マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
タイムボム:新版
  • タイムボム:新版当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~8人
  • 1~30分
  • 10歳~
  • 2017年~

タイムボム:新版 / Time Bomb: New Edition の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
時間を巻き戻してしまうタイムボムの爆発を阻止せよ!3つの陣営に分かれる正体隠匿ゲーム
  • 佐藤 雄介(Yusuke Sato)作

世界中で高い評価を得たカードゲームが装いも新たに登場!

時間を巻き戻してしまうタイムボムの爆発を阻止せよ!
◎簡単なルールで気軽に心理戦が楽しめる!
◎最後まで脱落者が出ない!
◎追加選択ルール(第三陣営の登場)あり!
◎イラストレーター326による楽しいイラストが雰囲気を盛り上げる!

タイムボム:新版に17件の書き込みがあります

342
名に参考にされているレビュー
2017年12月04日 22時21分

6人で初プレイ。

具体的なルールは前作のレビューにも書いてあり割愛しますが、シンプルなルールの中に幅広い戦略があり、本当に疑心暗鬼。

ポイントとしては

①犯人同士もお互いの素性がわからない。

正体隠匿でよくある「全員、目を閉じて下さい。」がなく、分かるのは自分の役職のみ。

→そこから、犯人側をあざむく為に警察側も嘘をつく。警察側=証言の信憑性を審議し犯人を炙り出せば勝てる訳でもない。

②正体がバレてもゲームは成立する。

犯人側が複数いる場合、むしろ一人は積極的に爆弾を当てに行くことで場を掻き回す事が出来る。警察側は爆弾の在りかを察知されないように嘘をつく事も可能だし、他の犯人は正体を隠してサポートする事も可能。

③ニッパーカードの存在、ラウンド毎のリシャッフル

警察側はニッパーカードを出来ることなら警察側で回して行きたい。しかし、犯人側に解除カードがある場合、犯人側にニッパーカードを渡さざるをえない。ラウンド毎に解除カード、爆発カードがぐるぐる回る。手札によって戦況も戦略もガラッと変わることに。


その反面、配牌による良し悪しはあるものの、1ゲーム短時間だから、何度でもやれると思います。

続きを読む
閉じる
296
名に参考にされている戦略やコツ
2018年04月22日 23時39分

【タイムポリス】だった場合

①結託してボマー団をあぶりだす

 ⇒会話によって「あなたボマー団?」など、揺さぶる

 ⇒自分がタイムポリスだということを明確にする

 ⇒「解除」は「本気で喜ぶ!」

②解除を焦らず、4ターン目に勝負を決める!

 ⇒なるべくボマー団ぽい人にはペンチを回さない

③終盤にボムを持っていた場合は「絶対に言わない」

 ⇒終盤はボマー団がカミングアウトしてボムを直接狙いに来るパターン多いです。

 ⇒「あ~、残念です。ぜんぶ『し~ん・・・』でした」など言ってごまかす。


【ボマー団】だった場合

①序盤は完全にタイムポリスになりきる

 ⇒タイムポリスを完全に油断させる

 ⇒「解除」を本気で喜ぶ

 ⇒自分がボマー団だということをいったん忘れる

②自分のところに解除があっても絶対に言わない

 ⇒全部「し~ん」です…とか言って解除を避ける

 ⇒ボム1枚、し~ん4枚などのシチュエーションなら必ず「解除」あるよって言う

  ※し~んが出る確率は高いけど、ボム1発で勝利できる強みがある!

③カミングアウトは大胆にする!

 ⇒ボムを持っている人が分かって、2分の1確率でボムが引けるなら勝負する!

 ⇒ペンチが渡ってきたときにボムが分かっているならすかさずアタック!

続きを読む
閉じる
289
名に参考にされているレビュー
2017年12月04日 01時15分

まあ要らない付属品は増えた気はしますがw

旧版から値上がりしたわけではないのでいいでしょう!

旧版から2人分カードも増えて、8人までできる!おk!

スパイが入るとさらに深い戦略性が出ておもろい!おk!


絵柄が気に入らないとかいうならしょうがないですが、買って損なし!

続きを読む
閉じる
265
名に参考にされているレビュー
2018年04月14日 21時36分

ヤバいです!超面白いです!

