マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
コーヒー・ロースター
  • コーヒー・ロースター当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1人用
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2015年~

コーヒー・ロースター

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
コーヒーの焙煎をテーマにした、一人用ボードゲーム。
  • Saashi作

プレイヤーはコーヒーの焙煎しとなり、コーヒー豆を焙煎していきます。
ボード上にチップを配置し特殊効果を発動させ、ゲームを進め、コクや香りなどのコーヒーの魅力を引き出すことが高得点の鍵になります。
たくさんの種類のコーヒー豆があり、一人用のゲームですが高いリプレイ性がある作品です。

レビュー 7件

488
名が参考にしたレビュー
 by masacky

気分はもう焙煎士、超一流=マイスターを目指せ。


コーヒーロースター プレイ中イメージ


概要

あなたは、コーヒーの焙煎士。
袋の中にある豆を焙煎して、より美味しいコーヒーを
作り出していきます。
でも気をつけて、焙煎しすぎると焦げ豆になって
評価が低くなっちゃいますよ。
22種あるうちの3種の豆をうまく焙煎して、最高ランクである
マイスターを目指しましょう


ちょっと詳しく

豆によって個別に指示された豆や水分などのチップを袋に入れて
ターンごとに決められた枚数を引きます。
出てきたチップを見てその豆を煎るかなどを決めます。

この時、役立ってくれるのが3種類のフレーバーチップ
豆を足して煎り具合を上げる/煎り具合はそのままで袋に戻す/低い煎り具合2枚に変更
の3種類の効果を得ることができます。

また、フレーバーチップを使うことで何枚か引きなおすことができたり
最後のテスト時にいらないチップを捨てるスペースを増やせるなど
特殊な効果を得ることができるので、
これを利用して豆ごとに決められた焙煎度を目指しましょう。


一人でコツコツと楽しめます

このゲーム、一人用です(二人以上でも助言という形で参加はできますが)。
豆チップを袋の中でジャラジャラかき混ぜていると
まるでコーヒー豆をかき混ぜているかのような感覚になります。

最初の数回は次はこうだっけ、それからこうするんだよな…と
説明書とにらめっこしながらのプレイになると思います。
ですが、実際のルールはそんなに複雑ではないので
何度かプレイすれば説明書を見ることなく
スイスイプレイが進むようになるのではないでしょうか。
(でもたまにチップの替え忘れとかしちゃうこともありますが)

正式な、というかメインのメニューは3種の豆を焙煎して
その合計点数を競うものですが、
メインメニューで進めても1ゲーム30分程度で終了します。
1種のみ(トライアル)にすれば10分程度で終了してくれるので
ちょっとした空き時間にぴったりですよ。

ただし、先ほど書いたように一人用なので
「ゲームは他の人とプレイしなきゃ」と思う方には向いていません。
それでも機会があれば一度プレイしてみてもらいたい作品です。


おまけ。

このゲーム、混ぜるとジャラジャラ音のするチップなど
コンポーネントがとっても上質です。
ですがプレイ中にかなりかき混ぜることになるため
傷みが早いんじゃないかという点が心配です…。

3年以上前(2017年06月16日 11時30分)
続きを読む
閉じる
450
名が参考にしたレビュー
 by ケンジ

袋の中にある『豆チップ』の焙煎レベルを、同じ袋の中にある様々なフレーバーチップを駆使しながら上げていくゲーム。
最終的にランダムで10枚取り出し『豆チップ』の焙煎レベルの合計が一定の数字になることを目指すというもの。

焙煎する豆(お題)カードによって難易度が決められているのでリプレイ性も抜群。
コンポーネントの豪華さもさることながら、
実際のコーヒー屋さんも感心するほどの完成度。

4年以上前(2016年03月03日 10時07分)
続きを読む
閉じる
421
名が参考にしたレビュー
 by だいすけ

コーヒーの焙煎士となり、理想の一杯を目指すバッグビルディング

 欧州エディション日本語版のパッケージ


(欧州エディションもこちらでいいか不明ですが、暫定でこちらに投稿しておきます)


