マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
マネー! / 長蛇の列 両替商
  • マネー! / 長蛇の列 両替商当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~5人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 1999年~

マネー! / 長蛇の列 両替商

メーカー・卸元:アークライト

送料安!コンパクト便対象?
日本語マニュアル付き
世界を支配するもの、それはお金!?

 紙幣で紙幣を巧みに交換する、夢の様な為替市場へ飛び込みましょう。

 このゲームでは「お金で」「お金を」競ります。最初に持っているわずかな手持ちの紙幣を使い、よりたくさんの、より価値の高い紙幣へと交換していきましょう。他人の動向にも気を配り、今がどの紙幣の買い時なのかを見極め、できるだけ多くの同じ紙幣を集めることが勝利への近道です。取捨選択のジレンマや競りの楽しさを存分に味わう事が出来るでしょう!

 世界中の紙幣をモチーフとしたリアルなカードデザインも魅力である本作。

 1999年ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた巨匠ライナー・クニツィア往年の名作、ついに復活です!

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 7件

レビュー
284名が参考
約4年前

ライナークニツィアのお金でお金を競るゲーム。

紙幣は日本円、中国元、アメリカドル、ユーロなど9種類。

手持ちのカード6枚を各自に配り、更に子供紙幣(おもちゃの紙幣)を1枚もらい7枚でゲームスタート。

スタートプレーヤーは何枚でも好きなカードを裏にして自分の場に置きます。全員が用意できたら同時にオープンして合計が一番大きい金額をだした人から順番に場に出ている2組でている4枚セットのお金いずれかか、他のプレイヤーが出した紙幣何れかと交換できる。 

次に大きい金額を出した人も同様に交換し、最後の人まで交換したら1ラウンド終了。 そして2組のカードの補充(必ず4枚にする)をして2ラウンドをむかえる。
山札が全部めくられたら最終ラウンドをやって得点計算。

・1つの紙幣について、合計ポイントが200点を越える場合は、その全てが得点となる。
・1つの紙幣について、合計ポイントが100~200点の場合は、「合計点-100」が得点となる。
・1つの紙幣について、合計ポイントが100点以下の場合、その紙幣に付いての得点は無し。
・1つの紙幣の同じ数字が描かれるものを3枚集める度に、100点のボーナス。

なので2-3種類の紙幣集中的に集めて、更に同じ数字を3枚集めるのが勝ち筋。

続きを見る
閉じる
m1114toy
m1114toy
レビュー
259名が参考
約4年前

私は、このゲームを3人でしかやっていませんが、相手がどの点数のお金を集めているのかと、どの種類を揃えているのかを、考えながら競りをするのがとても楽しいです。

ルールは1回プレイすれば分かりやすいですし、どのカードを出すのが効果的なのかジレンマに陥っているのが分かるので、ボードゲーム初心者でも楽しめる佳作だと思います。

続きを見る
閉じる
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
レビュー
205名が参考
約2年前

お金をお金で競り、より価値の高い紙幣へ交換していくゲームです。

ゲームに使う紙幣は7種類、また紙幣は数字が各20・30・40・50・60と記載されています。

(参加人数によって、ゲームに使用する紙幣の種類は変更します。今回は5名参加の条件で記載)


カードは、裏向きに6枚ずつ配られます。

さらに、おもちゃのお金カードを各自1枚ずつ手札に加えます。これは価値はゼロなのですが

競りのときに、紙幣カードを多くみせるためのブラフです。


ゲームでは、3つのことをします。

①競り

②競りで入札額が高かった人から順番にカードを交換

③全員の手番が終了したら、次のラウンドへ


こうやって①②③を繰り返して、山札がなくなったら

最終ラウンドとなり、最後①②③を行い、ゲームを終了します。


得点計算は、サマリーをみながら計算します。

この得点計算で、もっとも多くのポイントを得た人が勝利となります。

どの紙幣カードを集めたかが大きなポイントとなります。


【補足】

①競りでは、必ず1枚以上だすことが条件になっています。

場をみて、今回競りに参加したくない時は、おもちゃのカード1枚を出します。

また、競りで、全員がカードをオープンにしたあと、オプションがなければ

おもちゃのカードだけは、毎回手札に戻します。


②カード交換

カードの交換には3つの選択肢があります。

1.山札の両隣にでている場のどちらかと交換する。

(山札の左右に各4枚ずつ紙幣が表向きになっており、そちらの4枚と入札した自分のカードを交換する)

2.他のプレーヤーが入札した際に、出したカードと交換する。

*どの場合でも、必ずカードは全て交換しなければいけません。(おもちゃのカード以外)

3.交換しない

入札したカードを、自分の手札に戻す。


入札額が高い人から、これを順番に行います。


ゲーム自体はシンプルなのですが、どの紙幣を集めるべきか、市場が変わりゆく中で考えることが多いので

未就学児には難しいゲームです。小学生からだと親子で一緒に遊べるゲームかと思います。

続きを見る
閉じる
仙人
ボドゲ好きのてんちゃん
ボドゲ好きのてんちゃん
レビュー
173名が参考
10ヶ月前

ある日、突然このゲームはやってきた。

でもリサーチ済みだったおかげで、このゲームのやる気には困らなかったが、しかしリサーチした際のルール確認の時に「これおもろいの?」という疑問が湧き出てしまい、売り場で見ても手が伸びず、ついつい遠ざけてしまっていたのだ。なので、やる気と言っても「まぁ暇つぶしに……」という気持ちで臨んでしまったのだ。

しかし、しかし! しかし!! このゲームはめっちゃくちゃ面白かった!!!

