マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ルートアイランド
  • ルートアイランド当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 30~60分
  • 10歳~
  • 2017年~

ルートアイランド / Loot Island の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
お宝の島「ルートアイランド」で地図の断面を頼りにお宝にありつこう
  • アーロン・ハーグ(Aaron Haag)作

 1640年・・・・インド洋に浮かぶ美しい島に、恐るべき呪いが降りかかった。

 ほどなく、その恐ろしい黒魔術は島からなにかを持ち出そうとするもののみならず、

 その海岸に近づくものにまで降りかかることが知られはじめ、そのため、海賊たちが自分たちのお宝を隠す絶好の場所となったのだ。

 1902年・・・・数世紀が過ぎて、古い宝の地図が君と君の仲間たち、トレジャーハンターたちにより発見された。

 『ルート・アイランド』(お宝の島)では、プレイヤーは宝の地図の断片であるカードをつなげて島に上陸し、埋められているお宝までたどり着こうとします。

 毎ラウンドの最後に、探険が行われ、上陸中に宝が発見されたら、先着順で山分けになります。

 宝物は十分な地図カードが上陸中にプレイされていれば分配されますが、そのため通常は複数のプレイヤーが協力して宝の地図カードをプレイしなくては宝物にはありつけません。

 そして同業のトレジャーハンターと協力すると同時に、一番大きな分け前にありつけるようにふるまう必要もあるのです。何と言っても、ならず者の海賊が遺した宝物なのですから、分けるときも同じと言うことです。イャアァァ!

 はたして、正しい宝の地図の断片を持っているのか?

 他のプレイヤーは宝のありかへとつながる地図の断片を持ているのか? 何より、呪いを取り除くことはできるのでしょうか?

ルートアイランドに1件の書き込みがあります

264
名に参考にされているレビュー
2017年12月20日 23時54分

カードの種類も多いし、セットコレクションでいろんな計算が出てくるので、なかなか慣れるまで大変ですが、他にはない感じで楽しいゲームでした。もう1回遊んでみたいな。


カードは、

・お宝カード:得点になっていて、セットコレクション的な要素になっている

・地図カード:宝箱の数分、地区にカードを出した人にお宝が分配される

・イベントカード:ラウンドごとに、ちょっと変わった制限が入ったりする

・呪術師カード:最後になかなかのパンチが飛んでくる

って感じです。


この手に持ってるのは地図カード。出す時にアクションがついていたりします。


昇順に場に出すことができます。カードを出すとディスクをその地区に置くことができて、お宝が分配されます。真ん中に公開されているのがイベントカードです。


最後の点数はこんな感じ。どくろの点数強い!


クニツィアのケルト的な感じに少し似ているかも。

インストはなかなか大変なゲームではありますが、良いゲームでした。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,888(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 6興味あり
  • 22経験あり
  • 3お気に入り
  • 19持ってる

チェックした商品