マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
将軍
  • 将軍当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~5人
  • 150分前後
  • 12歳~
  • 2006年~

将軍 / Shogun の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
日本を舞台に国取り合戦
  • ディルク・ヘン(Dirk Henn)作

 時は戦国時代。群雄割拠する中、実力を蓄えた大名が天下を目指します。ただし、多くの国を従えた軍事国家だけではこのゲームの勝者にはなれないのです。宗教や文化にも貢献することが必要なのです。

 ゲームは、2年間にわたって行われます。はじめの年の春から始まり翌年の冬までです。春・夏・秋は勢力を拡大する季節です。このゲームには10のアクションが用意されています。資金を使って自分の国のいずれかに軍隊を投入する(投入量により3種類)。自分のいずれかの国に城・神社・能舞台のいずれかを建設する。自分が支配するいずれかの国から、米または資金を取る。この行為はやりすぎるとその国の農民の不満を膨らませ、農民一揆に発展する可能性があります。そして、軍隊の移動が2つ。軍隊の移動は、移動先なが自分の支配する国で無ければ戦いが起こります。

 これらのアクションの順番は、そのつど違い、発生する順番はカードで示されます。ただし、はじめに分かっているのは5番目までです。6番目は1番目のアクションをみんなが行ってから公開されます。7番目は2番目が終ってからです。つまり後半のアクションの順番はだんだん分かるのです。ただし、どの国にどのアクションを割り当てるかは(ひとつの国にはひとつしか割り当てられませんし、ひとつのアクションはひとつの国にしか割り当てられません)、5番目までのアクション順が分かっている時点ですべて決める必要があります。

 そのほか、手番順と特殊能力を得るための競があります。特殊能力(収入が多かったり、戦いに有利だったりするものです)は、カードで示され、手番順のところにランダムに配置されます。これを、高額で競り落としたプレーヤーから順に取ります。特殊能力カードが置かれていた場所がそのプレーヤーの手番順になるのです。

 手番順に沿って、1アクションずつすべてのプレーヤーが行い、次のアクションに移ります。

 このゲームの最大の特徴は、戦いです。このために特殊な塔を使います。塔の中に互いの兵力コマを入れて出てきた数が多いほうが勝ちです。ただこの塔には途中に段があり、投入したものがすべて出てくるわけでもありませんし、前回出てこなかったコマが後から出てきたりします。したがって、軍事力を多く投入したほうが勝つとは限らないのです。ただし、多く投入したほうは、負けたとしても中に多く残っているわけで、次回の戦闘には有利です。戦闘結果は、負けたのコマすべてと、勝ったほうも同数のコマをストックに戻し、残ったコマを戦闘が起こった国に戻します。つまり消耗戦です。百姓一揆が起こった場合には、農民兵との戦いです。

 冬の季節は、得点計算です。ただその前に一揆にが発生するかもしれません。プレーヤーが保管している食料が少ないと一揆が発生します。これにより国の支配権がなくなってしまうかもしれません。その後で、得点計算です。国の数により点数が入ります。ただ、ここでは城・神社・能舞台などの施設による得点が大きくゲームを左右します。ただ、いろいろ建設していても、国の支配権を奪われたら、これらの建物による得点も奪われてしまうのです。

 これを2年分行って、得点を競います。

 かなりきっちりした、計画を立てる必要があるゲームです。戦略ゲームが好きは人にはお勧めいたします。このゲームは、ヴァレンシュタインのリメークです。

将軍に4件の書き込みがあります

473
名に参考にされています
2017年12月15日 23時00分

8/10

重ゲーが嫌いな自分でも、とても面白かったと思えたボードゲーム。

個人的に重ゲーが嫌いな理由は、「ルールが多くて、頭に入ってこない」「考えることが多いので、待たされる時間が多い」「盛り上がる要素があんまりない」など。

だが、このゲームではそれらが解消されており、ストレスなくプレイできた。

なぜなら、見た目からわかる通り、日本がテーマになっているため、通常であれば、馴染みのない場所でのルールが、急に親しみのある状態でのプレイになるため、他の重ゲーよりもルールが浸透しやすい。テーマとシステムの両立はやっぱり大事。

次に待たされる時間が多いもこのゲームでは全くそれを感じさせない。なぜなら、このゲームは同時プロットというシステムを採用していて、ここでの詳細は省くが、簡単にいうと、全員で同時に考える必要があるため、よくある自分の手番に最善手を考えるパターンが起こらない。これのおかげで、2~3時間があっという間に感じられる。素晴らしい!

