マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ポイズン
  • ポイズン当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2005年~

ポイズン

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
鍋に薬を投入し、その薬のトップを狙おう!さもなくば、マイナス点が・・・
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

カードには色と数字が書かれている、シンプルなゲームです。

魔法の釜の中にカードの薬を投入していきますが、一番多くその薬を生成しないとマイナスです。
クニツィアらしい、シンプルなジレンマがたくさん、可愛らしい魔女のイラストで遊べるゲームです。

レビュー 10件

420
名が参考にした戦略やコツ
 by Eashes

 本作「ポイズン」は、失点を回避しながら手札を捨てていくカードゲームです。手札にはそれぞれ「色」と「数字」が書かれており、窯の中の数字が13を超えると、失点を受けてしまいます。本稿においては、ゲームの基本的なプレイ方針について紹介していきます。ただし、筆者のプレイ経験から、今回は4人プレイ向けの攻略となっていますので、ご留意ください。

■はじめに
 本作はルール上、失点を完全に回避するのは非常に難しい構造になっています。こちらで紹介するのは、あくまでゲームプレイの基本方針であり、必勝法ではありません。意思決定にあたっての参考としてご利用ください。

■基礎戦略
 まずは、手札に端的な処理優先順序を付けてあげると、意思決定が非常にスムーズになります。機械的に優先順を付けた場合、以下の表が当てはまります。

◯優先順
↑-上位
・手札に少ない色で大きな数字
・手札に多い色で大きな数字
・手札に少ない色で小さな数字
・手札に多い色で小さな数字
↓-下位

 理由は非常に単純で、大きな数字ほど失点に繋がる状況に追い込まれる確率が高く、低い数字ほど状況対処能力(13のしきい値を超えないように調整する能力)が高いためです。そのため、基本的に手札に残す価値の高いカードは小さい数字のカードとなります。

 手札の多寡も重要な要項です。小さい数字であるほど状況対処能力が高いのは確かですが、そもそも選択肢が少ない場合は、能動的に状況を動かせない場合が多くなるのです。さらに、手札に特定の色が少ないということは、その窯にアクセスできる回数が少ないことを示しています。つまり、手札に少ない色は「最大取得」で捨て札することも難しく、その意味でも評価が低くなります。

 なお、この優先度は常に正しくはありません。特定のプレイヤーがカードを意図して引き取ろうとしている場合など、それを妨害する手段として高目のカードを保持しておくのも正解のひとつです。また、完全に特定の色以外のカードを失ってしまった場合、毒素に対して無力となってしまいます。相手が対応をしてこないようならば法則に則り、失点を意識した動きをするプレイヤーが登場したら、手札の優先順位を調整しましょう。

■数字の組とカウンティング
 自分以外の誰かに確実に失点してもらうためには、合計13ジャストまで窯にカードを投げ込むのが最良ですが、なかなかそう都合よくは行きません。そこで必要になるのがカウンティング(出された数字の記憶)です。

◯対処表
窯の合計値/対処可能な数字
1~6:1、2、4、5、7
7:1、2、4、5
8:1、2、4
9~11:1、2
12:1
13:なし

 上の表は、窯の合計値に対して対処可能な数字カードの一覧です。窯の数字が一定値を超えるごとに対処可能な数字が減少するため、端的にリスクが高まります。こうしたリスクを予想・回避するためには、場に出たカードの数字をある程度は覚えなければなりません。

 とはいえ、すべてを記憶するのは難しいでしょう。なので最初は、特に自分が主戦場とする色の1、2、7の残り枚数をカウンティングするのがおすすめです。特に、対処力が高い「1」と「2」が減った環境では、失点を受けざるを得ない状況が生まれがちです。相手に失点を仕掛けるのであれば、窯の数字を「9」以上にして次に回してあげましょう。

 カウンティングがあまり歓迎されない環境においては、取得カードを公開しながらプレイするバリアントを付けるのもアリです。その辺りはコミュニティに応じて調整してください。
※それぞれのカードは各色の各数字が3枚ずつ
※毒素カードを含む数字4のみ、各色2枚に加えて8枚

■意図した失点
 このゲームにおいて、2~3点程度の失点はたいした打撃ではありません。特定のプレイヤーがある色を集めようとしていた場合、大きな数字で早めに窯を埋めたり、その色の窯に毒素カードを放り込むなどして、妨害を行えます。対戦相手が取得した失点数をよく確認して、自分の失点よりも、相手の失点(負担)が大きくなる状況であれば、迷わず自ら失点をくらいに行きましょう。