5人で初プレイして10回ほど連続でプレイしました

延々とやり続けそうになったので無理やり切り上げましたw

正体隠匿ゲームで人狼の様に脱落者が最後まで出ないのが素晴らしい

多人数プレイ時にいきなり傍観者にならず済むのは本当に素晴らしいです


多人数ならスパイは絶対入れた方が面白いです!

疑心暗鬼度倍々、ニッパーを握らせる相手すら選ぶのに悩みまくりw

ラウンドが進む毎に選択肢が減って行き、1枚引けば勝てるボマー団側が勝ちやすい気がしました

自分がやった時はボマー団7割パトロール3割スパイ0勝でした

スパイの立ち回りが1番難しいかな〜という印象

でも入れないと盛り上がれない!

そこも含めてルールも簡単、途中脱落者なし、盛り上がれる要素満載のいいゲームです

価格も安いですしね!


私達の仲間内ではこれからはタイムボムは鉄板ゲームになりそうです!

続きを読む
閉じる
234
名に参考にされているレビュー
2018年01月12日 17時27分

面白さは皆さんが書かれている通り。

自分のタイムボムが特筆すべきなのは、ゲームマーケットチャンネルで当選したタイムボムであるという事!

箱の裏にはデザイナーの佐藤雄介先生、ナカムラミツル先生のサインや絵が描かれている事です。

この世に1品しかない貴重なアイテムとなりました。

大事に大事に遊んでいこうかと思います。

ちなみに新版になってからの勝率は0勝2敗ですw

続きを読む
閉じる
199
名に参考にされているレビュー
2018年05月09日 22時57分

【アラカルトカードゲーム賞2017】
5位。  
2014年にゲームマーケットで販売された後、人気が高く2017年に新版としてリメイク。プレイ人数2-8人。

正体隠匿ゲームだが、基本は敵味方のどちらかに別れるだけなので初心者でもすんなりルールが理解できるようになっています。

ルールは皆さん書いているので、旧版 --->新版    を比較した感想を書いておきます。

ニッパータイル  --- 旧版はカードだったが、今回は形がニッパーになっていて線を切っている感じが表現できていてよい。

解除チップ  --- これがあるとあと何枚解除すればいいか一目で直ぐわかっていい。旧版では、いつもサクセスあと何枚?と言ってカードを確認していたので。

サマリーカード  --- プレイ人数によって用意すべきカードの組み合わせが記載されていてよい。

スパイの役職追加 - - -  ボマー団、タイムポリスのどちらでもない役職追加。スパイの目的は解除も爆発もせずに4ラウンドを終わらせること。

プレイ人数 - - -  旧版4-6-人、新版2-8人と拡大。

絵柄 ---  旧版の方がまだシンプルでいい。新版の絵柄はもう少しなんとかしないと万人受けしない。

続きを読む
閉じる
192
名に参考にされている戦略やコツ
2018年04月10日 00時49分

欺し合いなので、それに基づくものがコツになりましょうか。


出来れば序盤で陣営がバレてしまう事は避けたいです。

2つ3つの解除を餌に信用させるのも良いでしょう。


自分がプレイ中に気にしているのは、ボマー団をなるべく早く見極める事です。

そこを軸にして考えをまとめます。

もっとも、それで綺麗に考えがまとまる事は少ないので、後は勢いに任せます。

このゲームは慎重になり過ぎるよりも、みんなとワイワイ言いながら楽しむ方が断然面白いです。


また、作者様もおっしゃっていましたが、各種表現が穏やかなものになっていますので、年少の方とも遊びやすくなっています。

ルールも簡単ですので、お子様でも参加出来ると思います。


また、合宿や修学旅行、酒が入った後のパーティでのゲーム等、色々な局面で楽しめるかと思います。

待ち時間の長いタレントさんなどにも最適かと思いますよ。


続きを読む
閉じる
175
名に参考にされているレビュー
2018年12月20日 11時47分

タイムボムという時空爆弾を爆発させようとするテロリストの「ボマー団」と、その爆弾を解体して爆発を未然に防ごうとする「タイムポリス」に分かれて、爆弾の解体コードを順番に切ってゆく…という、正体隠匿系のカードゲームです。

