マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
青春スパイラル
  • 青春スパイラル当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 20~30分
  • 8歳~
  • 2017年~

青春スパイラル / Youthful Spiral の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
多重人格の男の子と幼馴染の女の子の物語のカードゲーム。
  • ゆお(Yuo)作

「大きくなったらお嫁さんになってあげる」、そんなありがちな約束をした男の子と女の子。
引っ越しで一度は離れ離れになった二人だったが、十年の月日を経て高校で運命の再会。
そして動き出す二人の時間。そう、傍から見ればこの恋は成就したも同然だ。

しかしトラブルは見えない所で起きるもの。
太く結ばれているように見えた赤い糸は、その実、男の子の中でバラバラに分かれていた。
彼は多重人格だったのだ…!

人格達はひとつの取り決めを行う。
高校三年間で最も彼女と親密になれた者が告白し、そしてその優れた人格に統合されようと。
これは恋の行方と人格の生き残りを賭けた物語。
青春というのはぐるぐると渦巻いて、とかく一筋縄ではいかないものである――

【ゲームの概要】
手札を順に出していき、最初に手札が無くなったプレイヤーが勝ちという大富豪タイプのゲームですが、
パスする際に手札を交換する権利が得られます。
これを利用して、ゲーム中にどんどん手札を整えることができます。
ゲームは全体で三度行われ、1回戦・2回戦は前哨戦にあたります。
最後の3回戦に勝てば勝ちなので、それまでに手札を鍛え上げましょう!

青春スパイラルに2件の書き込みがあります

186
名に参考にされています
2018年12月26日 13時33分

ちょっと設定が面白すぎるのと、6人までプレイできることから購入してチャレンジ。

『幼馴染の女の子の再会した男の子が告白をする』という、よくありがちな設定ながら、何と各プレイヤーは、主人公の一人の男の子のそれぞれ『異なる人格』であり、無事に彼女のハートを射止めた人格に統合される、というぶったまげた設定。

この時点ですでに我々にはツボでした。(笑)

ルールは基本的にトランプの大富豪に準じたもので、配られた手札から数枚を場に出していき(同じ数字の複数セットとか、連番とか)、次のプレイヤーがそれを上回る札を出すか、出せないならパスして先に手札を無くしたら「アガリ」という回り方をするので、大富豪を知っていれば基本的な進行はスムーズ。

ただしここからがだいぶ違うので、インスト時には主にこの違いを説明する必要があります。

まず各自の捨て札は自分の前に個別に置いていき、これは共有しません。

ところがこのゲーム、高校での3年間を表すので、何と各学年ごとに1回戦、すなわち全3回戦で勝負をするのです。

つまり各プレイヤーは、最初に配られた札で基本的に3学年の勝負をすることになります。

ただし、1年、2年の回では必ずしも「勝つ」必要はなく、3年の最後に勝てばそれでいいのです。

告白は卒業式のイベントですから(笑)でも最初の手札で3回戦をずっと勝負するだけではあまりにも「運ゲー」過ぎる!…と思ったアナタ、それは正しい。

このゲームの肝は「手札の交換」にあるのです。

もともと場の中央には、共通の公開札が5枚並べてあって、1・2年のうちは、手札を出せない、もしくは戦略的に出したくない(こっちのほうが多い)ときに「パス」を宣言すると、この「共通札のどれか」か、または「誰かの捨て札の一番上」と、自分の「手札」を「交換」することができるのです。

これによって1・2年生のうちは「アガリ」を目指すのではなく、いかに「自分の手札を有利に調整」するかを目指すことになります。

これが大富豪とは根本的に違う感覚です。(あんまり最初に大富豪、大富豪って言いすぎると、ずっとアガルことだけを目指してしまうので、ここ注意です。

プレイが進むと誰がどんな札を持っているのかが何となく見えてくるので、ああこの色をあいつに渡さないほうがいいな、とか、5があったら連番ができるな、とかいろいろ考えることが出てきます。(もっとも誰が何を出したかなんて全部覚えきれるもんじゃないので、だんだん何となくのノリになってきますが…)

なので、どのタイミングでいかに「パス」して必要な札を手に入れるかが非常に重要で、各自が「公開札」と、各自の捨て札を見回しながら「う~ん」と悩む展開になります。

単なる大富豪じゃん…と思っていた私も、意外にしっかりしたゲームになっていることに軽いオドロキ。

1・2年の間は出せる札の枚数が「一度に3枚まで」と制限されているのに対し、3回戦目の3年生では「制限なし」となり、ここぞとばかり一気に手札を繰り出し、誰よりも早く「アガリ」を目指します!

「よし俺からな!とりあえず4のダブルだ」

「じゃあ、私は9のダブルね」

「げ!いきなり高い高いって!」

「もちろんパス!で、このカードもらいまーす」

「ええっ、もしかして黄色のかーどばっかりそろってない?!やばいかも」

「ううむ、ここはパスだな。よしよしカード交換だな。」

「ううっなんか揃ってそう。大丈夫か?あとで怖いでぇ~」

「ワタシもパス。これ欲しかったんだー」

「きゃー、私からでいいのよね!やった」

「ぐっ、絶対やばいって!」

…とまあ、こんな感じ。

実際にはもうちょっとルールがあって、幼馴染美少女(霜月ひとえちゃん:数値11で最大)の友達の男勝り少女(藤川はじめちゃん:数値1で最低)が特殊ルールで妨害に突撃して来たり、親友男子(鷹山次郎くん:数値2)が協力してくれたり、実はそいつが主人公に気があって、驚異のBLエンド!!なんて逆転結果もあり得たり。ちょっとところどころに工夫が見られます。

歴史に残る傑作!とまではいきませんが、盛り上がりのネタとしてチャレンジしてみてもいいですよ。

ベストエンド目指して頑張ってくださいね~

続きを読む
閉じる
148
名に参考にされています
2018年09月04日 22時23分

 プレイヤー同士は多重人格である主人公の1つの人格となってプレイする。そのためプレイヤーが思い思いの人格をロールプレイしながらプレイするとより一層雰囲気が出て面白くなる。

 基本的に大富豪ライクなゲームだが、大富豪のように1回終了したら全て回収して再度配り直すのではなく自分の捨て札をもう一度手札として使用するため1年目、2年目の動きがゲームの勝利者を決める3年目に関わってくるゲーム。カードを出した後にパスをすることによって場や相手の捨て札のカードと自分のカードを交換できるので、あえて出さない戦略もあり。しかし1年(1ラウンド)が終了すると勝った人がカードを押し付けることが出来るので、2年、3年は手札の枚数差が出てくる。

 基本的に特殊エンド(1,2,11の5カード若しくは6カード)は考えなくて良い。むしろ前哨戦では最強である11とそれに対抗するための1を収集しつつ、プレイヤーの大まかな枚数の把握と、カードの役のセットをある程度固めるなど戦略を組んでいくと良い。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,200(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 8興味あり
  • 8経験あり
  • 2お気に入り
  • 15持ってる

チェックした商品