このゲームは手札6枚で開始。通貨の種類は7種類(金貨とおもちゃ紙幣の説明は省く)。それぞれに20・20・20・30・30・30・40・50・60の通貨カードがある。そして市場、山札で隔てた左右の市場4~1枚(もしくは相手が出したカード)と手札から出したカードを交換していく。

手番を説明しよう。まず手札からカードを選ぶ。全員選び終わったらカードオープン、プレイヤーごとのカードに書かれた数値の合計(種類問わず)順に手札を、市場か相手の出したカードと交換していく。全員終えれば、再び手札から選び……を繰り返す。

……ここだけ聞くと「なんだつまんなそー」となりそう(筆者がそうだった)だが、ここからが流石クニツィアの手腕! 味付けの絶妙っぷり、大いに慄くがいい!!

①1種類の20もしくは30を3枚ゲットできれば、ボーナス得点200点。1種類全て集めれば500点のフル得点。

②出した手札の数値合計値順に交換する。同値の場合、カードに書かれた番号の若い順に。

③ゲーム終了時、1種類ごとに合計し200点に届かなかった場合、-100点する(0点以下にはならない)。

これだけ。これだけなのにスパイスが効いた素ン晴らしいゲームになるとは……

1種類全部回収は他人の思惑と被ってしまうとハッキリ言って難しい。しかし、20か30をたった3枚さえ集めればボーナス+200点、非常にオイシイ。ゲーム終了の得点集計時に、1種類ごとに合計して200点を超えなければ-100点……でも、このボーナスのおかげでカードをそれほど集めてなくても3枚ゲットすれば200点入るのだ。しかもリスキーな9枚集めをしなくても。なので、ボーナス狙いの20・30を集めまくる作戦もアリアリ。しかし、デメリットとして競りに負けやすい手札になる。

ここで競りの話に入ると、このゲームの目まぐるしい展開になるのがココで、市場に欲しいカード群があっても競りに勝たねば手に入らない。これが非ッ常に悩ましい!! 競りに勝つには手札から多めに出したいところだが、それだとアレが出ていって延々と集まらないし、コレを出すと相手が拾ってボーナス狙いに集めに行くかも……嗚呼、悩ましい悩ましい!!

また、すべてのラウンドでアクセル全開手札出しまくりだと資金繰りが難しくなるので、このラウンドは全力で競り、次のラウンドでは休む(競り資金調達)など、長い目での計画も必要なのだ。

それと『ブーメラン作戦』も有効だ。というのも、1種類のカード集めがある程度できた場合、あえて40・50・60を競り用に使うのだ。高めの数字なのでほかのカードと組み合わせれば競りに勝ちやすいし、そのカードが相手の手に渡ったところで相手からしたら「今更集めに行っても遅いし、ボーナスもないし…」……そうつまり相手も競り用にそのカードを使う可能性が高い。相手がそのカードを吐き出したところを回収。なんともクールだぜ。

こんなジレンマの連鎖なゲームなのに1試合25分ほど。短い時間でも悩ましいゲームに調理するクニツィアシェフはとんでもない腕、まさに三ツ星級です!!(それを食わず嫌いしてた自分はひたすら土下座です……)

続きを見る
閉じる
皇帝
珈琲飲んべぇ
珈琲飲んべぇ
レビュー
132名が参考
4年弱前

5/10

お金でお金を競って交換していくゲーム。

ちなみに自分はモダンアートとか、得点で得点を競るタイプの競りは苦手なので、この評価。

システムが自分に合わないだけなので、モダンアートとか好きな人には軽いげーむとしてオススメかな。

アート性は素晴らしい。

続きを見る
閉じる
白州
白州
レビュー
109名が参考
4ヶ月前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

マネー は、手元のカードを他の人や場のカードと交換しながら、なるべく価値が高くなるようにカードを集めていく面白いカードゲームです!人が捨てるカードを見たり、持っていくカードを見て、何を集めているかを予想しながら遊ぶのが楽しいです。

一方で、若干掴みどころがなく、モヤっとしてしまうかもしれません・・・ 

好き度(Like)
 ▶2pt.≪★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶2pt.≪★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫

マネー の簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
戦略やコツ
19名が参考
4ヶ月前

最後に種類別で合計して200点以上なら、その得点がまるまる獲得できるので、200点以上をとれるように集めましょう。そうならないものは、競り用に使うのが基本になるかと思います。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
  • 商品価格¥ 1,980(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 89興味あり
  • 300経験あり
  • 39お気に入り
  • 242持ってる

チェックした商品