かなり昔からソロ用のボードゲームとして話題になっていたものの、ソロプレイを始めたころにはもう絶版で入手困難になっていたところ、欧州版が発売になって逆輸入されたバージョンを入手。

ボードデザインはポップだったオリジナルに比べて大人向けのオシャレな感じに。個人的には新版のほうが好みかな。システムやデータ周りはほぼ同じとのことで、プレイフィールは同様のはず。

 

システムはバッグビルディングで、毎ターン焙煎度に応じた枚数のチップを袋から引き、引いた豆チップの焙煎を進めて袋に戻す、というもの。焙煎を終了するとテイスティングとなり、カップ型のボードにバッグから10枚チップを引いて並べ、数字の合計が最終的な焙煎度となる。

テイスティングで理想の数値に近づけるには、バッグの中身の把握が必須で、カウンティングが重要となる。ある程度の指標はボード上部の合計焙煎進行表で記録できるが、何が何枚あるのかを覚えていられればより有利にゲームを進められるだろう。


他にもフレーバーチップは最後の焙煎度に加えてフレーバーボーナスとなるほか、焙煎中に特殊能力を使用して豆の焙煎度を操作したり、ペナルティとなる不良豆や煙チップを除去したりできるので、残り枚数と相談して効果的に使用する必要もあり、悩ましい要素となっている。

 

以前趣味でコーヒー豆の焙煎に挑戦したこともあり、「そうそう、こういう感じ」というのが良く出ていて、お題カードの裏のコーヒー解説も合わせて、個人的によりテーマを楽しむことができた。

9ヶ月前(2020年01月02日 15時23分)
続きを読む
閉じる
330
名が参考にしたレビュー
 by まり

欧州エディション日本語版についてのレビューです。外見はこんな感じ。豆が中に入っていそうな、クラフト紙袋を連想させるお洒落デザイン。でも、元のSaashi&Saashiさんのポップな感じも好きだな…大きさはセンチュリーシリーズと同じです。

ゲームシステムは袋から豆のチップを引く「バックビルド」の方式。袋を焙煎機に見立てます。どのタイミングで焙煎をやめるか見極めなくてはならないので、クアックサルバーのようなちょっとしたチキンレース感があり、一流の焙煎士を目指すというフレーバーも相まってついつい真剣になってしまいます。


ゲームボードはこんな感じ。お洒落と視認性が両立されており、ストレスが溜まりません。

スタンダードなルールの流れをざっくり。

3種類の豆を焙煎していきます。写真の右上、「ビーンズシート」と呼ばれるものに袋に入れるチップの内訳やレベルが書いてあり、「初級」「中級」「上級」に分かれています。最初は初級から始めます。生豆や焙煎前の硬質豆、水分、種類によっては欠点豆が入っているので、引き良く取り除きながら焙煎を進めます。

焙煎を任意のタイミングで止めたら「カップテスト」に移ります。カップテストでも袋からチップを引きます。焙煎し終えた豆でコーヒーを淹れ味見をする、と想像して頂ければ分かりやすいかと思います。全て引き終わり、特殊効果等の処理が終了したら、得点を計算します。この得点により、2種類目に焙煎する豆のレベルが決定します。

ちなみにビーンズシートには裏面にはコーヒーに関する「豆」知識や、その産地でとれた豆の特徴、煎り方のコツ等が書かれており、それを読むだけでも楽しいです。コーヒー好きさんならより楽しめそう!是非買って読んでみてください☺

3種類全て終えると「焙煎士のランク」が決まります。下のような表が入っているので日々の焙煎の結果を記入することができます。

運の要素があるのでかなりムラがありますが、焙煎の止め時をしっかり見極められたときにはかなりの高得点になります。1種類だけ…と始めたつもりが結局3種類全てやってしまうこともしばしば。ちなみに上級は本当に難しいです。運と見極めが噛み合わないと中々得点が取れない。それ故上手くいったときはかなり嬉しいです🙌