最後に盛り上がり要素だが、ここもクリアしている。このゲームは基本的に陣取りなのだが、エルグランデのようなタワーが存在し、このタワーにキューブ(兵士)をほおりこんで、ランダムに出てくるシステムを使った戦争が起こるため、とてもエキサイティングなゲーム展開になる。それでいて、ゲームバランスも完成度が高い。まさに傑作。

このゲーム、ヴァレンシュタインというゲームのリメイクなのだが、ボードゲームの世界では「リメイクは悪くなるのが普通」という常識を見事にぶち壊し、さらに「なんちゃって日本」のボードゲームよりも2段階は日本を見事に体現しているゲームと言える。(とはいっても、キャラと家紋が違うのがいるみたいだが、自分は歴史マニアではないので気にならない笑)

弱点は、ボードがものすごく大きく、さらに個人ボードがプレイヤー毎にあるため、普通のテーブルではプレイしづらいこと、準備に日本ボード全体にコマを配置しなければならないため、かなりの時間を要すること(といっても20分位)、あと箱もトップクラスに大きい。

また、ルールが重ゲーにしてはわかりやすいという意味で、ルール自体が簡単なわけではないので、初心者に向いているゲームとはさすがにいえない。だが、ある程度ゲームに慣れている人であれば、そこまで苦にするレベルではないと思う。

日本の歴史に興味がある人なら、絶対楽しめると思うし、基本的には陣取りと戦争なので、やってることはシンプルといえばシンプルなので、結構ゲームやってるけど、重ゲーはまだそんなにという人にはぜひ、チャレンジしてもらいたい。

日本を舞台にしたボードゲームの中では、ほぼ間違いなく最高傑作の1つなので、ボードゲームが趣味の日本人として、1回プレイしてみる価値はあるボードゲーム。

続きを読む
閉じる
300
名に参考にされています
2016年04月29日 10時24分

基本となるのは陣取りゲームですが、マルチゲームらしく様々な要素が絡み合い、展開されるのはさながら権謀術数の戦国乱世。取って取られての国盗り合戦はデザイナーが外国人とは思えないほど出来が良いです。

システム面も非常に優秀です。
全プレイヤーが一斉にアクションを計画する同時プロット方式のおかげでダウンタイムが短いため、毎ラウンド10種類ものアクションを実行しているのにプレイ時間はあっという間。
ラウンド毎ランダムに発生するイベントもマンネリ防止として有効に機能していますし、手番の実行順を決める競りにはゲーム中に使用できる特殊なボーナスの選択も加味されているなど、どのフェイズでも飽きることなくゲームに取り組むことができます。
各自の軍隊駒を塔の中に入れてたくさん出てきた方の勝ちという戦闘システムも非常にわかりやすくて面白い。戦闘だけ見れば運の要素もかなり大きいので初心者でも十分楽しめるゲームだと思います。

ゲーム自体はもちろん満点の出来ですが、織田家の家紋なのに大名の名前が羽柴秀吉となっているところだけが、唯一残念な部分ですね。
まあともあれ、戦国好きにもそうでない方にも、是非にとオススメしたい一作です。

ちなみに、ルールブックによる初期配置の決め方や推奨されている初心者用のセットアップを使うより国カードをランダムにめくってドラフトする方が面白いらしいので、留意しておいてもいいかも知れません。(自分はドラフト以外やったことないので比較できませんが)

