • 揚子江 / 長江 / 清王朝の豪商たち / ヤンツェ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 60分前後
  • 8歳~
  • 2016年~

揚子江 / 長江 / 清王朝の豪商たち / ヤンツェ

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
長江を流れる品物を売買するゲーム
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

舞台は清王朝時代の中国。長江に集まる商人になって大河を流れてくる商品を売買して利益を上げるゲーム。商品は下流に来るほど値段が安くなるので 、商品を買うタイミングと、建物タイルの競売に残し ておくお金の管理が重要。「ロストシティ」など名作を手掛けたクニツィア氏の作品です。

レビュー 3件

204
名が参考にしたレビュー
 by 長ネギ

【まえがき】
2016年にPiatnik社が発売したライナー・クニツィア原作のゲームです。国内では「清王朝の豪商たち」、「長江」などのタイトルで流通しています。「揚子江」は世界第3位の長さを誇る長江の下流部分を指した名称です。
中国の清王朝の時代、長江を行き来する行商との商品売買や、長江近辺での建築などにより、富を築き上げる内容となっています。

【ゲームの簡単な説明】
ゲームボードは長江を表し、川の部分だけ商品タイルが置けるように凹んでいます。
タイルには商品タイル、建物タイル、勅令タイルの3種類があります。商品タイルはプレイヤーが売買するタイル、建物タイルは競りによって集めるゲーム終了時に点数となるタイル、勅令タイルは全プレイヤーが強制的に行うアクションを表すタイルです。
各プレイヤーは衝立とお金を管理するお金トラック、商人カード一式を受け取ります。商人カードは様々な効果(お金を得る、商品が無料になるなど)があるカードで、ゲーム内で1回しか使うことができません。
最初に商品タイルからランダムに2枚ずつを初期手札として各プレイヤーは受け取り、衝立の後ろにかくしておきます(持っている商品のみ非公開情報)。そして、残りの商品タイルと建物タイル、勅令タイルをすべて袋に入れて混ぜ合わせます。

ゲームは、スタートプレイヤーから時計回りの順番で進めていきます。手番では

  1. 持っている商品を売る
  2. 長江を流れている商品を買う

の2つのアクションを順番に行います。

商品タイルには一般品と高級品の2種類があり、さらにそれぞれ異なる商品が何種類かあります。1枚で売ると安いのですが、何枚かセットで売れば高く売ることができます。ただし、セットで売るためには商品の色が同じであること、または商品の種類が同じであることが必要となります。

そして長江を流れている商品の横には、その商品を買うための価格が書かれています。下流になるにつれて価格は下がります。お金を支払った商品は、衝立の後ろに隠しておきます。買われた商品の空いたところは、上流から商品タイルを詰めなおします。

そして袋から買った商品の分だけ、タイルを引いて川の上流から補充します。この時、建物タイルが引かれたら即競りが始まります。競りは価格競り上げ方式で、誰か1人になるまで続けられます。競り落とした建物は手前に並べておきます(公開情報)。
勅令タイルが引かれた場合はボード横に並べていき、全プレイヤーが勅令タイルに書かれているアクションを実行します(強制)。この勅令タイルが12枚並べられたら、ゲームは終了します。

ゲーム終了後、競り落とした建物の種類によるボーナス点、建物の種類ごとのマジョリティによるボーナス点、そして商人カードからのボーナス点と残りの所持金すべて合わせて、最も点数が高いプレイヤーが勝利者となります。

【感想】
1回、3人プレイで遊びました。
このゲームは川から商品を安く買い、商品を集めて、そして高く売る、これが基本となっています。これだけでは何の変哲もない、ただのセットコレクションのゲームですが、商品の売買に建物によるボーナス点、そして勅令と特殊な効果がある商人カードがある点が他のゲームと少し変わっているところです。

商品の売買は安く買い、高く売るのが理想です。しかし、高く売るためには同じ色または同じ種類の商品を集めなければならず、そのためには例え上流の一番価格が高いところに商品があっても買わざるを得ません。下流に流れてくればそれだけ安くなりますが、それまでに誰かに買われてしまうかもしれません。ただ得られるお金が10金単位の大き目の金額であるため、商品の購入価格に4金と10金の差があっても、あまり苦しくないように感じます。商品を高く買っても、ある程度集めて売ることでそこそこのお金が手に入るため、お金がカツカツな感じはしません。

むしろ、お金を圧迫するのは建物の競りの方です。競りには最低金額や最高金額がないため、相場はその建物を競り落とすことでゲーム終了時にどれぐらいの点数が見込めるか次第です。状況や競争相手によっては、大金で競り落とすことにもなると思います(例えば4種類目の建物と建物の種類ごとのマジョリティ両方が達成できそうな時など)。

戦術にはあまり幅はありません。主に商品売買で点数を稼ぐのか、主に建物で点数を稼ぐのか、それとも両方バランスよく取りながら点数を稼ぐのかぐらいです。
商品売買で点数を稼ぐのであれば、建物の競りは極力参加せず、できる限り同色・同一商品を安く集めることに注力すべきでしょう。
建物で点数を稼ぐのであれば、商品売買は競りの資金集めと割り切り、競りに全力をかけた方がいいと思います。

勅令に関しては少し蛇足な感じがしました。良い効果も悪い効果もあるのですが、どちらもほんの少しの影響しかないため、どちらかというとゲーム終了までのカウントダウン程度の感覚です。勅令によって、ゲーム展開が大きく変わることはありません(手持ちの商品を1つ捨てるのが一番影響が大きいでしょうか)。

