マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ドリームス
  • ドリームス当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2016年~

ドリームス / Dreams の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
美しいイラストの"夢カード"を多数収録。神となり、夜空に星座を作ろう!
  • オリヴィエ・グレゴワール(Olivier Grégoire)作

 本ゲームでは、各プレイヤーは神となり、協力して人々の夢のイメージを夜空に星座として作り上げます。しかし、中に1人だけ人間が紛れ込んでいます。神々は、人間に神聖なイメージを悟られないようにしながら、人間をあぶりださなければなりません。いっぽう人間は、神のようにふるまって疑惑をかいくぐり、神々の技法を盗み、意図するイメージを察知しなければなりません。

 推理とかけひき、そして美しいイラスト。さまざまな要素がゲームを盛り上げます。さあ、神聖なる騙し合いの始まりです。

ドリームスに3件の書き込みがあります

300
名に参考にされているレビュー
2018年03月18日 20時20分

☆8
イラストを星座にして、お題を知らない人間を見つけ出せ!

各プレイヤーは神です。これから行うは人々の夢や想像を星座にすること、即ち神々の遊びです。
しかし、どういう訳かこの中に人間が1人紛れ込んでしまったようです。果たして、人間をあぶり出すことができるのか?!という、正体隠匿ゲームです。

絵を4つ用意し、その中の1つが今回のお題です。役職は、お題を知っている「神」か、正解を知らない「人間」です。

確認したら、星座作ります。
このゲームの特徴のコンポーネントは夜空を模したゲームマットです。
そのマット上に各プレイヤーに配られた石を置いていきます。
手元の石は3つ、黒い石や輝かしい石と形が大きくてくすんだ色をした石の三つあります。
どの石をどこに置くってのかが大切です。ですが、人間に絵を気が付かれてしまうのもいけないので、下手なことをしてしまっても弁解はできます。
初手が人間で置いた位置的にゲームが破綻するということはそうないでしょう。

3週行ったら推理タイムです。

各プレイヤーの手元にある星形のトークンこれがいい感じの造りで、神は人間だと思うプレーヤーカラーを指定して、人間であるなら今回のゲームのお題の番号を指定します。
全員準備が出来たら公開です。

このトークンによっていいところは処理がとても早いです。
このゲームの得点計算は招待隠匿系でありながらも多数決でなく、自分に投票されたか投票した先が正解かどうかで点数配分されていきます。※計算方法は省きます。
この手のゲームにある指差し投票では処理や確認が必要になってしまうので、この星形のトークンがそれを緩和させたのだと思います。

ゲームはとても好みです。エセ芸術家に似たプレイ感ではありますが、神の方も絵を見て正しい石の位置がよくわからないのと、感性の違いがあるので神同士で意図がわからないこと多いです。
そして、人間は石の位置から選択を絞って推理して正解にたどり着きやすく出来てると思います。後半になるにつれて絵の選択肢の共通点なんかを発見をして、そこから戦略も思いついたりして楽しかったです。

ただ、若干コンポーネント頑張ってほしかったです。
星形のトークンの造りが緩いです。厚紙に挟まったつくりなら尚、良かったです。(キングオブトーキョーのカウンターやミステリウムのラウンド時計など)
それと、3人でやるのはナンセンスなのと16点先取は長かったです。半分がいいです。

あと、遊んだ方しか伝わらないかと思うのですが、役職を配る際に正解の数字と人間のチップを配るまでの過程が面倒です。
個人的に別途同じ形をした布袋を4つ用意しました。
それぞれ正解1の袋から4の袋を用意して、それぞれ人間チップを入れてランダムに袋を選んで交代でチップをひくというはどうでしょうか。

遊評☆8

続きを読む
閉じる
271
名に参考にされているレビュー
2018年02月21日 10時36分

7/10

ディクシットとエセ芸術家を融合させたようなボードゲーム。

プレイヤーは神となって、4枚表にされるディクシット風のカードの中から1枚が指定されて、それをたった3個の石(黒、白、大きい白)で、表現する。

しかし、プレイヤーの中に1人だけ人間がいて、お題を知らない。人間は、自分が人間とさとられず、かつ神たちがつくっているカードを当てると得点が入る。

神は人間が誰かをあて、かつ、自分が人間と疑われなければ得点が入る。

エセ芸術家と違って、お題がはっきりしているので、表現はしやすい。

石3つで表現できるの?と最初は思うが、これが意外と表現でき、その分、人間の難易度は結構高い。

だが、人間の方が成功すると神に比べて高得点がとれるので、そのバランスも良い。

イラストもディクシットは1人のデザイナーがたくさんの絵を描いていたが、こっちはタッチが全然違うので、いろんな絵が出て来るところも面白い。

弱点は、まぁこれ系は仕方ないけど、人間ばかりあたる人と全く人間が当たらない人がでてきてしまうところかな。

あと、その人間を誰か決めたり、お題を決めたりするのも、エセ芸術家よりかはスピーディになっている(それでもちょっと面倒だとは思うけども、良い改良)

個人的には、エセ芸術家がそこまで好きではない(かつ、メインはそのシステム)ので、評価は6だが、ディクシットが好きなので、そのディクシット風のファンタジーな世界観は出せていると思ったので、+1点とした。

あと、最初につくる特殊な投票マーカーは、他にはない独特なかたちのようでわかりづらいみたいで、壊れやすい感じもしたので、そこはちょっと気になった。

執筆時点(2018/2/21)、日本語版が予約できるので、ディクシットとエセ芸術家の両方好きな人はかなりオススメ。

逆にふわふわしたゲームが嫌いなゲーマーには向かないかも。カジュアル層とかパーティー向けかな。

続きを読む
閉じる
216
名に参考にされているレビュー
2018年07月13日 16時34分

ジャケ買いしました。

コンポーネントもかわいい。

(けど、カードの絵はあんまりかわいくない)

 

見た目がかわいいだけのゲームかと思っていたら、期待以上でした。

 


「エセ芸術家ニューヨークへ行く」と「ディクシット」を足したようなゲームと聞いていたけど、

本当にその通りです。

だいたいは「エセ芸術家ニューヨークへ行く」で、

一人だけ人間で、残りは神様で、

4枚のカードのうち1枚のカードの星座をみんなで作ります。

で、神様は人間を当てる、人間は作っているカードを当てる。

 

きれいなコンポーネントだから上品なゲームなのかな?と思っていたけど、

もっとストレートに言うと、淡々とした感じなのかな?と思っていたけど、

「神になりたい!」とか「神の一手」とか、

「人間にはわからないと思うけど」とか、

わいわいした感じは「エセ芸術家ニューヨークへ行く」っぽかったです。

あんなにきれいなコンポーネントなのに!

 

説明書も冊子になっているのに、

インストは短く済むところも意外。

 

得点も、負担の大きい人間が点がたくさん取りやすくて、

神は小刻みに得点していくしかないシステムがよかったです。

 

そもそもプレイヤーごとに「星座を作る」という概念に違いがあって、

「私以外全員人間に見える…」ってときもあって、

絵カードもよくわからない絵ばっかりで、

その揺らぎの大きさがよかったです。

 

期待以上に面白かったです。

リプレイしたい。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,860(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 33興味あり
  • 83経験あり
  • 18お気に入り
  • 54持ってる

チェックした商品