人狼の系譜にあたる作品ですが、どのコードを切断してゆくかを顔色や発言を見ながら指定してゆくだけ、という展開で、本家人狼よりも「会話」に頼るウエイトが少なく、かつ脱落もないので、人狼が苦手なプレイヤーにも非常に好評でした。

そう、よく映画で見るような爆弾解除の赤青コードをハラハラしながらニッパーで切断するシーンのゲームなんです。

デザイナーは日本人で、佐藤雄介さんという方が同人で出していたものが好評を博し、アークライトから新版として発売されたものです。

イラストが、326氏(中村ミツル)という独特なタッチのイラストを描く人で、私個人は知らなかったのですが、以前は「19」というフォーク系のバンド活動をしていたそうです。(「あの紙ヒコーキくもり空わって」が有名…らしい。)

我々のメンバーにも女性ファンがいて「キャー!こ、これは326さんじゃありませんか!」と感激していました。(笑)このホンワカしたイラストのおかげでオシャレでユーモラスなイメージで進行するので、初心者や女性陣にも安心して勧められます。

例によって陣営カードを密かに配布して確認したら、各プレイヤーの前にシャッフルした「導線カード」を同数ずつ並べ(中身は本人だけが知っている)、順番に誰か(自分以外)のカードを指定して、「そのコードを切る」と宣言することになります。

ほとんどは何も起こらず(ダミーの回線なんでしょうね)「し~~ん…」と書かれているカードなのですが、無事に「解除」を引き当てることができたなら、人数分置いてある赤ランプマーカーをひとつ裏返して青ランプにします。

これが全部青ランプになれば、無事に完全解除となりタイムポリスの勝利となりますが、もし途中で「Booom!」という爆発カードをめくってしまうと、爆弾は爆発してボマー団の勝利となってしまいます。

導線カードは定期的にシャッフルして配り直すので、そのたびごとにどんな発言をするのか。カードを指定するときのリアクションは?とか、あーだこーだにぎやかに進みながら情報を推理していきます。(もちろん分かんなかったらテキトー…いや勘に頼ってもいい。(笑)このへんの負担の軽さと、適度な運が特徴でしょうかねぇ。)

たとえ正体がばれても、残り少なくなってくる導線カードの中で、「Boooon!!」を選べばボマー団は勝てるので、そんなに正体秘匿に神経質になることもなく、最後までプレイできます。これ大事ですよね。

「えええ…どれを切っていいのか分からない~。ヒント教えて~」

「あー、俺のところには解除無いからこっち切っても意味ないよ~ニヤニヤ」

「うっ、その笑いが怪しいぞ!笑」

「こっちには解除が2枚ありますよ~」

「あー私も解除2枚ありまーす!」

「こら、ちょっと待てお前ら!解除はあと3枚しか無いはずでしょうがっ!」

「え?…という事は?」

「ギクギク~ッ!笑」

「ふう~ん、なるほどね。さっきもそうだったよねえ」

「え?そうだっけ?」

「こらお前ちゃんとカード見とけや」

「じゃあ、これ切りまーす!」

「ホントにいいの~?ニヤニヤ」

「う…じゃあこっちにしようかな」

「こら、引っかかるんじゃなーい!笑」

こんな感じで進みます。

ゲーム時間も、6人でやってインスト5分+プレイ30分程度。

全部めくる必要はなく、解除が揃ったりBooon!が出たら終わりなので、けっこうあっさり終わります。なので「よっしゃもう一回!」の声が出る盛り上がり具合でした。

また役割カードには「スパイ」を混ぜることができ、タイムアップしたらスパイの勝ちとなるので、慣れてきたら含めるとより楽しくなりますよ。おススメです。

続きを読む
閉じる
169
名に参考にされているレビュー
2018年10月22日 15時34分

嘘をつくのって勇気や覚悟といった心構えと、それを突き通し続ける為の計算力が求められる非常に難度の高い行動だと思うんですよ。

なのでいわゆる正体隠匿系のゲームってこの二つにある程度耐性や、もしくは慣れていないとやってる本人がプレッシャーに潰されてしまうんですよね。


"嘘つくの自信がないし周りに迷惑もかけたくないな、でもちょっと正体隠匿に興味ある・・・"


そんなあなたに、タイムボム。


だってこれ嘘つくのやめていいんですもの。

嘘つくのに耐えられなくなったらニッパーを差し出してこう言えばいいんです。


「あ、私ボマーなんでボム狙いますね」

チョキ


このゲームの凄いところは、

仮にこれで外したって負けたわけじゃない。


正体がバレてもちゃんと勝負が続くのってすごくないですか?