商人カードはそれぞれゲーム内で1回のみ使用することができるお助けカードなのですが、効果が地味ながら良いゲーム要素だと思います。

少し気になったのは人数によるタイル枚数の補正がないため、3人でも4人でも同じ枚数を使用して遊ぶようになります。3人プレイでは枚数が多く、プレイ時間が長く感じました(勅令タイルの引きにもよりますが)。4人であれば、枚数が適正なのかもしれません。

約3年前(2017年09月11日 12時01分)
続きを読む
閉じる
165
名が参考にしたレビュー
 by まつなが

揚子江を流れてきた商品を買って売るセットコレクションと、お城を競って集めるセットコレクションのゲームです。


12代の将軍が揃うまで時が進むとゲームが終了です。
ゲーム終了時、最終計算を行い、一番お金を持っている人の勝ちです。


時計回りに手番が回ります。手番にすることは3つです。

①売る
手番が来たらまず、手持ちの商品を好きなだけ売ることができます。
同じ種類であったり、同じ色のものが複数揃っていると、金額が跳ね上がっていきます。

↑買った商品はこのようについたてに隠します。


②買う
真ん中の川にある商品をどれかひとつ、買うことができます。
下流に行くほど商品は安く、上流の袋から出てすぐの商品ほど高くなります。

↑ゲーム終盤


③袋からタイルを引く
商品を買った分、タイルを引きます。商品タイルが出て川が埋まるまで、続けます。
タイルには主に3つの種類があります。
 ・商品タイル→一番上流に流す。
 ・将軍タイル→将軍置き場に置き(ゲーム終了に一歩近づきました)、書かれている効果を適用する
 ・タイル→競りを始めます。

競りですが、タイルを引いた人から順に、何金払うかを宣言します。


特殊カードについては、基本的にいつでも1回だけ使えます。

↑ゲームセットアップ時


ゲームの名には効率のいいお買い物と、競りによる城の獲得です。
どちらもお金が必要なので、どちらかに注力するなり、必要な分以外は出さないといった戦略が必要になります。


私はクニツィアも競りも苦手なのですが、これは基本お買い物でお金を得ることができますし、なんなら競りは全く参加しなくてお買い物だけでお金を稼ぐこともできますので、そういう意味ではやりやすかったです。

競りの対象の城も、とったら何金得か、という計算が割としやすく、そこまで難しくはありませんでした。

4人でプレイしましたが、プレイヤーごとにとった戦略が全然違ったので、競りに抵抗の無い人は複数回遊べるいい作品だと思います。

3年以上前(2017年06月22日 15時50分)
続きを読む
閉じる
97
名が参考にしたレビュー
 by マクベス大佐@ボドゲブロガー

クニツィアのセットコレクションゲーム。借金はお気軽に、だがペナルティは重い。


【ちょっとしたお知らせ】

 本記事からスマートフォンからのアクセスを想定して、より多く改行を入れるようにします。PCから閲覧されている方には少し見にくくなるかもしれません。ご容赦ください。


【ざっくり解説】

 待てば待つほど商品が安くなる『ショーマネージャー』のようなドラフト方式のお買い物が楽しい、クニツィアのセットコレクション(同種集め)ゲームです。

 商品は色と種類という2種類の要素を持ち、どちらかで共通していればセットになります。たくさんのセットを作っていれば大儲けできるので、どのタイミングで売るか悩ましいです。お金に困って手放すこともしばしば。


 このゲームの特色として借金があります。気軽にできる上、利息もかかりません。しかし!ペナルティは重いので慎重に行う必要があるのが面白いところですなんか妙にリアルで怖い借金システムです(笑)。


【長所】

 2種類の要素を持つセットコレクションです。これにより必然的に他人が集めているセットを気にする必要があります。3人いれば絶対何かで被るので取り合いになることは必至です。うまいやり方だと思います。

 待てば待つほどディスカウントされるシステムも相まって、どのタイミングで買うのかという買い物のセンスを問われるゲーム性もいいですね。この手のディスカウントシステムではベストな出来かと思います。


 また最多比較の際のタイブレーク(同店時の順位付け)ルールも秀逸です。クニツィアは本当に素晴らしいタイブレークルールをデザインする「タイブレーク職人」だと実感します。


【短所】

 全体的に使いまわしされたシステムが多く目新しい要素がないことです。とはいえ、その総合的組み合わせが絶妙で楽しいゲームに仕上がっています。物珍しい要素のないしぶ~いゲームと言えます。


 買い物ドラフトは3人が良く、競りが4人が良いというところです。結構チグハグで噛み合わないなあと思います。とはいえ流石のクニツィアなので、面白さに支障が出るレベルではないです。

 また金銭管理をしっかりしないと、元本割れ(初期資金より儲からない)があり得ます。4人だとそこそこ起こるみたいです。

 

【個人的な評価】

 渋いゲームではあるが、待てば待つほどディスカウントされる回転ずしみたいに押し出されてくる商品を、いつまで我慢するのか?どこで売るのかシンプルに悩める傑作に仕上がっています。

 カードの特殊能力は強すぎるんじゃない?と思う部分もありますが、全員同じものを使うのでやはりバランスが取れていますね。バランス調整とタイブレークは本当に職人技です。凄い。


 推定プレイ回数は3回ぐらい。3人でのプレイが多いので競りが若干緩かったです。4人で真価を発揮するタイプのゲームかと思います。タイルドラフトは3人がベストなので、この要素ごとのベスト人数のブレは非常に勿体ないところかと思います。

 とはいえ、このまま埋もれさせるには非常に惜しいゲームだと強く思います。まだ遊んでいない人は僅かに流通しているので、是非手に取ってみてください。

4ヶ月前(2020年08月10日 18時10分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 6,050(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 19興味あり
  • 56経験あり
  • 3お気に入り
  • 36持ってる

チェックした商品