マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
キャプテン・シルバー
  • キャプテン・シルバー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20分前後
  • 6歳~
  • 2017年~

キャプテン・シルバー / Captain Silver の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
海賊に必須のアイテムを指先でサーチ!
  • ヴォルフガング・ディルシェル(Wolfgang Dirscherl)作
  • マンフレッド・ラインドル(Manfred Reindl)作

 指先の感触で勝負するゲームです。

 ゲームボードは、大きく分けて2つの部分に分かれています。4列にいろいろな海賊アイテムが描かれた部分と、船が進む部分です。

 各プレーヤーは、8種類の海賊アイテムタイル(プレーヤーごとに色が違う)を各2個ずつを袋に入れて持ち、全員同時にゲームをスタートさせます。袋の中に手を入れて中身を見ずに指先の感触で目的のタイルを探します。探すタイルは、4列のいずれかの列の先頭のマスに描かれているものです。見つけたらそれを取り出し、先頭のマスに置きます。その瞬間に次のマスが先頭のマスになります。もし、間違って取り出したり、一瞬早く他のプレーヤーが配置してしまった場合は、取り出したタイルを火山島に置きます。これらのタイルはあとで失点になるかもしれません。

 こうして、いずれか1つの列が最後まで埋まったらラウンド終了です。タイルを置いたマスにはそれぞれ、コインまたは船のマークが描かれています。コインが描かれたマスにタイル置いているプレーヤーは、描かれた分のコインを受け取ります。船が描かれたマスにタイルを置いているプレーヤーは自分の船を描かれた船の数分進めます。途中でコインが描かマスを通過したり止まったらその分のコインを受け取ります。また、上陸地点に付いたら、宝箱を獲得できます。

 3ラウンドゲームを行い、コインと宝箱の価値合計が最も高いプレーヤーの勝ちです。

 8種の海賊アイテムには、似た形に物もあります。指先に感覚だけでその違いを素早く見分けるのがポイントになります。

キャプテン・シルバーに4件の書き込みがあります

146
名に参考にされています
2018年03月13日 01時12分

袋の中から手探りでタイルを探すのですが、思ってたのと違うのが出ると「早く隣接してるところにあれを置いてくれ!」と騒ぐ一方で「じゃああなたの持ってるタイルと隣接するタイル置き場には置かないでおこう」とか思ってたらそのタイルを引いてしまうなどわちゃわちゃした楽しさがあります。捨てるとマイナス点になるから待つか、待てないからマイナス点覚悟でタイルを捨てて新たなタイルを探すか、性格もよく出ますね。

老若男女分け隔てなく楽しめるゲームです。

続きを読む
閉じる
135
名に参考にされています
2017年08月07日 17時27分

ドイツ年間ゲーム大賞のキッズ部門にノミネートされていて気になっていたゲーム。

タイルはデジャブみたいにしっかりした厚みで、色も鮮やかで、海賊モチーフのアイテムがとてもかわいらしいです。

ボードも、モジュラーボードのようになっています。


アクションゲームで、端っこからスタートして、既に置いているタイルの隣は置くことができ、絵と同じタイルをおきます。

タイルは袋引きですが、絵の形に作られているので、手で触って、これだ!という感じで引いていきます。


船のハンドルはマルイですし地図は四角いのでわかりやすいのですが、その他はちょっと細長いという特徴が一致しているので、かなり難しいです。私は全然わかりませんでした(他の人はけっこうわかっていましたが)。


どこかの列がもうひとつの端に到達したらゲーム終了で、自分の置いたマスのコイン(得点)を受け取ったり、船マークの場合は船を進めることで宝箱を得られます。



宝箱にはばらばらのコインの枚数が書かれているので、運が良ければ少なくても勝てるかもしれません。


シンプルに楽しめるスピード勝負のゲームとして、優秀だなと感じました。テーマも定番でわくわくしますしね。

アクション系、スピード系のゲームが好きな人は、ぜひ。

続きを読む
閉じる
130
名に参考にされています
2018年10月20日 21時39分

ルールを読んでる段階では、スピード系のゲームかーと、

あんまピンとこなかったのですが

嫁と6歳の息子と3人プレイしたら、めちゃめちゃ楽しいゲームでした。


嫁も息子も最初にルールを説明した時は

これ、楽しいの?って感じだったんですけど

1ラウンドやると、すぐにこのゲームの楽しさを理解して

これ、楽しいーと大好評。


やってみなきゃわかんない系ゲームでした。


袋から、その瞬間にしか置けないタイルをタイルの形を頼りに

手探りで取り出すんですけど、これが意外にもムズイ。

もし置けないタイルを引いた場合は、ラウンド終了後にマイナス点になるかもしれないので

なんか慎重になってしまうんです。

でもそーやって悩んでるうちに、他の人にその場所を置かれたりして。

しかも慎重にしてるのに間違えたタイル引いたりもするし。

ただ、置けた時はきもちいー。


スピード勝負なので

どっちが先に置けたかなどのカオス状態になりそうですが

みんな、袋を探って狙ったものを出して置いていくので、

ゲームは、わりとちゃんと進行するってゆーか、

そんなにハチャメチャにはならず

「わー、そこ狙ってたのに―、先に置かれた―」

「あそこだけは、先に置いてやるー」など

ほどよいハチャメチャ感。


1ラウンド終了後に自分の置けたタイルの場所により得点計算するんですけど、

これが点数だけじゃなくて、自分の船のコマを移動させる報酬もあって

船を移動させると、高得点のお宝を手に入れるチャンスがあったりもします


で、タイルを置いた場所により

得点を得たり、船を動かしたりと様々にあり

中には船を沢山動かせたりする場所がかたまってたりして


そーなると

タイルを置いていく場所が重要になってくるので

適当に、タイルを素早く置くだけじゃ勝てなくなっているのです。

どの場所に自分のタイルを置くかを素早く考え

目当てのタイルを先に手探りで探り当てておき、

狙ったタイミングで取り出すって作戦も有効なのです。


でも僕は、

そんなこと考える余裕などなく、ただただ必死。

だって、嫁も息子もサクサク置いていきやがるので、

あれも置けねー、これも置けねー、

あ、置けないやつ引いてもた・・と

圧倒的にドベ。

好評で3ゲームやったけど、全てドベ。

まさか、手探りの感覚がこんなに鈍いとは。


そんな僕でも楽しいと思えるゲーム、おススメです。

続きを読む
閉じる
74
名に参考にされています
2018年10月25日 23時02分

諦めが大事。ずっとタイルが置かれるのを待っているといつの間にかゲームが終わってる。。。なんてことがあります。タイルを捨ててマイナス点を覚悟するのも大事です

あとは一列だけでなく、4列全体を見るように少し引いた目線で見ましょう。

最後に。ゲーム開始時にタイルを探す練習を設ければ公平にゲームが楽しめます。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,200(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 7興味あり
  • 35経験あり
  • 4お気に入り
  • 18持ってる

チェックした商品