マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
アンコール!
  • アンコール!当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~6人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2016年~

アンコール! / Noch mal! / Encore! の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ダイスを振って、シートをチェック!
  • インカ・ブラント(Inka Brand)作
  • マルクス・ブラント(Markus Brand)作

 ダイス目を使い自分のチェックシートに多くのチェックを入れるゲームです。

 手番プレーヤーが、白黒各3個のダイスをまとめて振り、そのうち各1個を取り、自分のチェックシートの対応する場所にチェックを入れます。残りのプレーヤーは、残った各2個から任意の組み合わせを使って、自分のチェックシートにチェックを入れます。

 黒ダイスは1~5の目と?の目があります。白ダイスには6色の目があります。例えば、黒ダイスの3、白ダイスの赤を選択したら、赤のマスに3個チェックできます。ただし、ぴったり3個です。2個や1個はダメです。

 チェックのルールは、中央のH列か、既にチェックしてあるマスに隣接するマス。そして、チェックする数は、すべて一塊に連続している場所です。

 黒ダイスの?と白ダイスの黒い目はジョーカーです。?は1~5として、黒い目は他の5色のいずれかとしてつかます。ただし、ジョーカーの目を使った場合は、自分のチェックシートのジョーカーの目を消す必要がり、これが残っていないともうジョーカーの目は使えません。

 ゲーム中、最初にいずれかの縦列すべてにチェックできたら、列の下に書かれている上段のポイントが入ります。また、いずれかの色のマスをすべてチェックできたら5または3点入ります。いずれか2色をすべてチェックできたプレーヤーがいたらゲーム終了です。ジョーカーのマスを残していれば1つに付き1点ですが、チェックシートに描かれた☆をチェックできなかったら、1つに付き-2点です。

 なお、チェックできないまたはしたくない目しかない場合にはパスもできます。

 どの目を使って、どこをチェックするかだけでなく、手番プレーヤーの時には、どのダイスを残すかも考える必要があります。ゲーム前半は大きい数字の目を使ってたくさんチェックしたくなりますが、後半は残ってしまったマスをうめるため小さな目が必要になるかもしれません。

 共通のダイス目を使ったゲームはほかにもありますが、手番プレーヤーが使った目を除くというのは、珍しいように思います。

アンコール!に4件の書き込みがあります

180
名に参考にされているレビュー
2018年01月13日 16時36分

 二男のお昼寝の付き添い中に、このゲームがソロプレイできるのを思い出したので、1人でプレイしました。
 以前、コロコロ堂で4人でプレイしたときも十分面白かったのですが、ソロプレイでも面白かったです。勿論、誰かと一緒にできるなら、それに越したことはないのですが。
 内容は、このゲーム専用のプレイシートにできるだけ早く多くの列と色のマスを埋めて、点数が高い人が勝ちとなります。しかし、専用のダイスを振ってマスを埋めていくため、必ずしも希望のマスが埋まるとは限りません。
 ダイスには、マスを決めるカラーダイスと、マス目数を決める数字ダイスの2種類あります。
 カラーダイスは、緑色、黄色、青色、赤色、橙色、黒色(ジョーカー)の6面で、埋めるマスのカラーを決めるのですが、ジョーカーは何色でも構いません。ただし、使用回数が限られているのと、使用しなければ最後に得点となります。
 数字ダイスは、1〜5と✖️(ジョーカー)の6面で、埋めるマスの数を決めるのですが、ジョーカーは1〜5までの数字で好きな数にできます。ただし、カラーダイスと共用で使用回数が限られているのと、使用しなければ最後に得点となります。
 なお、通常のルールでは、カラーダイスと数字ダイスは、自分の番のプレイヤーが各3個振って好きな目を1つずつ選んだ後、他のプレイヤーは残ったダイスでマスを埋めていきます。
 今回はソロプレイなので、各手番2個ずつ振って好きな目を選択していき、30回選択したら終了です。それで、どこまで点数が高くできるかを競う内容になっています。
 今日は3回プレイしたのですが、1回目は14点、2回目は26点、3回目は36点と尻上がりに点数を上げることができました。いかに両端の列を消せるかと、1色でも全部消せるかが大量得点の鍵を握っていると感じました。

 ソロプレイでも十分楽しめますが、やはり他の人と和気あいあいと、こうしたゲームは楽しみたいと思います。

続きを読む
閉じる
158
名に参考にされているリプレイ
2018年07月04日 23時42分

 今夜も少しだけ早く帰れたので、夕飯後に久々アンコール!をソロプレイしました。ガンシュンクレバーとのプレイ感の比較もしたかったので、楽しみながらサイコロを振りました。

 ガンシュンクレバーはコンボが決まった際の爽快感がありますが、アンコール!はパズル感が強いのだなぁと感じました。

 なぜかというと、サイコロの出た目を踏まえ、マス目を埋めつつ高得点を狙うためには、次はどこのマス目が埋めやすくなるのかを考える必要があるからです。

 勿論、ままならないサイの目ですから、思ったようには行きませんが、小さい数字ばかりを最後に残していくのではなく、バランス良く大きな数字も残していかないと、ゲーム終盤にマス目が埋められない手番が出てきます。

 また、効率良く点数を重ねるには、極力!マークを使わず、☆マークを消しながら、ボーナス点を獲得していくかに掛かっていると思います。

 今夜は37点でしたが、目指せ40点!で今後も精進していきます。

続きを読む
閉じる
151
名に参考にされているレビュー
2018年05月22日 23時31分

このボドゲを始めて遊んだ時、私は加点を狙うために列をとることに力をかけていたので、マイナス点である星が残ってしまい、プラマイで3点しか取れませんでした。

しかし、星ばかり狙っては得点の伸びは狙えません。

程よく星を潰していきながら色や列を狙うと点数が取れるというバランスのいいゲームです。

ゲームの終盤に入ると小さい数の需要が高まり、小さい数字がでても手番プレイヤーが持って行ってしまうので、数字や色を変える事ができるジョーカーはとっておくと便利です。

続きを読む
閉じる
133
名に参考にされているレビュー
2018年11月03日 12時58分

6/10

脱出ゲームで有名なEXITシリーズのデザイナーによるダイス&紙ペンゲーム。

結構このタイプのゲームはいろいろプレイしたが、さすがにどれも似たり寄ったり感は否めない。

だが、今までのゲームと比べると、このゲームは面白くできている。

理由として、普通のこの手のゲームは、どれだけ個人で得点が取れるかというものが多いが、このゲームでは、縦列を一番早く埋めた人が高得点をとれるという設計になっているため、普通の同系統のゲームに比べ、インタラクションが強めなところがあげられる。

あと色が結構ワクワクするカラーシートになっているところも個人的には好き。

なので、これ系のゲームをやっていない人が、どれをやろうか迷っているなら、これを選ぶのがいいと思う。

あとは、ノミネートされたガンシュンクレバーもアリといえばアリだけど、あっちはちょっと色1つずつ説明しなければいけないので、ちょっと面倒な気はする。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,800(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 11興味あり
  • 108経験あり
  • 20お気に入り
  • 44持ってる

チェックした商品