マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
パンデミック:ライジング・タイド
  • パンデミック:ライジング・タイド当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 45分前後
  • 8歳~
  • 2017年~

パンデミック:ライジング・タイド / Pandemic: Rising Tide の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
祖国をライジングタイドから取り戻せ! チームで協力し、歴史に残る水利施設を建設せよ!
  • ジェロエン・ドゥーメン(Jeroen Doumen)作
  • マット・リーコック(Matt Leacock)作

 国土を水の侵略から守るため、オランダ人は数百年に渡って堤防と風力ポンプに頼ってきた。国土の4分の1が海を埋め立てた土地(あるいは海抜以下にある土地)であるため、北海の嵐による洪水と河川の氾濫は、常にオランダを脅かしている。

 「パンデミック:ライジングタイド」では、オランダを洪水から守れるかどうかは君たちのチームにかかっている。この水でいっぱいの地域を駆け回りながら、君たちは水の流れを制御するために堤防を築き、移動を容易にするために港を建設し、水浸しになった土地から水を汲み上げるために風車を設置する。

 だが、嵐はいつ起こるとも知れず、海は落ち着いてはいない。君たちの努力は、祖国を高 潮(ライジングタイド)から取り戻すことができるだろうか?

 「パンデミック:ライジングタイド」は、「パンデミック」のゲームシステムを使った協力型ゲームです。勝つ時も負ける時も全員一緒です。プレイヤーたちはそれぞれ特別な能力を持つオランダの文官となり、チーム内で協力して、絶え間なく迫ってくる大水を食い止めようとします。洪水を防ぐための近代的水利施設を 4 つ建設すれば勝利です。ただし、洪水の範囲が広がり過ぎた(水コマが足りなくなった)場合や、時間を使い果たした(プレイヤーカードの山札が足りなくなった)場合は、全員敗北となります。

 「パンデミック:ラインジングタイド」では通常のゲームの他に、目的カードを使用することで、ゲームの目的を変更し、ゲームの多様性と難易度を増すプレイができます。

パンデミック:ライジング・タイドに3件の書き込みがあります

579
名に参考にされています
2018年01月03日 09時03分

ゲームの基本的な流れはパンデミックと変わりはありませんので、パンデミック経験者なら入りやすいです。パンデミックと違うのは病原菌を治療するのではなく、水害から国を守る事です。地域に堤防を建設し、水害(病原菌)が地域に流入するのを防ぎます。堤防の決壊(感染処理)をするたびに堤防が決壊し、水流が他の地域に増えていくため、いかに水コマ(病原菌コマ)をなくさないようにし、勝利条件となる水利施設を建設するかが勝利の決め手になります。アウトブレイクによるゲームオーバーはないのですが、水コマが堤防の決壊処理以外でも、プレイヤーの手番ごとに増える処理があるので、初心者レベルでも苦戦しました。しかし、パンデミックと違い、プレイ目的(シナリオのようなもの)がたくさんついているので、色々と楽しめそうです。

続きを読む
閉じる
494
名に参考にされています
2017年12月25日 23時43分

   基本的なゲームの骨子はパンデミックに準ずるので、そちらの項を参照の事。

しかしながら、このライジングタイドはパンデミックと似て非なるゲーム感。

  その理由は、

  (1)ウイルスではなく、海や河川の増水を防ぐ設定である。

        そのために、エリアごとに堤防コマがあり、これがなくなるとその地域に水が流れ込む。

    つまり水害に対して事前予防ができる。

  (2)風車(風力ポンプ)を設置することで、手番ごとに水の流れがつながるエリアから

     4つのアクションとは別に水のコマを減らすことができる。

  (3)前作までの手番ごとのカードによる危機の増加以外に、水量の多い所から少ない所に

     毎手番自動的に水が流れ込む。

  (4)以上の事から、エリアから水を全てなくせばよいのではなく、集中的に水を除去し、

     堤防を築くところと、堤防のない地域や水を残すことでポンプを使って計画的に水を

     除去していくところの使い分けが求められる。特にポンプの設置による水コマの除去は

     必須といっていいくらい重要である。

     

    非常に面白い。パンデミックイベリアの追加ルールであった「患者の移動」的な水コマの動きのおかげで、 

 長期的計画を求められる。自動的に水は増え続けるので、堤防で切ることと、緩やかに治水することの両方を

 使い分けていく必要があるのだ。

    そして、その計画を破綻させる「嵐カード」(前作までのエピデミック)。今回はパンデミックの連鎖は、

これまでよりきつくはないが、そのかわりエピデミックの回数が増え、それに伴って海水面が上昇し、後半は凄

まじい勢いで水がエリアに流れ込んでくる。ゲーム性とシステムがマッチしており没入感がある。                

続きを読む
閉じる
413
名に参考にされています
2017年12月24日 08時51分

パンデミックのシステムを既定に、オランダを水害から守るゲームです。

水に沈んでいく土地、それを防ぐ揚水のアクションなど、

要素としては「禁断の島」を思い起こさせるところもあります。


洪水(アウトブレイク)の回数によるゲームオーバーはなくなりましたが、

「嵐(エピデミック)」の効果により突発的に水トークンを置いた後にくる

「水の流入」フェイズのために、水トークン切れ負けの警戒度が高くなっているところが

緊張感を高めて、新しいプレイ感をもたらしています。


説明書もそうですが、ある程度パンデミックシリーズのプレイ経験があることが前提に作られているようです。

「嵐」の発生頻度が高く、「水の流入」など、少々ややこしい処理が頻繁に起こることもあり

まずは慣れた人同士で遊ばれることをお勧めします。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,400(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 39興味あり
  • 77経験あり
  • 10お気に入り
  • 83持ってる

チェックした商品