マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
蒸気の時代
  • 蒸気の時代当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~6人
  • 120分前後
  • 13歳~
  • 2002年~

蒸気の時代 / Age of Steam の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
鉄道路線を引くのは楽し。経営は苦し!
  • マーティン・ワレス(Martin Wallace)作

2003年国際ゲーマーズ賞受賞!

 プレイヤーは鉄道会社のオーナーとなり、株を発行して資金を得、鉄道を建設し、列車を走らせ、都市から都市へと商品を運搬します。

 線路の交差も複線もあるし、さらには小さな町を都市化することもできちゃう! まさしく「鉄道」ゲームの決定版。

 最初に株を発行しないと資金がない! 発行すると毎回利息を取られる! というところが、本当っぽい? 貴重な資金をいかに効率よく建設や投資に回せるのか、あなたの経営手腕が問われます。

 このゲームの拡張セットは、世界でなんと70種類以上も発売されています。ちなみに、そのうちの2種類は、本ゲームに収録! つまり、このゲームを買えば3種類のマップを楽しめるのです!

蒸気の時代に3件の書き込みがあります

213
名に参考にされているルール/インスト
2017年12月20日 17時21分

(プレイヤー順決定の競りとパスの関係)

  プレイヤーが5人(ABCDE)で,現在のプレイヤー順をABCDEとし,プレイヤーCがターン順パスの権利を取っているとします。プレイヤー順決定フェイズは次のように行います。

 プレイヤー順トラックにある5つのディスクを上にずらします。Aからプレイヤー順に,ビッドする(金額を言う)か,降りるかします。ビッドの最低額は$1。金額は言うだけでよく,お金はまだ出しません。プレイヤーC1回だけパスできます。

競りの例 

1巡目

 プレイヤーA 「$2

 プレイヤーB 「降りる」→ ディスクを第5位の位置へ

 プレイヤーC 「$3

 プレイヤーD 「$4

 プレイヤーE 「$5

2巡目

 プレイヤーA 「$6

 プレイヤーC 「パス」・・・ビッドしないで競りに残ることができる

 プレイヤーD 「降りる」→ ディスクを第4位の位置へ

 プレイヤーE 「降りる」→ ディスクを第3位の位置へ

3巡目

 プレイヤーA 「$6でスタンド」・・・以前に自分がビッドした額が一番高い状態で自分の番が回ってきたので,金額はそのまま競りに残ることができる。

 プレイヤーC 「降りる」→ ディスクを第2位の位置へ

 これで,プレイヤー順が決まりました。ビッド額とともに示すと,1A$6 2C$3 3E$5 4D$4 5B$0

 支払いについて。順位が最も下の人はビッドしていても支払いません。1,2位はビッドした額,3位以降はビッドした額の半分(端数切り上げ)を支払います。上の例では,1A$6 2C$3 3E$3 4D$2 5B$0

 

(参考)BGG

 FAQ

  https://boardgamegeek.com/wiki/page/Age_of_Steam_FAQ#toc10

 Forums>Rules

  https://boardgamegeek.com/thread/94839/turn-order-action-question

続きを読む
閉じる
209
名に参考にされているレビュー
2018年01月22日 23時16分

鉄道網を敷設して荷物を運んで会社規模を一番大きくした人が勝利。


と書くと楽しそうなゲームなんですが、手番順がオークション制でトップを取れなくてもお金を徴収され、鉄道敷設もわりと高額、収入が経年劣化で謎の減少、えっ初期金0!?お金を借りるんですかそうですか…

ゲーム開始時から借金を強いられるとても楽しいゲームです。

続きを読む
閉じる
207
名に参考にされているレビュー
2017年01月28日 13時59分

「線路を引いて荷物を運び、ポイントを多く稼ぐ!」これだけ聞いたら平和で楽しいゲームに聞こえますが現実は残酷です。

線路を引くにはお金が必要で、お金を集めるために株券を発行し、ラウンド毎に発行した株券の枚数に応じて利益が奪われる。

借金から始まり、借金に苦しんで、得られた利益が奪われる

とんでもない借金ゲーです。

しかし、プレーヤー全員が借金するので何も怖くありません。


ゲーム自体は街から街へと線路をつなぎ、荷物を運ぶことで収入増やしていきます。

中盤以降は線路を配置できる場所が限られてくるのですが、自分以外の線路を使っていいので、手詰まりになることはありません。

より遠くの街へ荷物を運ぶことでより多くの収入が得られるため、線路だけではなく自分の機関車をパワーアップさせたり、荷物も有限なので自分の有利になるように、荷物を用意したりと線路の管理や機関車のメンテナンス以外にも考えることはたくさんあります。

重要な得点となる荷物の供給が運に左右されるため「この地域は僕の線路が支配した!」なんて事をやってると、借金に苦しんで倒産(ゲームオーバー)になります。

細かい計算や考えるのが好きな人には是非お勧めです!


個人的な感想ですが、人数によってラウンド数が変化するルールなので、初めてプレイするなら4人以上で可能なら5~6人で遊ぶことをお勧めします。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,400(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 55興味あり
  • 84経験あり
  • 26お気に入り
  • 110持ってる

チェックした商品