マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ロビンソン漂流記
  • ロビンソン漂流記当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1人用
  • 25分前後
  • 13歳~
  • 2011年~

ロビンソン漂流記

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ロビンソン・クルーソーを助けるフライデーの物語です。
  • フリードマン・フリーゼ(Friedemann Friese)作

2012年 ドイツ年間ゲーム大賞 推薦リスト

 『ロビンソン漂流記』は、なんと1人用ゲームです(勝つのは、あなただけ!)。そのプレイを通じて、あなたはロビンソンを導いていきます。

 ロビンソンは最後には島を離れるのですが、それまで命を落としてはならず、しかも2隻の海賊船を撃退しなくてはなりません。

 このゲームでは、彼の能力は「ロビンソン・デッキ」として管理されます。ゲーム開始時、ロビンソンは極めて健康で体力に満ち溢れているため、その体力を削って災厄を追い払うことができます。

 すべてはあなたの判断次第。ロビンソンの体力を賢く運用し、避けるべき災厄と立ち向かうべき災厄を、正しく峻別しましょう。海賊との最終決戦に立ち向かえるように、ロビンソンを健康かつ強力に保ちましょう。

レビュー 7件

281
名が参考にした戦略やコツ
 by さいスケ

HPダメージを食らった分、不要なカードを捨てることができますがHP少ないとゲームオーバーになる諸刃の剣です。初期デッキの中に回復できる効果のカードがあるので間違えて捨てないよう気をつけましょう。

4年弱前(2016年05月21日 20時00分)
続きを読む
閉じる
220
名が参考にしたレビュー
 by 物欲おじさん

数々の試練に立ち向かいながらロビンソン(デッキ)を強くしていき、海賊船二隻を沈めたら勝ちです。

このゲームのプレイヤーはロビンソン本人ではなく、島で暮らしていた原住民。

原住民はロビンソンにさっさと出て行ってもらうために、彼が自力で島を脱出できるよう死なない程度に鍛えていく、というストーリーのもとゲームが進行します。

序盤はわざと負けながら弱みを捨てていきながら少しずつ強いカードを補充していくのですが、デッキをシャッフルするたびに致命的に弱いカードも補充しなければならないため、思うように圧縮が進みません…が、これが楽しい。

ロビンソンの間抜けな顔に一喜一憂しながら1人の時間を楽しめる良い作品だと思います。

1年以上前(2018年08月23日 16時34分)
続きを読む
閉じる
205
名が参考にしたレビュー
 by アトルシャン

ソロプレイ専用なので、自分のペースで出来ます。

最初のダメダメ状態のロビンソンを試練にカードで立ち向かいながら、カードを強化してデッキを構築していき、立派な遭難者(笑)に成長させなくてはなりません。

最後に海賊船との二連戦が待ってますので、ソコを視野に入れての成長も必要です。

戦略(どうやって成長させるか)も必要ですが、運(カードの引き)もそれなりに必要なゲームです。

結構黙々と出来るゲームです。

1年以上前(2018年12月21日 11時56分)
続きを読む
閉じる
204
名が参考にしたレビュー
 by んむんむ

【総評】★★★★★ 【運:計画性】3:7

ソロでも黙々と遊べるゲームを求めて購入しましたが、

とても満足しておりオススメできるゲームです。


内容としては「弱いデッキを上手に立ち回ることで強化していき、

最後はボス2連戦に挑み、勝利すればクリア」というゲームです。


シャッフルされたカードを引いていくシステムなのですが、

リスクマネージメントでカバーしていく計画性が大切なゲームのため、

適当な立ち回りではクリアできない、やりごたえのある難易度になっています。


その理由ですが、手札には戦闘中に1回だけ使用できる能力が付属しているものがあり、

手札が増えてからは、いかに有利になるように順序だてて能力使用していくかが大切になってくるからです。

◆能力抜粋:「邪魔な手札を排除する」「指定カードの強さを倍にする」「体力回復」

       「山札の上3枚を確認後、好きに組み替える」「カードを追加で引く」

       「敵の強さを下げる」「使用した能力を指定して再度使用できる」 など


「災厄」と呼ばれる戦闘カードに打ち勝つことで

打ち負かしたカードを自分のデッキに組み込み強化していくのですが、

毎回2択で挑みたい厄災を選択ができるため、

「勝利が難しそうなので弱いほうを選ぶ」「欲しい能力が付属しているので挑む」など

作戦を練りながら進めることになるだけでなく、

たとえ敗北しても「役に立たない手札を破棄できる」ため、

勝敗共にデッキ強化に繋がるシステムとなっており、全ての戦闘に無駄がありません。


練りに練った計画性で最終決戦まで生き残り、全ての能力を駆使することで掴み取ることができる

勝利のカタルシスはボードゲームの中でもかなり高い部類ものだと思います。

約1ヶ月前(2020年02月26日 23時22分)
続きを読む
閉じる
181
名が参考にしたレビュー
 by さいスケ

デッキ圧縮型、いわゆるドミニオン系ゲームといわれるものです。一人専用。プレイヤーは島の先住民となり、ロビンソンという軟弱な漂流者を強くして無人島から追い出そうとするゲーム。
ロビンソンの山札は最初「怠けのも」や「怠惰」などといったダメカードであふれているので、課題を克服させ弱いカードを捨て強いカードを入れていき山札を強くしていき、最後には海賊を打ち倒して島から逃がせるように鍛えましょう。
難易度は高いほうです。デッキ圧縮中の課題克服で死ぬことが多いですが、そこは場数を踏んでいきましょう。ドミニオンなどデッキ圧縮ゲームの練習にもなります。

4年弱前(2016年05月21日 19時58分)
続きを読む
閉じる
171
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

気が付くと、何ゲームもやり込める面白いゲームですが、決して難易度は低めでなく、結構高めです。私は海賊船まで辿り着くものの、なかなかそこから先が勝てない状況が続いていて、悔しい状況です。

2年以上前(2017年07月31日 22時15分)
続きを読む
閉じる
149
名が参考にしたレビュー
 by 山田

1人用のゲームといえば、シェフィとロビンソン漂流記を思い浮かべるけど、個人的にはこちらの方が好み。

シェフィの場合、カードを除外してデッキを構築していくけど、こちらはカードを減らしたり増やしたりしながらデッキを構築していく。なんとなくこちらの方が「自分なりのデッキを構築している」感がある気がする。ドミニオンみたいな気分で出来る。


戦略も幅広く、難易度もカードで調整可能なので、何度も繰り返しプレイしたくなる。

上手く自分の戦略がハマって勝った時は最高の気分になるけど、周りに勝利を分かち合える人がいないのが難点かな…笑

約2ヶ月前(2020年02月22日 11時57分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,200(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 86興味あり
  • 264経験あり
  • 59お気に入り
  • 312持ってる

チェックした商品