3年以上前(2016年08月16日 22時46分)
続きを読む
閉じる
275
名が参考にしたレビュー
 by Bluebear

『モダンアート』などで切れ味の鋭いジレンマを得意とするライナー・クニツィア氏のバースト系ゲームです。

状況を見てうまく立ち回らないとマイナス点を食らうので、これをどれだけ少なくできるかを競う、ハラハラドキドキのカードゲームです。

もともとは2005年にドイツで発売されていたものが、2014年に日本語版としてCOSAICから発売されました。…とは言っても、内容に言語依存は全くなく、ルールが日本語表記なのと、イラストの変更くらいですね。

ちなみに旧海外版は、黒地のカードに毒々しい薬描かれていて、ボックスアートにも見るからに怪しい魔法使いが描かれています。これが日本版では白地に一新。九月姫さんのかわいらしい魔女さんが描かれたパッケージに変わり、怪しい雰囲気から明るい雰囲気に変わりました。(おかげで女性陣のいるボドゲ会でも気軽に出すことができました。これは大きいですよ。もとのバージョンだったら、たぶん却下されたのではないかと思います。)

ただし、各カードに描かれているのは、相変わらず薬の種類(色)と、量(数字)だけなので、実際にゲームを進めるにあたって、せっかくのこの可愛い魔女さんたちは一度も登場しません。(笑)

設定としては、プレイヤーは見習いの魔女になって、秘薬の調合をおこないます。そのための窯が3つあって、それぞれに材料となる薬(カード)を入れてゆくのですが、それぞれの窯には「ちょうど13」の薬しか入りません。もしあふれさせてしまったら、罰としてその窯の調合薬を飲み干さなければならないのです!

手元には4色の薬カードがランダムに配られて手札として存在し、手番が来たらどれか好きな窯に1枚置いていきます。

色が3色あって、窯が3つなので、それぞれの窯にはどれか1色の薬しか入れられません。ただし緑色の「毒薬」だけはワイルドカードで、どの窯にも放り込むことができます。

手番には必ずどれかの窯に1枚置かなければならないので、窯にはどんどん数字がたまっていきます。これがまでは13まではセーフですが、14以上になった瞬間に、あふれさせたそのカードを残して、それまで窯にあったカードを全部引き取らなければなりません。

この枚数がペナルティとなって、これが最も多い魔女が負けとなります。

置いたカードは公開なので、今合計いくつで、どれだけ入れたらバーストするかは一目でわかります。だから手札を見て溢れないようにしながらカードを出していけばいいわけですが、これがそう簡単ではなく、ジレンマに悶え苦しむことになるのです。(このへんのバランス加減が絶妙だからクニツィアデザインはお気に入りなんですよね。)

①山札からカードを引いて、手札に…なんてやりません。初めっから全部のカードを全員に配ってしまいます。そのカードを結局ぜんぶ出し切ることになるので(パスなんてありません)、自分がどの色のいくつのカードを持っているのか、最初から全部わかっています。

普通ならカードを引いて、出して、の組み合わせになるであろうときに、あえてそうしません。引くカードは、最初からすべて配ってしまいます。

最初の配り運はあるものの、カードの引き運なんて無いわけですから、じっかり計画を立てていかないと、あっという間に行き詰ります。偶然いいカードが来たおかげで勝てた!なんてことは絶対起こらないわけですね。

②合計数が「14」になったらバーストするのに、出せるカードの数字はわざと偏ってるんですよ。

1・2の次が4・5。その次が7で、それ以上はありません。7を出されたら、もう7は出せないじゃないですか!

この偏りで、微妙にうまく13に抑えることが難しいんですよ(やってみるとわかります。)。さすがにクニツィア氏は数学者だけのことはあります。

③3色の薬には1本だけ「解毒薬」がある。という設定で、その色のカードを最もたくさん引き取ってしまった魔法使いは、特別にその薬をもらえるので、その色のペナルティだけが無しになるのです。(1本しかないっていう設定だから、同着だったらもらえないというルールにも説得力がありますね。)

…ということは、引き取らなければならなくなったカードが全部ペナルティのはずが、逆に一番引き取ってしまえば、その色のペナルティはチャラになるので、他のプレイヤーが今何枚持っているかを常に見ながら、思い切って引き取るかどうかも微妙な戦略として関立するのです。この加減を見定めるのが非常に難しい!(なんせどんどんカード状況が変わってゆくので)この他者とのからみがもたらす緊張感がたまらないです。

④カードには基本の3色以外に、緑色の「毒薬」というのがあって(数字は全部4に統一されている)、上記の解毒薬をもらったとしても、この毒薬だけは引き取ったが最後、打ち消すことができません。

さらにこのカードは1枚で「ペナルティ2枚分」としてカウントします。これはきついですよ~。


このように単純なゲームに見えて、かなり意地悪な仕掛けがしてあるので、かなり盛り上がります。

ルールを簡単に説明すると、半数くらいは「な~んだ、簡単じゃん」という顔をするのですが、ゲーム慣れしていてキモが分かる奴は「ああ、これってキツイやつだ」と渋い顔をします。

