マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
キーパー
  • キーパー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 90~120分
  • 14歳~
  • 2017年~

キーパー / Keyper の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
人気のキーシリーズ最新作。キープルの使い方に変化が。
  • リチャード・ブリーズ(Richard Breese)作

中世の王国、キーダムを舞台にし、職人たちを指揮し、自分の村を経営し、農場を発展させ、季節の祭りを取り仕切り、河を行き交う商人と交易をします。

プレイヤーは最も良い組み合わせの土地を見極め、自分の砦から職人を送り出します。キープルたちは送り出した土地やそのほかの場所で労働し、さまざまな資源を得ることになります。

また、キープルによってアクションを行うこともできます。旅人の知識と助けを得たり、計画を立てたり、河川交易人と交易したりします。

ワーカープレイスメントのゲームですが、ほかのワーカープレイスメントのゲームと少し異なるのが、他のプレイヤーが置いたワーカーであるキープルと同じ色のキープルが、利益に相乗りできる点です。

そのため、場合によっては自分の手番が来る前に、自分のキープルすべてを働かせていることもありえます。また、すべてのキープルは2度働く可能性があります。

キーパーに1件の書き込みがあります

272
名に参考にされているレビュー
2018年03月01日 22時59分

動物駒!資源駒!宝石駒!建物タイル!
圧倒的なコンポーネントの種類&物量のおかげ?で販売価格も・・・高いかな。
でも駒がいっぱいあるのが大好き人間にとってはおそらく大満足の一品です。
もちろん正真正銘の重ゲーです。

肝心なゲームの方ですが、
そんな駒たちひとつひとつにユニークな役割が特別にあるわけではないので
実は覚えることがそれほどありません。(これはこれで良いのか?悪いのか?)

基本的なプレイの流れは
たくさんあるアクションスペースにワーカー(キープルと名前付いています)を置いて
・建物を建てる(建物自体にも得点があったりなかったり)
・建物で指定されているリソースを獲得する(これが主な得点源)
・建物を改良する(上の得点がアップする)
・いらないリソースは船で出荷する(これも大きな得点源)
を行い、これを春夏秋冬の4ラウンド行います。

ソロプレイ感強めの淡々としたゲームかな?と思ったら大間違い
このゲームの一番のポイントは、”相乗り”です。
他のプレイヤーが選んだアクションに自分のワーカーを一緒に置くことで、それぞれのプレイヤーが2〜3倍のアクションを行うことができます。両方のプレイヤーがかなり得なので相乗りして欲しいし、相乗りしたいとなります。
でも相乗りをするには同じ色のワーカーでする必要があったり、先着1名だけしかできなかったりで、プレイヤー間のインタラクションが結構強めです。

身構えるほどルールが複雑ではないですが、とにかく間違えやすいポイントが多数あります。
間違えたままでプレイしちゃうとゲームの面白さが半減しちゃうので、
プレイする前にインストする人はマニュアルを隅々まで読み込んでください。
特に間違えやすい点は次のとおり。
・建築や改良はアクションスペースを使用しなくてもキープルを置くことでできる。
・動物は対応する建物がなくても獲得でき、ラウンドの最後に建物に割り当ててればよい。(移動も自由)
・個人の建物のアクションにも相乗りできる。
・得点を得るタイルは最大4回分だけしか得られない(マニュアルだけにその回数が記載されているので忘れやすい)

元はキックスターターの製品で、その後一般流通、そして和訳つきのゲームとしてホビージャパンが輸入されました。
キックスターターを自力翻訳でプレイした方がキツキツで面白くないと言ってるレビューも見かけましたが、
ルールを間違えていらっしゃるでは?と思っています。
なぜなら私の感想では、同じキーシリーズのキーフラワーに比べて、かなりゆるいプレイ感だなと思ったからです。
建物もほぼ空き地がないように建てれますし、ほとんどの建物を改良することも、動物駒が乗り切らないくらいプレイすることもできます。
たとえ初回プレイでも、だいたいやりたいことはできたかな!って思ってしまうので、重め好きのゲーマーには1回で満足してしまうかもしれません。(ルールの分量は完全なゲーマーズゲームですけど)
しかし、食料に苦しんだりしないゆる〜い農場系をプレイしたいならかなりおすすめです。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 12,960(税込)日本語マニュアル付き残り1点
会員のマイボードゲーム情報
  • 39興味あり
  • 42経験あり
  • 3お気に入り
  • 42持ってる

チェックした商品