普通はバレたら負けですよ。

これならゲームを壊す心配がないですね。安心安心。


〜突如始まる茶番〜

慣れてきたらカミングアウトのバリエーションを増やしてみましょう。

 

「風水的にニッパーをここに置くといいらしい・・・」

チョキ


「あ、手が滑ったあああ!」

チョキ


「吸い寄せられるううううううう!」

チョキ


「めがぁ!めがぁぁああぁぁあ!」

チョキ


こんな感じで気軽にできます。

続きを読む
閉じる
166
名に参考にされているレビュー
2018年10月17日 05時12分

★8(個人的10段階評価)

初心者向け正体隠匿系ゲームの傑作。正体バレ=敗北ではない!


絵柄がとても可愛くなったこともあり、初心者が実に入りやすい正体隠匿系ゲーム。


基本的には警察陣営と爆弾魔陣営に別れ、警察側は爆弾の解除を、爆弾魔陣営は爆発を狙うゲームです。

細かなルール説明は省きますが、よく映画にある「赤を切るか青を切るか」を順番にやっていくゲームだと思えば大体正解です。

切るコードの内訳は、


「解除に繋がるコード、複数(制限ターン内に全部切れば解除)」

「特に意味をなさないコード」

「切ると即爆発するコード(一本)」


の三つであり、警察側は当然解除に繋がるそれを全部切りたい。爆弾魔側は爆発するコードをなんとか切らせたい。

ただ問題なのは、これらのコードが基本的にどこにあるのか、誰も分からないことです。……自分が確認出来る手札として割り当てられた、数枚以外。


なのでゲーム風景は

「自分の持っているカード五枚のうち、二枚が解除だったよ! 誰かほら、切ってみて!」

「そんなこと言って、お前爆弾魔だろ? ホントは解除なんてなくて、爆発するコードがあるんだろ? ん?」

「いやそんなこと言うお前こそが爆弾魔だろ」

というような感じになっていくわけですね。まさしく人狼系。


ですがこのゲームのポイントは、他の多くの人狼系と違い、全員しっかり「語るべき情報」がある点です。


「自分の持っていたカードの内訳は、こうこう、こういうものだった」


という情報。各自から集まるその情報を元に切るコードを決めるゲームですので、基本的に初心者でも「何を話していいのか分からない」となりづらいのが、非常にグッド。占い師の立ち回りに大きく左右される人狼などよりは、数段敷居が低いです。


それでも勿論嘘をつく必要性等は出てくるため、頭脳戦(心理戦)は成り立つのでご安心を。


更にこのゲームの敷居を低くしているポイントとして、正体がバレてもそれが全てじゃない、というのがあります。

あくまでこれは爆弾を巡るゲーム。犯人当てや相手陣営の排除が目的じゃないのです。

つまり、「お前爆弾魔だな!」となったら、次の段階……つまりは、


「バレちゃぁ仕方ねぇ! 今後は堂々と爆発コードを切りに行ってやるぜぇ!」


と開き直ってゲームに参加出来るわけです。

最終的に運でゲームが決まることも多いため、本当の意味での高度な頭脳戦を繰り広げたい方には向きませんが。


とはいえ、だからこそ「わいわい面白い正体隠匿」であり、個人的には非常に重宝しております。


人狼系としては人数を比較的必要としないゲーム(なんと二人用ルールまである!)なので、「お手軽な人狼」をお探しの方には是非オススメしたいゲームですね。

続きを読む
閉じる
163
名に参考にされているレビュー
2017年12月26日 09時40分

先日、4人で遊びました!



時空警察とボマー団の駆け引きが面白かったです!