前者の「楽勝」顔だった奴が、後半に苦しみだすのを見てるのも楽しいゲームですよ。

「じゃあ俺、赤の4出すから、これで9だね。」

「じゃあ私はこっちの青に7ね。」

「ぎゃあ、早い早い!もう12じゃん!やばいって!」

「ふふふ、じゃあ私はそこに青の1ね。これで13~♪」

「ぐっやられた!(ニヤ)でも俺もう青ないも~ん♪」

「くそっ!まじか」

「じゃあ次私ね。えい💛」(紫の窯に毒薬を放り込む)

「おいおい!さっきから○○ちゃん、ニコニコしながら毒薬ぽんぽん入れてるぞ!怖い怖い(笑)」

「それで10じゃん。確か3のカードって無いんだよね。」

「ううう~、どれ出してもアウトじゃん!最悪!じゃあ赤を全部引き取るわい」

「あれ?もしかして赤の枚数トップじゃない?」

「う、まずったか!!」

こんな調子で、思ったよりにぎやかに盛り上がります。

基本的に3戦の合計ペナルティで最終勝者を決めるのですが、6人でやっても1戦15分くらいだから、1時間かかりません。

お手軽で、なおやった感がある切れ味鋭いゲームを望むなら、ぜひ一度お試しあれ!


【余談】

海外版では、『Friday the 13th』という、ネコちゃんデザインのバージョンとか、なぜかドーナツのデザインになっているものとかも発売されているようです。お好みで選んでみてはいかがですか?

8ヶ月前(2019年08月06日 15時54分)
続きを読む
閉じる
195
名が参考にしたレビュー
 by kinax

「キレイに見えて実は毒薬たっぷりのこの薬窯、誰に飲ませてやろうかな?」


「赤の薬、自分が一番持ってそうだから今のうちに13以上にして引き取った方がいいかなぁ・・・」

「青の薬はあいつが集めている様だから、自分の持っているポイズン入れて邪魔しちゃえキヒヒ」

「おおぉ。紫と青、両方とも一番多く集められた。ノーカウント。セーフ!」


三人~で遊べます。

場に3つ設置される薬窯。

プレイヤーは順番に窯の中にクスリかポイズンを投入。

最初に投入された薬の色に窯は染まる。


それぞれのカードにはナンバーがふってある。

数字の合計が13を超えるとペナルティとして薬窯に入っていたカードを引き取らなくてはいけないのだ。

でも引き取りたくない。

負けちゃうから。


だがしかし!


プレイヤーの中で一番多くその色のクスリを持っていた場合、

「みんなの中で一番その色持ってるからすごいぜ」という事でその色に関してはノーカウントとなる。


全員の手札がすべて無くなった時点で、1ラウンド終了。

手元に引き取った薬カードは1point、ポイズンカードは2pointとして数える。

ポイントを控えておいて、3ラウンドを繰り返す。

3ラウンド終わったら合計pointを集計。

一番pointが少なかったプレイヤーの勝利!


1ラウンド10分ほどで終わるのでトータル30分で勝負が決まる。


隣のアイツとの駆け引き

手札を見てうぬぬと悩む

うぉこんちくしょう


繰り返し遊びたくなるゲームです!

