マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
フォルム・ロマヌム
  • フォルム・ロマヌム当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 1988年~

フォルム・ロマヌム

メーカー・卸元:ニューゲームズオーダー

日本語マニュアル付き
ローマの執政官になろう!読み合いが熱すぎる巨匠クラマーの陣取りゲーム

 ローマの執政官の地位をめぐる選挙をモチーフにした、陣取りゲームです。プレイヤーは立候補者として、市民の後援を得るべくフォルム・ロマヌム中を奔走します。終了時に最も多くの支持を受けたプレイヤーが執政官となり、ゲームに勝利します。

 手番に行うのは、持っている後援者駒を一つ、盤上の空いているマスに置くことだけです。手持ちの駒もすぐなくなりますので、その後の手番では盤上にある自分の駒を他のマスに動かすことになります。7マス×7マスのエリアに描かれた縦・横・斜め・色で区分された区画に一番多く駒を於けば、その区画のマス目分の点を獲得できます。ただあくまで置ける駒は手番につき1つだけなので、他のプレイヤーとの交渉や取引が不可欠です。各マスが複数の区画に跨っているため、思惑が絶妙に絡み合い、短いルールからは想像できない程の不快味わいを生み出します。本格はのゲームが難しいと感じている方でも、このゲームなら、非常に分かり易いルールでそれを体験でき、その魅力を体感できるかもしれません。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 5件

レビュー
180名が参考
5年弱前

アブストラクトなゲームなのだけれど、自分の有利なところにいそいそと人を投入して多数決を起こしていくところは、どこかテーマである議会の勢力争いを思わせます。
シビアーで、いい具合に脳みそを使うゲームです。頭を使いたいという人、シンプルでシャープなゲームがしたい人にオススメ。考えこむときりがないので、ある程度早打ち推奨です。
得点を取るということはその列に沢山コマを置いているということで、逆に他の列が手薄になってしまうし、得点が伸びないプレイヤーはまだ点数計算がされていない列に手厚くコマを置いているので、その後優勢さにおいて逆転のチャンスがあります。点を取るか地を厚くするか、という取り合いは、マルチプレイの囲碁のような感覚。

続きを見る
閉じる
仙人
sokuri3510
sokuri3510
レビュー
117名が参考
12ヶ月前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

フォルム・ロマヌムは、限られた駒をやりくりしてタテヨコナナメの列またはエリアのなかでの最大数を目指すいわゆるエリアマジョリティシステムの面白いボードゲームです!
コマを置くだけという非常に簡単なことで、ここまで悩ましく楽しめるゲームはなかなか無いと思います!なるべく自分のコマが複数に対して効果的に働くように考えるのと、極力マイナスにならないようにするというのがポイントです。現在は、リニューアル版が手ごろな価格で販売されています。
こういったルールでのコマを置き最多を狙うというのが苦手な人には向かないかもしれません・・・


好き度(Like)
 ▶4pt.≪★★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶4pt.≪★★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫


フォルム・ロマヌムの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
戦略やコツ
113名が参考
5年弱前

つい他のプレイヤーの配置を追いかけたくなるため、最初は先手有利に感じるかも。実際は他のプレイヤーを後から追いかけても絶対追いつけないので、「お前がそっちなら俺はこっち」というプレイが必要になります。そうなると先手有利ではないです。
ある列で先行し過ぎると、他のプレイヤーにその列を放っておかれてしまい、辛いことになります。あちこちで頭一つだけリードしていき、うまいこと決算していく必要があります。

続きを見る
閉じる
仙人
sokuri3510
sokuri3510
レビュー
102名が参考
6ヶ月前

 あまやどりで、4人と6人でプレイした感想です。

 6ニムトやアブルクセン、エルグランド、ティカルなどをデザインしたウォルフガング・クラマーによる、7×7のエリアに駒を置いてマジョリティを競う、エリアマジョリティゲームです。

 ルールは、ニューゲームオーダーのホームページにルールのPDFファイルがダウンロードできますので、そちらでご確認ください。

NEW GAMES ORDER フォルム・ロマヌム

http://www.newgamesorder.jp/a/newgamesorder.jp/www/games/forumromanum


 4人と6人でプレイした感想ですが、全ての情報が公開されている、いわゆるアブストラクトゲームで、一手番一手番が非常に重たいです。自分の手番でできることは、自分の駒を盤面に1個置くことか、盤面にある自分の駒を1個置き直すかだけなのに、ゲーム中は息苦しいほどです。

 プレイしている最中は皆ずっと頭を悩ましており、私を含めて「あっちに置くと、こっちが…」というような独り言をブツブツ話していました。

 決算が起きたときの得点計算も独特で、各エリア(色別エリアと縦・横・斜めの列)のマジョリティでは、マジョリティ争いで勝てば6点〜9点のプラスとなりますが、マジョリティ争いで負けたら1人負けだとマイナス4点で一緒に負けだとマイナス2点となります。

 どこで勝ってどこで負けるかを想定しながら、最後は1番高い点数を狙うのですが、4人もそうでしたが6人だと前の手番から盤面が大きく変わっているので、予想するのがなかなか難しかったです。

 このゲームは、どちらかというと将棋や囲碁の世界に近しいゲームで、私はこうしたゲームは好きなのですが、苦手な人は敬遠されるのではないかとも思います。

 ただ、プレイ感は軽く、6人でインストも含めて1時間足らずで1ゲームが終了したので、とても楽しくプレイできたと感じたゲームです。

続きを見る
閉じる
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
戦略やコツ
30名が参考
12ヶ月前

タテヨコナナメ、エリアのなかで1つの駒がなるべく多く活躍するように配置すると、1つ当たりの駒効率がよくなります。全てにおいて制覇できないので、勝つべきところに駒を投入しながら、得点計算を早く終わらせ、駒の回転率をあげていくこともポイントかと思います。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
  • セール中¥ 2,772(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 67興味あり
  • 294経験あり
  • 41お気に入り
  • 178持ってる

チェックした商品