マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
オーティス
  • オーティス当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 60分前後
  • 2017年~

オーティス / Otys の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
22世紀、海面水位上昇により水没した世界で、海底資源を回収せよ。
  • クロード・ルッキーニ(Claude Lucchini)作

 22世紀のまっただ中にようこそ。不摂生、否定、無謀の300年のあと、海面水位の上昇が陸地の最後のかけらを飲み込みました。生存者たちは、かつてないほど高くそびえ立っている海上コロニーで暮らしており、深海から引き揚げた過去の残滓を利用して持ちこたえ、生き延びるために奮闘しています。

 OTYS(オーティス)コロニーの一員として、あなたの最高のダイバーを深海に送り込み、最も有用な資源を回収しましょう。ダイバーたちはそれぞれ独自の得意分野を持っていますが、コロニーから割り当てられる利益をダイバーたちへと適切に振り分けるのはあなたの役目です。ダイバーたちへの酸素供給量は限られているので、海面への彼らの帰還を慎重に計画しましょう。競争相手に勝るためには、装備の改良も忘れてはなりません。

 「OTYS(オーティス)」では、プレイヤーは海上コロニーの一員となり、ダイバーを派遣して、深海から有用な資源を引き揚げます。ダイバーの特殊能力、深度レベル、コロニーのボーナスを調和させて、あなたの戦略を最適化しましょう。しかし注意してください――各任務のあと、酸素を補給して特殊能力を回復するために、ダイバーは海面に浮上しなければなりません。コロニーの契約を履行し、報酬を獲得し、競争相手より多くの名声を得ることが目的です。

 ダイバーの潜水時間の管理などユニークなゲームシステムを採用した、毎年話題作をリリースしているベルギー・PearlGamesが2017年のエッセンゲームショーでリリースしたボードゲームです。

オーティスに3件の書き込みがあります

473
名に参考にされているレビュー
2017年11月05日 18時44分

時代背景は海が増水してしまい現代文明は滅んだあとの世界
海の底にある資源を回収しながらも
隊員をレベルアップしたり
ハッカー能力や潜水力をレベルアップしたり
依頼をこなし勝利点を稼いだりするゲームです。

はめ込み型の個人ボードと依頼を受けたり物資を売ったりする中央ボードに別れており
ステップとしては
1、1〜5までのタイルを右にやり中央ボードの恩恵を受ける

2、タイル→隊員タイルから押し出し、隊員タイルの効果を発動

3、隊員タイルは酸素の補給のため一番上に移動
という単純な物なのですが

バッテリーを消費すれば1の間に隊員タイルを上下できたり、3の時に一番上に行かなくすることもできたりできます

また使った番号のタイルは下に置かれて一定の枚数タイルがたまらないとまた使えるようになりませんが
xタイルがあれば再び使う事もできますが、恩恵のタイルが移動してしまうというジレンマもあります

隊員は主に
・資材(金属・植物・燃料・技術)を番号のストックに置く×4
・さらに潜れるようにするor少ない枚数でタイルを戻せるようにできる
・契約カード(資源を集めて使用して勝利点を手に入れる)を入手するorとなりの人の番号のアクションを使用する
・契約を達成すると毎回もらえるボーナスタイルを手に入れる
・番号に置いてある資源を売ったり、市場に出ている資源を買う
8種類のタイルがあり、それぞれ恩恵にて強化したりする事が出来ます。

契約カードにて手に入るカードが一番点数がよいので
色を合わせた資源を効率よく手に入れ、点数を稼ぐゲームです。

パズルゲームのように上手く連鎖して

噛み合えば最高に楽しいです


ステップ自体は少ないですが

選択は多く他人を見ながらプレイしなければなりません
(わざと恩恵タイルをxタイルでずらしたり、スパイのタイルで隣のタイルを使ったりとか) 

