マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ティップタップ
  • ティップタップ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 45分前後
  • 7歳~
  • 1999年~

ティップタップ / Tip Tap の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
色と形で遊べるかるた。素早くカードと一致するタイルを当てよう。
  • ミヒャエル・シャハト(Michael Schacht)作

 色と形を素早く認識して取る、かるた方式のゲームです。

 45枚のタイルは表にして、テーブルに広げます。カードをよく混ぜて、山にして置き、素早く山の一番上のカードをめくります。すべてのプレーヤーは、カードに描かれたのと同じタイルを見つけ、人差し指で押さえます。最初に目的のタイルを指で押さえたプレーヤーがこれを取り自分の前に置きます。必要なら、両手の親指を使って、2枚のタイルをとることもできます。

 このようにしてカードをめくってはタイルを取ります。この時、既に他のプレーヤーがとっているタイルもとることができます。

 少なくとも、8枚のタイルを集めたプレーヤーが勝ちです。

 このゲームにはいくつかのバリエーションがあります。タイルの代わりに、タイルを抜いた後の枠を取り合うこともできます。また、タイルを裏返して黒いタイルで取り合うこともできます。また、カードを裏にして、シルエット面でタイルを取り合うこともできます。

 形と色の認識力が鍛えられます。

 なお、このゲームは1999年にGoldsieber社から出たトフワボフのリメイクです。

ティップタップに3件の書き込みがあります

90
名に参考にされているレビュー
2018年04月25日 23時34分

☆6

カルタが苦手なあなたに、オススメのカルタ!!

 

テーブルに多色多形の様々なタイルを机いっぱいに広げます。そしてテーブル真ん中にお題カードを表にします。あとは、指先でそれを指します。問題なく、お題のタイルであれば、あとは手元において置きます。

ただし、安心はできません。自分の手元に置いてあるお題が出たらまた指さないといけません。もしも他のプレイヤーにそれを指されるとタイルが奪われてしまうからです。

そんなこんなで7枚獲得したプレイヤーが現れたらゲーム終了して、その人の勝利です。

 

そして、このゲームのアイディアはコンポーネントにあります。

ルールは変わらないですが4通りの遊ぶ方法があります。

例えば『枠』このゲームのコンポーネントの型抜きで使った枠が、図形を抜かれた枠だけとしてゲームにすることが使用できます。

 

それとか『黒面』タイルを裏返すと黒い面になるので、色や模様頼りに探すことが出来なくなってシルエットで探します。さらに、お題カードも裏返すと黒面タイル専用のお題カードに変わる、面白仕様です。

 

そして最難関の『黒面枠』枠タイルを裏返して遊びます。地味に似ている図形が多くて、その外枠のタイルを瞬時に見つけるのはまぁまぁ困難で、探すのに少し時間いります。

 

一通り遊んで思ったことは

ゲームとして、普通すぎて物足りない感がすごいです。

面白くないわけではない、むしろ通常のカルタと違って言葉でなく図形探しなのでハードルを低く見つけやすくなったので、手軽に遊べる感じはとても良いです。

きっと、小さい子を相手に遊ぶなら使い勝手もいいと思います。

 

だけど、なんだか簡単すぎる!!

 

黒バージョンなら確かに難易度あがって、これはこれで良いのだけどやっぱ何かルールに足りない感じが否めないです。

多分、このゲームにしかないぶっ飛んだアイディアがあれば、かなり面白くなるような気がしました。

 

ということで、ルール/インストに82BGのオリジナルルール案を投稿します。

多分、これで多少はゲーマー向けに遊べると思います。興味ある方は是非チェックです。

 

遊評☆6

続きを読む
閉じる
80
名に参考にされているルール/インスト
2018年04月26日 10時17分

ティプタップのルールが普通すぎて合わなかったので82BGなりにゲームルールをアレンジして作ってみました!

通常のルールがわかっていて、多少読んでいる方がゲーマーであることを前提に書きます。

拙い説明ですが理解して頂けると嬉しいです。

 

・イチャイチャルール

ゲームする時は全員右隣のプレイヤーの左手首を右手で掴んでプレーをする。右隣のプレイヤーの手でタイルを選ぶ。あとは、通常のルール

 

・クイズルール

出題者1人決めて、その人がお題カードを引いて図形1つを選ぶ。その人がその図について説明して。出題者以外の回答者はそのタイルを見つける。点数は誰もミスらずに正解を指した場合は、回答者と出題者が3点を得る。ただし、誤答があって正解を見つけた場合は回答者と出題者に『3-誤答数』を得る。三回誤答があった場合は仕切り直し。

あとは、正解者に出題者を引き継ぐ方式で進行して、10点獲得したプレイヤーの勝利

 

・攻防戦ルール

タイルを各プレイヤーに均等に分けて手元に広げて置いて、配り切れなかったタイルは真ん中に置く。そして、ゲームの流れは通常通りに行う。

終了条件は10枚目のお題が解決した時。または、手元に置いてある数が最も持っているプレイヤーと次に持っているプレイヤーの差が3枚出来た時。これにて最も手元のタイルの数が多いプレイヤーが勝利。

 

・ゲーマールール

タイルを5-7枚程抜いてある状態にして、テーブルにタイルを広げる。真ん中に1分砂時計を置いておく。カードの指定にテーブルにないタイルが出てきたと判断した場合は1分砂時計をもらって1分計る、砂が落ちきる前にカードしていした内容が全部見つかった場合は1失点で、全部まで見つからなかったら2点獲得。

 

前者は個人的にそういうゲームしたかっただけですが、後半は割とガチでルール考えてみました。

こんなんでいかがでしょうか、これで楽しんで頂けたなら嬉しいです。

続きを読む
閉じる
51
名に参考にされているレビュー
2017年12月15日 00時44分

4/10

コロレットのデザイナーのおばけキャッチ系ゲーム。

トフワボフのリメイク。トフワボフってゲーム2個あるから一瞬戸惑うよね。

カードをめくって3個形が書いてあって、それと同じのを見つけるっていう実にシンプルなゲーム。

特徴としては、同じ形が再びでてくるので、持っているプレイヤーは守るためにたたき、他のプレイヤーは奪うためにそれをたたく。なので、最後まで気を抜いていられない笑

また、裏向きにすると、真っ黒バージョンになって難易度アップしたり、タイルを抜いた後の枠でも色付きと真っ黒バージョンでプレイできるので実質4パターン遊べたりする。

なので、お得といえば、お得だが、想像の範疇をあまり超えない。まあ、真っ黒は難しいんだけど。

こういう系が好きな人は、あまり知られていない方だし、デザイナーも有名な人だから1つもっているのはありかも。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,200(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 4興味あり
  • 15経験あり
  • 2お気に入り
  • 8持ってる

チェックした商品