マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ヒト+イロ / ヒトトイロ
  • ヒト+イロ / ヒトトイロ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2017年~

ヒト+イロ / ヒトトイロ / Match Me の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
色をあわせてみんなで勝利のパーティーゲーム!色が合う言葉は?
  • 大谷 直史(Tadashi Otani)作

みんなの色 ( ちから)を合わせてゲームに勝利しましょう!文房具? 車? はたまたヒーローや物語まで。 お題カードからみんなの色が合う言葉を考えよう。 色(こころ)を合わせるパーティーゲーム!

どの色を出せばいいのかは、手番プレイヤーがお題カードから連想されるものを言って、指示します。でも人によって色の印象が違うからなかなかうまくいきません。5枚カードを裏向きに出したら答え合わせを行い、すべてのプレイヤーが順番も含めて一致していればプレイヤーの勝ちとなります。難易度が調整可能で、より簡単に、より難しくすることが出来ます。

ヒト+イロ / ヒトトイロに6件の書き込みがあります

216
名に参考にされています
2018年04月09日 14時48分

面白くて、遊んだあとすぐに自分の分も買いました。今週末も遊びたい!


やることは簡単で、お題カードに沿って親がお題を決め、それに合うカードを出すだけ。そろってたらOK。5連続揃うとOK(人数によって違ったりするかも)。


例えばテーマが「野菜」だと、親がお題を「ピーマン」って決めて、親も含めてみんなが「ああ、ピーマンはまあ緑だよね。」と出す。
テーマが「アクセサリー」だったら親がお題を「指輪」って決めて「まあ金もありうるけど多分銀だよね…?」って思って出す。


最初のデモプレイはこれくらいの難易度だったので割と余裕だったんですが、いざ始めてみると、びっくりするほど難易度が高い。


テーマ「あなたの趣味」。私の趣味…ボードゲームなら赤ポーンがあるし、みんな赤出してくれるかもだけど、あいにく赤が手札にもうない。格闘技は、黒?何色?不可。御朱印集めなら、御朱印帳に紫とかあるしって思ったけど、紫以外に何色でもある。プロレス?写真?水泳とか言えば青で統一できるかもだけど、それは嘘すぎる。。私の趣味で色のイメージがあうもの…え、なくない?

ってことで長考しすぎになりそうだったので、もう思い切って「旅行」に。

自分も旅行が何色なのかわからないけど、まあ楽しいことだしオレンジで。ちなみに結果は4人中3枚がオレンジ出割と行けました。でも夕日のイメージオレンジを出したらしい。うーん?


そんな感じで、お題を出すのも楽しいし、終わったあとの答え合わせタイムも楽しい。

何回か遊んで、最高に合わなかった回はこんな感じでした。ばらっばら…!


ちなみに手前の右下から順に、

①楽器:タンバリン
→出題者がシンバルをタンバリンと勘違いするという事故発生。ただし子も一人同じことになってて、1つあってた

②懐かしかったこと:豊洲
→まつながが迷いすぎて。。前日に、メビウスさんの25周年大会で豊洲に行ったんですが、昔客先常駐で豊洲にいたことがあって、懐かしいなって思って。。埋立地で海のイメージから私は青だったんですが、全然あわず。

③特撮:ウルトラマン
→親は赤で、私も赤を出せた!でも確かに白とか銀のイメージもある。半分白っぽいよね。

④擬音語:ぎゃー!
→台詞のような気もするけど、とりあえず。親的には刺されたから赤のイメージだったらしいです!

⑤香辛料:唐辛子
→順当にいけば赤だけど、子はみんなすでに赤を使っていたせいで、どうしようもなく…


そんな感じで、「趣味」や「懐かしかったこと」とかのお題があるから参加者同士いろんなお話ができるし、色の感覚とか、色を決めるまでの思考プロセスのパターンとか、人によって全然違って、ほんと面白かったです。


友達や、面識がある程度あるメンバーなど、お互いに興味のある人と軽く遊ぶのが楽しいかも。

続きを読む
閉じる
211
名に参考にされています
2017年12月30日 21時46分

7/10

レアゲーでなかなか手に入らなかった「この色なに色?」のオマージュ。

前作は1人のプレイヤーの色を当てるディクシット風なゲームだったが、今作は思い切って協力ゲームになっている。

ルールの違いは置いといて、この色なに色?のコンポーネントが気軽に手に入るようになったのは嬉しい! 

さすが、コロンアーク!痒いところに手が届く!

正直、システム的には「この色なに色?」のほうがいいのだが、その気になれば、できるので気にならない。

協力ゲームは、5枚のお題に対して、それぞれみんなが色のカード1枚だして、1枚でも間違ってはいけないというルールなのだが、色は15枚あるし、1人でも間違えたらアウトなので、かなり難しい!

個人的にはもうちょいお題増やして、正解率7〜8割とかにしたほうがちょうどいいかな。

あと、協力ゲームとしてはやりまくると、お題の答えが固まってきてしまいそうなので、パーティーゲームとしてたまにやるくらいがいいと思った。

続きを読む
閉じる
131
名に参考にされています
2017年12月09日 23時43分

パーティ+協力ゲーム。全員が共通のカードを持ち、テーマをオープン。手番のヒトがテーマから連想するアイテムの名前をいい(色の名前がついているアイテムを言ってはいけない)、そこから連想する色を決めて伏せる。5回繰り返し、全員が同じ色だったら勝利。

シンプルだがカードデザインもよく、トークや連想が得意でなくても出来るゲーム。皆にわかってもらえそうな最大共通項を考えるのはなかなか難しく、また、世の中には色のついたものの名前がいかに多いかと言うことを思い知らされます(笑)。

子供相手でも良さそうですが、大人相手でも、初対面プレイヤー同士で打ち解けるファーストゲームとして活用できそうです。逆に、お互いのことがわかりきってるクローズドなゲーム会ではあんまり生きなさそうな気もします。

続きを読む
閉じる
128
名に参考にされています
2018年04月01日 00時46分

内容は割愛します、他の方のレビューに付け足す要素が全くありませんのでw

それぐらい、

・インスト超絶楽

・対戦じゃなく全員一致協力の平和なルール

・むしろ色が一致しなかった場合の「ええ〜w」「あ〜wそういう意図だったか〜w」のユルイ反省会タイムが楽しい


ザ・プロファイラーと一緒に手に入れましたが、ともに、初めての方と打ち解けやすいアイスブレイク用のゲームだなあと

続きを読む
閉じる
124
名に参考にされています
2017年12月29日 13時20分

兄弟でワイワイ盛り上がれるゲームを探している時にオススメしていただいたゲームです!

ボキャブラリーが豊富でないと難しいかもしれませんが、限られた色の中からお題に沿った色を選ぶというルールが簡単で、小学生も一緒に出来ました。また、難易度を選ぶことができ、クイズカードもたくさんあるのでパターン化されないところも良いです。

協力して色を揃えるゲームですが、合わなかったときに議論するのが楽しいです!

2人でするよりも4人以上でする方が合う確率が低くなるので盛り上がれると思います(^-^)


続きを読む
閉じる
103
名に参考にされています
2017年12月10日 00時18分

前作より色カードの数が倍増していてゲームのボリュームがアップ。

しかも色カードには色の名前が書かれていて、

色が判別しにくい人も難なく遊べるのがよい。

お題カードはもう少しあってもよいかな。

(1枚のカードに4題ではなくて6題にするとか)

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,944(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
  • 37興味あり
  • 315経験あり
  • 72お気に入り
  • 161持ってる

チェックした商品