特に解除キーとBoomを両方持っている際の攻防や

相手が解除キーを持って本当に持っているといった

読み合いが面白かったです!


またゲームは4人だったのでサクサク進んで楽しめました!

続きを読む
閉じる
158
名に参考にされているレビュー
2018年12月12日 14時47分

まだ1日の2ゲームしかやっていないですが、面白い。


ワンナイト人狼に近いゲーム感がありますが、数ターンあるのも面白い。


だれが仲間かを前半は調べつつ、どこのタイミングで、カミングアウトするかがキモのゲームな気がします。


ただ、だいたいフリートークがベースなので、喋る人、それを受けて話を発展させる人、冷静な分析ができる人、色んな人が混じっていると、さらにゲームが楽しくなります。


「そーいえば、警察学校で同期だったな。」とか

「あいつ同期にいたっけな!?」とか

「メガネのやつは、爆弾作ってそう」とか

「あいつは、親子3代爆弾魔だ」とか


完全な場外乱闘で話を膨らませて、みんなで盛り上がることウケアイです。

続きを読む
閉じる
143
名に参考にされているレビュー
2018年04月19日 19時23分

二人+おおたさんで遊びました。

おおたさんの存在感!

意味あるのかな?と思いつつやって見たのですが、物言わぬプレイヤーがかき乱してくる感満載で楽しいです。

続きを読む
閉じる
136
名に参考にされているレビュー
2018年10月15日 08時08分

 コロコロ堂で、6人でプレイした感想です。

 佐藤雄介さんがデザインした正体隠匿系のカードゲームで、時空警察とボマー団に分かれて、爆弾を巡り戦いを繰り広げます。

 戦いと言っても、時空警察側が爆弾を解除するか、ボマー団側が爆弾を爆発させるかとなっています。

 ルールの詳細は、YouTubeで「タイムボム」として検索をかけていただくと、いろいろな解説動画がありますので、そちらをご参照ください。

 今回のプレイでは、スパイを抜いていますので第三者勢力はなく、単純に時空警察とボマー団の戦いになりました。

 私は時空警察側ですが、誰が時空警察で誰がボマー団なのかは分かりませんので、他のプレイヤーが時空警察側かボマー団側か何を持って信じるか非常に難しかったです。

 ただ、他の時空警察側のプレイヤーと協力関係が築けたため、何とか勝利することができました。

 ボマー団側のプレイヤーたちも、カード枚数が少なくなるギリギリまで嘘をついてこないので、疑心暗鬼に襲われながらも6本全部解除できたときはホッとしました。

 次回は、ぜひボマー団になって、ゲームをプレイしたいものです。


続きを読む
閉じる
129
名に参考にされているレビュー
2018年01月17日 19時08分


絵柄さえなんとかなれば超良作!

見た目で購買意欲をなくす方もおられるかも知れませんが、絵柄のターゲット層ではない年齢の方が、確実に楽しめます。

人狼の途中退場後の暇な感じがなく、正体がバレても最後まで楽しめます。

正体隠匿ゲームが好きなら、確実に買うべし!お、断言できてしまうほど面白いです。新版は最高プレイ人数が、少し増えたり、上級者用の役職が増えたりしていますが、基本は変わりませんよ。旧版も新版も好みが分かれるパッケージですが、中身はどちらも超良作です。

本当に、惜しい!

続きを読む
閉じる
108
名に参考にされているルール/インスト
2018年08月22日 15時37分

ふんわりインスト

かんたんなルール動画作りました。

全体のイメージを把握するために 

インスト前によかったらみてください(ルールの省略あり)

Youtubeリンク↓↓↓↓↓↓

https://youtu.be/JISMmYWUqh4

よかったら チャンネル登録、コメント、フォローもお願いします。

続きを読む
閉じる
52
名に参考にされているレビュー
2017年12月26日 04時08分

イラストが可愛らしくなりました\(^o^)/

内容は前作とほぼかわりませんが、スパイ要素が加わりハラハラ感は倍増\(^o^)/

デザインが変わっただけで満足度が私は上がりました(`・∀・)ノイェ-イ!

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,160(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
  • 92興味あり
  • 649経験あり
  • 166お気に入り
  • 448持ってる

チェックした商品