続きを読む
閉じる
249
名に参考にされています
2018年10月28日 17時44分

自分は基本的に重いゲームはあまり得意ではないのですが、将軍は別です。

これは本当に買って良かったと思います。

ゲームの中でやるアクションそのものは難しくなく、しかもゲームのシステム上ダウンタイムがほとんどありません。

待ちによる飽きというものはこのゲームにはありません。

ダレることなく最後まで行けます、素晴らしいです。


それから将軍の最大の特徴であり、面白いポイントかと思うのが合戦タワーです。

各陣営の兵力を色分けしたキューブに見立てて、

合戦する両国のキューブをタワー上部から入れます、

中は複雑な構造をしており、キューブが引っかかって出てきたり出てこなかったりします。

最終的に出口から出てきたキューブの色が多い陣営が合戦の勝利、攻め入った国を獲得する事が出来ます。


ゲームの内容ですが、

時は戦国、プレイヤーは国持ち大名となり自分の国発展させてく、というものです。

よく聞く武将が登場します。

各武将が治める土地にはそれぞれ特徴があります。

穀高が多い土地、少ない土地、税収が多い土地、少ない土地、津々浦々色々あります。

大名は国を発展、そして、民を守り生かすという仕事があります。

しかし、自国だけの生産だけでは賄う事が出来ない事も、、、、

それなら隣の国を我が物にすれば、なんとか食っていける、、、!

切実な問題です、隣国に恨みがあるわけじゃないが、全ては民の為なのです。


他国を攻め入る間に敵国が根城にしている国が他方から襲われる心配もあるので簡単に全力で攻められるものではありません。

国外だけ見てれば良いと言うわけでなく、

国内不満が高まれば農民一揆が起き、鎮静化出来なければ幕府からお取り潰しのお達しが、、、

内政と外政、自国を守る、他国を攻める、色々考えやれる事も多く、

当時の武将の気分をちょっと味わえるような気がします笑


毎シーズンにイベントがあり、穀高の制限や逆にボーナスがついたり、様々なランダム要素もあります。

2シーズン (春夏秋冬)終わった段階で一番勝利ポイントを獲得した大名が勝利となります。


このゲーム見た目はデカくて大変そうな感じですが、やってみるととても良い塩梅で調整されてます。

やりごたえ抜群、満足感の高い良いゲームでした!

重いゲームですが、おそらく参加プレイヤーが慣れれば1時間半~2時間程度で決着つけられます。

戦国時代好き、戦略系が好きなら一度は遊んで欲しいですね!

続きを読む
閉じる
185
名に参考にされています
2017年04月03日 15時56分

このゲームは戦国大名による国盗りゲームですので、
陣取り、どの国を支配、統治するのかが重要な要素です。
自分の国を固めて持つことは、
戦力の移動、分配においてたいへん有利になります。
特にボードの端、岩見の国、陸奥の国は
背後から攻められることがないため、
その周囲の国を押さえることが出来れば、
それらの国に戦力を集中させて、
岩見の国、陸奥の国は最低の支配戦力だけですみます。
ボードの中央に位置しますが能登の国も
背後に国が無く加賀の国と越中の国だけで守れます。

このゲームは国の支配だけでなく、国の内政、
国に城、神社、能舞台を建てることも重要です。
得点計算がある冬の前の秋には建築を行いましょう。
それまでの春、秋で建築した後に奪われないように
国の配置、戦力を整えておきましょう。
建築の費用も蓄えておくことが大切です。
戦力を増強し国を奪って増やすのも得点になりますが、
国が多いとそれだけ米の準備が必要で、
米の蓄えより国の数が多すぎると冬に得点する前に
一揆で国を失うリスクが増えます。
国一つと建築物一つは同じ1点で、
建物はそれに加えて地域でのボーナスが付きますので、
建物の価値は大きいのです。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 7,800(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
  • 63興味あり
  • 81経験あり
  • 25お気に入り
  • 79持ってる

チェックした商品