続きを読む
閉じる
366
名に参考にされているレビュー
2017年11月15日 23時05分

ゲームイメージは海面が上昇し近代文明が滅んだ後の世界です。

海の底に眠っている技術や資源を回収しつつ、ダイバーの技術を向上させ

後方支援のハッカーや潜水力をレベルアップしながら

依頼をこなし勝利点を稼ぐゲームです。

依頼はフィールドに表になっているものと、ダイバーによる効果で各々が入手できるものがあります。

個人個人にチップとタイルをはめ込むボードが渡され、中央には資源、支援者タイル、依頼、得点が記載されたボード

各々は

1〜5+Xタイル(好きな数字に置ける)の6枚のチップを右にずらし、中央ボードの支援者の効果を受け、ダイバータイルの効果を発揮し、そこからダイバータイルは一番上に移動して手番が終了し次の人のターンになります。

一見単純な内容ですが、アイテムとして用意されている

バッテリー、そしてXタイルがなかなかどうしてゲームに悩ましさを出してきます。

バッテリー:①チップをずらす前に使うとダイバータイルをレベルによって上下させることが出来ます。②チップをずらした後に使うと、使用したダイバータイルをそのまま残した状態にでき、一番上に浮上する必要がありません。

バッテリーが複数あれば何度も使うことが出来るためこれによりまだ使っていないチップに残していたダイバーを移動させることが可能になります。


Xタイル:好きなナンバーのチップの代わりになる。使用すると中央ボードの支援者タイルの順番が変動します。その後選択したナンバーの支援者の効果が発動します。

次の人や周囲の人がXタイルをどのように使ったのかは見ておく必要があります。意外なところで変動すると自分が考えてた手順を変更しなければなりません。

勝利点は依頼を達成して稼ぐ方法と、ダイバーのレベルアップによって得られる得点の2つがありますが、後者は1点でダイバーにも限りがあるため依頼で稼ぐことをお勧めします。

常に変動する状況をどのように開拓していくのか、頭をぐるぐると回転させながら楽しく遊べるボードゲームです。

続きを読む
閉じる
207
名に参考にされているレビュー
2018年05月19日 21時03分


ゲーム会にてプレイする気かがありましたのでレビューさせて頂きます

始めのインストを聞いた時にはなんかすごく複雑そうなゲームだと思いましたが、やってみればやることは簡単

ダイバーたちが積みあがっているところの水中層(1~5)を選んで、そのダイバーのアクションを行って、アクションを行ったダイバーは呼吸するために一番上に移動して空いた場所はそのまま上から1つ下へずれて埋める、これだけです

実際はアクションを行う階層によってもらえるボーナスや1ち度行った階層は行って数のアクションを行わないと再アクション出来ない等の細かいルールはありますが基本は


アクションして、そのダイバーを一番上に移動させ、その空いた場所は上から下にずらして埋める


だけです


そうやってアクションを行いながらVPをwるための資源を獲得したり、ダイバーや施設?をバージョンアップさせていきます

ひたすらにダイバーをこき使う素敵なブラック企業な雰囲気を感じられなくもありませんw

ゲームの目的がVP獲得なのとVP獲得は基本的に資源を獲得して依頼?(クエスト?)を達成するだけなのと、ほかの人を直接攻撃したりすることができない(ほかの人のダイバー能力を拝借することはできます)、そして同じ階層でアクションをもう一度するには「×」マークの付いたワイルドカード的な階層トークンを使うか一定アクションを行い、総階層のアクションをリセットしるしかないので、とてもやることは分かりやすくダウンタイムも少なかったです


ダイバーが潜るというよりだるま落としの変形的な感じもしましたw

2~4人までプレイできますがそれぞれの人数でそれぞれの楽しみ方ができるのもいいと思います(手番プレイヤーはメインボードを操作できるのでボーナスをずらして、他人のプランを壊したりできます)


気になったのはダイバーを抜いて一番上に置き全体を下に落とすという行為を繰り返すため、仕方ないかもしれませんがプレイヤーボードが「ぐちゃ~」っとなりやすかったです

これは私だけかもしれませんけどもw


黙々と勝利に向かって前進していくゲームが好きな人にはとても面白いんじゃないでしょうか

続きを読む
閉じる
  • ¥ 7,020(税込)日本語マニュアル付き残り1点
会員のマイボードゲーム情報
  • 33興味あり
  • 70経験あり
  • 14お気に入り
  • 48持ってる

チェックした商品