マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ガンジスの藩王
  • ガンジスの藩王当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 55興味あり
  • 118経験あり
  • 20お気に入り
  • 67持ってる
  • 2~4人
  • 45~75分
  • 12歳~
  • 2017年~

ガンジスの藩王 / Rajas of the Ganges の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
インドが舞台に領土開発。帝国の頂点に立つために富と名声を集めよ
  • インカ・ブラント(Inka Brand)作
  • マルクス・ブラント(Markus Brand)作

 6世紀のインド・・・・ムガル帝国の頂点に立つは数多の属領を従えるアクバル大帝。

 しかし、その地方領の多くはイスラム教徒ではなく地元のヒンズー教徒の藩王たち 「ラージャ」によって政が行われていた。そしてラージャたちはお互いにその力と威光を競い合っていた。人々の生活は、ヒンズー教とカースト制が大きく影響を与えていた。プレイヤーはラージャの一人として、地方領の運命をかじ取りし、カースト制を使い、交易を行い、ガンジスを行き交うことで領土を開発していくことになる。しかし、神々の意向も大きく運命を左右する。良き業を積むことも必要だが、一方で悪しき行いも富と名声に繋がっていることになる。

『村の人生』のブラント夫妻による、インドはムガル帝国をテーマにしたエッセン新作です!

ガンジスの藩王に2件の書き込みがあります

チェックした商品