マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
クラマー&キースリングのドッグカードゲーム
  • クラマー&キースリングのドッグカードゲーム当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2014年~

クラマー&キースリングのドッグカードゲーム

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
14枚の数字カードをいち早く順番に並べよう!スピーディなお手軽カードゲーム登場!
  • ミヒャエル・キースリング(Michael Kiesling)作
  • ヴォルフガング・クラマー(Wolfgang Kramer)作

 うまい作戦で、「誰よりも数字カードを14枚、数字順に並べたら勝ち」というきわめてお手軽かつスピーディなカードゲームです。

 しかしほどよい妨害と、プレイヤーの取れる選択肢が複数あるので、単純すぎることもなければ、何度遊んでも飽きてしまうこともありません。いつ、どのタイミングで、何をすべきなのか、運も味方につけながら、遊ぶたびに学ぶことになるでしょう。初心者はもちろん、中級者以上にも安心してお勧めできるゲームです。

レビュー 2件

141
名が参考にしたレビュー
 by 荏原町将棋センター

オススメの軽ゲーです。ニムトやアブルクセンより好きなのですが、日本語版があまり普及しなかったため、知名度がイマイチで残念です。

1〜14の数字を順番に先に並べた人の勝ちです。

2、3人プレイでは、2列作ります。

4人プレイでは、個人戦とコントラクトブリッジのようなペア戦の2種類ができます。いずれも1列作ります。


まずランダムに13枚を1列に並べます。これは全員共通のスロットです。

手札を7枚ずつ配ります。(4人プレイ時は5枚)

先手から7枚のうち1枚を自分の前に出し、並べます。最初は1しか置けません。ただ、1というカードはなく、1/11兼用のカードしかありません。また、なぜか13のカードが1の代わりとなります。

つまり、1/11カードまたは13のカードを出さないとスタートできません。手元にない時は、スロットから買うことができます。買い方は、例えば、左から8番目(第8スロット)に1/11カードがあった場合、8のカードを手元から捨て、そのカードを貰います。(そのスロットに山札から補充)

並べたい数字がない場合、他にも方法があり、以下のカードを捨て山に捨てます。

■4…第1〜第8スロットの好きなカードが買える

■7…山札の上から7枚を見て、好きなカードを貰える

■14…捨て山を全て見て、好きなカードを貰える

■?…全てのスロットの中から、好きなカードが買える。または、並べたい数字の代わりとして自分の列に置ける

■泥棒…相手の並べた列の一番右端のカードを貰える


4、7、14はもちろん、数字としても使えます。


一人二役プレイで遊び方を説明します💦

先手(右側)は今、7までの列と2までの列があります。後手(左側)は5までの列と3までの列があります。先手の手番です。先手の手札は右下の7枚。8か3があればどちらかの列に置けるのですが、あいにくありません。そこで14のカードを捨て、捨て山から漁ることにしました。捨て山には8があったので貰いました。ここでは9で3を買う手もありました。第9スロットが3だからです。しかし9は8の次にすぐ使いたいので勿体無く、14を使いました。戦略の分岐点です。


終盤。先手は1列完成させ、2列目も9まで来ています。後手は1列目があと14のみ。2列目も11なので、1手差で後手がリードしています。先手の番ですが、10がありません。そこで先手は、手札の中から泥棒カードを使いました。このカードを捨てると、相手の一番右端のカードを奪えるというインタラクションです。そこで1/11カードの方を取り、手札に加えました。これで次に第11スロットの10が買えますが、それだとまた11が無くなります。実は本当の狙いは、手札にあるもう1枚の泥棒カードで、次回10も奪うつもりだったのです……。一手を争う最終盤。この試合のクライマックスです。


日本語版だけに載っているルールとして、自分の並べた列の中に「?」を使った場合、その本来の数字カードと置き換えないと完成とはみなさない、というルールがあります。これが説明書で奨められてる通りとても優秀で、運の要素が減り、接戦が増えます。

(写真に戻って、手札の4で第3スロットや第5スロットにある「?」を買う手もありました。次に「?」で10が買えたり、10の代わりに置いたりできます。しかし、いずれも最速の方法ではなく、ここは相手を遅らす意味でも、泥棒カードで勝負です)


ドッグカードゲーム、めちゃくちゃ戦略的なので、未見の方はぜひプレイしてみてください。

2ヶ月前(2020年11月16日 15時56分)
続きを読む
閉じる
57
名が参考にしたレビュー
 by きのこ

2vs2の協力&対立型ゲーム。
自分か仲間の場に1-13のカードを並べることが目的です。
カードには数字の他、入れ替え、除き見、泥棒、捨て札からの取得(犬)など特殊な条件を含むものが存在しています。
それらを駆使して敵を妨害し、自分か仲間いずれかの場を完成させる必要があります。
比較的軽めのプレイ感です。

4年以上前(2016年05月01日 17時33分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,980(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 11興味あり
  • 49経験あり
  • 4お気に入り
  • 54持ってる

チェックした商品