マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
ロード・オブ・スコットランド
  • ロード・オブ・スコットランド当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 35分前後
  • 12歳~
  • 2016年~

ロード・オブ・スコットランド

メーカー・卸元:アークライト

日本語マニュアル付き
盟主の座は誰の手に!? 数字と色と能力で戦う、シンプルなカードゲーム!

 スコットランドでは、その盟主の座が空位のままとなっており、多数の部族がその座を巡って争っている。あなたは一部族の長として配下の部族を召集して戦い、力を示して友好部族を味方につけ、その権威を利用して、王としての地位を手に入れなければならない。

 『ロード・オブ・スコットランド』は、覚えやすく、プレイしやすいカードゲームです。ゲーム上おもに使用するカードのデータは数字と色、そしてたった9種類しかない「一行カード能力」だけ。説明は10分とかからず、初めて遊ぶときでもプレイ時間は30分程度でしょう。

 プレイヤーは同盟軍を獲得するために自分の戦力を充実させることを目指してプレイします。しかしそれは、手番にカードを取るか、自分の前に出すかというたった2つの究極にシンプルな行動から1つを選んで行うだけ。そのため、いわゆる待ち時間も短く、ストレス無縁でサクサク進みます。初心者でも悩まず遊べるのに、戦略性も十分にあり、中級者でも存分に楽しむことが可能です。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 5件

レビュー
410名が参考
5年弱前

部族抗争をテーマにしたカードゲームです。
1ラウンド毎に勝利点を計算し、ラウンド終了時点で、誰かが40点に達した時点でゲームが終了します。
カードはトランプのようなイメージで、「8部族(8色)」×「強さ1~12」=96枚あるカード(+ワイルドカード2枚)で構成されており、
それをシャッフルしてプレイヤーに5枚ずつ配り、残りを1つの山札にして準備完了です。
カードの強弱は、1が弱く、12が強いカードとなります。
.
1ラウンドは5ターン構成です、時計回りに手番を行い、手番が1周したら次ターンへ移ります。
1手番で行うことは、以下の2種類のどちらかを選択します。
.
・手札から場(戦場)にカードを出して部隊を並べる
・中立軍(市場)から1枚選択して手札に加える(手札上限10枚)
.
5ターン経過時、それぞれのプレイヤーが場に出している部隊の数字の合計値による力比べを行い、
合計値が高い順にプレイヤーからそのラウンドの順位を決定します。
順位の順番に、同盟軍(勝利点・報酬の場)から1枚選んで点数を獲得することができます。
獲得し終えたら、残りのカードをすべて捨て札にして、次のラウンドへと進みます。
ここでポイントとなるのは、
基本的に、戦力は数字の合計するのですが、
部隊の部族(色)が1色に統一されている場合は合計値が二倍になります。
「赤10、赤6、赤1」が並んでいた場合、「17×2=34」として扱われるイメージです。
.
ここまでですと、普通のトランプでもできる簡単なゲームルールなのですが、
実はこの8種類の部族たちは、部族後とに固有の「特殊能力」を持っております。
その特殊能力は、カードが場に出たときに発動でき、(発動条件有り)
相手の場からカード捨てさせたり、交換させたりと強力なものが多いです。
たった1枚のカードの能力によって、戦略が大きく崩されたり、場が大きく荒れるゲームです。
.
単純なゲームながら、戦略性があり、
1種類の部族だけで戦うこともあれば、相性のよい複数の部族を組み合わせてみたり、
勝負どころ、降りどころのメリハリや、手札との相談など、考える要素は非常に多く、
インストは比較的簡単ながらも、しっかりと考える要素は多いです。

続きを見る
閉じる
oshio_sensei
oshio_sensei
レビュー
136名が参考
1年以上前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

スコットランドの領主たちは、順番にカードを1枚ずつ出していくなか、自分の前に並べた5枚のカードの組み合わせによって勝利点を獲得していく面白いカードゲームです!
今回で勝負に出るのか、次のためにカードを揃えておくのかといった勝負所の見極めと、特殊効果を使って逆転を狙うなどが楽しいカードゲームです。
同じ色を出していくと得点が2倍になるので、それを狙いたいものの、カードの巡り運でうまくいかないことも多々あります・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫


スコットランドの領主たちの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
122名が参考
4ヶ月前

コンポーネントはカードだけのカードゲーム。上級カード2枚を除くと、8種類の氏族それぞれ1~12の12枚、計96枚のカードで構成されている。

1戦闘、5ラウンド。徴兵場(カードを取得できる場)にはカードが5枚あり、1ラウンドごとに1枚ずつ表になっていく。表向きのカードを取ると山から表向きで補充し、裏向きのカードを取ると山から裏向きで補充する。

徴兵場の他に、支援者として、プレイ人数だけカードを表にして置く。写真は3人プレイなので、写真右上に3枚表になっている。その戦闘で勝った人から順番に支援者を取っていく。この支援者は得点になる。得点が最初に40点になった人が勝つ。


ゲームの最初に、各プレイヤーカードを5枚配る。

手番でやれることは、徴兵場からカードを取るか(最大10枚)、カードを配備(プレイ)する。配備した時、全員が配備した中で一番小さい数字だと、そのカードの効果を使うことができる。カードは相手に知られないよう、裏向きに出すこともできる。この時は能力は使えない。

5ラウンド終わった時、配備したカードの合計値が一番大きい人が勝者で、支援者を順に獲得できる。同じ氏族だけを配備してる場合、点数が倍になる。例えば12と10の2枚で44点になるので強い。1枚だけの場合は倍にはできない。


1戦闘が終わると、徴兵場と配備したカードは捨て札になるが、手札はそのままで次の戦闘に入る。なので、支援者の強弱や相手の出方によっては、その戦闘はカードを集めるのに徹するなどの戦略も有効。ただし、カード上限には気を付ける。

カードの効果には、相手の配備したカードを捨てさせたり、交換したり、支援者と交換したり、次の戦闘に残すなど、様々なものがある。

前述の通り、全員の配備したカードの中で、一番小さい数字を更新しないと能力は使えないので、敢えていきなり1を出して、その戦闘は他の人に能力を使わせない戦略も有効。ただし、1というカードそれ自体は弱い。


かなり戦略性がある。運の要素も強いが、結構長期戦になるので、1戦闘運が悪かったくらいで負けるゲームでもなければ、1戦闘運が良かったくらいで勝てるゲームでもない。

35分と書いてあるが、ちょっとそれでは終わらない感じ。

自分の持っているのは、ホビージャパンが日本語ルールをつけた『スコットランドの領主たち』という日本語タイトル時のものなので、今出回っている日本語版と、もしかしたら何か違いがあるかもしれない。

難しい英語はないので、小さな子供がいたり、どうしても英語がダメという人がいなければ、英語版でも問題なく楽しめる。

続きを見る
閉じる
みなりん
みなりん
リプレイ
71名が参考
4年以上前

  

続きを見る
閉じる
国王
xz saisok
xz saisok
戦略やコツ
31名が参考
1年以上前

全てのカードの色を同じ色にすると得点が2倍になるので、それは常に意識しておきたいポイントです。ただ得点カードを順番に獲得するので、無理に1番を狙わなくても2番でも高い得点カードが残っていることもあるので、得点カードの状況を見ることも重要です。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
  • 商品価格¥ 2,530(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 22興味あり
  • 80経験あり
  • 6お気に入り
  • 85持ってる

チェックした商品