遊ぶ際の注意なのですが、焙煎する時のルールやフレーバーチップ、特殊効果のついたチップには処理順が決まっているのでよく説明書を読んだ方がスムーズに遊べます。

また、初版や2版、欧州エディション版では細かいところのルールが違うので、旧版をお持ちなら1度確認することを強くおすすめします。プレイ感は違わないとのことでしたが拝読して、大きく変わった印象は確かにないものの変更箇所が割とあるな、と思いました。

クアックサルバーを同じバックビルドとして引き合いに出しましたが、わちゃわちゃ遊ぶ感とは違い、1人でゆったり、時にじっくり遊べるまさにコーヒーの様な奥深いゲームです。「極上の1人用ゲーム」に偽りなしです✨

7ヶ月前(2020年02月26日 16時23分)
続きを読む
閉じる
202
名が参考にしたレビュー
 by fami_mart

コーヒーの焙煎を仕事にしている者です

欧州エディションの増刷も決まったそうで、なお手に入りやすくなったと思いますので、紹介させていただきます

仕組みはバッグビルディング
プレイヤーは付属のバッグから、ターンごとに、決められた枚数のチップを取り出し、その数値の変化を記録しながら、バッグ内に残るチップを理想の値に近づけていきます

この仕組みを、珈琲の焙煎と重ね合わせたゲームです

焙煎に挑戦できる豆は全部で22種類
ここから3種類を選んで焙煎し、より高い合計ポイントを目指すのがゲームの目的です

豆の焙煎が早く進む、「ハゼ」という現象を表現したレッドゾーン
焙煎に伴い豆から抜けていく水分
焙煎後のカップテストで、カビ豆や排気の煙といった、マイナスポイントになり得る要素をより分けながら高得点を目指すアプローチ

などなど、saashi&saashiさんのコーヒーに対する理解度の深さに脱帽です

実際の焙煎とはもちろん違いますが、一度でも焙煎をしてみたことがある方が遊べば、「ああ、あの要素をこのようにボードゲームに落とし込んでいるんだな」
と、理解が深まること請け合いです

逆に、これからコーヒーの焙煎に挑戦してみたいと思っている方は、
「ボードゲームで表現されていたのは、このことだったのか!」
などと気づきに繋がることでしょう

旧版を使用したものですが、遊び方をまとめた動画を作成しましたので、こちらもご覧下さい
https://www.youtube.com/watch?v=jHvSEc_50Gg

4ヶ月前(2020年05月21日 14時27分)
続きを読む
閉じる
172
名が参考にしたレビュー
 by キタジー

欧州エディションのレビューになります。

ゲームの目的はコーヒーをいかに美味しく焙煎し焙煎マイスターになることです。

内容物は非常に凝っており、ゲームボードにコーヒーの輪染みがあったり、コーヒーカップを模したボードの裏面はソーサーになっていたりします。またビーンズシート(コーヒー豆の種類)の裏面はそのコーヒー豆の説明が印刷されています。

ゲームの難易度はゲームボードを裏返すことでイージーとスタンダードの2種類選択できます。又、ビーンズシートににも初級・中級・上級の三種類の難易度が選択できるようになっています。

余談ですが、英語版ですがアプリもあります。

5ヶ月前(2020年04月28日 11時05分)
続きを読む
閉じる
148
名が参考にしたレビュー
 by K

欧州エディションのレビューです。

コーヒーの焙煎をテーマにしたオシャレなソリティアです。


前半は焙煎や特殊効果を駆使して袋の中身を調整します。

後半は袋からランダムに10個のトークンを取り出すことでコーヒーの出来を確かめます。


準備もそれほど手間でないため、気軽に遊べるのが良いです。

ちょっと豪華な一人用ゲームをお探しの方は検討の余地があると思います。

23日前(2020年09月02日 23時15分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,950(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 195興味あり
  • 144経験あり
  • 57お気に入り
  • 183持ってる

チェックした商品