約3年前(2017年02月17日 12時21分)
続きを読む
閉じる
185
名が参考にしたレビュー
 by mitinotimonasuti

ニムトなどに代表されるバースト要素のあるゲームです

順番に手札からカードを出してある値を超えるとマイナス点を獲得してしまいます


このゲームで特徴的なのは、各色ごとに一番マイナス点が大きいプレイヤーは失点を免れるという点です

自分の点数を減らさないためには薬を飲まないように立ち回ったほうが良いのか、意を決して飲んだほうが良いのかというジレンマを楽しめます


また、マイナス点が最多のプレイヤーが複数人の場合は免除されず、一気に大きなマイナス点を獲得してしまうため、注意が必要です

特に3人でのプレイだと、一度バッティングしてしまうと残りの1人にどうしても追いつけなくなるので記憶力も重要になります

7ヶ月前(2019年09月02日 10時41分)
続きを読む
閉じる
173
名が参考にしたレビュー
 by Toti

初期手札で勝ちやすさが決まるゲームだと思ってます。手札に毒瓶が複数枚あるとプレイしやすいです。

真剣勝負をするときはカードの枚数を覚えておくと有利に立ち回れるでしょう。


最初に配られたカードによってプレイスタイルが変わります。特定の色カードを集めるか、意地でもカードを所持しないプレイスタイルになります。

所持しないプレイをしている人が二人以上いると誰かが犠牲になるので、頃合いを見て取る作戦に変えるのも手です。手番を見て、壺が溢れるか計算しましょう。

接戦になると0点、マイナス1点、マイナス2点のような僅差で勝負が終わります。


考えることは

・なるべく大きな数字を早めに出して、最後の方で調整しやすくする

・相手が集めている色壺に毒瓶を入れる

・初期手札で、どの色を集めるか検討する

くらいだと思います。


相手の得点に応じて毒瓶を入れるタイミングと壺を選択するのも有りだと感じました。

6ヶ月前(2019年09月30日 17時16分)
続きを読む
閉じる
170
名が参考にしたレビュー
 by 人間失格

   魔女達の鍋パーティー。3つの鍋に薬を入れていき、溢れさせてしまったものがイッキ飲みをしなければならない……そんなゲーム。

  1、2、4、5、7の数字を振られた赤、青、紫の薬と4の数字を振られた毒薬のカード。場には3つの大鍋。1つの鍋には1色の薬しか入らないため、すぐにもどの鍋がどの薬専用となるかは決まります。ただし、毒薬のみ無色であり、いずれの鍋に投入することも許されます。1つの鍋の数字合計が13を越えた時、鍋が溢れてしまうため、自分が投入した薬だけを鍋に残して溢れた薬を飲み干します。

  全員が手持ちの薬を全て入れ終えたらラウンド終了。毒薬は1枚につき2点、それ以外の薬は1枚につき1点のマイナス点となります。この時、色毎で、最も多くの薬(書かれている数字ではなく、取得枚数で考えます)を飲み干しているプレイヤーにはその色の解毒薬が渡され、そのマイナス点を帳消しにできます。解毒薬は1つしかないため、競合した場合は共倒れとなってしまいますが……。なお、毒薬はいくら飲んでも帳消しは起こりませんのでご注意を。人数分のラウンドを行い、最もマイナス点の小さなプレイヤーが勝者となります。

  非常に性格の出るゲームです。ぐびぐび飲んで最後に帳消し、全く引き取らない、毒薬を攻めの手段として使うのか、守りの逃げ道として使うのか。手札や巡り合わせ次第では大きなマイナス点を背負わざるを得ないことも。時にはわざと共倒れを狙うことさえも有効かもしれません。手札と相談しながら賢く立ち回り、(自分にとって)楽しいパーティーを演出していきましょう。

3年弱前(2017年05月23日 14時54分)
続きを読む
閉じる
157
名が参考にしたレビュー
 by カラフル

いわば「30を言ったら負け」のゲーム。

地域によって呼び方は色々かな?

一度に1〜3まで数えられて30を言っちゃうと負けってゲーム。

あれを拡張したもの。


3つの鍋にカードを入れて中の数字が13を超えたらカードを全て失点として回収。

それを手札が無くなるまで繰り返す。


上手く立ち回ると全ての鍋が13ギリギリで相手に強制で失点を与えられる。

2年弱前(2018年04月30日 02時33分)
続きを読む
閉じる
133
名が参考にしたレビュー
 by だかさん

3人~6人のゲームとなっていますが、魔女の窯が3つなので、3人だとどうしても色を1色ずつキープしがちのゲームになることが多いです。

実際、3人でやった時には毒薬の擦り付け合いゲームになってしまいました。


4人になると途端に戦略性が増し、どの色をどう自分に集めるか、毒薬をどのタイミング入れるか考えないと勝てません!

盛り上がりも一気に上がります。4人以上推奨のゲームだなぁと思いました。

2年以上前(2017年09月20日 08時44分)
続きを読む
閉じる
113
名が参考にしたレビュー
 by カツオ🐟

①13を越えないようにカードを出すだけだからルールもインストも簡単。

②なのに駆け引き、攻撃性(緑毒)のある非常に悩ましく面白いカードゲーム。

③一番多く持っている色は消えるルールや、「赤を引き取りたいけど毒が入ってる...」「他プレイヤーに紫も取らせたいけど自分もここで取っておくべきか...」など戦略・ジレンマが上手く絡んでいて奥深い。

④引き取ったカードは伏せるので、今何枚持ってるかも確認・共有できないところも面白い。


1,2,4,5,7...とカードの数字が飛んでいるのもジレンマのミソなのかな。さすがライナークニツィア。

小箱系のボードゲームの中でも、飽きずに何度も楽しめるお気に入りです。

3ヶ月前(2019年12月17日 09時32分)
続きを読む
閉じる
69
名が参考にしたレビュー
 by 常時次人@操られ人形館

三色の薬をそれぞれの釜にいれていき、カウントアップしていき、13を越えたら失点として入っているカードを受け取ります。

釜によるマストフォロー的な縛りと突然飛んでくる毒薬(任意の色になる薬)、それぞれの色で最多保持者なら失点無効などのアクセントが効いていて、楽しく遊べるパーティーゲームです。

1年以上前(2018年12月11日 16時47分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,980(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 161興味あり
  • 924経験あり
  • 126お気に入り
  • 540持ってる

チェックした商品